ブラックジャックプレイヤーの隠れたバイブル 「クロオシステム」

クロオシステムの考え方

<クロオシステムのバンクロール設定>

1滞在(2泊程度)のバンクロールは100万円と設定します.
バイインは一度に100万円行います.

バンクロールは100万円ですが、ロスカットラインは90万円程度と認識してください.
最後のイエローチップ1枚は心のゆとりと認識して下さい.(決して使用しません)

もし、チップの残りがイエロー1枚になったら、そこでゲームセットです.
イエロー1枚以下では、それ以上ゲームを続行してもかなりの確率でパンクしてしまいます.
(ビッグベット時のスプリットやダブルにも耐えれませんのでとても不利です.)

残ったイエローチップを握り締め、余裕の笑顔で席を立ちましょう.
その滞在中は流れが悪過ぎると判断し、全ゲームを終了します.

残りの時間は、
美味しいものを食べたり、楽しくお酒を飲んだり、プールでくつろいだり・・・
ゲームは終わったけど、
実はまだイエローチップを持っている事を思い出して下さい.

CASINOから一歩外に出れば、
あのちっぽけに見えたチップ1枚は8万円という大金です.(笑)

<バンクロールを控え目に設定する理由>

長い間、casinoと対等に戦う為には豊富なバンクロールを持って挑むべきだと考えていました.
いつからか、それは危険な考え方ではないか?と思うようになりました.

意思の弱い私の場合、
500万円持って行けば、どんなに悪い流れであってもズルズル500万円負けるまでゲームを続行してしまうことが多いです.

意識的に負け逃げを 繰り返したとしても、悪い流れがずっと続く滞在って結構あります.

私の過去の戦績を振り返ると、
勝つ時の多くは、はじめの100万円で勝ちます.
100万円溶かして・200万円溶かして・300万円溶かして・・・
と追加バイインして、数百万円追っかけてプラスに転じることは極めて稀です.

数百万円の追加バイインを繰り返して持ち込んだお金の全てを失い、
一文無しになって帰国する時のむなしさは「この世の果て」という言葉がピッタリです.(涙)

「100万円負けた時点で、止めておけば良かった.」
「残りの数百万は次回のリベンジ用に取っておけば良かった.」
と後悔しながら帰国することになります.

感覚的なものですから個人差はあると思いますが、
私の場合は100万円程度の負けなら、気持ちよく許容できます.
それは、次回の遠征で十分取り返しやすい金額だからです.

ところが、300万円・・・400万円・・・それ以上を一度に負けてしまうと、
次回の遠征で取り戻す大変さは数倍に跳ね上がります.
1回の負けを小さく抑えることが、永くcasino遊びを続けるコツだと考えます.

どうせまた次の遠征に出掛けるのだったら、
流れが悪い時にむきになってズルズルと追加バイインするより、
改めて仕切り直して、勝負を次回に持ち越したほうが賢明な気がします.

マイナス100万円に振れた時点で、
とりあえず負け逃げしているとイメージして下さい.

たった1回の遠征結果に一喜一憂せず、2~3回の遠征で1クールとイメージします.
そしてcasino遊びは年間シリーズと捉え、
年間トータルでプラスを目指すほうがプレーに余裕が出ます.

当然、プレー時間が短ければフルコンプが貰えない可能性もあります.
韓国casinoの罠ともいえる特殊なコンプ査定をできるだけ意識せずにプレーして、
もし基準に達しなければ、エアー代くらい自腹で払おうというのがクロオシステムの考えです.

韓国便のエアー代なんてたかが知れてます.
プレー中にイエローチップを1~2枚ポケットに放り込んでおくだけで事足りるのですから.(笑)

(終わり)

<<<PREV

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

リスボア

THE STAR  ザ・スター シドニー

クラウン

リゾート・ワールド・セントーサ

プルマン・リーフカジノ

Caesars Palace

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT