リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*韓国

雪は東京に降った

Written by 中宝

投稿日:2013/01/18

コメント(11 件)

*

Casiono Report

 寒い最中というのに、ソウル行きの飛行機を取ってしまいました。ホテルとカジ ノは暖かいでしょうから、どこか外に出なければいいか、と思いました。

 いつものANA NH1161便です。ラウンジでさぶろうさんと落ち合います。さぶろうさんはマカオ主力のバカラの打ち手です。かなり勝負強い、いい打ち手です。ところが前回のマカオで、絞れば絞るほどダメというような強烈な不運に何度か見舞われ、耐えに耐えて帰国されましたが、納得いかず、急遽今回の転戦となりました。

飛行機は強烈な向かい風で、定刻にちょい遅れくらいで到着します。空港鉄道と地下鉄を乗り継いで、直接COEXのある三成に向かうことになりました。ソウルは意外に寒くありません。漢江は半分氷が浮いていますし、街中に雪は残っていますが、地元の方の服装を見ても、手袋や耳当てまではしていない感じです。
 空港鉄道は速いですが、環状線は時間がかかります。でも、13時半過ぎには三成に到着です。いつもはどこかほかの場所に昼食に寄るのですが、今回はいきなりのCOEX。ホテルがチェックインできなければ荷物だけ置いてカジノに行くか、と思っていたら、インターコンチネンタルは「もちろんできますよ」と即答でチェックインさせてくれました。


 荷物を置いて、サービスのフルーツからバナナをほおばってセブンラックのカジノです。アンバサダー会員はウエルカムフルーツが付くのです。ネットの接続も無料ですし、新聞もつきます。チェックアウトが16時までというのも大きな特典です。
インターコンチネンタルとオークウッドの両ホテルは、カジノと直結しているのが便利です。今回キャッシャーで30万円を両替しましたら、346万2000ウォンになりました。いきなりウォン高を実感します。イエロー1枚が86000円程度の換算になる計算でしょうか。

 COEX名物のセルフのレモンジュースを飲んで、いざ出陣です。このレモンジュースは気に入っています。さぶろうさんも気に入ってくれたようでした。
 5万ウォンのバカラで絞り始めますが、これが煮え切らない目で、横にもツラにも伸びず、難しい感じです。あっという間にチップが減っていきます。いかんなあ、と休憩を入れた所では、160万ウォンしかなくなっていました。


 気分を変えるためにも、夕食です。インターコンチネンタルのホテルのすぐそばにある「黒豚屋」さんに行くことにしました。ここ、近いですが私はまだ行ったことがありません。秋夕(旧のお盆)の時に見に行きましたが、当然のごとくやってませんでした。済州島の黒豚を食べさせる店として有名です。黒豚焼肉(フッテジセングイ) を2人前、黒豚味付け肉(フッテジヤンニョムグイ) を1人前頼みます。サムギョプサル(豚の三枚肉) と豚の首肉と豚皮が黒豚焼肉にはセットになっています。焼いた肉はカタクチイワシの塩辛のソースにつけていただきます。このソースがこの店の「売り」らしいです。

 韓国では焼肉はほとんどの場合、店の人がやってくれます。この店はどうなのかなと重い、焼けていく焼き肉を眺めていると、隣の席のカップルが、「ベルを押して店の人を呼びましょう」と助け船を出してくれます。女性の方は日本語が少し話せるようです。塩辛の特製ソースのことはこの女性から聞きました。なかなかステキなカップルです。
案ずることはなく、店の人が、チョキチョキとハサミで切ってくれます。黒豚、旨いです。肉と脂に味があります。皮も餅のようで、適度な弾力が楽しいです。
 しかし、味付け肉の方はもっとおいしかったのでした。タレが染みこんで、柔らかく、豚とは思えない上品な味になってます。日本人が好きな味だとさぶろうさんが指摘します。締めに冷麺を頼みましたが、驚くほどあっさりした締めにふさわしいものでした。一人36500ウォン。名高い済州島の黒豚は高価なので、納得の値段です。昼には定食もありますし、ここも良い店です。

*

*

*

*

*

*

 カジノに帰って、あちこち見て歩き、ここぞという所だけ参加します。ビールも飲んじゃったので、あまり本気で打つ気はなくなってました。200万ウォンに復帰したところで21時過ぎとだいぶ早いですが、部屋に引き上げます。今回は3日間あるのです。風邪気味でもありますし、無理は禁物です。さぶろうさんはまだ粘るようでした。
 ゆっくりテレビも見ます。広蔵市場の屋台のアジュンマの24時間、みたいなドキュメントをやっていました。言葉はわかりませんが、なんとなく内容はわかるので、面白いです。屋台のカルグクス屋さんが、手作りで麺を仕込む様子もよくわかりました。

 翌日は朝5時には起きます。この時間が稼ぎ時です。残ったフルーツで朝食をすませ、カジノに向かいます。またもバカラですが、朝方の目は割合に素直です。昨日の負け分を少しづつ取り戻し、ついに水面に出ます。しかし、こういう時が一番難しい。最後に水面に出れば、それで帰れますが、あと1日半くらいあるのです。ここから再度沈む、というのも数限りなくあるパターンです。そうすると、再浮上は難しい。大事に打つしかないのです。しかし、それではチップは増えない。ジレンマです。

 お昼は鮎男さんに誘っていただいて、名物・特選海鮮ちゃんぽんの白ダシです。具だくさんで、ほとんど一人寄せ鍋状態です。(笑)胡麻団子もできたてで、甘さ控えめでとてもいいです。ビールもいただいちゃったので、午後はしばらくお昼寝にします。

 まったく、今回ほど寝た旅も珍しいだろうと思います。部屋がとても快適だったのもあると思います。テレビもたくさん見ました。一寝入りしたところで、またカジノです。このあたり、直結していると便利です。罫線を吟味して、軽めに賭けて、適当に増えます。

*

*

*

*

 晩ご飯は、hidajinさんも加わって、「又来屋(ウレオク)」の三成店に行くことにします。ちょっと距離があるのですが、頑張って歩きました。乙支路に本店があります。ワシントンとシカゴにも店があるそうです。
本店よりもすいているのが三成店のいいところです。大変な人気店であり、高級店でもあります。なぜか日本人観光客にはこの支店の存在は、あまり知られていません。この前一人で行って、冷麺とユッケをいただいた店です。
プルコギが名物ですが、この前は一人なのでいただけなかったのが心残りとなっていました。受付に人数を告げます。待つかな、と思いましたが、すぐ、どうぞ、と案内されます。待望のプルコギとユッケをお願いします。

 待望のプルコギはすき焼きに似ています。味は思ったほど濃い味付けではありません。肉質の良さが食べるとわかります。しかし韓国での焼肉は野菜もたくさん摂れるからいいですね。
さらに、この店のお楽しみは、もう一つあります。あふれ出る肉汁とスープを鍋の周りに溜めておくところがあるのですが、そこに冷麺の麺を入れます。すると牛肉スープ麺ができあがります。これに焼き上がったプルコギを載せて食べると、もう堪えられないのです。旨いです。
ユッケも相変わらずよい味です。締めはユッケジャンやその辛くなくしてもらったスープで締めました。3人で20万ウォンとやはり高級店ですが、満足です。


 酔い覚ましと腹ごなしに、また歩いてカジノまで帰ります。それほど寒さも気になりません。これは意外でした。もっとうんと冷え込むものと思っていました。

*

*

*

*

*

*

 カジノに戻りましたが、本日も引き上げることにします。(笑)飲酒運転は事故のもとです。幸い、少しですが浮きに転じたこともあり、もうやめてしまってもいいっちゃあいいと思いました。またテレビ鑑賞です。風呂もゆっくり入ります。

 翌朝、今度は4時に起きます。本日昼をいただいて帰る感じです。昼前までが勝負の限界でしょう。さぶろうさんは前の晩から頑張り続けていたようです。一進一退ですが、持ち前の粘り腰を発揮しているようで、マカオの悪夢は払拭できたようでした。
夜便だったのを同じ16時40分の便に換えられたということなので、昼をご一緒することにします。
絞らない1万ウォンのバカラに座りました。基本3目くらい同じ目が続く感じなので、前の目を軽く賭けておく感じです。これが突如13目伸びて、1万ウォンづつとはいえ、お小遣いになりました。その後目がガチャガチャに崩れたので、席を離れます。

 続いて座った5万ウォンの所で、ペア好き韓国系のおばちゃんが初手からペアを当て、ちょっと盛り上がります。2手目もペアが出たのでした。色めきまずが、そのあとは少しづつ尻すぼみになります。一時はチップを増やしたおばちゃんも敗退します。
しかし好機はここに来たのでした。なんだか平たい罫線だったのですが、突如バンカーが降り始めます。最低ベットですが、だんだん騒がしくなります。結局、このバンカーは18目伸びました。私は3目から取らせて戴きました。
 半分もうやめてもいいか、と思っての参戦でしたので、ベットを伸ばすことはできませんでしたが、15目連続で取って、悪いわけがありません。ちょうど切れた所で、今度こそ今回の終了にいたします。あとは応援で1目、2目くらいは冷やかしましたが、真剣勝負は終了。両替して勝ちを確定させます。

 今回もバカラの卓でいろんな方々と共闘しました。特に印象に残っているのが、日本人のご夫婦でいらしてた年配の方。この旦那さんがすばらしい打ち手でした。もちろん罫線も見て、踏み込む時は踏み込むのですが、「見(けん)」のタイミングがすばらしい。「強いなあ、上手いなあ」と感じさせる年季の入った打ち方をされていました。ツラの最中でも、ふっと席を外されると、そのタイミングでツラが切れているのです。

 COEXのセブンラックは最近喫煙所以外でのタバコがダメになりました。しかし、その喫煙所を上手く見のタイミングに使っていらっしゃいました。しかし、奥様に言わせると、今までだいぶ負けましたからねえ、とのこと。それでも生き残っているのだから、とご夫婦で笑っておられましたが、とても豊かな気分になりました。あんなふうになれたらいいな、とも思いました。

 昼の12時、チェックアウトして、さぶろうさんとカンジャンケジャンを食べに行きます。COEXの近くの「コッチ」にしました。カンジャンケジャン定食を頼み、牡蠣の塩辛の風味の効いた絶品の蟹にかぶりつきます。ここはバンチャンも上品でお気に入りです。ヌルンジに塩辛とキムチを入れると、雑炊のようになり、これもなかなかいけました。

*

*

*

*

 帰りは面倒くさくなったせいもあって、タクシーで金浦空港に向かいます。さぶろうさんも粘った甲斐があって、ソウル単独ではけっこうな勝ちの領域になってました。マカオの分全部取り戻すのは無理だったようですが、焦ることはありますまい。

 40分ほどで空港に到着。今回は橋のところくらいしか混んでいる所がなく、順調に来ました。しかし、好事魔多し、ここから落とし穴があったのです。
 なんと、東京が悪天候で、羽田行きが飛ばないかもしれない、とJALのアナウンスがあります。ANAは早く着いたため、まだ受付を開始していません。フェイスブックとかで見て見ると、とんでもなく雪が降っている写真が次々アップされています。

 ほどなくANAが受付を開始、とりあえず航空券を手にします。アシアナのラウンジに入れるので、そこで情報収集です。アシアナラウンジにはタダで接続できるコンピューターも並んでいます。国内線は早くもほとんど欠航を決めた、と出ています。
 前に台風が接近している時もこういうことがありました。あの時も台風が東京に接近し、飛ぶには飛んだけど、千歳に行くかもわかりません、と脅かされたのでした。結局羽田に着いたのですが、JAL・大韓機は欠航したのでした。

 今回はJAL機は1便は欠航、1便は成田に向かうということになりました。ANAはというので聞いて見ると、予定通り、とのことです。最悪、ソウル泊まりになったらどうしようか、とさぶろうさんと話します。こういう時、一人でないというのは安心なものです。いざとなりゃソウルには安宿もいっぱいあるし、仁川に行ってGCに行ってもいいか、と思います。しかし負けていてこの事態なら、へこむなあ、と思います。

 問題は日本へは行くが、名古屋とか関空とかに行った場合です。おそらくこの日は新幹線もダメでしょうから、翌日どう動けばいいか、考えます。まあなんとかなりそうです。
結局、ウソのように晴れて気持ちのいいソウルを無事に飛行機は離れ、たいした揺れもなく無事に羽田に到着します。
しかし交通は大混乱だそうです。モノレールは動いている、というので浜松町まで行き、山の手線に乗って渋谷までは順調でした。ここからバスに乗ったら、これが延々渋滞に嵌ります。渋谷から三軒茶屋までゆうに1時間はかかってしまったのでした。しかし、時間の問題だけですみ、家に到着です。
 遠足は家に帰るまで、とはよく言ったものです。最後ちょっと冷やっとした冬のソウル旅でありました。

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全11 件)

2013/01/19(Sat) 17:27Cookie

いつもいつも美味しそうな写真を拝見させていただき、楽しませて頂いてます^^
済州島の黒豚、いいですね!

月末に会社の後輩3人(カジノ初体験2人)を連れて訪韓予定なので、中宝さんのレポを参考にリゾ充実の旅行にできたらなと思っている次第です。
肝心のカジは女性3人なので、熱い想いを共有出来ないかもしれませんので、夜中こっそり奮闘予定です(笑)

2013/01/19(Sat) 21:30madamada

中宝さん、お疲れ様でした。
大雪はホント、大変でしたね。でも、無事で何よりです。
私の知り合いは、あの日、滑って転んで骨折しました(;

それにしても黒豚家&又来屋、美味しそうですね~。
私も2月に復帰戦(当然ソウル)が決まりましたので、是非とも行きたいところなのですが、
今回はいつものツレではなく、仕事仲間7人での大ツアー(私にとっては)になったので、
みんな、食べたいものがたくさんあり、「初モノ」には行けそうにない雰囲気です・・・
でも、今度こそ、以前、中宝さんが言っていた「麻薬キンパっ」は、試したいと心に誓う今日この頃です。

円安は困りものですが、勝てば「戦利品」は大きい!―――と、チキンハートに言い聞かせて
頑張ってきます。

2013/01/19(Sat) 23:04中宝

カジノさん
こんばんは。カジノ初体験の方はどうしてもフォローしてあげないと
カジノ嫌いになられては困りますから、大変ですね。
夜中の奮闘、期待しています。

2013/01/19(Sat) 23:08中宝

madamadaさん、いつもコメントありがとうございます。
7人のツアーですか。大人数も楽しいですよね。
そういう人数でしかできないこともありますし。

広蔵市場の「麻薬キンパッ」は持ち帰りができますから、テイクアウトして
みんなで少しづつ試すのもありだと思います。

復帰戦、レポートを楽しみにしてますね。

2013/01/20(Sun) 22:32時野(ときの)

中宝さん、お久しぶりです。 ときのゆうじです^^

黒豚屋さん、めちゃくちゃ美味しそうですね~
ボクも次、韓国に遊びに行ったとき、食べに行きます!

また、中宝さんと一緒にカジノが出来る日を楽しみにしてます♪
(次は、計画的にオールインするように心がけます(笑))

2013/01/20(Sun) 23:21彩鮮

COEX周辺のお店いいですね。
いつもカジノ飯ばかりなので
たまにはこういう食事をしてみたいんですが
でも一人旅だとなかなか入りづらいです。

旧正月の3連休に行こうか迷ってるんですが
この辺りのお店はやっぱり
ほとんど休日なんですよね!?

2013/01/21(Mon) 00:43中宝

時野さん
こんばんは。SNSも今は入れますので、
ぜひお入りください。
最近なかなか調子がいいんじゃないですか?
オールインは気をつけましょう。(笑)

2013/01/21(Mon) 00:56中宝

たかぴーさん、こんばんは。
旧正月、行っちゃいましょう。(笑)
私もCOEXにおりますよ。
なかなか店が閉まっていて難しいのですが、
ソウルナビの正月休業情報を見てみますと、
やってる店もちらほらですが出てきてます。

2013/01/23(Wed) 23:58 さぶろう

日記に登場させていただきありがとうございます!
写真を見ると思い出しますね。
何もかもおいしかったのですが、印象深さではあの牡蠣ですかねえ。。。あれはたまらんかったです。
おにぎりの具にしたい!

焦る事はない、その言葉を心に刻みつつ、二月に行けないか模索しております笑

2013/01/24(Thu) 09:48中宝

本当にいろいろありがとうございました。帰れなかったらと思うと、今でもガクガクブルブルです。
2月、連休のところは旧正月にもかかわらず、けっこうな数のみなさんがいらっしゃるようですよ。(笑)

2015/11/04(Wed) 14:41

弊社CNSカジノ観光旅行社では済州島での、ご旅行をご計画中のお客様をサポートさせていただいております。

・済州島で、特一級ホテルにてカジノを楽しみたいお客様
・新鮮な海産物や、済州島特産のおいしい食事を楽しみたいお客様
・世界自然遺産など、観光をなされたいお客様

などお客様のご希望にお答えしつつ、優雅なカジノ旅行をご提供いたします。
料金は100万円からスタート!
100万円全額カジノでお使いいただけるチップに換金し、1日3~4時間ほどバカラをお楽しみいただけるお客様には、弊社が飛行機のチケットからホテル予約・宿泊、ガイドの手配・ガイド費用・車両等を無料でご提供いたします!
どうぞ弊社へお問い合わせください。
電話番号:080-3207-7619 LINE ID:cnsjp2 E-mail:cnsjp002@gmail.com
Ameblo:ameblo.jp/cnsjp Twitter:@luvjapankorea FaceBook:Yukari Makishima
Instagram: yukari_cns002

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

プルマン・リーフカジノ

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

リゾート・ワールド・セントーサ

Caesars Palace

THE STAR  ザ・スター シドニー

リスボア

クラウン

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT