リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*アジア

ペソ奪還【フィリピン】

Written by ちくわ

投稿日:2006/11/20

コメント(2 件)

*

Casiono Report

私は海外で勝利すると、イモズル式に連勝街道を驀進する。前回マカオで勝利。
今年の8月にさんざん痛めつけられて、せっかくのタガマン夫妻の初マニラも楽しんでもらえなかったマニラに復讐したいと思っていた。

平日に3日も休みが取れたので、誰か一緒に行ってくれる人を探してみた。
「asaさんマニラ行こうよ」
「いつですか?」
「明日」
「・・・分かりました。難しいですが、努力はしてみます」

てなことで、前日の勧誘だったので、ムリかとは思ったが、「努力します」という返事に私は確信をもった。asaさんとBJさんがこの返事のときは90%大丈夫だ。

<出発当日>
友人の結婚式の5次会が朝5時に終了して、お台場から成田へ直行。
結婚式ではひたすら飲んだ。
信じていた最後の独身の先輩だった。生涯独身を通すって固く約束した人だったのに。
くやしいから新婦にキスしてやった。

ラウンジで寝ていると、asaさんがやってきた。
いつものジーンズにジャケットの。ちょっとダサいけど、いい人だ。

JL741便にてマニラへ。
あいかわらず臭い空港からタクシーでハイアットホテルへ。

今回は私が予約しておいた部屋にasaさんがヤドカリする形だ。
「部屋代はいらない。もし勝ったら半分出して下さい」と言っておいた。

あてがわれたツインの部屋には案の定、灰皿がなかった。
いつものようにフロントに文句をつけた。「もうこのホテルは毎回毎回こうだ。スモーキングルームを予約して灰皿があった試しがない。いったいどうなっているのだ。」と。

そしたら
「部屋をチェンジします」と言ってくれた。
やった、そこは、スウィートルームだった。

私の横浜の部屋の3倍くらいの部屋だ。50インチの可動式の液晶テレビもある。
見ないけど。
そしてでっかいキングサイズのベッドが・・・ひとつ。
もう文句をつけるのに疲れたので、簡易ベッドを用意してもらい、asaさんにはそこに寝てもらうことにした。

さあ、カジノだ。

今回の軍資金は30だけだ。ほかにもイザというときの為に、その倍くらい「緊急資金」も用意した。

asaさんと3Fのバカラテーブルに座る。
ハイアットカジノは2Fが一般のフロア。3Fはミニマム1000以上。
4Fは米ドルのフロア。
まずは、マッサージ資金を軽く稼いで終了。

「いいね。今回はノッテるからね。」と私。
足マッサーとボディーマッサーを施していただき、パンパシの焼肉を食べる。
asaさんが前回食べたという韓国焼肉だ。
正直、うまかった。
いままで韓国焼肉はヘリテージの側の「CORE」まで行っていたが、もうあそこに行くことはないであろう。あー楽しい。従業員の娘にチップをはずむ。

夜もとっぷりくれて、お腹も膨れて、さあ本格的勝負。
asaさんに「勝ったらカラオケいこう」と約束。

3Fのバカラ台に座る。
いい罫線が出た。私の好きな2木目鉄板の絵だ。
かるーく2万Pほど勝ったところで、「もうカラオケ代は十分できましたね」とasaさんに言われる。
「何言ってんスカ。勝負はこれからジャン」と私。
この後の展開はいつものごとくだった。


キレイなスペイン系のオネーチャンが座って、仲良くなる。

一緒に勝って盛り上がる。

オネーチャンが勝負に出る。ここぞとばかりその3倍くらい張って応援。

しくじる。

熱くなって、また大ダマを張る。

しくじる。

それでもこのオネーチャンはきっとエンジェルだと信じてさらに大きく張る。

しくじる。(以下繰り返し)

目の前のカードが歪む。ディーラーが悪魔に見える。オネーチャンはとっくにどこかへ行ってしまっていない。最後のチップがディーラーの手元に引き寄せられる。

また、しくじった。

asaさんを残し、部屋へ。asaさんはほとんど「見」で慎重に戦ってたから大丈夫だ。
それにひきかえ、私は・・・

財布の中には青いペソ札が二枚だけ。
緊急資金を持ってカジノへ行こうかとも考えたが、止めた。

今日はきっとダメだ。絶対負ける。

今日はなかったことにして明日頑張ろう。
明日勝てなくても、カラオケは付き合うからね。
でっかいベッドに身体を埋めた。

次の朝はすがすがしかった。
昨日の夜はあんなに負けて悔しかったのに、気持ちはスッキリだ。
よく寝られたからかな。

ハイアットのプールで泳ぐ。
プールは、我々のスウィートルームと同じ階にあって、すぐに行ける。
プールサイドには、身体を焼いてる韓国の白いビキニの娘とフィリピンの娘がいた。景色はよい。

海外でプールに行ったのは初めてだというasaさんと日当たりのいい場所に陣取り、泳いだり、横になったり。
昨日の話をしても、何で負けたのか私はよく覚えていなかった。
ただ、あのスペイン系のオネーチャンはキレイだったがエンジェルではなく、デビルだった。(asaさんと私の間ではデビルレディーと呼んでいる)
でもきっとあの娘は私をデビルマンと呼んでるんだろう。彼女も負けたんだから。
きっとカジノで顔を合わせてもお互いをこれからは避けてしまうんだろう。
なんでかな。
仲良く遊びたかっただけなのに。

とか考えているうちにプールサイドから二人の女性はいなくなってしまった。
asaさんの裸を見てもツマラないのでご飯でも食べましょうかと。部屋に戻る。

財布には2枚しか札がなかったけれど、緊急資金をペソにする前にこれで勝負しようと思った。
今日はツキのない3Fではなく、2Fの一般フロアにした。お金もないし。
2枚のチップをさらに小さい20枚のチップにして細かく勝負。
慎重に、慎重に。

気がつくと1万Pまで増えていた。
しかも罫線はどうみてもプレイヤーとバンカーの2個2個の展開。

めぇめぇさんではないが、
「全部入れじゃー!」とオールインしてみた。昨日の夜とはちがって確信があった。
ナチュラルナイン!取った。
次もその次も取った。

気がつくと昨日の負けの半分くらい取り返していた。

あせってはいけない。
今日は十分だ。カラオケに行こう。asaさんも勝ってるし。
残り半分は明日だ。
使わなかった緊急資金を部屋の金庫に戻し、カラオケへ。

こないだ好男さんが「みちのくひとり旅」を熱唱したお店で、私が今日は熱唱した。
YMCAとか振り付けで踊った。
~ヤングマン さあ 立ちあがろう!~

もうヤングマンではないけれど。
相棒のasaさんは無言で私を見ていた。

最後の一泊はパンパシに移動しなければならない。
なぜかこの日は異常にハイアットの宿泊料金が高かったから。平日なのに。

プールマニアの私としては、昼間はカジノよりプールだったが、この日は誰もプールに居ない。仕方なくカジノへ。
この日はなかなか沈まないかわりに勝てなかった。
最後に大小をやったら大のツラが出てなんとか負けなかったが、すごかったのはasaさんだ。
ずっと後ろで見ていたのに急に17と大に賭けて、見事6・6・5の大を的中。55倍を手にした。

夕食にハイアットのステーキレストランへ。
初めての店だが、間違いなくいままでのマニラで一番の高級店だ。
うやうやしく挨拶されて、席へ。
びびってはいけないと、とっておきの知識で対抗した。

「カベルネ ソービニオンの赤、フルボディーのワインはあるか?」
「ミディアムはございますが・・・あっボトルなら・・・」
と、ボトルリストを持ってきた。
「こちらがカベルネソービニオンのフルボディー 8000ペソにござい」
うーん、コンビニのカベルネは980円なのに・・しくじった。
「やっぱり、ワインはやめるよ」
「何になさいますか?」
「ぴーるせん を」

残念だが、負けているのだ。ここで散財はできない。
二人でサンミゲル「ぴーるせん」(150ペソ)を飲みながら、オニオングラタンスープとステーキを注文。
うまかったのなんのって。
結局そこまで高くなくて、二人で5000ペソだった。絶対おすすめ。

その後の勝負はガソリン補給が効いたのか、あっという間に勝ち上がった。
気がつくと、あと1万ペソで取り戻し。
しかし、なかなか勝てない。
朝4時になっても上がらない。ここでムリをするとヤバイな。と思っていたら、asaさんがホテル代をくれると言う。
最初からそのつもりだったみたいだ。ありがとう!あっくん。
翌日は持ってきた日本円を奪還した上に5000円札が一枚付いてきた。

パンパシをチェックアウトするときに、
「今度はいつ来ますか?」と聞かれ「二度と来ない!」と答えた。


今、体験記を書きながら、いつ行こうかと画策している。

*このレポートは、「リゾカジ.sns」から転載したものです。

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全2 件)

2006/12/03(Sun) 00:0082フラッシュ

ちくわさん、お久しぶりです。
非常に楽しく読ませて貰いました。
と言うか、羨ましい限りです。

覚えてますでしょうか?
OXCLUBさんの連れの「や○○ろ」です。
以前話していた通り、サウジアラビアの青空の下で
労働にいそしんでおります。
カジノはもちろんございません。

帰ってきたら、エルドラド一緒に行きましょーね~。

2007/01/13(Sat) 00:00龍次

ちくわ様、ご無沙汰しています龍次です。
(以前、マンダとレーフでちょいとお会いしました。)

見事なペソ奪還、おめでとうございます。
このV字回復をあのスパニッシュ・オネーチャンが見ていたら、
きっと「かっこい~~!!」と言ってくれたことでしょう。

龍次もよく分かります。オネーチャンと打つバカラの楽しさ!!
最高、至福、言葉になりません・・・。笑)

でも、たいがいは走っちゃいますよね~~。苦笑)

まだ、龍次も生きているみたいですので、どこかのカシノで
お会いできることを楽しみにしております。

ではまた。

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

リゾート・ワールド・セントーサ

Caesars Palace

プルマン・リーフカジノ

リスボア

THE STAR  ザ・スター シドニー

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

クラウン

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT