リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*ヨーロッパ

独逸のカジノ賭け人、ドイツの全30カジノを制覇!

Written by 独逸の旅打賭け人

投稿日:2014/05/24

コメント(0 件)

*

Casiono Report

約1年半をかけて、旅打ちでドイツ中を巡り歩き、全30ヵ所のカジノに挑戦することが出来た。先のカジノ「バート・ピルモント」でもレポートしたように、この旅打ちは、1991/1992版の『ドイツ・カジノ ガイドブック』に載っている30カ所のカジノを全て巡ろうというものであった。だが時の変遷により、この30カ所の内にはテーブルゲームとしてのルーレットを廃して、マシンのルーレットだけにしてしまった所もあって、掲載のカジノの中で訪れることが出来たのは、26ヵ所。その代替として、このガイド本発行以降に新設された4ヵ所のカジノを加え、全30カ所とした。

 トータルでの戦績は、20勝10敗。旅打ちの費用を1日当り、200ユーロとして差し引いても十分に勝ち分を残すことが出来た。ただ、ティップの額も大きく、総計では8470ユーロにのぼっている。日本円に置き換えれば、120万円近いことからも、いかに当たった時のティップの額が大きいかがわかると思う。途中から負けても、勝っている時に渡したティップは、絶対に返してはくれないのである。

勝ったカジノと負けたカジノを、訪問順に紹介する。

(勝ったカジノ) カッコ内は渡したティップの金額(単位はユーロ)

*

*カジノ「トリアー」 +1210 (300)

*

*カジノ「シュロス・ベルグ」 +1510 (130)

*

*カジノ「バート・エムス」 +2390 (240)

*

*カジノ「リンダウ」 +2630 (230)

*

*カジノ「バート・ライヘンハル」 +1500 (150)

*

*カジノ「ザールブリュッケン」 +1500 (260)

*

*カジノ「ハノーファー」 +400 (160)

*

*カジノ「バート・オエンハウゼン」 +600 (180)

*

*カジノ「ガルミッシュ・パルテンキルヒェン」 +1200 (150)

*

*カジノ「バート・キッシンゲン」 +3100 (640)

*

*カジノ「バート・ツヴィシェナーン」 +2900 (310)

*

*カジノ「コンスタンツ」 +2000 (420)

*

*カジノ「バート・フュッシング」 +600 (330)

*

*カジノ「バート・ベントハイム」 +700 (340)

*

*カジノ「キール」 +600 (150)

*

*カジノ「カッセル」 +300 (140)

*

*カジノ「ベルリン」 +3100 (300)

*

*カジノ「アーヘン」 +1200 (850)

*

*カジノ「バーデン・バーデン」 +2420 (640)

*

*カジノ「ヴィースバーデン」 +1280 (260)

(負けたカジノ)

*

*カジノ「シュツットガルト」 -1300 (330)

*

*カジノ「バート・デュルクハイム」 -1400 (140)

*

*カジノ「バート・ノイエナール」 -230(170)

*

*カジノ「ブレーメン」 -1500 (100)

*

*カジノ「バート・ヴィシィ」 -2000 (20)

*

*カジノ「バート・ハルツブルグ」 -2000 (260)

*

*カジノ「デュイスブルグ」 -1500 (490)

*

*カジノ「ハンブルグ」 -300 (340)

*

*カジノ「ホーエンジーブルグ」 -2000 (90)

*

*カジノ「バート・ホムブルグ」 -2200 (350)

 次の旅打ちは、負けた10ヵ所のカジノを除外し、20ヵ所の勝ったカジノだけを対象にして、2回戦として訪れるつもりである。勝ったカジノだけに絞られれば、それだけ筆者と相性のいいカジノだけが残り、理想的なカジノ探しに繋がっていくはずである。
 
 勝っても負けても、数字に当たればティップを渡さなければいけないのだが、今回の30回のカジノ勝負でその合計が120万円というのは、やはり大きい。30のカジノで割れば1ヵ所当たり4万円であるから、1回の渡独で4ヵ所のカジノを廻れば、飛行機代に相当する金額を渡していることになる。もし、一切ティップを渡さずに済めば、飛行機代もカジノ持ちということになる。これは、ありがたいことなので、2回戦ではティップを全く渡さない試みを併せてやってみたい。
勝ってもティップを一切渡さなくて済ますためには、アウトサイドに賭けることである。2倍になる赤・黒、奇数・偶数、前半・後半か、3倍になる1列・2列・3列、小目・中目・大目に賭けるならば、基本的に勝ってもティップは渡さなくて済む。
最終回のカジノ「ヴィースバーデン」の最後で、天の啓示のようにアウトサイドに賭けることに思い至り、狙いがうまく当って最終の勝利を得ることが出来た。この時は、マイナスの3000近い所から一挙にプラスに転じて、4000近くを得ることが出来たのだが、この勝ち分には一切ティップを渡していない。
「天啓」ともいえるこの事象を、2回戦としての次の戦いで、そのまま活かしてみたい。ゾーンを中心に数字を追えば、いやでも当たった時にはティップを渡さなければならないので、この2回戦では数字を追う事は一切行わないつもりである。

 元玉は5000ユーロ。旅打ちの費用は1回戦同様、1日当たり200ユーロとして、1回戦で勝った20ヵ所のカジノに今年の秋から再び挑戦する。

 

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

リスボア

リゾート・ワールド・セントーサ

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

プルマン・リーフカジノ

Caesars Palace

THE STAR  ザ・スター シドニー

クラウン

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT