リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*オーストラリア

バンカジ(bank&casino ) !!at goldcoast

Written by 龍次

投稿日:2015/05/08

コメント(7 件)

*

Casiono Report

海外に銀行口座を作って来ました。

事の発端は、2014年12月5日のムーディーズによる
日本国債の格下げ。
続いて、2015年2月12日の日銀黒田総裁のオフレコ発言。
「もう日本はダメかも知れない」
2月16日NHKニュースウォッチ9特集
「預金封鎖」
昭和21年に預金封鎖を行った。
預金封鎖:銀行から現金を卸せない。

新券発行:タンス預金は使えない。

デノミ
当時と今が酷似している。
それは、国債の発行額。
当時は、戦費調達の為に国債の発行額は、
GDPの2倍。
今、国債の発行額は、GDP の2倍を越えている。
続いて、2月20日のテレビ朝日・報道ステーション
2月12日の日銀黒田総裁発言に箝口令が、
敷かれていたことが報道される。
4月15日日本経済新聞も報道。
日銀黒田総裁発言及びバーゼルの動向。
バーゼルは、銀行の格付け項目を審査する。
今、国債の保有はマイナス評価にしようと検討している。
その動きを受け3メガbankは、しこたま国債を売っている。
それを日銀が、カネを刷りまくり買いまくっている。
既にその額、272兆円を越えている。
ここに、日銀黒田総裁の「日本はもうダメかも知れない」が、
関係してくる。

今後、日本は、大荒れになるかも知れない。
第2のギリシャだ。
これは、N生命の本部長も言っているそうだ。

では、と言うことで、プチcapital flight 。
海外預金。
しかし、これが意外と難しい。
①居住要件:つまり、その国に住んでいないとダメ。
②バンクリファレンシャル:取引履歴、紹介状みたいなもの。
ところが、邦銀では、これを出す習慣がない。

どうにか、この2つが、不要なbankを4つ見つけた。
と言っても、あちこちのcasino host に聞きまくったのだが。
最終的には、national Australia bank(略してnab ) にした。
s&pの評価は、「AA-」店舗数約2,000、利息は普通預金でも
年利2.95%(4ヵ月に一度見直しあり)。
因みに三菱東京UFJ 銀行は、s&pが「A+」、店舗数約800、
普通預金利息は、ほぼゼロ。

で、ここからが、リゾカジ的な味噌。
nab は、日本からの連絡で、jupiters casino に現金振込みをしてくれます。
行員に日本人もいます。
全て日本語対応です。
AUD→AUDなので、移動もスムーズです。
現金振込みになるので、AUD50,000以上ならrolling で、
CB+comp=1.4%も使えます。これは、私が知る限り最高の率です。
これは、お得だと思います。
で、game が、全て終わったらjupiters casino japanese marketing host が、
残ったAUDを私のnab の口座に送金してくれます。

これは、とても便利だと私的には、思います。
長々と始めに理由を並べましたが、ズバリ狙いは、ここにあります。
海外預金口座開設に際して、jupiters casino japanese marketing の
皆さんに大変お世話になりました。
JPY→AUDのrate の交渉もしていただきました。
私の場合、1AUD2円のところ0.7円にしてもらいました。
行きの成田空港で、約102円のところ、nab は、約93円でしたので、
1AUDあたり9円も差が出ました。
これは、大きいと思います。
ありがとうございました。

*

*


成田空港第3ターミナル

最悪です!
第2ターミナルから歩いて行ったのですが、
スーツケースが重い、重い。
コロコロにとても抵抗を感じるダサい敷物です。
これが、630mほどあります。
スーツケースを転がしながら歩くには、
fucking 長い距離です。

行くなら巡回バスですね。
帰りは、それにしました。

てか、8月からは、カンタスがブリスベンに飛びますので、
その方がいいでしょう。
LCC専用の第3ターミナルとは、おさらばです。
9月のSWは、混みそうなので、既にブリスベン行きのticketを
カンタスで手配しました。

*

*しょぼマット

jupiters の新しいrestaurant に行きました。
「KIYOMI」と「改装VIVO」。

「KIYOMI」は、あのnob restaurant のメインシェフの店だそうです。
創作和食のジャンルです。
概ね良好。
美味しかったです。

「改装VIVO」
今回の改装のウリの1つにピザ用の窯があります。
最も人気があると言うピザ「CICCIA」を頼みました。
残れば、持ち帰りも出来ます。
しっかりとした味です。

改装後のpoolが、綺麗に見えるpatio seat が、あります。
以前は無かったような気がします。
全体的には店内が明るい感じになりました。

*

*VIVO入口

*

*

*

*料理

*

*ピザ

*

*デザート

*

*pool

今回は、短い旅行でした。
4月26日朝着、4月29日朝発。
しかも、26日は、日曜日ですので、BKは開いていません。
資金は、送金していますので、BKが開かないとchipが出ません。
仕方なく26日は、ゴルフです。

27日午前中は、nab での手続き。
午後、漸くプログラム開始。
今回は、実質一日半の闘いである。

初めの一手は、良かった。
Pが、5目落ちていた。
見ると3つ前のBが5目で止まっている。
それ以前は、PもBも3目以下だ。

この絵で、次の手をどこに打つか?
足が揃うと私の経験からすると中国人は、まず、必ず、
ツラを切りに行く、または、ノーベットである。
今、卓には、中国人らしきオヤジと私だけだ。
そのオヤジは、やっぱりBに来た。
おれっちは、PにAUD500をbet。
そのオヤジは、不思議そうな顔をする。
んな訳ねえだろが。
いつも足が揃った所で切れるなら、
いつになったらlong runが出るんだ!
説明してみろや!
と私は、いつも思っている。
だから、足が揃っても伸ばすのだ。

Pのcardが来た。
何時ものように、一枚目をパチンと音を鳴らして
開いてcardを投げる。
spadeの「9」だ。
もう1枚は、squeeze だ。
「額」が欲しい。
自分のboxと隣のboxの境のlineの所にcardを
持っていく。
boxのlineと「額」のlineをクロスさせたいのだ。
いや、そのクロスを見たいのだ。
cardの左端を少し折る。
そこをsqueeze する。
出ろ!「額」のline!!


出た!
見事なlineのクロスだ!!
私は、このlineのクロスによる決まり手が、
一番興奮する。



あっと言う間に最終日のsettlement も近づいてきた。
ここまで、だらだらと-AUD12,500
CB+compでAUD1,600ぐらいある。
今回は、バンカジである。
カジカジではない。
ここで止めてもいい。

迷った。
切りが悪い。数字の。
勿論、屁理屈だ。
要は、まだ、打ちたいのだ。
小さく張ることにした。
打ってあと2handとした。

jupiters casino の7階the club に戻ると
まだ、日本人のdealer Tが、撒いていた。
客は、卓に中国系のオヤジ一人だ。
告げる「game 終了の時間まであと50分だ。
2handしか張らない。
それでも、いいか?」
dealer T「いいですよ。」

待つこと40分。
来た。
Pのツラだ。
4目、5目と来た。
6目を見て、
私「張るよ!」
dealer T 「どうぞ」

よくY代表が言っている。
「baccarat は、5目までは、確率。
6目からは、勢い。」
つまり、確率で考えるならツラは5目まで。
それは、6目めから急に確率が低くなるから。
でも6目以上出るツラは、勢いがあり更に続くことが多いと。

PにAUD2,500bet
敗けたらこれでsettlement へgoとした。

PB各2枚開けたところで、
P:6+8=4
B:7+3=0

Bの3枚目を先に開けさせる。
私「monkey!!」

出てきたcardは、「1」。
B:7+3+1=1
これなら簡単でしょとでも言いたげな
dealer T の涼しげな顔。

Pの3枚目のcardをsqueeze 。
「額」でいい。
cardをboxとboxの境のlineに交差するように置く。
cardの左端を少し折る。
その上を右手親指でゆっくりとsqueeze 。

線がない。

足だ。
4sideでもいい。
今度は、cardを横にsqueeze 。

dealer T 「あれっ、どうしたんですか?」
私「悩んでんだ!」
dealer T 「3sideですね」
そうだ。
Bは、「1」だが、
Pには、「0」の敗けもある。
cardは、spadeの3sideだ。
頭とケツは、わかる。
どちらからsqueeze するかを少し悩んだ。
ケツから見れば、マークがあれば、勝ち。
なくても頭にマークがあれば、タイ。
頭から見れば、マークがあれば、タイまたは、勝ち。
なければ、即、敗け。
ケツにマークが、付くことは、絶対にない。

ケツにした。
決めたら、一気だ。
縦にしたcardの両端を少し上げてUの字を作り、
そのUの字を押し込んでやる。
するとcardが「もうムリ!」とばかりにプチッと音を立てて
めくれる。


出た!
spadeの尖った突き刺さるような頭が出たのだ。
8だ。勝った!
B「1」に対して、Pは、かろうじて「2」で
勝利した。
「良かったですね。」dealer T は、またもや、涼しげな顔で言う。

ピンチのあとにチャンスあり。
これは、スポーツ全般ならずbaccarat にも言えると
私は、思っている。
今、Pは7目だ。
きっと次もPだ。このrunは続く。
しかも、楽チンぷーな勝ち方だ。
迷わずPにAUD5,000bet 。
積み方は、こうだ。
黄色いAUD1,000chipを2枚重ねる。
そしてその脇に黄色いAUD 1,000を同じく2枚重ねる。
そして、重ねた黄色いAUD1,000chipの境にAUD100chipを10枚重ねる。
私「ちいせえな」
dealer T 「3歳ぐらいですかね。」

no more betが掛かりgame が始まった。
勝てば、マイナスAUD5,000で済む。
ここjupiters casino は、CBの率が良いので、極めて軽傷となる。
敗ければ、マイナスAUD15,000だ。
敗けの許容範囲一杯だろう。
何回もいうが、今回は、バンカジだ。
ここからが、スタートだ。
大きくやらかしてはいけない。

cardは、2枚開けたところで、
P:T+T=0
B:5+7=2
何時ものように、Bの3枚目を先に開けさせる。
出てきたcardは、「3」。
Bは、5+7+3=5となった。

Pの3枚目のsqueeze にかかる。
私は、cardの左端からsqueeze する。
一般的な人と逆だ。
右手親指でcardの数字を隠すのだ。
そして、まったりとsideをsqueezeする 。
現状、恐いのは、1,2,3,4,10,J,Q,K
足が付けば、恐いのは、4,10のみ。

cardの左端をゆっくりと持ち上げる。
足がある!
これで、恐いのは、4,10だけだ。
sideをsqueeze 。
抜けた。
4sideではない。
この瞬間、ある確信を得た。
このcardは、3sideだ。
今度は、cardを持ち変えて、横向きにする。
cardの両端を少し上げてUの字を作り押し込んでいく。
そうすると、真ん中にマークが、出てくる。ハズ。


がしかし、マークが、ない!
これは、ヤバイ。
勝ちなしである。
付け!
一気にsqueeze 。

「焼けるっ!!」
椅子を後ろに押し出し立ち上がり、cardを丸めて卓にぶん投げた。
cardは、卓で大きく跳ねたが、卓内に落ちた。
これが卓外に落ちると大概怒られる。
丸められたcardをdealer T が、開いて伸ばした。
cardは、「クラブの4」。
Pは、Bの「5」に対して「4」で敗けてしまった。
落ち着きを取り戻した私「わりぃ、わりぃ。もう帰る。」
dealer T 「本当に2handなんですか?」
私「またな!」

まあ、しょうがないでしょう。
少しは、攻めた。

くよくよは、していられない。
2日開けて5月2日からは、Las Vegas です。
7月にもLas Vegas です。
9月には、jupiters casino です。
11月には、MONACO です。
全てair 手配済みです。
まあ、もっともおカネが続けばの話ですが・・・。

成績
本戦:-AUD15,000
rolling over :AUD119,900
CB+comp:AUD1,679
実質的な成績:-JPY1,246kぐらいでしょうか。

また、行きます。

以上

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全7 件)

2015/05/12(Tue) 08:29龍次

文字化けがあります。
s&p→x
s&p→〇

2015/05/12(Tue) 10:05ほしこ

龍次さま

文字化け、すみません。
本文2箇所とタイトル修正しました。ご確認ください。

2015/05/13(Wed) 12:22awin

龍次さん 破綻部分は大変興味深く バカラ部分は楽しく拝読させていただきました。破綻の件については全く同調できます。4〜5年前から私も懸念していました。私も海外口座開設を真剣に考え口座開設本を買いましたが 今だ開設しておりません。私の対策は金とドルと放蕩です。決して悪い事はしていませんが余り 公にはしたくありません。新円切替なら諭吉さんは引退ですから旧札は使用出来ませんので 旧札を新札に替えなくてはなりませんが多分相当に減額された価値になると考えられます。 また預金封鎖も必ず行われます。問題はいつか?ですが私はオリンピックの後と考えています。いつも政治家は 人の金を使って予算だ何だしているので自分の腹は痛まないので何事も平気でやる人達ですから 評価は Zマイナスです。龍次さんのバカラ楽しかったです。私もやってみたいですがチマチマとcassinoでblackjackを楽しんで放蕩しています。是非次回の投稿をお願いします。awin

2015/05/14(Thu) 16:26龍次

awinさん

コメントをありがとうございます。
日本は、かなりヤバイですよね。
国債の発行額1,000兆円ですよ。
しかも、週刊新潮によれば、あと10年で2,000兆円だとか。
もう、国民の総預金額をとうに越えています。
国債に対する評価は、ムーディーズに続くs&pの動向が注目ですね。
一挙にガタガタッとくる可能性があります。

まぁ、一番危険なのは、私にカネを預ける事だと思いますが。lol

2015/05/15(Fri) 10:00awin

龍次さん 返信ありがとうございました。しかし 龍次さんのバカラ勝負は豪快ですね。私は以前に(どうしたらバカラに勝てるでしょうか)を投稿したら 龍次さんから 東京の方(baccaratのプロと思われます)の指導だね的意見を教えて頂きました。そんなやり取りをした事があります。龍次さんは(bank賭け)をご存知ですか?ご存知ならこの方法の実績を教えてください。罫線のどこでもbankが一目出たらbankにbetしbankだけを賭ける。途中でplayerが出たら(見です)playerが続く限り(見です)目がbankに変わったら次はbank賭けです。bankが続く限りbankに賭けます。先日 釜山に行き パラダイスとセブンラックで試してみようと思いましたがどちらのカジノもplayerの目が7割でしたのでplayを試す事は出来ませんでした。 ご存知ならご教授ください。次に 国債が破綻する場合には順序があります。?政府が年金支払を削減したら徴収する保険料を高額にします。?軽いインフレになり中央銀行が自国の国債を買い始めます。?外国人が日本国に資金提供をし始めます。現在の日本は??段階をクリアーしています。それが黒田発言に結び付いています。後がありません。龍次さんに預けるよりは安心かも知れませんが?(笑い)

2015/05/16(Sat) 10:20龍次

>awinさん

その方は、Mr.playerさんですね。
彼は、Bには張らず、完全にP張りのみです。
何故、P張りのみかは、彼のブログに出ています。
「Mr.player バカラ」かなんかでググると出てきます。
なので、awinさんがおっしゃるB打ちの逆と思われます。

もっともMr.playerさんもこの打ち方が、必勝法とは言っていません。
「敗けを少なくして、長く遊ぶ方法」と言っています。
Bが3目出たらトイレに行けとなります。
で、Bのrunが切れて、Pが出たら、また、P打ちの再開です。

でも、致命的な目があります。
B3目以上P1目の俗に言う「3個1の連続」や「BツラP1目の連続」です。
B1目からB3目まで、P張りです。
@$100としたら、この時点でマイナス$300です。
Bが3目落ちたので、次のhandは、見となります。
Bが切れて、Pが出たので、見はお終いです。
P張り開始です。
ところが、また、B3目です。
この時点でマイナス$300マイナス$300=マイナス$600です。
「3個1の連続」なんてよく見る罫線です。
そこにさらに「BツラP1目」も絡めれば、出現回数は、かなり多くなります。
マイナス$900、マイナス$1,200、マイナス$1,500もあるでしょう。
更に強気に@$1,000で張っていたら、マイナス$15,000・・・もあるとなりますね。
このあたりに必勝法ではないと言う訳がありそうです。
ただ、フィボナッチ係数をbetの上げ下げに使うアイディアは、とても良いと私は、
思います。
躊躇なくbet up出来ます。
一発のrunで大幅に取り返せますね。

基本は、私もP張りのフィボナッチ打ちですが、Bツラにもチョップチョップにも張ります。
更にたまにオカルトbetも打ちます。

必勝法が、あれば世界中のcasinoが潰れると言われますよね。
「長く遊ぶ」でいいんじゃないでしょうか。

D証券本店に言わせれば、「国債の破綻は、もう10年前から言われている。でも、まだ、大丈夫じゃないですか。」
との事。
でも、用心に越した事はないですよね。

私も破綻しないように気を付けますぅぅ。lol

2015/05/16(Sat) 17:27awin

龍次さん 早速 コメントありがとうございました。以前教えて頂いたのはP打ちのmr playerさんでした。しかし 世の中にはすごい人達が見えるのですね。 龍次さんはその一人です。バカラは罫線を頼りに 流れを見るのがbestですね。ありがとうございました。日本国も何とか方法を見つけ破綻回避をしてほしいと願っています。 そうしないと 後に残った人達が困ってしまいます。方法はあるのですが政治家には真実を告げて日本国を立て直す と言う 事はしません。 政権や党が崩壊したり 社会がパニックに陥るからなのでしょう。また自分の政権では回避し 誰かの時まで引き延ばして回避をはかります。現行の相続税は 今年から増税か行われました。私ならこんなぬるい手は使いません。 相続税をある期間一旦廃止します。その廃止期間内に相続税の生前概算申告をした人には低い税率で申告した額まで免除をします。その後には高率の相続税の制度を創設すれば良いと思います。 私を政府顧問にしてくれれば沢山アイデアを出せるのですが? 龍次さん また いつか投稿されたら拝見させて下さい。楽しみにしています。awin

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

クラウン

プルマン・リーフカジノ

リスボア

リゾート・ワールド・セントーサ

Caesars Palace

THE STAR  ザ・スター シドニー

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT