朝7時半、生まれて初めて、フライトの3時間前に羽田に着いた―――目的はラウンジだった。 恥ずかしながら、仕事&マイル旅行以外で初となる〝7時間超えオールビジネスクラスの旅〟を、この春に味わったmadamada。 まぁ、リゾカジメンバーにとって「ビジネス旅」など珍しくもないだろう…" /> 朝7時半、生まれて初めて、フライトの3時間前に羽田に着いた―――目的はラウンジだった。 恥ずかしながら、仕事&マイル旅行以外で初となる〝7時間超えオールビジネスクラスの旅〟を、この春に味わったmadamada。 まぁ、リゾカジメンバーにとって「ビジネス旅」など珍しくもないだろう…" />

リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*シンガポール

そうだ!シンガポール行こう、ビジネスクラスで!!

Written by madamada

投稿日:2016/04/28

コメント(0 件)

*

Casiono Report

朝7時半、生まれて初めて、フライトの3時間前に羽田に着いた―――目的はラウンジだった。

恥ずかしながら、仕事&マイル旅行以外で初となる〝7時間超えオールビジネスクラスの旅〟を、この春に味わったmadamada。

まぁ、リゾカジメンバーにとって「ビジネス旅」など珍しくもないだろうが、これはあくまで我が備忘録。 さらに言えば、実にほぼ2年ぶりのカジノ旅リポート―――ここはひとつ、お付き合い戴きたい。

・・・今回の旅の始まりは、「憧れのビジネスクラスでシンガポール ホテル付き12万円」という格安ツアーを見つけたからに他ならない。

「ビジネスクラスだよ」「エアーだけでANAは24万円だよ」と、お徳感を吹聴し、いつもツレと旅立ったわけである。

羽田では、行列するエコノミーを尻目にビジネスチェックイン。
「うん、やっぱりこれ、気持ちいいね~」と、貧乏人ならではの優越感を堪能し、すぐさま出国。さくらラウンジの上にあるキャセイ・ラウンジを目指す。


ラウンジ内のラウンジコーナーは(・・・と言うのだろうか?応接セットのある部屋)、早朝とはいえ、かなり混んでいた。 窓際で空いているソファは、一つもない・・・ので、レストランコーナーへ。

ちなみにここの料理は、ホテルオークラが請け負っているらしいが、キャセイは香港で好評の「ヌードルバー」を、現地(香港)の味そのままに提供しているそうだ。香港のラウンジ担当はペニンシュラである。

私はもちろん、その名物として名高き「坦々麺」。ツレは好物の「雲呑麺」をカウンターで注文。

およそ10分後、同時にでてきた。

*

*坦々麺

*

*雲呑麺



結構・・・というか、随分、小ぶり。正直、1食分をしっかりとろうとしたら、二つとも食するのが正解だろう。しかし―――

今回は自粛した。だって、飛行機に乗ったら、きっとすぐに朝食がでるはずだから。

CX543便 羽田10:45発⇒  
機材は、懐かしき747=ジャンボジェット!!
いや~、まさか今更、ジャンボのアッパーデッキに乗れるとは思っていなかったなぁ(笑)

シートは、閉鎖感満点の〝たこつぼビジネス〟(ツレは〝鰻の寝床〟と評していた)

折角のビジネスなのに・・・と考えると残念感もありますが、今となっては逆に貴重な体験だったかも??

予定通り(?)乗ってすぐ食事(かなり豪華&美味しかった~)、

ほんでもって、降りる前にも軽い食事。最後にハーゲンダッツのアイスクリームを勧められ、お腹一杯だったけど無理に喰う!!ゲフ!

15:05 香港到着。えっ??トランジットなのかって?もちろんトランジットですよ!だって12万円ホテルつきのビジネスですから!!!!

香港でも目指すは――――――ラウンジだ。15時半にはGATEに行かなきゃいけないから、猛ダッシュ!

さすがにキャセイのハブ空港だけあって、いたるところにラウンジがある。

その中から選んだのは、「ザ・ブリッジ」――――――こちらでも、「坦々麺」と「雲呑麺」を注文!(おいおい、1日2回かい!)…と自分自身にもツッコミたかったが、でも、折角だから食べ比べたいでしょ?


結果――――――あれ?同じ味じゃなきゃいけないんだけど・・・もしかしたら羽田の方が美味しいかも?
香港の方は、やはり中国的というか、なんというか・・・中華独特の香りがきついか?でも、不味いわけじゃないので・・・念のため。

ソッコーで麺をたいらげ、16:00発 CX711で、いざシンガポールへ!
機材は777-200、シートは昔ながらの「でっぷりタイプ」。

またもや最新式のリージョナルビジネスシートではなかった・・・けど、あのでっぷりシートもなかなかいいなぁ。

少なくとも、さっき乗ったジャンボの「鰻の寝床」よりはいい、というのが二人共通した意見。

乗って暫くしたら、また「お食事ターイム」!! (ゲフゲフ)
そして最後にまたハーゲンダッツを勧めてくる・・・・・でも御免、もう喰えない。

人生で初めてハーゲンダッツを断ったら、男性CAが、もの凄く哀しそうな顔をした。


定刻どおり、念願のシンガポール到着!!結局、ラウンジもあわせ、食事6食!映画3本!
初めての「ラウンジ巡りビジネス旅」の満足度は、パンパンに膨れ上がったお腹が証明していた。

――――――――――――――――――――ついでに。

ここで帰りのビジネス旅にも触れておこう。 帰国便は、深夜1:15発。やはりラウンジで寛ごうと、ちょっと早め(23時くらい)に空港到着。

しかし――――――チャンギにキャセイ専用ラウンジはなく、他エアラインと乗り合い使用。これはハッキリ言って、戴けない。
なんか雑然とした感じ? チャンギにはもう少し、頑張って欲しいなぁ。

CX714  香港までの機材は多分777-200ER。行きとおんなじ「でっぷりシート」だった。

CX548  羽田行き機材は777-300ER 
キターーーー!!ついにキターーーっ!

新リージョナルビジネスだぁぁぁぁ!!

「たこつぼ」のような感もあるが、閉塞感が全く違う。それでいて、プライベート性はたかーーーーい!これは、結構、いい感じ!!

ちなみに香港でのトランジットは、今回最長の3時間40分。そこで、キャセイのラウンジで「シャワータイム」敢行!  
いや~、空港でシャワーを浴びるのは初めてだけど、結構、サッパリするのね。確かにこれはいい!!!!

―――――――――――――――――――――――――

・・・ということで、大満足の「ビジネスクラスの旅」だったが―――

肝心の〝勝負〟はどうなったのか???

それはこのあと、すぐ!!(ホントか?)

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

THE STAR  ザ・スター シドニー

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

Caesars Palace

プルマン・リーフカジノ

リスボア

クラウン

リゾート・ワールド・セントーサ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT