リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*アジア

ハロン湾クルーズ&カジノ【ベトナム】

Written by さまよい人

投稿日:2004/11/02

コメント(0 件)

*

Casiono Report

●ハロン湾クルーズ1日目

30日朝6:00のフェリーでマカオから香港へ移動。香港発9:00発のCX793便ハノイ行きは当初の予定より20分早く現地9:40に着きました。(香港と時差が1時間あるのでフライト時間は1時間40分)この便はベトナム航空とのコードシェア便だったので、機体、スタッフともベトナム航空のものでした。

着いてからが少し大変でした。飛行機から降りてイミグレカウンターまで行くと大行列、しかも前に進んでいない。見ていると一人一人質問しているので、あれでは時間がかかると思い、私は最後尾にいたのであきらめて椅子のあるところで座って持ってきた雑誌を読みながら待つことにしました。カウンターはA,Bと2つあるのですが便によってAかBか決まっているようで(カウンター毎で出口が違う)、もうひとつのカウンターが空いていてもそっちに行く事はできないようでした。結局ロビーに出れたのは飛行機が着いてから1時間後でした。(私の番の時に係官が「ベトナムは初めてですか?」と中国語で聞いてきた。なんでなんだろう)

ロビーで手配していたガイドさんと合流し、早速車に乗り込みました。どんな車かなと思っていたのですが現地生産のフォード車でごく普通の自家用車でした。意外だったのですが、ハロン湾へ行くのにハノイ市内を通ると思っていたら、ハノイノイバイ空港はハノイ市か北20~30kmの所にあり、ハロン湾へは空港から南に向かわず直接東に向かって走るのでハノイ市内は通らないのです。

ノイバイ空港を11:00に出発し、何もない農村地帯をひたすら走ってハロン湾に着いたのは14:00頃でした。途中30分休憩があったので実質車で走っていた時間は3.5時間で道自体舗装状態もよく、快適な道中でした。途中休憩は障害者の人が作った刺繍物を販売している土産物店でとったのですが、ここで食べたベトナム風焼きそばがおいしかった。muufanさんがおっしゃるとおりベトナム料理は日本人の口に合うと思いました。

ハロン湾についてそのままハロン湾クルーズ船に乗り込みました。他の団体と一緒になるのかなと思っていたら私一人で40~50人乗りの船を一台貸しきり状態でした。この日のコースはティェンクン洞を中心にめぐる4時間のコースで最初はまっすぐティエンクン洞のある島へまっすぐ向かい、島に着いた後は鍾乳洞めぐりでした。山登りがあり普段運動不足気味の足には結構しんどかったです。この鍾乳洞はそんなに大きいものでもなく、大きさでは2日目に行ったスンソット洞の方が大きかったです。鍾乳洞めぐりが終わると、本格的なハロン湾クルーズが始まりました。あの奇石、奇岩の島の間を進んでいくのですが、こればかりは書いても言葉で言い尽くせない物があります。写真でも表現しきるのは無理なのですがせめて雰囲気だけでもあじわっていただければと思います。

あとハロン湾クルーズにはスンソット洞をめぐる5~6時間のコースもあるのですがもしどちらか片方しかいけない場合は、ティェンクン洞をめぐるコースを取ったほうがいいと思います。スンソット洞のコースも島々の中をとおりますが、どちらかと言うと島々の外を通っている時間の方が長く感じました。それに対してティェンクン島のコースはまともに島々の中を通っていくので景色としてはこちらのコースの方が見ごたえがありました。ハノイからの日帰りツアーの場合両方のコースを行くのは無理なので、その場合は殆どティェンクン洞のコースを取るようです。

最初ハノイに着いた時は少しむっとして暑く感じられたのですが、ハロン湾では海風が吹いて非常に快適でした。日が暮れる頃には肌寒くなるくらいで上に何か着た方がいいくらいです。

クルーズ船は1階が客室で、2階が展望台のようになっており、私は2階の展望台のところのリラクシングチェアーに横たわり、海風に吹かれながら、風と船のエンジン音しか聞こえない環境の中で、ハロン湾の絶景を楽しんでいました。

そして18:00頃船着場にもどり、その後ハロンプラザホテルに向かいチェックインしたのでした。

*

*ハロン湾クルーズ船

*

*ハロン湾の絶景

*

*ハロン湾の絶景

●ハロン湾クルーズ2日目

10月31日(日)AM6:00起床。7:00にガイドさんとロビーで待ち合わせているのですぐに起き着替えた後、チェックインの時にもらった朝食券を持ってレストランへ。朝食はバイキングスタイルでした。

時間通りにガイドさん合流した後、まっすぐに船着場へ。今日のクルーズ船も前日と同じく完全に貸しきり状態。今日のコースはスンソット洞を巡るコースで前日のティェンクン洞より遠いのでこの日のクルーズ時間も5時間と長めにとられていました。7時半に船着場を出発し、最初の目的地スンソット洞へ。私はこの日も2階の展望台のようなところで、椅子に大きく背もたれて座り海風に吹かれながらぼーっとしていました。2日連続の寝不足で半分うつらうつらしていました。

そしてやっとスンソット洞のある島に到着。上陸して早速鍾乳洞見学。スンソットというのはベトナム語でびっくりするという意味らしく、その鍾乳洞の規模を指して名づけられたそうです。確かにティェンクン洞より大きいです。やっぱりこの鍾乳洞も上り下りがあり普段運動不足気味の足には結構つらかったです。

スンソット洞を出て、本格的な島々の間を抜けるクルージングが始まりました。やがて前方に海から突き出したように左右に並んで立っている奇峰が見えてきて、その奇峰の間を抜けるとその先にまた絶景が見えてきていよいよだなと思った瞬間、船がエンジンを止めて止まってしまいました。何事かと思ったら、単に昼食時間になっただけでした。クルージング船には厨房設備がついていて、現場でとれた魚介類をその場で料理して食べられることをひとつの売りにしています。ハロン湾の中でいけすがあるのをよく見かけますが、同時にいけすの上にも家をつくり、取れた魚介類をクルーズ船相手に売って生活をしている様です。彼らは魚介類だけでなく、飲料、生活必需品(洗剤等)を小船にのせて来る遊覧クルーズ船に売りに歩いています。クルーズ船のトイレを以外にも内装をきれいしてあり、全然抵抗感のない物でシャワーまでついていましたから、クルーズ船上で生活ができるようになっているのかもしれません。

食事はやはり海鮮の物が主ですが、プロのコックさんが作っているわけではないのでお味はそれなりという事で。その後真珠の即売会(笑)が始まったのですが買ってもあげる人もいないし、素人の私がどう見てもよさそうに見えないので遠慮してきました。

やがてまた船が動きだし、さっき前方に見えてきた絶景の中を進んでいくのかとおもったら、方向を転換してバッチャイの船着場の方へ戻っていってしまいました。あらら、もう終りなのか。これだったらティェンクン洞の方がよかったなと思いましたが、この後ハノイに行くスケジュールが入っているのでガイドさんが時間をはしょっちゃったのかもしれません。見所の所で私が眠っちゃってたのかもしれませんし(笑)

そうこうして12時半頃船着場に戻りました。

*

*ハロン湾クルーズ

*

*ハロン湾クルーズ

*

*ハロン湾クルーズ

●ハロンのホテル情報

今回のカジノがあったRoyal Hotel & Villaですが、このホテルは普通のホテルの様にホテル棟が一つあって、客室とあらゆる施設がその棟に入っているという形でなく、ホテルのフロントとレストランはカジノと同じ建物の中に、敷地内にカラオケ、サウナ&SPA等々の建物が別々に建っており、客室用の建物(各フロアに5-6室ある3階建ての建物)が敷地内に点々といくつかあるというタイプのホテルでした。カジノを出た所にあったホテルのカウンターで話を聞いた所、海外からも旅行会社を通して予約はできるとの事でした。(香港ではやってないといわれましたが)そのときに部屋の価格表をもらったのでまた添付しておきます。結構なお値段です。ホテルの人曰く、5つ星なのでそれくらいしますよとの事です。あとこのホテル台湾系の為、カジノも含めて中国語の方が通用します。(私には便利でしたが)

あと私が泊まったホテルはハロンプラザホテルで4つ星でした。部屋代はツアー料金の含まれていてはっきりしないのですが、香港で予約をとろうとしたときはHK$610(8,540円相当)との事でした。私がいた時は見かけませんでしたが、ガイドブックによると客の60%が日本人で、1階にはフォーシーズンというベトナムから始まって中華、西洋、日本料理を食べれるレストランがあります。後から考えるとガイドさんが嫌がってもここで食事しとけばよかった。客室の中ももちろん何も問題がなく寝るだけの私にはもったいないくらいでした。部屋はSEAVIEWで今建設中のホンガイへわたる橋が完成すれば、ちょうど部屋の真正面に見えることになります。写真の窓の外に見える2つのクレーンが建設中の橋です。(清水建設が請け負っているそうです。)LANのソケットらしき物があったので部屋でもネットはできそうです。私はビジネスセンターへ行って書き込みをしていました。ちゃんと日本語を入力できるようパソコン設定しておいたので行った時にはご利用ください。

*

*ハロンプラザホテル客室

*

*ハロンプラザホテルバスルーム

*

*部屋はSEAVIEW

●カジノ編

ハロン湾クルーズを終えホテルにチェックインした私はまずビジネスセンターへ行ってただいまリゾカジ中に途中経過報告を書き込みその後、ガイドさんと一緒に夕食を食べに行きました。

夕食もパック代金の中に入っているので、いく所はガイドさん指定のレストラン。入ったお店はあまりぱっとしない所だったので期待はしていなかったのですが、ガイドさんがいきなり「僕ちょっと用事があります。車を外に待たせていますので○○さん(私の事)一人でも大丈夫ですか。」というので、「いいよ。別に(さっさとカジノに行くからちょうどいいや)」と答えて、一人で夕食を食べていました。予想通りたいした料理ではなかったです。次回からパックからは食事をはずしてもらって好きな所へ食べに行こう。そしたらガイドさんは嫌がるだろうけど。

正味20分程で食べ終えた私は外に待たせていた車に乗って、直接カジノへ向かいました。カジノはサイゴンホテルのすぐ横にあるロイヤルホテルの敷地内にあるので、ロイヤルホテルの門から入ればすぐの所にあります。名前はRoyalIn ternational Gaming Clubといい、漢字名は皇家博彩娯楽城といいます。外から見ると漢字名の方が目立つのですぐにわかります。

でここで問題がひとつあったのです。この日の前の晩一睡もしていないんです。飛行機の中でも結局眠れなかったので、この時点で結構眠くなっていました。過去徹夜明けでやってろくな事があったためしがありません。(この翌日それが証明されました。)かと言ってホテルに戻ってベットで寝たら、絶対朝まで寝てしまうのでこれもだめ。そこで考えたのが先にマッサージに行こうということでした。泊まっているホテルの中にサウナ&マッサージがあったはずなので戻ろうとしたところ、カジノの横の建物にサウナ&SPAと書いた看板を発見。聞いたらマッサージもあるということなので、早速入りました。1.5~2時間マッサージしてもらって(実際は寝ていましたが)から、再度カジノに向かいました。(結局これは吉とでました)

建物は2階建で、1階が一般客のエリア、2階がVIPエリアになっています。ここのVIPエリアは本当にVIP客の為だけなので一般客は入れません。ここのチップはすべてUS$建で、台でチップを買うことはできないので、カウンターに行って買わなければなりません。中のゲーム構成はスロットマシーンが30~40台、バカラテーブル3台、BJ3台、大小2、3台(実際に稼動していたのは1台だけ)、ルーレット1台、パイガオ(タイル)1台(でも台があるだけでディーラーもいませんでした。)、あともう一台あったのですが多分三公バカラの台だと思います。MINベットはBJはUS$10でバカラはUS$10,20,40だったと思います。(記憶が定かでありません。)バカラのMIN10$の台はNO TAX と書いていたので、NO,Commissionの事だと思います。(あのBANKER6で取り分が半分になる、いわゆるMINIバカラ)そしてこの台なぜか、BJと同じシャッフルマシンを使っている様なのです。誰もプレーをしていなかったのでどういう風に使っているのかは確認できませんでした。バカラ台は基本的にマカオと同じものを使っているので、ドローはもちろんペアもあります。あとドローではチップを引き上げることが可能です。あとBJですがバカラをやった後一人で30分くらいプレーをしていたのですが、私の今の知識ではハウスルールを確認する事ができませんでした。でもディラーはすべて中国語を話し、客も大半は中国系の人間なのでおそらくマカオと同じではないかと想像します。

ここのカジノではみな遊びに来ているので、マカオの様に目が血走っている人間はおらず、勝っても負けても皆楽しそうで実にいい雰囲気でプレーができました。雰囲気がよかった事と、最初に睡眠がとった事が吉とでて、最初500US$程負けていたのですがきれずに粘っていたら、スタートから座ったある台で8ヅラ、11ヅラ、12ヅラと3回も長ヅラがでて3回ともうまく乗ることができ、最後は+1,200US$で終わることができました。この後BJにも挑戦したのですが、BJは±0でした。この時点でAM2:00.カジノのフロントで車を頼んだらタクシーでなくカジノ車がホテルまで連れて行ってくれました。無料の送迎サービスがあるようです。

結局ホテル戻って寝たのが2時半ころ、翌朝は6時起きの7時集合だったので睡眠時間はたった3時間半。これが翌日の不幸とつながったのです。

*

*カジノ

随分長々としたレポートになってしまいましたが、やっと当初計画していた分すべてレポートし終わりました。長きにわたりおつきあいいただきありがとうございました。

カジノリポートというより旅レポートの様になってしまいましたが、場所が場所だけにしょうがなかったかと思っています。カジノの内容からしてもここはカジカジで来るところではなく、やはりハロン湾の観光をメインすべきところだと思いました。カジノはあくまでも夜のエンターテイメントという事で。それとやまかんさん、ドーソンさんはじめ数名の方がハロン湾行きを考えられている事だったので、できるだけ自分が知っている詳細をお伝えしたかった事と、チャチャウーさん、せりかさん、muufanさんからエールをいただいておりましたのでレポートについ力が入ってしまい、不必要に冗長なレポートになってしまったのではと反省しております。

最後の総括に今回の戦績の結果報告です。

1日目 マカオ -2000HK$
2日目 ハロン湾+1200US$(+9360HK$)
3日目 マカオ -5000HK$

収支計 +2360HK$

3日目は本当に余計でした。ここで例のごとく悩みモードに入るのですが、なぜハロン湾で勝てたのだろう、なぜマカオでまけたのだろうとつくづく考えてみたのですが、今回はする必要のない勝負をやって負けています。1日目夜12:00から寝不足になるのがわかっていながらやる必要があったのか、3日目もすでに寝不足でさらに睡眠不足を上塗りする中でやる必要があったのか。もうこうなったらギャンブル中毒ですね。

ハロン湾では事前に休憩を入れるという予防線をはった事と、一緒にプレーしている人があくまでも遊びという雰囲気の中でやっていたので、うまく波に乗ることができたのだろうと思います。

チャチャウーさんのアドバイスと今回の旅の結果を考えて、ちょっとカジノに対するスタンスを変えてみようと思います。あくまでも遊びの一環としてリゾを取り入れた形にすること。マカオでどうやってリゾを取入れるからは検討しなければいけませんが、少なくとも目が血走った鉄火場には近寄らないようにします。(本当かな)

明日から土日なので普通だったら、金曜、土曜の晩と立て続けに行くところですが、睡眠不足になりがちな夜は避けて、行くのは1回にしておきます。久しぶりに朝からマカオ観光でもして、よさそうだったらプレーに参加するスタンスにしてみようと思います。あと余談ですが、マカオのリゾを楽しみながらそのレポートを溜め込んでその内3月のオフ会の参考資料用に「マカオでリゾート」なるレポートをUPしてみたいと思います(あっ。また余計なことを言ってしまった)

最後の最後にまた愚痴モードになってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

●ハノイレポート

殆ど番外編ですがハノイにも立ち寄りましたので簡単にレポートを。

当初ハノイ空港に着くなら自動的にハノイの街中を通るだろうと想像していたのが、ハノイに着いてからそうでないとわかりました。当初の目的地はハロン湾だったので、しょうがないかなとは思ったのですが、やはり初めてベトナムに来てベトナムの町とそこの人なりを見て帰らないわけにはいかないと思い直し、ガイドさんに頼んでノイバイ空港に戻る途中にハノイによってもらうことにしました。(追加料金が必要でしたが)

ハロン湾クルーズを終えて12時半にバイチャイの町を出発、来た道をただひたすら戻っていきました。この時睡眠不足で眠気が最高潮となり、完全に車の中で眠ってしまっていました。(本当は危ないのですけど)途中起こされてお約束のお土産物屋さんで休憩後(ここでも何も買いません。本当にいやな客です。)再びハノイに向けて出発3時頃にハノイの町に着きました。予定滞在時間は1~1.5時間なのであまり多くを見るのに時間をさけません。町の雰囲気を感じるだけでよしとするつもりでした。

ハノイに着いて最初に行ったのが、ベトナム独立の父ホーチミン氏が眠るホーチミン廟でした。ただホーチミン廟は毎年9月から11月にかけて改修に入るそうで、中に入ることはかないませんでした。その代わり周りのホーチミンゆかりの場所を散策し、その後旧市街へ向かいました。旧市街は下町という雰囲気のすこしごみごみした感じのところですが、いっぱいお土産屋さんもいろいろあり、他の外国人もいっぱい見受けられました。ここで刺繍物のお土産を少し購入した後、16:00頃出発しノイバイ空港に予定通り17:00につくことができました。

ハノイの町は街中にいくつも湖がある自然に恵まれた町です。ベトナムもドイモイ政策のもと、経済発展を続けていると聞いていたのでさぞや活気に満ちた町と思っていたのですが、活気がないわけではないのですがどちらかというと静かで落ち着いた感じを受けたのは、私の気のせいでしょうか。(1時間ちょっとの滞在で判断はできませんが)。あとハノイで一番印象が強かったのがバイクの多さです。とにかく道をいくのは殆どすべてバイクです。ガイドさんに聞くとこの日は日曜日でまだましなほうだそうです。平日の朝夕のラッシュ時はほんとにバイクの波がすごいそうです。聞くと国内生産の韓国製の軽4と同じくらいの大きさの車が約1万US$するそうですからまだまだ高値の花なのかもしれません。(中国より高い)

戻りの飛行機19:10発CX793便は30分遅れて離陸し香港空港に10時過ぎに到着。その足でそのままマカオへ向かい、マカオにチェックインしたのが0:30頃でした。これで今回の旅は無事終了‥‥‥‥‥‥といかなかったのですよね。もうすでに時間が遅いので最初は行くつもりは全然なかったのですが、ホテルの中に入っているカジノを覗きに行ったのが間違いの元でした。もう思い出したくないのでこれ以上は書きません。ただいまリゾカジ中に書いたとおりです。

それでは。

*

*ホーチミン廟

*

*バイク軍団だー

*

*位置に着いてー

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

クラウン

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

THE STAR  ザ・スター シドニー

プルマン・リーフカジノ

リスボア

Caesars Palace

リゾート・ワールド・セントーサ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT