リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*マカオ

再びのマカオ復活戦

Written by junSPR

投稿日:2009/05/19

コメント(4 件)

*

Casiono Report

5月7日から3泊でまたマカオに行ってきました。
会社からはプライベートの海外旅行は自粛するように、やむを得ず行く場合は行き先を会社に届け出るようにとお触れが出ました。私自身も会社からお触れが出たときはキャンセルしようか、と思いましたが、正直に申告して堂々と行って来ました。

上司は「帰国したら2日程、自ら自宅待機するように。」と言われましたけどそんなの無視。
シンガポールの空港職員も、飛行機内でもマスクしている人なんていませんでした。
マカオのイミグレの職員はマスク着用、ゴム手袋着用していましたけどね。


ホテルにチェックイン後、ホームグランドのベネチアンへ出陣!
ベネチアンの向かいのクラウン(スタンリー・ホーの息子の経営)は6月にオープンすると、タクシーの運ちゃんが教えてくれました。
ベネチアン、全く客はいません。平日だからか、豚フルの影響のせいだからか?
平日なので、HK$100のテーブルがたくさんありました。
また、たくさんの日本人観光客がいました。私と同様、皆さんせっかくのGWだから前もって予約していた旅行をキャンセルするわけにはいかなかったのでしょうね。

初日のベネチアンではHK$100のBJテーブルで惨敗し、すごすごとホテルへ戻る。
2日目は宿泊先のタイパスクエアホテル内のカジノでBJでプレー。
30分弱でHK$8000の勝ち!

隣のテーブルにいかにもマネーロンダリングらしき事をしている、超田舎人身なりの大陸人がやってきました。彼はHK$50万分のローリングチップを箱ごと手元に置いてプレーを始めました。
しかしミニマムHK$50のテーブルで、一人ですべてのBOXをたったHK$200ずつ賭けていました。

頻繁に携帯電話で会話して、しばらくして別の仲間3人がやって来て半分のローリングチップを私達のBJテーブルで賭けまくり、彼らは大勝利。彼らの掛け金、勝ち金に圧倒されたせいか、今まで勝ったHK$8000がパーとなってしまいました・・・・。(涙)

そして隣のテーブルでHK$200ずつ賭けている仲間に話かけ、

うちの夫いわく、
「そんなHK$200ぽっちじゃなく、マキシマムを掛け捲って、
ボスがはやくキャッシュチップに換金して終わらせろと言っているぞ。」
と言っていたそうです。
その大陸人は、全てキャッシュチップを手にした後、メモを取り、逃げるように去って行きました。
もしマネーロンダリングするのだったら、こんなローカルな場所じゃなく、またBJよりバカラの方がいいと思いますけどね。でも彼らのプレーは、見ていてワンダフルでした。鍛えられたプロか?

本当にマネーロンダリングなのか、もしそうだったらなぜわざわざローリングチップに換金したのか、それとも単なる遊びなのかは、謎です。

その後ベネチアンへ出陣し勝負に挑み、合計HK$12000の勝ち!

ベネチアンのキャッシャーで帯のついた1万円札(100万円か?)を5束両替していた2人組みの日本人の紳士を見ました!!すごい大金持ちでびっくり・・・。
彼らはバカラのテーブルに行きましたので、もしこのリゾカジの読者の方でしたらお名乗りお願いしますね。(笑)

3日目はお隣の珠海へ渡ってお買い物。
マカオもそうですが、珠海もアルコールの安さには大喜びです。
昨年に初めて行ったシンセンでも感激しました。
いや、シンガポールの酒税が高すぎるのです。もうアルコールの安さに嬉しくって、嬉しくって、昼間前から飲みまくりです。初めて飲みましたが、海珠ビールって中国のキリンが造っているのですね。

最終日の帰国日は驚くほどにツキが回り、2人で合計$55000の大勝利でした!!

2月のマカオと4月のゲンティンでの惨敗分を取り戻しました!よかった~

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全4 件)

2009/05/23(Sat) 00:00かぶ

まずは勝利の程おめでとうございます。

さて、確認なのですが、タイパスクエアホテルにもディーラーのいるテーブルゲームができたのでしょうか。
ネットでの情報では「カジノ・モカ・ホテル・タイパ・スクエアー」があるとのことで、例によってスロットや機械式のゲームだけだと思っていました。
「全カジノでBJ」が野望なので、もしそうだとしたら次回行くときには必ず立ち寄らないと!(笑)

2009/05/23(Sat) 00:00junSPR

はじめまして かぶさん

タイパスクエアホテルは今回初めて泊まりました。
テーブルゲームができるカジノがホテル経営だと思います。

3階のモカクラブはジャックポットマシンだけで、経営が別のようです。
メンバーズカードが全く別でした。
内部のエスカレーターで簡単に行き来することができます。

2階には、BJのテーブルが3台ありました。平日は1台しかオープンしていなく、土曜日は2台オープンしていました。残りはバカラです。
ミニマム$50からで、MOPも使えます。
1階にもテーブルゲームがあります

2009/05/24(Sun) 00:00かぶ

詳しいご回答ありがとうございます。
いくらインターネットが発達したとはいえ、実際に行ってみないとわからないことも多いですね…。
Min$50はなかなか嬉しい設定ですね。
次に行くときには絶対に立ち寄ります!
(以下掲示板ネタで恐縮です)
私も新規参加プレイヤーにはほぼペア張りしますよ!(にこにこ)

2009/05/28(Thu) 00:00かぶ

『地球の歩き方 マカオ 2009~2010年版』(2009/5/1発行のできたてほやほや最新版)のタイパ・スクエアの記述に「G/Fにはカジノ(3フロア)、スロットマシーン場の「モカ・スロット」、ショップがある。」とありました。
な~る~。
(前回書き忘れたこと)
マカオビールもキリン資本ですね。私は(あれば)必ず注文してます。
このコクはさすがキリン!て感じです。

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

Caesars Palace

リスボア

THE STAR  ザ・スター シドニー

プルマン・リーフカジノ

クラウン

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

リゾート・ワールド・セントーサ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT