Sofitel Reef Casino Cairns カジノ資金:50万円+α(国際キャッシュカー…" /> Sofitel Reef Casino Cairns カジノ資金:50万円+α(国際キャッシュカー…" />

リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*オーストラリア

7月プチオフinケアンズ

Written by BJ

投稿日:2005/07/30

コメント(0 件)

*

Casiono Report

●概要
行き先;オーストラリア ケアンズ
日程:2005年7月8日~11日
フライト:
  JL5141 成田発7/8 20:55  ケアンズ着7/9 5:25
  JL5142 ケアンズ発7/11 12:10 成田着7/11 18:45
ホテル:Sofitel Reef Casino Cairns
カジノ資金:50万円+α(国際キャッシュカード)
カジノレート:A$131/泊

●参加メンバー(BBSの抜粋)
ザキさん    7/08IN 10OUT 食事会OK 同行者無
J'sさん      7/08IN 11OUT 食事会OK 同行者無
ダッファーさん  7/07IN 10OUT 食事会OK 同行者無
MITさん    7/09IN 11OUT 食事会OK 同行者無
BJさん     7/07IN 11OUT 食事会OK 同行者無
源さん      ?IN ?OUT 食事会OK 同行者3名(美少女!)
muufanさん  7/08IN 11OUT 食事会OK 同行者無
ちくわさん   7/09IN 11OUT 食事会OK 同行者無
なべさん   沢山滞在 食事会OK 同行者3名
GAKUさん  7/08IN 11OUT 食事会OK 同行者無
ケニーさん ケアンズ在住
+α 内緒

●入国偏
俺のHNは、BJであるが、これはBlack JcakのBJからとったと思われがちだが、実はBeefJerkyが大好物で、ここからとったものだ・・これ本当(へ~×4)。そして、大抵俺はビーフジャーキーを持参し、これをつまみしてとウィスキーをフライト中に飲む。これが大好きなスタイルである。今回も漏れなくこのスタイルであった。ただ違うのは、いつものビーフジャーキー以外にポークジャーキーも持参したことだ。フライト中、食べたのはやはりビーフジャーキーで、ポークジャーキーは気がすすまず食べなかった。これが今回の旅行で、最大の失敗となるのだが・・・。

J L5141便の出発が遅れたこともあり、ケアンズ空港に約1時間後れて到着した。いつも通り、入国審査で申告するものは、全て無しと「No」にマークをつけた。が・・・入国時にとなりにいたちくわさんが、持参した大量の現金を申請されたこともあり、これにつられて俺は荷物検査となってしまった。あの時、「友達か?」の質問に「No」と答えておけばよかった(笑)。で、この荷物検査で、ぽっポッ、ポ~~、ポークジャーキーが、係員に見つかってしまった。この検査員曰く、「これは罰金の対象になるからちょっと来てください」とのことだ(結構紳士的に説明された)。そして、ちょっとしたコーナーに案内されると、そこに、偉そうで、ドでかいオバサンが出現し、「お前は初犯だから、今回は罰金のみでゆるす、次回捕まったら虚偽申告で牢屋だぞ・・」て、突然犯人扱いで、酷く怒られた。さらに、締めくくりは、「罰金を払うか」か「裁判をするか」この二択から選べと言った。「俺はポークジャーキーを捨てるから・・」と言うが、「既に没収した。違反は虚偽申告をしたことである。」と言われた。数年前は捨てれば許してくれたのに~・・と心で叫ぶ・・いつからこんな厳しくなったのだ・・ちきしょうぅぅぅ~・・こにゃロウ・・・×●▲・・・・と心痛。

そんな中、検査犬が俺の後ろから尻のにおいを嗅ぎまわる。尻によだれがつく。そのドでかオバサンが「罰金額はA$220だ。現金で払うかカードにするか?」と言う。まだ「払う」とも「裁判」とも言って無いのに、クソ・・。結局、日本円をA$化していなかったので、カードで払うことにした。50m後ろのゴミ箱に捨てなかっただけで、A$220の負けだ。到着そうそうギャンブルもせずにA$220の負けだ。精神的にはこれはA$3000以上ギャンブルで負けた時の気分だ。もう、最悪だった。もう自分の落ち込みようは激しかった。罰金の額というより、こうなってしまった事実に落ち込んだ。一緒に到着した皆に、慰められつつ、爆笑もされた・・。ちなみにキャンディーやガムは食べ物であるのに変わらないのだが、これらお菓子は「食べ物を持っていません」と虚偽申告をしても捕まらないし、罰金も不要だそうだ。そういう決まりに内部的になっていなとのこと(紳士的な検査員が申し訳なさそうに教えてくれた)。このこともかなり納得がいかなかったので、「裁判でやってやろうじゃないの!・・」って一瞬噛み付いたが、皆が外で待っているので、あきらめて支払いイミグレを出た。

多分一人旅で、待たす人がいなかったら、「裁判も辞さないし、これからしゃべるアンタの発言は全部携帯で録画してやろう、アンタの人種差別的な発言を公開してやる・・」と数時間は粘っただろう。とにかく、あの偉そうなオバサンはかなりムカついた。「ガムや飴は食べ物にならないのか?」とか、「薬を申告しない人の罰金はなかったが」とか、俺が屁理屈こねたからか、「日本人は日本語で書いている申告書も読めないのか」とか、「だから日本人は英語もできない・・」とか「裁判するとこの滞在が、裁判で全て終わり、観光できないよ.(馬鹿じゃないの)」とか、日本人差別をしているように思えたし、馬鹿にしているように感じた。だから、あんな最低係員がいるケアンズには二度と来たくないと思った。でも、違反したのは俺だし、そして相手も俺にムカついていたことだろう・・・・。

●食事会
食事会は、いつものカフェチャイナではなく、別の中華料理屋で開催された。食べると美味しかったが、なんとなくカフェチャイナの味と似ていた。つまり、日本人の口にとても合う味付けになっていた。カジノホストに伺うとカフェチャイナで料理長をしていた人が開いた店だそうで、なるほどと納得した。私たちは奥の一角の2テーブルを占領して盛り上がった。全員で20名弱。GAKUさんの乾杯で食事会が始まり、各自の自己紹介をした。相変わらずニックネームというか、HNで呼び合っているので、なかなか妙な気持ちになる。でも、慣れてしまった自分もここにいたりする。自分の自己紹介で、入国時の罰金トラブルお話すると、他の方で罰金を払った経験のある人もいて、ここ最近ケアンズ空港はとても厳しくなったようだと情報をもらった。皆様もぜひお気をつけて。

さて、私のテーブルは、ダッファーさん、なべさんファミリー(4名)、カジノホストYさん、Tさんだった。中でもなべさんの娘さんがとてもかわいらしく、自分も今度は女の子がほしいと思った。さらに、なべさんは家族さービスを重視され日中はツアーへ、そして、深夜のほんの一時の時間をつくりカジノへ足を運ぶタフさが凄く、自分も家族に同じ振る舞いができるか、自問自答した。なお、この中華料理を食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲んだ代金は、全てリーフカジノ側持ちで、この人数の費用を払ってくれた。ご馳走さまでした♪

●カジノ
日時 種目 bet範囲 AVE 時間 総bet コメント
7/9 10:25-10:40 ルーレット 15 0:15 150 A$60を投資A$15の勝ち
7/9 10:50-11:15 BJ 25-250 AV 75 0:25 1875 僅か1シューで+A$1200
7/9 13:25-21:50 BJ 25-500 AV100 8:25 50500 粘って、+A$2500
7/9 23:45-24:20 BB 100-200 0:35 900 -A$300溶ける
7/10 25:30-25:45 BJ 25-325 AV100 0:15 1500 +A$900で席を立つ
7/10 1:45-2:00 BB 100-300 1050 チャラ
7/10 10:40-11:40- BJ 25-125 AV50 1:00 3000 こつこつと+A$600
7/10 11:45- 14:20 BJ 5-500 AV75 2:35 11625 そこそこで+A$1100
7/10 16:50-20:55 BJ 25-700 AV100 4:05 24500 がんばり過ぎて、-A$1000
7/10 23:35-24:20 BJ 25-250 AV 75 0:45 3375 チャラ。
7/11 1:00-2:00 BB 100-700 1:00 4900 余計なプレーで-A$1500
7/11 2:20-3:00 BJ 10-60 AV 25 0:40 1000 マイナス-A$125
その他 BJ&BB 25-100 AV50 1:00 3000 多分+500くらい
――――――――――――――――――――――――――――――
合計 21h 107185 +約A$3890弱

※私のBJターンオーバーの計算は、1時間60ハンドです(カジノ側はもう少し少ないハンドで計算しているかもしれません)。今回は少ない人数でプレーすることが多く、おそらく60~80hand/hourはこなしていると思う。

ギャンブルの戦績は、結果プラス 約A$4000弱です。この勝利は一重にGAKUさんストラテジーによるものです。私はGAKUストラテジーの相性は抜群です。特にGAKUさんのBOXでの勝率はすばらしいです。GAKUさんに心より感謝申し上げます。

●コンプ
ホテル内の支出
今回の宿泊代=A$131×3泊(前泊込み)
電話代=約A$6.4→コンプ対象外
ホテルの食事=0円(食べなかった)
カジノホスト主催の食事会=?ドル
ケアンズのリモ=?ドル
合計 A$393+α がコンプとなった。

最終日のPM9時の時点でコンプ状況を聞くと、二泊まではコンプはOK。三泊目が若干足りないとのことでした。そのため、流しもモードであったのものの、少しプレーしてしまい、結局最後にA$1500を溶かしてしまいました。約十泊分の費用を一泊のコンプを受けるとために使ってしまった。コンプなど気にせず、勝ちを確定させて払いさすればよいのですが、まんまと、罠にはまりました・・・。修行が足りない・・。

●リゾ
現地二泊というか、二日間の勝負だったので、水着を持参しませんでした。しかし、初日で約A$5000弱の勝っていたので、ちょっとはリゾもしました。まずはパトロールです。ちくわ隊長を先頭にケニー参謀の案内のもと、2回も実施しました。そして、2回目には泳ぎたくして仕方なかったので、持ってきた短パン(水着ではなくて)で、プールに飛び込みました。なかなか、気持ちよかったし、ある意味でとても景色もよかった~。ケアンズは7月でも十分に泳げるのですね♪、昔のイメージでは少し肌寒かった記憶があるのですけど、全然問題ありませんでした。

あと、今回のカジノの勝ち金で、妻にお土産を買いました。ティムタム(チョコレート)15箱(「勝ったらティタムを沢山」と言われており、ビックリさせるためにこんなに買いました)と、Tug Heuerのピンクの時計を一つ買いました。時計はケニーさんの紹介のお店で交渉したため、ずいぶん安く購入することができました。定価A$2300の時計が、結局約20%引いてくれました。当然、DFSなどの免税店より安かったです。ただ、日本に帰って調べると、どうも、日本で平行輸入物を購入するのであれば、OZの免税価格とそれほど大差は無いことがネットを調べて判明しました。つまり、ある程度高価な腕時計はOZよりも日本で買った方が種類など豊富ですので吟味できる分だけ良いでしょう。でも、腕時計とティムタムを妻にあげると、とても喜んでいたので、全て結果OKです♪

●帰国偏
帰りのフライトは運良くビジネスクラスにアップグレードされました。JGCを獲得してから、アップグレードされる率が以前にくらべて、極端にあがりました。JGCを獲得していない方がいらしましたら、是非一度JGC獲得再考をお勧めします。その他にキャンセル待ちの優先度合いとか、空港への荷物の送迎も無料になるなど、あまり有名でない効果がちょこちょこあります。さて、帰国便JL5142便にのると、ビジネスクラスでは珍しく、隣席が若い女性ではありませんか。えっと・・、通勤電車とかに乗っていて、可愛い子がいたりすると、知らずに目にとまり、不思議と少しの間だけ自分の記憶に残ったりしますが、なんと、ケアンズのラウンジで見かけて、魅力的なオーラを出している可愛い子と思っていた彼女が、その隣の席でした。十分にラウンジでお酒に酔っ払っていたせいか、すぐ彼女に話しかけていました・・・汗。

彼女はとても聞き上手で、俺は機関銃のようにしゃべり、さらにお酒が進み酔っ払いました。彼女はお酒に弱いとのことでしたが、酔っ払いの俺に気を使い、ワインで付き合ってくれ、知らない内に俺は爆睡していました。なんか癒し系って感じで、年齢は二十代です。雑誌などのデザイン関係の仕事だそうです。ちなみにmuufanさん、GAKUさん、ちくわさんも、わざわざ少し離れた席から、彼女に話しかけにいらしたり、私がトイレ行っている間に私の席に座り話していたりしました。さらに、スチュワートまで、彼女にモーションをかけます。時間ができるたびに彼女の通路側席の横に(俺は窓側席)、膝着いて座り彼女へ猛アタックです。「今俺は彼女がいない。日本語を覚えたい。日本へ良く行くから、友達になってほしい。俺の年齢は32歳だ。昔タイの人と結婚していたが、離婚した・・」などと、かなり突っ込んだ話もしていたし、自分も酔っ払って嫁や下世話な話などもしゃべっていました。

そうそう、リゾカジのお互いの呼び名が変なので、彼女からみんなとは「どういう関係なの?」と聞かれ、「リゾカジ」と言っても通じないだろうから、「ネットで知り合った旅行仲間」って伝えたら、妙に納得していた(後日、リゾカジのURLは伝えました)。結局、スチュワートのアピールはむなしく、実らなかったようです。この後展開は、後日にということでこの辺までに。とにかく、彼女のおかげで帰国のフライトは非常に楽しかったです。成田到着時は、「また絶対ケアンズ行くぞ」って思いを新たにしました(ケアンズ到着と逆ですね)。今回の件に限らず、出会いと発見の多い二泊三日の旅でした。

●追伸


今回の旅行では、幹事役をやっていただいたGAKUさん、ザキさんありがとうございました。突然のフライト変更などご迷惑をおかけしました。いずれにしましても、とても楽しい二泊三日のリゾカジでした。ありがとうございます。あと、このような投稿にもコメントなどのBBSができると良いですよね・・ボソ
記:BJ 2005-07-30

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

クラウン

THE STAR  ザ・スター シドニー

Caesars Palace

プルマン・リーフカジノ

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

リゾート・ワールド・セントーサ

リスボア

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT