リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*ラスベガス

ここは天国か!?ラスベガス

Written by うなぎ

投稿日:2009/09/29

コメント(0 件)

*

Casiono Report

ラスベガスオフ会帰国報告です。
本日先頭を切って帰国してきました。今回の日程は・・・・・


<往路:17日>
ANA NH008便 成田17時10分発、サンフランシスコ10時30着
UNITED 461便 サンフランシスコ13時04分発、ラスベガス14時40着

<復路:22日>
AM4時ピックアップでマンダレイベイホテルからリモでマッカラン空港へ送ってもらい、
UNITED510便 6時10分発、サンフランシスコ7時40分着
UNITED837便 11時28分発、成田23日14時10分着

成田⇔サンフランシスコはマイルの特典航空券を使いビジネスクラスに乗ってきました。
ディレイをケアして帰国便に余裕を持ったつもりだったんですが、ちょっと余裕を持ちすぎたかなという感じです。

イチローさんに頂いたアドバイスに従い乗り継ぎはサンフランシスコ経由にして、帰国便は早いほうのUNITED便にしました。機材が新型のB747-400になっておりシートは水平フルフラットになるタイプのもので、実に飛行時間の8割を熟睡できるという優れものになっていました。
おかげで成田に着いた時には睡眠不足を解消していましたよ( ^^) _U~~

■ 9月17日 (第1日目)

ラスベガスマッキャラン空港に到着

はじめてのマンダレイベイ宿泊の僕にはリモを出してもらうことは出来ないので、同じ日に到着のGBRさんのリモに、YASさんと同乗させてもらいホテルへ送ってもらいました。

ストレッチリムジンは光り輝くマンダレイベイホテルにはものの10分くらいで滑り込みます。
ドライバーさんにきちんとチップを渡し、カジノ内のVIPラウンジのようなところへ。ほとんど機内で眠れなかったため朦朧とした意識の中、Fさんに手伝ってもらい手続きを済ませました。

この時にもらった書類を見てびっくり!!
なんとバカラ大会の賞金総額が5万ドルに増えていました。

ふっふっふ、これは野望に近づいた(*^^)vその時僕はそう思っていた・・・
今回強気にも何の根拠もなく3万ドルの目標勝利額を定めていたのです(無謀や~)。

一日早く到着されていた晴男さん、sunnyさんにご挨拶をしてお部屋へ。
シャワーを浴びて一休みしてクリスタルルームへ。

初めてお会いする、としたさんご夫妻(奥さまのハンドルネームはアイコになったようですが)とご挨拶をしてプレーを開始。あらかじめ、マスターに「初日からとばしたらアカンよ」とご忠告頂いていたので軽く流すことに。

夜は鰹さん御夫婦とGBRさんの4人でイタリアンレストラン「LUPO」へ。
美味しいワインに、カラマリ(イカリングフライみたいなものですが美味しいんですこれが)、ピザ、パスタを頂きながら楽しい時間を過ごしました。

翌日は朝からゴルフの予定だったので2時過ぎくらいで部屋に戻り就寝です。

■ 9月18日 (第2日目)

ラスベガスに来て、ぐっすり眠れるほど人間のできていない私、脳みその一部がウナギ成分でできているからでしょうか?眠り始めてから2時間ほどで目覚めてしまい、仕方なくシャワーを浴びてクリスタルルームへ。

朝のカジノには銭が落ちているというしゃんぱん先生のお言葉どおりに、寝ボケていても勝ち分を上乗せしていきます。今日はバリハイでゴルフをする予定があったためほどほどのところで、部屋へ戻り、着替えを済ませ日焼け止めをしっかり塗ります。

待ち合わせの8時にクリスタルルームへ行き、晴男さん、sunnyさん、YASさんの4人でとゴルフ場へと向かいます。睡眠不足もなんのその、湿度が高いため出た汗もすぐに乾いてしまうようなネバダのゴルフ場でプレーをします。

なんでも芝のコンディションのためとかでカートはコース内に入れないため、下手くそな僕はネバダの強い日差しの中を走り回ります。気づくとボールはいつもバンカーへ。
ツラが出てしまって大変です。

スルーで回るため連続でプレーは進んでいき、14番ホールくらいからこれは途中で倒れるかも知れん、と不安がよぎります。なんとか最終ホールまで回り、クラブハウスで軽くビール(美味しかったなー)とカラマリ、シーザーサラダを頂き15時過ぎにホテルに戻りました。

18時から中華レストラン「上海リリー」でマスター、YASさん、 GBRさん、samさんNoriさんのメンバーでお食事会の予定です。食事会の前にとYASさんと17時に待ち合わせをして、MGMへショーのチケットを取りに向かいました。

この時に痛感しましたが本当にラスベガスのホテルは巨大で、どこまでもどこまでもホテル続いており、変な感覚に襲われます。
なんとチケットを取りに行くだけで往復1時間もかかってしまいました。


--------------------------------------------------------------------------------

今後、僕のように初ベガスデビューをされる方のために

カジノで押さえてもらったショーのチケットはボックスオフィスにショーの始まる1時間前くらいまでにチケットを取りに行かないといけません。その際はID(パスポートのコピーでOK)と、申し込みの際に使ったクレジットカードが必要になります。


--------------------------------------------------------------------------------
食事を済ませ皆で21時から「KA」を鑑賞。これは、本当に素晴らしかった!!
言葉はないけど伝わるイメージ、ストーリー、そして目を見張るアクション、舞台装置。

あまり、こういったショーに関心の薄かった僕でさえ感動のあまりか、加齢のせいで涙腺が弱くなっただけか、はたまた寝不足でトチ狂っただけか涙で目がウルウルしてしまうほどでした。

ショーの帰りには、ベガスデビューの僕のため、エクスカリバー、ルクソール、NYNYとカジノ案内をマスターにしていただきホテルに戻りました。


■ 9月19日 (第3日目)

朝からやはりゴルフ、今日は「デザートパインズ」というコースです。
こちらはホテルから車で20分くらいの所にあるコースで、前日のゴルフメンバーに加えてマスターと鰹さんが参加されました。5年ぶりのゴルフとは思えないマスターのきれいなフォーム、ショットに、尊敬を新たにして(褒めすぎですか??)15時過ぎにホテルへ。

マスター、YASさん、そして一人クリスタルルームでバカラをしていたsamさんも誘いThe Hotelのspaへ。ここのspaは落ち着いた雰囲気で、代金はマンダ宿泊の客でも部屋付けにすることができます。聞いたところだと、一日券、二日券、三日券とあって、その間はspaとジムが使い放題だそうです。料金は一日30$ということで、長い日数分だとその分割引が効くそうです。

男同士で裸の付き合いを(^^)済ませた後は、息つく暇もなく「O」鑑賞とイタリアンの夕べ企画に参加。「O」も「KA」とはまた違った感動があり例によって涙を浮かべる自分がいました。
(ホントに大丈夫か、オレ??)

その後はしゃんぱんさんセレクトのベラッジオ内にあるレストラン「CIRCO」でお食事。
ここから、ゴッドさん、おぶちゃんさん、キヨスクさんなど初めてお会いする方々を含め皆さんにお会いしました。ここから僕が小学校からずっと高校まで一緒だった「ぴーちゃん」も合流です。

「CIRCO」ではさすが、さすがはしゃんぱんさん!!と思わせる料理にイベントで素敵なお食事会となりました。今回のお食事会では「正しいキャビアの召し上がり方」講座を開いて頂いて、「ははは、そのくらい知っていますよ」という顔をしてキャビアデビューをはたしたのは僕です。

さて、賢明な皆様はここまで読んでいて、うなぎさん遊んでばかりだけど、ちゃんとプレーしてるのかな??と思われる方もいると思います。睡眠時間を削って頑張ってはいたんですが、いかんせんプレー時間が短くなっており焦りを感じていました

それにしてもハードスケジュール。
書いててびっくりしてます。

■ 9月20日 (第4日目)

疲労も限界に達しているはずなのに、なぜか5時過ぎに目が覚める。
前日眠ってからわずか3時間。

今日は大事なバカラ大会もあるっていうのに大丈夫かいな?
ふらふらと朝から吸い寄せられるようにクリスタルルームへ、この時点で1万ドル近い勝ち分を手にしていたのをあっという間に溶かしてしまう。居眠り運転は本当に恐ろしい。

気をとりなおしてバカラ大会に。

予選でまずは勝ち抜こうと勝負をかけるタイミングを探します。
7ゲーム目あたりでバンカー3目落ちた後のタイ。ここが変わり目とプレーヤーにMax 5万ドル分のベッドを置くつもりがバンカーに間違えてベッドしてしまって敗北。

寝不足だからといっても情けなすぎる。
この失敗から立ち直れず予選敗退。

バカラ大会では、最終の決勝でゴッドさんがプレーヤー7に対して一発でナチュラル9を引き優勝。見事な勝利にまたもや目頭が熱く・・・(おいおい、ホントに涙もろくなってるね)。

夜は18時から、トシタさん御夫妻、ぴーちゃん、samさん、Noriさん、YASさんマスターの8人でThe Hotel最上階のMixでお食事。 夕暮から夜に変わる美しいベガスの景色を高層階のレストランベランダでシャンパンとキャビアを頂きながら眺める。

ロゼのスパークリングワインがお店からのサービスで出てきて、二本目のシャンパンからオーダーしたお酒が出てきます。美味しい、食事も景色もどっちも美味しい。
ステディな女性と来ていたら完璧なシチュエーションです。
キャビア丼の話やなんやで盛り上がりながら食事は進んでいきます。

カジノのVIP経由で予約すると、サービスがすごいと実感しました。
レストランではサービスシャンパンが出るは、ショーの席は必ず前方の中央付近の席だし、ベガスに来る時はVIPホストさん、大切ですね。

美味しい食事を頂いてNoriさんは某所へ、samさんはお部屋に戻られ、他6名で20時から「ライオンキング」鑑賞に。「ライオンキング」は日本でもやっていますが、

両方を見比べたぴーちゃん曰く、

「ベガス公演のほうが、出演者の声量もあり段違い」

とのこと。皆さんもお時間がありましたら一度どうぞ。

ショーが終わってから今度は22時半過ぎからシャンパンさん達とストリップステーキで泡タイム。おすすめのフォアグラバーガーを頂きお腹がはちきれそうです。

眠い目をこすりながらプレーをするも勝負は行ったり来たり。
なんとかプラス4000位にしたところで就寝。

■ 9月21日 (第5日目)

疲労も溜まってくるとさすがに眠れるもので、朝9時半ころに掃除のおばちゃんの「ぐっもーにーん」の声で起こされるまで爆睡です。

プレー時間を重ねないとFさんに怒られちゃう、と思ったわけではないのですがいそいそとクリスタルルームに向かうとすでにたろさんとしゃんぱんさんがプレー中。
電子罫線をみると凄いL字と、バンカーのツラが・・・・。

しまったー、乗り遅れた(>_<)。

よく聞くとしゃんぱんさがいらっしゃった時にはすでに良い罫線が出たあとだったとのこと。
まだ、残りものがあるはずと頑張って追いかけてみたものの・・・・。
くすん、手持ちのチップをえぐり取るようなプレーヤーシューへと変貌を遂げてしまい辛い時間を過ごしました。

そこへ、今回初参加の女性お二人Mariaさんとローズマリーさんが登場。
気分転換に出かけましょうと途中からプレーをしていた。samさんもご一緒にフォーシーズンズホテルのプールの見えるレストランでお食事です。
ちなみにNoriさんはこの時マスターたちとショッピングです。

今回とにかく美味しいものが食べたかった僕、しゃんぱんさんをマークしていたのは間違っていませんでした。このレストランはラスベガスではなく、どこかのビーチリゾートでランチをしているような素晴らしい雰囲気のお店で、「スライダー」という一口サイズのハンバーガーやレタスサラダ他、美味しく泡と共に頂きました。

気分転換後をした後は当然調子も上がります。
特に絶好調のsam隊長に乗っかる形で、しゃんぱんさんも僕も朝の負け分をさくっと取り戻し、さらなるプラスを作り出しました。その時の頑張りで声を枯らしてしまったsamさん、大丈夫でしょうか??(いざとなったらご相談を!!)

カジの後はリゾもね、というわけで15時からしゃんぱんさんのお友達でベガス在住のnobukiさんと先程の美女2人の計5人でマンダレイホテルのspaへ。
ここでギリシャ風のspaで体をリフレッシュした後deep tissueマッサージなるものを1時間ほど受けました。 Spaでしゃんぱんさんに教えていただいたマカオのお話、非常に興味深かったです。
(鼻息荒)

コホン、えー、夜からいよいよパーティーです。

会場はちょこっと変更があってシーフードレストランへ。お料理はプリフィクススタイルで頂き、またも泡で乾杯です(ほとんど毎日シャンパン飲んでます)。

マスターの名司会のおかげで盛り上がったパーティーはいよいよ抽選会へ~。
今回は公平に一人1枚の抽選券です。

初めのうちに呼ばれる「ライオンキングチケット」やspaの利用券にあたってしまうとプロモーションチップの当選権利がなくなってしまうのですから大変です。
見事に前半の危険地帯をクリアして1000ドルチップの抽選券の発表の時のこと。

司会のマスターが「当選は下ふたケタの総和がバカラ(ゼロ)の人です」と呼びだし、僕を含めて3人が立ち上がりました。

ふふ、さすがオレ。

ツキが太いゼ。


と慢心していたせいかどうか、かるーく落選。
お椅子に座らされました。

しかし、しかし、負けていません。
マスターから「あれ、またです。」「また下ふたケタがバカラの人。」
意気洋々と立ち上がる僕。

「メイクドラマってやつかな」と思いライバルのもう一人を確認するとなんとNoriさん。
うーん、なんかやりにくい。


「さあ、当選は・・・・・・。」
マスターの呼び出しに緊張が走ります。

当然、当選したのはNoriさん。
なにも当たらなかったのは3人中一人だけ・・・・。

当選可能性のある人として、呼ばれて立ち上がったもののスカで座る寂しさといったらもう・・。
気分を取り直しパーティー後にフリーモントストリートを見学。
ここはベガスに詳しいnobukiさんが案内してくださいました。

この22時に行われるフリーモントのショーはQUEENをテーマにしており盛り上がり抜群でしたのでお勧めです。いわゆるベガスのイメージ(ネオンのカウボーイなんかですね)がここにはあり、来た甲斐がありました。

23時ころにホテルへ戻り、最終の勝負に出ます。精算の時間も入れると3時間がいいところ。
取ったり取られたりで到底目標額には届かないものの、わずかなプラスで終了。
ベガスオフ会のために新調したジャケット代はでましたよ( ^^) _U~~

最後の1時間ほどはsamさん、Noriさん、YASさんにご一緒していただいてクラップスを初体験。
やってみて思ったんですが、このゲーム。素晴らしいです!!
コロナビールでも片手にやった日には気分はまるでブラッドピッド(誰でも気分になるのだけは自由ですよね)。

皆でワイワイ盛り上がって楽しかったです!!
samさん、誘っていただいてありがとうございました。

あっという間に楽しい時間は過ぎてしまい、まだ暗いラスベガスを後に帰国の途に着くことになりました。最後にオーシャンズ13をイメージして空港でスロットを回してみましたが、うんともすんとも言いませんでしたが・・・。

ひとつひとつの企画に感動あり、笑いありでとても濃密な時間を過ごせました。
個人でベガスに来ていたらここまで楽しむことは不可能だったことは間違いありません。

今回の旅行でお会いした皆様、旅行前に助言を下さった皆様本当にありがとうございました。
また、楽しいオフ会でお会いしましょう!!

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

クラウン

リゾート・ワールド・セントーサ

THE STAR  ザ・スター シドニー

リスボア

プルマン・リーフカジノ

Caesars Palace

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT