リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*マカオ

新年快楽!

Written by マカオの帝王

投稿日:2006/01/13

コメント(2 件)

*

Casiono Report

2006年1月1日深夜未明、マカオのランドマ-クであるリスボアホテル2階中央の大バカラ台、プレイヤ-の6連勝を受けて卓上の中国人全員がプレイヤ-にうず高くチップを賭ける中、バンカ-好きの中年日本人が直前の7対6(チャ-シュ-)での嫌な敗北にもめげず、ジリ貧の状況を一気に挽回しようと、ついに手持ち2万ドルの“オ-ルイン”に出た! 

だが余裕たっぷりに3万ドルを張ったプレイヤ-サイドの絞り手が、ニヤリと笑いながら卓上に晒したカ-ドは見事なナチュラルエイト!

しかし、香港返還前の1990年から1994年までの4年間、ほぼ毎週駐在先の香港からマカオに通い、全てのカシノ・ディ-ラ-から“日本賭神”と畏れられた男はまだ諦めていなかった。

「よし! 2枚ともダイヤの4ピン。1枚目が9なら負け無し!」

無情にも1枚目はダイヤの10であった・・・

「まだまだ、勝負はこれからだ! 勝利の女神よ、マカオの海の神様よ、フランシスコ・ザビエルよ、我に力を!」

動揺するプレイヤ-側に張った中国人達、後ろから一人が覗き見し「リョンコ、セイピン! (2枚とも9か10のどちらかだ!)」と悲痛な叫び声を上げる。

かつて“日本賭神”と呼ばれた男が、数年ぶりに訪れたリスボアホテルで、絞りに絞った運命のカ-ドは・・・・・・・

何とこれもダイヤの10であった!

安堵の溜息を漏らす中国人達、その中で何故か満面の笑みを浮かべる日本人、悔しげなディ-ラ-が日本人に向け11枚の1万ドルチップをつける。

「対子(トイチ!)」と両替屋の一人が叫ぶ。
誰かがその日本人を思い出し、「日本賭神・・・」と呟く。

去り際に日本人は心の中で呟いた。
『それにしても良く10を引いたものだ。本線の1万ドルは死んだが対子(トイチ)に張った1万ドルが生きて起死回生の大勝利だ。昔はこんな役は無かったのになぁ・・・ さて、バンカ-が強い別の卓でもう一勝負!』

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全2 件)

2006/01/24(Tue) 00:00マカオの帝王

もし興味がございましたら、カジノ掲示板の中の“いってきます・ました”のコ-ナ-の中に続編がアップして有りますので、ご覧下さい。

by マカオの帝王

2006/06/17(Sat) 00:00ぐったま

全部読みました!
楽しいストーリー。
とってもよかったです。

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

クラウン

リスボア

THE STAR  ザ・スター シドニー

プルマン・リーフカジノ

リゾート・ワールド・セントーサ

Caesars Palace

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT