リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*その他のエリア

コスタリカ・楽園の街角

Written by むうむう

投稿日:2007/03/13

コメント(0 件)

*

Casiono Report

始めまして、むうむうです。いつも興味深く拝見しております。

こんなに凄くボリュームあるサイトを運営しているのはさぞ、大変な労力とご察し致しております。

過日、中米コスタリカへ、マイルを稼ぎ、あわよくばカシノで勝てればと、淡い期待を抱き、ヒューストン経由、コンチネンタルでサンホセに一人で旅してきました。
何しろ、自費で、毎年五万マイル達成と云うノルマは、体力、遣り繰りと大変、ワールドパークスの策略にまんまと嵌った訳ですが、人生は儚く短い物、今出来る事を思いっきり、やらないと勿体無いという想いで、沢山マイルが稼げる国で、ビザが要らなく、カシノ在り、物価が安い国が行きたい国なんです。

サンホセの空港に夜九時に着き、まずタクシーと見渡せどそれらしき車は無く、私の周りには、うるさく白タクのおじさんが鈴なり状、常識上、無視し、あっち行ったりし屋根にタクシーのボンボリを捜したのですが、居ない。仕方なく、鈴なりおじさんに、us5ドルで行ってもらう事に腹を決め、出発です。道路は立派に整備されてましたが、横道に逸れれば、ジャングル。おじさんの気持ち次第、なす術もなく、生きた心地がしない30分でした。やがて、街になり、一番の目抜き通りの、ホテル、プレジデンテに着き、安堵感ひとしおでした。

廻りは、歓楽街みたく、夜だし、妖しげな空気を漂わせており、一人では、歩けないでしょう。
ホテルに、チェックイン、ツインのゆったりした、良い部屋で、朝食付で、90ドル、ご機嫌になり、窓の外の遠くの山脈を、眺め、感傷に浸りました。旅装を解き、気分が昂揚してて、まだ休めなそうなので、どんなカシノか、階下のカシノに行って観ることにしました。

1Fはスロット、マシーン、2Fはマシーン、テーブルゲームで、薄暗く、紫煙たなびく、そこは、BJ、ポーカー等三台ずつ、バカラは無し、分からないのなど、目が慣れてないので廻りの様子は見えなかったのですが、ハイローラーの部屋何かも、きっと在るんでしょうけど、マネーロンダリングの地域でしょうから。
奥に、人だかりの卓あり。私のルーレットです。二台ありますが、一つしか開けていません。ここのは、ホイールを回すのではなく、ビンゴゲームみたいな大きな籠をガラガラ回し,穴に落ちた玉の数字を当る,canasta rouretteです。何とも,貧乏クサイのですが,人気ある様で、男ばかりの谷間に潜り込んでチョッと、やりましょう。

1㌦=450コロン、MIN,1000コロン 取りあえず、100㌦,バイイン。
何だか,皆が私を伺ってる?! ドレットヘアーのデイーラーが何か言ってますが,分からなく,OK! なんて言つちゃつて、あきれたでしょ、きっと。いくらのチップにするかと聞いたんでしょう、分からない言葉だし,計算も出来なく,三重苦です。ドレット君が山盛りチップスをよこし,打ちダマが豊富、どんどん、置きまくり,小一時間で三倍程に増え,脱兎のごとく,部屋に逃げ帰りました。12万コロン!なんと嬉しい事か、恐いような。長-い一日でした。玉に多少,癖でも有るのか、20番がよく出たし、卵の殻みたく,割れた玉もあり、なにせ田舎カシノは笑えました。

翌日,バフェの朝ご飯,さすがにコーヒーが濃くて美味しいし、焼きたてパンはふんわりと甘く,卵はお野菜イッパイのオムレツを作ってもらい,道行く人を,眺めながら朝の爽やかな時間を過ごせるなんて、まさにリゾカジです。

ここは、高原に位置し,近隣の国々よりもずっと、涼しいらしく、暑さは感じられません。ホテルのお客さんは、殆どが,マイアミ方面からの白人のおじいちやま。近所に散策に出かけ、中央市場の生鮮食品、生き生きした野菜,ピラルクやバスや鯉みたいな,気持ち悪いパックされてない,魚。コーヒーを買って,ギャラリーで民画を観たり、モラの手芸品のお土産を買いました。

モラサン公園そばに、地中海風な趣あるレストランとカジノ RAY を見つけまず、遅いランチに入りました。中に入ると、コロニアル風な高い天井、窓は開け広げて、緑がそよそよと、ゆったりしたいい店で、ギャルソンにお勧めを、聞き、さっき見た、シーバスのトマト煮、シーザースサラド,シャルドネ、を頼み、シーバスの見かけに因らず、鯛のようで美味しく、お代は 17ドル。街の物価を確認でき、グッドチョイス、お次は RAY のカシノに行って見ました。

黒服が何か言ってましたが、中に入って行きました。あんまり活気が無く真中のカナスタにはおじさん、一人..... MINIが夕べの倍でひとところに十枚、賭けなければならず、50㌦分は、15分ほどで溶けてしまい、感じ悪い女デイーラーだし、止めてプレジデンテに帰りました。

わがホームは、ワラワラし、煙に燻されても、ここが落ち着きます。座れば、女の子が飲み物を聞きにやって来て、それがコーヒーも通じなくネグロって言うらしい、フードもサービス、有りましたが何と言うのか。ネグロとコロナビア-飲むしかないか。やはり、ここにも居るか中国人おばさん、ハスラーみたいな凄みおじさん、スペイン系の男女グループ、白人おばあちゃん達と夜九時頃まで、遊び、本日は、4000コロンの勝ちでした。

 三日目も街を散歩し、アウロラ・ホリディ・インのレストランに行ったら行列で、なんだろと並んで見ましたら、人気の食べ放題、2500コロンで、ジュース付、席に通されお皿もって色々よそって食べ、こってりしてて、そう沢山は、無理というバッフェでケーキまで頂きませんでした。奥様グループ、ビジネスマンなど、ちょっとおしゃれして、地元の人の、贅沢ランチなんでしょう。

街には、あちこちにスペイン語学院を見かけ、おじさん曰く、アメリカ等から授業料が安いから来るんだそうで、日本人は頭良くて、2~3週間で話せるようになります、ですって。
エコツアー、ラフティング、鳥や泣き猿が好きでもなかったら、どうしようもなく、退屈。鳥と云えば部屋のベランダに大きな、まっ黄緑のオームが二羽。観光に行かなかった私が最も、コスタリカを感じたサプライズでした。

トータルで9万コロン位、190㌦のプラス。
往復、実飛行19870マイル、加算。

      帰りの出国税、30㌦は高すぎですよ。

次は、007カジノ・ロワイヤルでみた、クロアチア、ドブロウニクに行ってみたいです。

 長くなり、お疲れさまでした。

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

リスボア

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

リゾート・ワールド・セントーサ

Caesars Palace

クラウン

THE STAR  ザ・スター シドニー

プルマン・リーフカジノ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT