リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*韓国

釜山セブンラック(11/20-11/22)

Written by ALPHACRUISE

投稿日:2010/11/28

コメント(3 件)

*

Casiono Report

 今回2度目の投稿となります。今月は妻と一緒に釜山に参りました。その際のB.J.をレポート出来ればと
思います。往路は博多港からビートルで向かい、復路は関釜フェリーで帰ります。宿泊はロッテホテルの近くの
安価な宿をとりました。波は穏やかで、定時で釜山港に到着しました。タクシーに乗り、西面に向かいます。
13:30頃ホテルに到着し、直ぐにチェックイン出来ましたので、旅装を解きセブンラックに向かいます。
今回は、妻と共にそれなりに収益が出れば、と期待します。
 着いた際は余りプレイヤーも多くなく、好きなテーブルが選べました。唯、経験上午後からお客さんが多くなるのが判っていますので、早めに勝負します。小生はミニマムW2万でGAKU理論を実践します。妻は1-2で
W1万を基本とし機会を狙ってW2万を賭けるという戦法です。早速始めますが、余りカードにも恵まれず、
ベットアップを順当に行い、負けました。このセッションは-W67.5万です。妻はトントンですので、撤退します。今にして考えれば、この敗北を受け入れて撤退する姿勢が最終的なプラスに繫がったと思います。
 妻が今回一緒ですので、国際市場にお買物に地下鉄で向かいます。お土産の海苔やワンちゃん用のお洋服を買って夕方ホテルに戻ります。夕食の前にカジノへ行きB.J.をしたいのですが、連休初日でもあり、1時間近く待たされます。マネージャーにW1万のテーブルを開けて貰うようにお願いしますが、「ソウルからの指示で低いベットのテーブルは開けられません。」との事。これでは余り気分が乗りません。やっと開いたテーブルに座りゲームをします。今日の結果は以下の通りです。

11/20 (土) ① 14:10 - 15:10 -W67.50万
       ② 19:20 - 20:20 W37.00万

 朝、6時頃起床し、いつものようにウォーキングをします。昨日はW30万程度負けていますので、今日は幾らかはプラスに持っていければ、と思います。8時にホテルを出発し、カジノに着きます。この時間はプレーヤーも少なく、気持ち良くゲームを始められます。ベットアップもきっちりと決まります。朝食を挟み、1時間以内のゲームにまとめました。結果はW67万の収益です。これでプラスに持っていけました。妻も合計W10万のプラス。10時ホテル発海雲台行きのシャトルバスに乗り向かいます。免税店でパラダイス免税店から郵送で頂いたW5万のクーポンを使い小銭入れを買い、妻の希望でふぐを食べます。14時発のシャトルバスでロッテホテルに向かいます。ホテルに戻り荷物を置き、カジノに向かいます。やはり、お客さんが多く、待たされます。ピットマネージャーにお願いしますが、低いベットのテーブルは開けたくない、との事。昨日と双璧です。30分近く待ちますが、開きそうもなく、午前、同じテーブルだったプレーヤー2人を見つけて、ピットマネージャーにW1万のテーブルをあけて貰うようにお願いします。本日の結果は以下の通りです。

11/21 (日) ③ 08:20 - 09:40 W67.00万
       ④ 16:20 - 17:30 W32.50万


 

 最終日となりました。これまででW69万の収益です。無理する必要はありません。W100万程度の収益は欲しいのですが、そういう金額を勝手に設定すると負ける事も多かったので、あくまでも自然の流れにまかせます。しかし、午前のB.J.で負けてしまい、-W77.5となります。2度のベットアップをサレンダーし、3度目のベットアップで敗北してしまい、損失を出してしまいました。気分は良くありませんが、妻と気分転換にロッテ免税店に行きます。ぶらぶらして、1時間程度気分転換して、カジノに戻ります。テーブルが埋まっていましたので、ひとつ開けて貰い、B.J.を始めます。流れは普通ですが、最初にベットアップしたところ簡単に負けます。-W24万です。ここで勝負にでます。本来W40万のベットですが、MAXベットのW50万を賭けます。テーブルは静まります。来たカードは2+9でディーラーは7です。妻もW3万を賭けて、8+3のダブルチャンスです。そして妻はダブルで3を引きます。小生もW50万を足して、来たカードはまたしても3です。テーブルが凍ってしまいました。内心「これでW100万の負けはでかい。今回は敗北か。」と諦めます。隣の日本人のプレーヤーはじっと小生のベットを見つめてしまい、ディーラーが、ヒット?と聞かれても反応がありません。小生が「ご主人さんの番ですよ。」と言ってはじめて気付き、ステイされていました。他のプレーヤーの方は基本通りにヒットし、大半が10を引いてしまい、バストされました。ディーラーがカードを開くと、7+9=16です。可能性はありますが、これまでで多くの10が出ていますので、小さいカードが来ると思いましたが、ディーラーが引いたのは8です。7+9+8=24でバストです。なんとW100万の収益です。思わずテーブルを叩いて喜びました。「やった、基本通りにダブルした甲斐があった。」妻もW6万の収益で合計W30万近い収益です。ホテルに戻り、チェックアウトし、妻とふたりで西面に最近出来たTODAIというバイキングのレストランに食事に行きます。勝った後の食事は美味しく、かにスープや寿司をゆっくりと楽しみました。
 14:30頃カジノに戻り、テーブルを探しますが、空きがありません。無理に打つ気もないので、椅子に座ってジュースを飲んで時間を潰します。テーブルが開いた時もありましたが、参加者の打ち方を見ると、とても気分良く打てそうにありません。妻にも「気分良く打てるテーブルでなければしない。」と徹底させます。漸く、午前のダブルで一緒だったプレーヤーと一緒に打ちました。ベットアップは禁じ、1-2-3で緩く打ちます。サードベースの勘が冴えまくり、ディーラーはバスト。小生はW15万の収益でした。本日の収益は以下の通りです。

11/22 (月) ⑤ 08:15 - 09:15 -W77.50万
   ⑥ 10:30 - 11:15 W110.00万
         ⑦ 16:00 - 16:45 W15.00万
-------------------------------------------
合計(11/20-11/22) W116.50万

考察:
 妻もW45万近くの収益でした。今回も短時間で勝負する姿勢で臨み、テーブル選びには注意しました。勝っても負けても、参加者に気兼ねをする状況では気分良く打てません。⑥と⑦のセッションでは周りの参加者に恵まれて何とか収益に持っていけたと思います。ベットアップを2回外した際には潔く撤退しました。損切りをするのは辛いのですが、負ける時は大きく負ける事が多いので、ぐずぐずせずに次のセッションに期待します。テーブル待ちをしていた⑦のセッションを始める前に、あるテーブルでW100万以上勝っていたおにいちゃんが次のシューで負け始め、結局儲けを全て吐き出していました。勝ち逃げも難しいのですが、負け逃げはもっと困難です。しかし、生き残るためにはどちらも必要ではないでしょうか?
 最後に、なぜ韓国のカジノはテーブルを開いてくれないのか、疑問です。低いベットのテーブルは利益率が低いのは解りますが、お客がその為に時間を空費するのは、サービスとして余り高級とはいえないと思いますが、皆様如何お考えでしょうか?最後に小生はまだまだ修行中ですので、他人様に助言を与えられる身分ではありませんが、とにかく冷静に判断して行動しないと、損失は大きく利益は少ない、という最悪の結果を招いてしまうと思います。皆様の幸運をお祈りしております。



セブンラックカジノ 7luck casino





▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全3 件)

2010/11/30(Tue) 10:14ジョニッパ

こんにちは。

自分の事のようにハラハラしながら読ませていただきました。
しっかり時間を区切る意味を考えさせられました。
損切りのエピソードもゲーム前には真剣に心で反芻すべきことと思いました。

それと、ダブルの100万W勝負が収支を決めましたね。
でも、逆に負けたとしてもプラスだったのですから、スゴイと思います。

テーブルの利益率を考えるなら確かにローローラーテーブルは開けたくないでしょうね。
むしろ無いならMIN5万Wで打っちゃえってお客さんが出るのを待っている予感が。

2010/12/03(Fri) 20:26GAKU

>ALPHACRUISEさん:

見事な立ち回りでの痛快な勝利、おめでとうございました!
しかも、奥様とご一緒でこういう経験ができたなんて幸せなことでしたね(^_^)。

GAKUストは良くも悪くもベットアップモードでドラマがやってきます(笑)。そこで勝利して席を立つ。
勝利の後の食事はさぞ美味しかったことでしょう。

勝利確定後のベットアップモード無しの1-2-3戦術。勝っても負けても金額は知れていますから、これは流しモードとして良い手法かもしれませんね。勉強になりました。

次回のレポート、楽しみにしています!

2010/12/04(Sat) 12:31ALPHACRUISE

GAKUさん

 いつもコメントを頂戴しまして有難うございます。韓国のカジノで、特に低いベットのテーブルはハウスがなかなかテーブルを開いてくれませんので、時間を空費してしまいます。マカオやラスヴェガスのように巨大なカジノでは有り得ない事ですが。最終日の帰国直前は損失を出しますと取り戻す時間がありませんので、ベットアップを止めて打ってみました。
 勝ち続ける事が最も困難である事はGAKUさんの様に経験のある方であればご存知と思います。
今後もご指導宜しくお願い致します。

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

THE STAR  ザ・スター シドニー

リゾート・ワールド・セントーサ

リスボア

クラウン

プルマン・リーフカジノ

Caesars Palace

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT