リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*シンガポール

「7の壁」~RWSでドツボに嵌る

Written by YKK

投稿日:2011/03/05

コメント(0 件)

*

Casiono Report

はじめまして。バカラプレーヤーのYKKと申します。
先日、出張を兼ねて、シンガポールに行ってまいりました。負け報告を書くのは少々気が引けますが、自戒の念をこめて、また、これから行く皆さんの何かのお役に立てればと思い、簡単に記したいと思います。

初日は、デルタで成田からシンガポールへ。1時間遅れで出発し、離陸後は7時間弱で到着。日本との時差はマイナス1時間です。到着は日付が変わって、深夜1時半くらいでした。この日、東京では雪が降るなどと言っていましたが、こちらは夜でも20度近くあり、空港を出るといきなり汗だくになります。

まずはタクシーに乗ってホテルへ。前日は朝早くから仕事だったのですが、飛行機でたっぷり睡眠をとってきたため、目が冴えてしかたありません。これは寝るわけにはいかないと、シャワーを浴びて、さっそくタクシーでRWSに突撃です。

まずは1Fの平場を偵察。はやりバカラデーブルが多いですが、基本的にフェイスアップのミニバカラばかり(だけ?)のようでした。バックベッドをする人も多く、ツラが出ているテーブルにはマカオ並みの人垣ができています。ちなみに罫線表示機はマカオ方式で、Bが赤、Pが青なので、ソウルを主戦場としている私には少々ややこしく感じます。大路の表示は、縦が6列程度なので、L字になっていても、実際には8目程度ということもありました。

暇そうなディーラー(よく見たら殺人罫線!)にスクイーズ台はどこにあるのかと聞くと、2F(マキシマムズクラブ)に行けとのことでしたので、2Fに向かいます。

VIPルームは、基本的にはノンスモーキングで、スモーキングエリアは部屋自体が分離されているので、私のような非喫煙者には大変快適です。深夜3時過ぎでしたが、ノンスモーキングエリアは8台ほど、スモーキングエリアは2台ほどが稼働しており、中国系の方々を中心に賑わっていました。

今回は時間がないため、非ローリングチップで勝負です。テーブルを見回しても、たいしていい罫線は出ていない模様。直感で良さそうなテーブルを決め、ファーストベットはPへ1,500ドル賭けます。

ナチュラルで楽に勝ちます。

その後も可もなく不可もなく。1時間ほど、原点付近を行ったり来たりします。
そして、地獄はここから始まりました。なんと恐怖の8連敗。。。(ヒエーッ)

特に恐ろしいのは、「6」と「7」です。
バカラをなさる皆さんは、少なからず経験があるでしょうが、運がいいときは「6」「7」でも楽勝で勝ちますよね。ところが、一度流れが悪くなると「6」の和に対して「7」、「7」に対して「8」などでまくられ、また、なんとか「8」「9」を出しても「タイ」になったり、というドツボに嵌ることがあります。もう1つの最悪パターン、「ピクチャー、10×3枚」などということは幸い(?)少なかったのですが、頑張って数字を上げた結果、まくられて負け続けるというのもまた、ツライものがあります。

時間の余裕がないことから、多少の焦りもあり、5,000ドルベッドを2連続で「6-7」(チャーシュー)で負けた後、気合の10,000ドルをPにベッド。さあ、ここは絶対に負けられません。先の2連敗を取り返したいところです。

女性ディ―ラーの「good luck!」の声と共にカードが配られます。
player、banker…と、シンガポールでは珍しい(失礼!)きれいな英語でカードが配られました。この時、テーブルには私1人だけでしたので、Pサイド1枚目からゆっくり絞ります。

足よ出てくれ、と思ったら、すぐに枠が見えて終了。

まだまだこれから!次で足をつければ楽勝と、2枚目を絞っていくと・・・あれ、真っ白だ。。。この白さは2、3でもないな、と一気にめくると、やはり「1」でした。

ディ―ラーの「プレイヤー1」の声に続いて、Bのカードがオープンされます。

ここのカジノのディ―ラーはカードをオープンするとき、上下をひっくり返すようにしてオープンするのが面白いですね。さて、現れたバンカーカード、1枚目は「ピクチャー」!

よしよし、もう1枚ピクチャー頼むよ!

続いて2枚目は・・・・ありゃりゃ、またまた出ました「7」。。。

やっぱり、このパターンかぁ、と感慨にふける暇もなく、Pに3枚目のカードが配られます。

ディーラーもよほど可哀そうに見えたのでしょう、「3サイド!」と応援してくれます。
さあ、まずは足の確認。

よし、足あり!3サイドなら、負けなしだぞ。。。

今度はサイドの確認です。じわりじわり絞っていくと…


あれ?点がやけに多いぞ??
そうです。4サイドでした。「9」だったか「10」だったかは忘れましたが、とにかく勝ち目なし。
これにて今回の負けが確定しました。。(チーン)

やはり「7」の壁に最後もやられたのでした。
熱くなってしまった自分が悪いのはもちろんですが、あまりのカードの引きの悪さにも閉口してしまいました。

仕事ついでに軽い気持ちで寄ったシンガポールカジノですが、400Kと思わぬ怪我を負ってしまいました。

<教訓(今さら?)>
(1)流れが悪い時は家(ホテル)でおとなしくしていよう。
(2)時間の余裕がない時は、無理に打つのはやめよう(初日はリゾに徹する位の余裕があった方が最終戦績はよい)。

<追記&質問>
翌日、仕事の合間をぬってMBSにも軽く行ってきました。ここもかなりの人で賑わってました。
タイ、ペアーの他に「ナチュラル8」「ナチュラル9」に賭ける枠があるテーブルは初めてみました。
それから、不思議だったのは、ここでカードオーナーに配られる「サイコロ」。これはいったい何なのでしょうか?
RWSでもバカラなのに「インシュアランス?」なんて言われましたが、これと関係あるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら、ご教授いただければ幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レポートは以上です。駄文をお読みくださり、ありがとうございました。
その後、ソウルヒルトンの弾丸遠征にも行ってまいりましたので、また時間ができ次第、ご報告できればと思います。

*

*マリーナべサンズのトリプルタワー。

*

*マーライオンは現在工事中。

*

*旧正月期間に開催されるチンゲイ・パレード。

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

Caesars Palace

リスボア

プルマン・リーフカジノ

リゾート・ワールド・セントーサ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT