リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*ラスベガス

2011年GW ラス・ヴェガス

Written by しゃんぱん

投稿日:2011/05/13

コメント(5 件)

*

Casiono Report

今年のGWは
日並びが良いので
2日だけ休めば長くお休みが取れます。

GWはラスヴェガスで
オフ会ねと言われたときに
すぐに飛行機の手配をいたしました。


今回のキャリーはアメリカン・エアラインです。

ワン・ワールドグループから選びました。


GWなのにターミナルのほうの
サクラ・ラウンジに誰も居ないのもびっくりでした。


しっかり映画を4本見て(笑
やっぱり眠れずにLAX
に到着です。


乗り換えのエクスプレスパスをもらい
10分もせずに入国完了です。

アメリカン・エアラインの良いところは
LAXでの、国内線への乗換えが楽な事です。



アドミラル・クラブで一休みです。

*

*

*

*

*

*

お出迎えのリムジンで一気に
ラス・ヴェガス気分が盛り上がります。


ラスベガスLas Vegas

「ベガ」とはスペイン語で「肥沃な草原」の意味です。

複数形になってSが付きます。

これに女性定冠詞(複数形)を付けて「ラス・ベガス」となります。



ちなみに、皆さんご存知の
ロスアンゼルスは、天使が男性名詞なので(意外にも・・・。(笑

男性定冠詞のLOS(複数形)が付いた「天使」の街ですね。

*

*

*

*

今回のホテルはまずは一軒目。

ホテル パラッツオです。


パラッツオとは宮殿を意味するイタリア語です。

英語ではpalace,フランス語ではpalais,ドイツ語ではPalast。

イタリアでは特にルネサンス期の宮殿や
上流階級の邸宅,居館をさすそうです。



専用のお部屋でチェックインです。

*

*

*

*

おやつは我慢しまして、



お部屋に到着です。

*

*

*

*

*

*

ジャグジーはもちろんですが、
トレーニングルームまであります。
(きっと使わないとおもいます・・・。(笑

*

*

*

*

フルーツやミネラルウオーターも充分です。

*

*

*

*

まずは、一眠りといううところでしょうが、
バカラルームにご挨拶に行きます。(笑


「サロン」という名のお部屋がVIPルームになっています。
ご挨拶に
まずはボンバーカットして・・・。

眠っていないのと
豪華なお部屋に気分が舞い上がって
ミニマム$100のテーブルなのに
いきなりのイエローベットです。(笑

さくっとプレイヤーのナチュラル8。

次は3枚勝負まで持ち込みますが良いとこなしの2連敗です。

おいおい・・・。

5分も経たないのに
すでに$2000がなくなっちゃいました。(笑


ここでコーヒーを一口。


まだまだ・・・。

ナチュラル9でバンカーの勝ち。

次も
チャーシューでまたもやバンカーの勝ち。

バンカー3に対してプレイヤー4.

するっと8が出てきてナチュラル3~!(笑

浮きました。(笑

この後、バンカーバンカーで5連勝いたします。


ここまで10分。

もう止めたくなりました。(笑

勝ち逃げするに限ると、
部屋でジャグジーに入りに帰ります。

「ブルーマン」
1980年代にニューヨークの
路上パフォーマンスから生まれたこのグループも
ラスヴェガス公演も10年を越えます。


何回見ても面白いです。

*

*

*

*

*

*

ショーを堪能したあとは
お友達とお食事です。


選んだお店はここです。
ヴェネチアンホテルに有る

シーフードレストランです。
「アクア ノックス」

本日はキャビアは品切れでした。

まずはヴーヴ・クリコで乾杯です。


スープはやはり、
ロブスタービスク。

濃厚なロブスターの頭の味噌を
ふんだんに使用してあります。

*

*

*

*

*

*

シーフード盛り合わせで
泡泡(あわあわ)もう一本です。


ハマグリのワイン蒸しです。

濃厚な出汁をカリカリに焼いたパンと一緒にいただきます。

*

*

*

*

*

*

シーフード・レストランですが
お肉もお勧めです。


余分な脂身をそぎ落とした
ニューヨークカットステーキです。


黒豚のポークチョップは
その肉の柔らかさにはびっくりさせられます。

下に引いてある豆も美味しかったです。


赤ワインは、ナパ バレー産の
ウインターを選びました。

これが皆さんに好評でもう一本です。(笑
(ジローさんご馳走様です。)

一本$200ですが
その価格に負けない美味しさでした。

*

*

*

*

*

*

少し酔い気味でしたので、
バカラはせずにスロットです。


ラス・ヴェガスといえば
スロットマシーン。


はるか昔に
まだテーブルゲームしない時代は
スロットマシーンでよく遊んだものです。


調子よく、ジャックポットを当て
コール・アテンダントとなります。


待って居るうちに後ろの機械にて・・・。

ちょっと大きい額なので
様子見に・・・。


なんと三回目に大当たりです。

こんな事もあるのですね♪

興奮を鎮めるためにスロットしましたら、
もっと興奮いたしました。(笑

*

*

*

*

世の中、そんなに甘い事は続きません。

そう自分に言い聞かせながら
しっかりドルを握り締めて深い眠りに落ちました。(笑



しっかり5時間ぐっすりと眠った後は、爽やかに目覚めます。
シャワーを浴びて、1階に下ります。


午前中、バカラをやりますが行ったりきたりです。

少し浮いたところでお昼ご飯にいたしました。


本日はこれから、食事のあと、
プレミアム・アウトレットにお買い物です。

それで、ビールつきのランチです。

最近お気に入りの小麦のビール
今回は「ブルームーン」


レモンを絞って飲む事は今までもありましたが、
今回はオレンジだそうです。

軽くてさっぱり、美味しいです。



クラムチャウダーをいただきました。

乾燥しているのでスープ系はありがたいです。

*

*

*

*

*

*

レタスの芯のウエッジサラダです。
しゃくしゃくとした歯ざわりが美味しいです。


「マヒマヒ」を薦められましたので
いただいてみました。

ハワイで有名なこのお魚は、
マオリ語でMahi Mahi (マヒマヒ) です。
英語で Dolphine Fish (ドルフィンフィッシュ)、
日本語ではシイラです。


アメリカのスパゲッティは伸びきって、
太ったものが多いのですが、
ここではさすがにアルデンテで仕上がっていました。

*

*

*

*

*

*

アウトレットまで送っていただきました。


グルッと一周いたしますが、
私は特に買いたいものはありません。(笑


皆さんのお買い物にお付き合いいたします。


ホテルに戻ってスパに行きます。
そんなに外に出ていた気分ではありませんでしたが、
しっかり日に焼けてしまいました。

*

*

*

*

*

*

サウナは熱くありませんでしたので、
水を機器にふりかけてどんどん熱くしました。
これは中国人に習った方法です。
日本でしたら、
壊れるから絶対駄目と言われることでしょう。 

でっかいジャグジーに浸かりすっかり温泉気分です。


お風呂上りはジェラードです!

*

*

*

*

本日のショーは

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)です。


彼らの代表作、デビュー曲「Sherry」や「Big Girl Don’t Cry」
「Walk Like A Men」は、3曲連続で全米ナンバー1を獲得しており、
どこかで聞いたことがあるメロディーです。

1960年代後半、世界中に影響を与えたビートルズと一緒に
この時代の音楽シーンを引っ張っていた“ザ・フォーシーズンズ”
ですが・・・。

はっきり行って世代が違っています。(笑



でも、懐メロシリーズとしては、
確かに聞いたことの有る歌の数々ですので楽しめます。

しかも歌がうまいです。

しっかり堪能いたしました。

*

*

本日の晩御飯は
「B&B]です。

料理の達人アメリカ版IRON SHEFにも登場する
MARIO BATALIマリオ・ボタリの店です。

もうひとつのBは
JOE BASTIANICHジョー バスチアニック
投資家さんですね。

NYで高品質な食材、飲料を購入することができるフードマーケット

「EATALY NYC - イータリー NY店」
のコンビですね。



どちらがシェフか一目両全。(笑

*

*

*

*

イタリアンなのでシシリー島のスプマンテで乾杯です。



フライド カラマリ(イカフライ)を頼んでおけば間違いなし!
揚げ方が絶妙です。

*

*

*

*

*

*

アンティパスト (antipasto)前菜


生ハムは洋梨といただくと
素敵な香りが後を引きます。


プリモ・ピアット (primo piatto)主菜第一皿

牛ほほ肉のラビオリです。


もう一皿のパスタは、海鮮スパゲッティです。

*

*

*

*

*

*

セコンド・ピアット (secondo piatto)主菜第二皿
コロラド・ラム

スプリングラム
春のラムは萌え萌えの草をいただいていますからね。


ロゼの焼き加減で大満足です。

*

*

*

*

*

*

*

*

ホテル パラッツオにつながって
ホテル ヴェネチアンがあります。



もちろんこのヴェネチアンのほうが先にできたのですけど。

*

*

*

*

*

*

そしてこれも有名なゴンドラがあります。


専門店街が広がっています。

*

*

*

*

ゴディバのチョコレートもちょっと
おしゃれに揃っています。

*

*

*

*

「TAO」という人気のレストランがありますが、
お昼にはやっていないので残念です。


Always a happy ending

快楽結局・・・。(笑

*

*

*

*

そこで選んだのがこのレストランです。


フレンチのブラッスリーの
「Pinot」です。

ピノといえば葡萄の名前ですね。

ピノ・ノワール(Pinot Noir)は、
葡萄の品種の1つでこの品種を用いて造られるものの代表として、
世界で最も高価なワイン、
ロマネ・コンティ(Romanée Conti)があります。

ブラッスリーとは
軽い食事やお酒が飲める
フランスの庶民的なレストランを指します。


またもや泡で乾杯です。

生牡蠣もいただきます。

*

*

*

*

*

*

シーフード好きな
Mr.GBRさんとご一緒です。

生ハマグリは
やはり米国でしかいただけませんね。

*

*

*

*

*

*

英語でチコリーのサラダ。
フランス語ではアンディーブです。

*

*

*

*

魚介パスタはリングイネです。

ステーキとフレンチフライは
ブラッスリーの定番です。

*

*

*

*

お腹ごなしに、
ヴェネチアンに有る蝋人形館に行って見ました。

*

*

*

*

*

*

調子に乗って
抱きしめてしまいました。

日本人は痩せています。(笑

*

*

*

*

次のホテル、ARIAに向かいます。

*

*

*

*

シティーセンター、そしてホテル アリアは、
ラス・ヴェガスの MGM Mirage 社による開発プロジェクトです。

民間企業によるプロジェクトとしては全米史上最大と言われています。
シティーセンターの総工費は約8000億円で、
途中で、ストップしている時もあり
それこそ社運を賭けたプロジェクトです。



このアリアの中のレストラン
Julian Serrano
ジュリアン・セラーノで
お友達とお食事いたしました。



スペイン料理の小皿料理タパスで楽しみます。


シュワルツネッガー似のお姉さんに
給仕していただきました。

最近お気に入りのシメイのビールです。

*

*

*

*

まずはガスパッチョ
冷たい野菜のスープです。

ロブスター入りというのが贅沢です。


ビールでしたら、
やっぱりイカフライですね。
フライドカラマリ。

*

*

*

*

*

*

生ハムは必須アイテムです。


チーズがたっぷりとかかっています。

*

*

*

*

*

*

ホワイトアスパラガスもお願いいたします。


海老好きな方のためにも・・・。
ガーリックが効いてます。

チョリソーはピリっと辛いソーセージです。

*

*

*

*

*

*

ちょっと珍しいところでアンギラス。
オリーブ・オイルとニンニクの入った土鍋の中に、
アツアツのアンギラス(ウナギの稚魚)です。

砂漠でこれがいただけるとは・・・。


メーンは、パエリアです。

これも豪華に
ロブスター入りのミックスパエリアにいたしました。

*

*

*

*

デザートもいただきます。


小皿料理は
$10前後とリーズナブルです。
仲間とわいわいいただきました。

*

*

*

*

*

*

一夜明けて・・・。


アリアの
VIPルームのバカラテーブルは
リザーブの札が置いてあるテーブルがいくつかあります。

これは
VIPが24時間いつでも来て
好きなようにゲームができるように
テーブルが保全されているのです。


その中の一人は陽気なアメリカ人でしたが、
朝方来て、一回のベットが$5000~15000あたりで楽しんでいました。
小一時間ほど遊んで
又、リザーブです。

気が向けば始めるし、翌日までそのままの時もあります。

でも、ディーラーは24時間いつでも待機しているという状態です。

別の中華系のVIPは
チップの色が違うチップを積み上げていました。

ざっと換算しても$50万ほどはテーブルの上に置いています。


このような中で
$200のミニマムで絞っても一向に差し支えありません。(笑


ラス・ヴェガスのディーラーは友好的です。
ディーリングしている間
楽しんでもらおうという気持ちが伝わってきます。


カクテルガールのお姉さん達も凄い美人さんです。
ゴージャスという英語を思い出しました。(笑

カジノ内は写真を撮れないのが残念です。


アリアからは無料のモノレールが
隣のホテル モンテカルロとベラッジオまで走っています。



ベラッジオまでランチをいただきに行きました。

*

*

*

*

*

*

ベラッジオのガーデンは生花の香りで包まれています。



陽気なお兄さんに会いました。

*

*

*

*

*

*

ベラッジオで昼下がりに訪れる私のお気に入りのお店。

入り口近くの
ピアノ演奏のお店です。

Petrossian Bar ペトロシアン バーです。

キャビアをいただくにはここです。


綺麗なお姉さんに
シャンパンを開けていただきます。


キャビアを貝のスプーンでいただきます。

*

*

*

*

*

*

生肉は衛生管理が大切です。


フォアグラの王道はやはりパテでいただくに限ります。

口に入れた瞬間にスーッと溶けてなくなります。


ホタテ貝を桜のチップで
軽く燻製にしてありますが、ほとんど生です。

*

*

*

*

*

*

ARIAに戻ってSPAに行きます。
サウナで汗を流します。

初めてですので中をまず
案内していただきました。


もちろんジムで走ったりはいたしません。(笑

*

*

*

*

本日の晩ご飯は、
MGMグランドの「SHIBUYA」です。


お友達揃ってお食事会になりました。
さすがにGW、
どんどん人数が増えて、まるで日本です。


現在、日本食ではラス・ヴェガスで一番だと私は思っています。


カウンターでしたら、
日本人の寿司職人が何人もおられます。

和牛ビーフたたき。
ガーリックチップがアクセントに効いています。

*

*

*

*

*

*

川越のCOEDOビールもいただけます。

日本各地の地ビールが揃っています。


中トロのたたき。


トロタルタルは必ずいただきます。
オリーブオイルやキャビア付きというのが米国スタイル。

*

*

*

*

*

*

スパイシーツナタルタル。
「とんぶり」が載っているところが素晴らしいです。


お刺身は
中トロ、トロ、赤身、サーモン、雲丹、ミル貝。
本わさびを擂っていただきました。


お勧めでいただいたボタン海老。

*

*

*

*

*

*

ロブスターサラダは豪華です。


お寿司は「かんぱち」も握っていただきました。


ソフトシェル クラブのから揚げは、
ビールにぴったりですね。

*

*

*

*

*

*

ドラゴンロールとレインボーロールは
いかにもの米国スタイルですね。


日本でこんなにいただいたら
とても高いとおもいます。(笑


食後はARIAに戻り、VIPルームに・・・。


こうして、ラス・ヴェガスの夜は更け行くのでした・・・。

*

*

*

*

*

*

眠れない夜は、スロットマシン・・・。(笑

興奮してますます眠れなくなったりいたしますが、
これがまた、ラス・ヴェガスの良いところ。

*

*

*

*

*

*

朝から、リザーブのテーブルの間で、
絞り倒してお昼には本式のパーティーの始まりです。

アリアの中華レストラン「Blossom」です。


鮑入りのフカヒレスープ。


この海老が美味しかったです。


大盤振る舞いの抽選会で盛り上がりましたが、
惜しくも当たりませんでした。(笑

本線で色々調子が良かったので
まだまだ上機嫌です。

*

*

*

*

*

*

でも、誕生日なので、
ハウスからこんなプレゼントをいただきました。

ピンクのドンペリは歌舞伎町だけかと思いましたが、
こんな場所でお目にかかるとは・・・。

Vintage 1998です。

ありがとうございました。


二日間で平均ベット1100、8時間以上
ARIAで絞りましたが、下降線になってきました。


勝つところで勝負した方が良いはず。


パラッツオに移動する事にいたしました。

*

*

*

*

お部屋では、スルメまで待ってくれていました。(笑

*

*

*

*

またもやパラッツオに戻ってまいりました。


部屋からの眺めは素晴らしいです。


ラス・ヴェガスのホテルの中では
一番高さの有る部屋が用意されているそうで
確かに他のホテルよりも高い階にあることがわかります。

*

*

*

*

*

*

気合を持って望みますが
やはり運気は下がり目です。



こんなときは無理をせずに
美味しいものをいただくのが一番。




お店はキャビアでもいただこうと
シーフードのお店に行ったのですが
本日は品切れでした。

以前行った「アクアノックス」です。
ウエイターさんが覚えてくれていて
でも、美味しい蛤があるからと出してくれました。


イカフライには
チーズを振りかけてくれました。

*

*

*

*

*

*

お勧めされた「ハリバット」

ヒラメですが、まあ、オヒョウですね。
お勧めだけあって、優しい味で美味しかったです。


メインロブスターもいただきます。

オーブン焼きですが、熱の通し方が絶妙でした。

*

*

*

*

*

*

〆にはお肉もいただきます。


シャンパンは乾杯だけにして
お気に入りの小麦のビール・ブルームーンをいただきます。


シーフード好きの
Mr.GBRさんにも喜んでいただけました。

*

*

*

*

パラッツオの隣にはWynnがあります。


それに続いて、アンコールです。

目に前はファッションモール・ショッピングセンターになっています。

*

*

*

*

朝のお散歩にはちょうど良いです。

*

*

*

*

*

*

お昼ご飯には、
ステーキハウス&ビストロ「Morels Frenchi」です。


ここのオニオン・グラタンスープをいただきます。

これだけでもお腹一杯になりそうです。


軽くビールをいただきます。


蟹サラダ。

*

*

*

*

*

*

軽く生牡蠣もつまみます。


フイッシュ$チップス。
軽くさくっといただけます。


エビフライもビールのおつまみにいいですね。

*

*

*

*

*

*

さて勝負のほうですが、
気合のボンバーカットも、空振りが続いています。

途中から入ってきたのが、中国系の綺麗なお姉さん。
ちょっと岡本綾 似です。(わかるかな~。)


このお姉さん、数万$のチップを持ってるのに
200しか張らないなーと思っていましたら、なんと
ばりばりのマーチンゲール法の打ち手でした。

200をはずすと、400。その次は800です。

いまどきこんな打ち方の方が居るんだと
ちょっと眺めていましたら・・・。


1600をはずします。

次は3200です。


手が震えています。
しかし、しっかりチップを数えて置きます。


ここで勝ちました。(良かった・・・)


感情移入している自分がいました。


次はまた、200・・・。


しばらく一緒にやっていたのですが、
私達のあまりのヘタレ具合に
席を立って行きました。(笑


この時は、3回負けまではよくあるのですが、
4回目には勝っていましたので良かったのですが

今に大怪我してしまうかもですね。


いやいや、人のこと見ている場合ではありません。(笑


自分の平均ベットが高いので
連敗するとあっという間にチップが減ってきます。


ラス・ヴェガスに来てから好調で
少しづつ積み上げていたのですが、負ける時はすぐです。


それでも、頑張りました。



しかし、駄目なときは駄目。


今に今にと気合をいれましたが、
ここぞの勝負手を
二度続けて8対9で負け、心が折れました・・・。



席を立ちます。

白くなった気がいたします。(笑

ビールを頼みます。


勝利の時に飲むはずの「MGD」
Miller Genuine Draft 美味しいビールなんですが・・・。


そして、長い間頑張ったテーブルで、そのあとはじめた方が、

長い長いバンカーのツラを出します。




16個で切れました。

ついてないときはこんなものです。



終わりました。
自覚しました。
今回滞在の私の全勝負は終わりです。


最後の晩餐に出かけます。

*

*

選んだお店はここです。

ウルフギャング・パックのカット「CUT」です。

本店はビバリーヒルズ・フォーシーズンズホテルにあります。
ステーキハウス&バーです。。

ネブラスカ州の広大な草原で
コーンだけを与えられて育った最高級の牛肉が味わえます。

もちろん和牛もそろえてありますが、
やはり、ここは米国産をチョイスいたします。


前菜が素晴らしい出来です。

まずはマグロです。


蟹も素晴らしい。

*

*

*

*

日本では生肉で
大事件が起こっていることとはつい知らず。
大好きな生肉をお願いいたします。(笑


お刺身だけでなく、タルタルもいただきます。

米国で生玉子は珍しいですね。

*

*

*

*

*

*

素晴らしいステーキでした。


オニオンリングもおしゃれに出てきました。

*

*

*

*

最後の晩餐なので
デザートまでいただきます。


パラッツオでは平均ベット1150
19時間の勝負でした。

楽しかったから大満足ですね♪

教訓その一。
勝ったら止めよう!


教訓その二。
調子コキの介は身の破滅。(笑




*このレポートはリゾカジ.SNSの日記を転載したものです。

*

*

*

*

*

*

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全5 件)

2011/05/16(Mon) 12:03UOsan

初めまして、UOsanと申します。
私は最近リゾカジのHPを見付けましたので、投稿は初めてです。
個人ではたまにカジノに出掛けるのですが、リゾカジのオフ会は本当に楽しそうですね。
それにしても羨ましい次第です。
美味しい食事にいいホテル、最高ですね。
また機会があれば私も参加してみたいと思っておりますので、その際は宜しくお願いいたします。
今後も楽しい投稿を楽しみにしております。

2011/05/24(Tue) 07:47しゃんぱん

UOsanさん

昨晩マカオから帰国いたしました。

はじめまして

リゾカジ内では

カジノよりご飯の方を重要視しているしゃんぱんと申します。

美味しいレストランが
いろいろ揃っていますので
次は何を食べるのかいつも迷ってしまいます。(笑

いつかお会いしたときにはご一緒に楽しみましょう!

2011/06/08(Wed) 13:24UOchan

しゃんぱんさん

返信有り難うございます。

私も食べる事が大好きですので、いつかご一緒させて下さい。

しゃんぱんさんのまたの投稿を楽しみにしています。

2011/07/17(Sun) 17:45shin☆

はじめまして^^
shin☆といいます。

男友達二人とH24年のGWにベガスに行くんですが
その友達がここのサイトを教えてくれてみてるんですが
シャンパンさんの書き込みに
【今後の人生の夢】
を観ました(^^)

四年くらいいってなくて
その前は5年連続でGWに行ってましたが
わたし達は昼間マジックショーをみて(マック・キングやリック・トーマス)
夜はシルクド・ソレイユのショーをハシゴする(1日に二回観る)
ブルーマンも東京では3回みました(笑)
そして12時すぎからバカラをはじめて明け方まで勝負して
9時ごろには朝飯を食べに行くという強行スケジュールです
いままでは(笑)

そこに
シャンパンさんの書き込みを観て
御飯の美味しそうな写真に書き込み
。。。

なんて
すばらしいんでしょう♪

いつか
ご一緒出来ればと思います~~

とりあえず
MGMグランドの「SHIBUYA」
には行ってみたいと思います^^


shin☆



2011/07/21(Thu) 10:29しゃんぱん

shin☆さん

はじめまして。

マカオに行っていました。(笑


コメントありがとうございます。

GWによくいらっしゃるのですね。



毎日二つのショーを見るというのも凄いです。

ラスヴェガスには
全米の有名なレストランが招致されていますので
高価なレストランでなくても
美味しいお店がいっぱいあります。

特に新しいホテルにはそろっていますね。

バカラでぜひ勝利して
美味しいお食事を楽しんでくださいね。

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

Caesars Palace

リゾート・ワールド・セントーサ

クラウン

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

THE STAR  ザ・スター シドニー

リスボア

プルマン・リーフカジノ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT