リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*ヨーロッパ

梶野レポート③ バルト海の客船カジノ

Written by 梶野克己

投稿日:2011/07/30

コメント(0 件)

*

Casiono Report

③シリヤライン「セレナード号」の船内カジノ(乗船日2011年7月14日)
 ストックホルムーヘルシンキ間のバルト海を一晩かけて航海する客船。ビルでいえば12階建ての7階部分にあたるプロムナード正面にカジノがある。

 もっとも、テーブルゲームはBJとルーレット各2台だけで、オープンしていたのはそれぞれ1台のみ。スロットはざっと100台前後あり、ほかに船内あちこちにも設置されている。

 BJの賭け金は最低4ユーロ、最大100ユーロ。10ユーロ単位でプレーし始めたが、開始2分足らずで引き分け(push)はDの勝ちというとんでもないルールであることが判明し、マイナス10ユーロで即刻退散した。Dは「そこに書いてあります」とテーブルの隅を指で示した(ように思った)が、どこにもそんな表示は見当たらなかった。

 Dは80歳近いとおぼしきおばあさん。年季の入ったカードさばきで「こういうテーブルでやるのも悪くないな」と、つい誘惑にかられたが、さすがにこのルールでは続ける気になれなかった。同じルールはオランダのスキポール空港内のカジノでも採用されていると聞いたことがあるが、まだ続いているのだろうか。

 仕方がないので、スロットでビデオポーカーをやったら、いきなりロイヤルストレートフラッシュが揃った。ジョーカー入りながらも、この手がきたのは生まれて初めて。賭け金が20セントと少なくて6ユーロ(30倍)にしかならず、「こんなことで運を使いたくないなあ」と思ったが、一応家族に記念写真を撮ってもらい、素直に喜ぶことにした。

 シリヤラインは午後5時にストックホルム出港、翌朝9時55分にヘルシンキ着(時差1時間)。シャワー付き3ベッドの部屋がネットでの直接予約で223ユーロ(約2万5000円)でした。


*

*ストックホルムーヘルシンキ間を約16時間で結ぶシリヤラインの客船

*

*船内プロムナード正面にあるカジノ

*

*いきなりロイヤルストレートフラッシュが揃ったが、20セントが6ユーロにしかならなかった

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

リゾート・ワールド・セントーサ

THE STAR  ザ・スター シドニー

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

クラウン

リスボア

プルマン・リーフカジノ

Caesars Palace

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT