リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*韓国

ソウルはプラス11度〜!

Written by しゃんぱん

投稿日:2012/03/22

コメント(8 件)

*

Casiono Report

東京は久しぶりの雪景色。

急遽、ソウルに行くことにいたしました。

理由:1.キムチがなくなった。

理由:2.レバ刺身がたべたい。

理由:3.素敵なお誘いを見つけてしまった。

それは何かといいますと・・・。

http://resocasi.com/prdetail?id=110

これです。

1400万ウォンノンネゴチップ購入で、

1.ウォーカーヒル無料宿泊2泊

2.40万ウォンベッティングクーポン

3.お帰りの際に往復エコノミーチケット
  (ソウル-日本-ソウル)

4.空港-ホテルリムジン往復送迎


中でも、この中の3番です。。

航空券を用意してくれるというのです。

韓国のシステムでは1日5時間のバカラプレイです。

VIPで行くときに、いつも10時間以上座ることでやられることが多い韓国ですからね。

この内容でしたらば、コンプの呪縛無しで遊べますね。

しかも条件があまりにもゆるすぎです。

心配になって確認いたしました。

「本当に1400万Wのノンネゴだけで航空券は確約なのですか?」

「そうです。約束します。」

これは出かけないわけには行かないでしょう。

しっかり、罠でも何でもはまってみましょう!(笑

*

*

*

*

金浦空港に到着して案内所に行きますとすぐにリムジンが手配されました。
道は平日なので混んでいません。

しかも日本が雪でしたので寒いことを覚悟していましたが、
本日はなんと11度あるそうです。
この前は零下11度だったのに・・・。

良い天気でまるで春の日差しです。

これは幸先が良いのでは・・・。




1時間余りでシェラトンのお部屋に到着。




本日のレートで1400万Wは104万円です。

2月はじめのときは100万円で1435万Wでしたから日本円負けていますね。

バカラだけでなく、BJでもルーレットでもその他のゲームでも使用できるそうです。
案内役の除さんにいろいろ説明を受けます。

*

*

*

*

*

*

まずは、レバ刺身をいただかなくてはと、馬場洞(マジャンドン)に出かけます。


ココです。



そして私のお気にいりのお店は馬場洞の中程にあります。
このお店です。

「ヨンムンチッ(龍門チッ)」と言うらしいのですが、
ハングルが読めない私は
このお母さんの顔が目印です。




住所:ソウル市 城東区 馬場洞 761-8
営業時間:11:30~翌02:00
電話番号:02-2292-2218
休日:旧正月・秋夕の連休



この横丁の中でも広くて生肉に定評のあるお店だそうです。


早速レバ刺身をいただきます。

ちなみにこのレバ刺身はおまけで出てくるもので
メニューにはありません。(笑

*

*

*

*

*

*

ビールでのどを潤した後は、マッコリにいたします。

韓国のシャンパンですね。(笑

発酵していますのでチリチリとしたのど越しの炭酸が心地良いです。



もちろん日本語なんて通じません。(笑
私も韓国語は、自慢ではありませんが読めませんし話せません。

でも何も問題はありません。

美味しくいただけるのです。

ホルモン入りの盛り合わせにいたしました。



チャドルベギ(牛ばら肉)からいただきます。
コクのある美味しいお肉です。

*

*

*

*

*

*

ホルモンはアルミ箔に載せてくれます。



早速レバ刺身は、お代わりいたします。
もちろんこれはタダです。(嬉


いい感じですね。

ニンニクは軽く炙りますと辛味が取れて食べやすくなります。

*

*

*

*

*

*

この方が、名物おばちゃんです。


テーブル席もありますが、
座敷に上がっていただく方の靴は、
お酒の籠の下駄箱にこんな感じにさされちゃいます。(笑

*

*

*

*

*

*

牛肉は、各部位に切り分けられて盛り付けられます。



お値段も大衆料金です。


お腹いっぱいになりました。

デザートとしてモナカを買って歩きながら食します。

*

*

*

*

*

*

界隈にはお肉の処理屋さんがいっぱいです。





胃袋部位のにおいとりでしょうか・・・。

真ん中が牛の第一胃袋、ヘリの分厚いところが上ミノですね。
ハチノス状なのが第二胃袋。
よくイタリアンで「トリッパのトマト煮込み」に使われるところです。

反対側にある灰色しているのがセンマイですね。第三胃袋になります。

下の黒いのが第四胃袋でギアラと呼ばれています。

この名称は日本語です。
韓国ではまた別の名前でしょうがわかりません。

*

*

*

*

これはレバの塊です。

気味が悪いと思う方が多いですが、いずれのお肉や内臓も
、私には美味しそうにみえます。(笑

*

*

*

*

*

*

カジノのほうは右奥のVIPルームでは
結構な人たちがいてにぎわっています。

三つのバカラ台ははほぼ満員 
もうひとつはチップ入れに
イエロー100枚以上入れた方が絞っていて
同席するには場違いな感じです。

そうだ今回は、ベット金額の縛りもないんだと
平場のほうの10万Wの台に座ります。

気楽に気楽に好きなだけ・・・。

ところが、勝てません。

いろいろ罫線見ますが、ことごとく勝てません。

7連敗の後やっと勝ち始めますが、それでも
30回やって6勝20敗4分けです。

ナチュラル8出しても
相手が9で負けたり8でタイになって勝てないのです。

おかげでローリングだけは進みますが・・・。(笑

次のシューも頑張りますが中々うまくいきません。
気分を変えても大きく負け越して終了ということになってしまいました。

ほんの少し勝って流して今回は観光でもしようと思っていましたが、トンでもないことになりました。


しかし、いつもと違って平均ベットが低かったので大きな負け越しですが、金額的にはまだ大丈夫です。
それでも、悔しい大敗にはかわりありませんが・・・。

部屋に帰ってもやはり眠れないので、
また、カジノに行ってしまいました。(笑

今度は初めから、VIPルームです。
ミニマムは黒5枚テーブルです。

黒7枚からはじめます。

勝利勝利勝利。(笑

いただいたコーヒーも入れ物から違っています。(笑

味は同じでしたが・・・。

一人でぐりぐり絞っていましたら、中国人のお金持ちがやって来ました。

いきなりのイエロー5枚ベット。

一緒にむふふふふ・・と笑いながら勝利いたします。

負け分を取り返したところでやめることにいたしました。

これでぐっすりと眠れます。






ぐっすりと、眠ったと思いましたが、
まだ夜中の3時です。

しかし目が冴えていますので、
二度寝をするよりはとカジノに出向きます。(笑


朝のカジノにはお金が落ちている・・・。


VIPルームでは、まだまだ昨晩から夜を引きずっている方がいらっしゃいます。

昨晩の縁起が良かったバカラ台に座ります。

第一手、絵札に絵札でバカラです。

プレイヤーも絵札にフォーサイドで同じくバカラ。

こちら、足があることを確認してプレイヤーオープン。

7です。

それでは気合をを入れて・・・スリーサイド、フォーサイド・・・頭の中でつぶやきながら・・・。

点が見えました。

スリーサイドです。

全付け・・・!!

見事8にして勝利!

やっぱりVIPルームだよね~。(笑

平場だと、フリーゲームもできないし・・・。






朝ごはんはカジノ飯です。

純豆腐チゲ(スンドウブチゲ)にいたしました。

*

*

*

*

*

*

さて、 街にでましょう!

向かった先はココです。


狎鴎亭洞(アックジョンドン)の隣にある新沙(シンサ)という場所にあります。



何でイタリアンレストランに行ったかと言いますと、

俳優のソン・スンホン氏がオーナーなのです。

「ブラック・スミス」というチェーン店なのですが、
中々美味しいピッツアがいただけるというのです。


ソン・スンホン氏専用のテーブルの近くに案内していただきました。

*

*

*

*

*

*

チキンサラダの入れ物もおしゃれです。


ピッツアはお勧めのゴルゴンゾーラにいたしました。


温める台が用意されて最後まで冷めずにいただけます。


ブラック スミス (新沙駅店)

black'smith (Sinsa)

住所  : ソウル市江南区新沙洞514-20番地
アクセス: 新沙駅8番出口から徒歩1分
営業時間: 11;30~24:00

*

*

*

*

*

*

ドライトマトが飾ってあります。

トマトソースの酸味が美味しいです。

*

*

*

*

*

*

サラダ・パスタ・ピッツアどれも美味しかったです。
お値段は日本と同じぐらいです。
ソウルでは高めでしょうね。

店内はデート客でにぎわっています。


ソンスンホン氏のサイン入りポスターも飾ってあります

*

*

*

*

*

*

3月1日は韓国では三一節(サミルジョル)といい、祝日になっています。これは1919年の3月1日、
日本の統治下で起きた独立運動の記念日です。


*

*

*

*

とても暖かい春の日です。
日本での雪が信じられません。



地下鉄にも乗ってみました。

駅の看板も凄いのがありますね。

*

*

*

*

明洞は祝日とあって人がいっぱいです。

*

*

*

*

*

*

歩き疲れましたので足マッサージをいたしました。
とても、安くなっています。

揉まれたあと、
足をパラフィンにつけられるのですが、
これが溶けた蠟の中に足を直接入れられるのです。

熱いです。眠気も吹っ飛ぶ熱さです。

次はムチで叩かれるのかと思っちゃいました。(笑



松本明子・・・発見~!(嘘です。{しかし古すぎる・・・。(笑}

*

*

*

*

*

*

WHに泊まったらやはりこのお店に行かないと行けませんね。

晩御飯は、

歩いて行ける「明月館」です。

ホテルの敷地内にあるのが良いですね。





やっぱり生肉はいただかないといけません。

ユッケはたまりません~!

*

*

*

*

*

*

生ロースは綺麗ですね。



韓国牛の味付けカルビはサシが入りすぎて
味付けが白くなってしまっています。これは柔らかいはずです。


お姉さんが付きっきりで丁寧に焼いてくれます。

*

*

*

*

*

*

マッコリを急遽、発注~!



キムチも美味しいです。

*

*

*

*

*

*

これは柔らかいです。
脂の味がたまりません。

*

*

*

*

〆は冷麺でお腹いっぱいです。

*

*

*

*

ノンネゴはすぐに消化してしまったのですが、使うのを忘れていたものがあります。

はじめにいただいた40万ウォンベッティングクーポンです。
これは50000Wのクーポンを8枚始めにいただいていたのです。

額面以上のキャッシュチップと一緒に使う方法で、勝てば額面のキャッシュチップがいただけます。

張り切りクーポンですので額面の半分の価値なのですが、気分は40万Wもらった感じです。

この分はもらはなくてはと、またもや早朝にお出かけいたします。

思い返せば初日に平場でこのクーポン置いた時にことごとく負けたのでしまいこんでいたのです。

何しろひどかったのです。
思い返すとまたもや悔しいのですが、
フォーサイドがすべて10になってしまうのです。
それも来るカード来るカードです。

二枚フォーサイドが来たときはもう勝ったと思いましたが、どれも抜けません。
絵札の後に来るフォーサイドはまたしても抜けません。

6デッキで連続12枚抜けませんでした。

WHには9は無いのかと思いましたよ・・・ほんとに。

ついてないときとはこんなときなのです。
やっと9が来たと思ったら、
二枚の9でナチュラル8。

相手は3と6でナチュラル9・・・。

地獄でしょう・・・。(笑

でも、早朝のVIPルームはやはり違いますね~。

サクサクと3に対してのスリーサイドはしっかり6できっちり抜けます。

バンカー6と7の3条件に対してのプレイヤー4は、
プレイヤーがきっちり8引いてきて勝利いたします。

バンカー、スリーサイドにノーサイド。
良いねと絞って全然駄目な付き付きの1になっても、足つけば大丈夫と絞るとすぐに枠が見えても、相手のプレイヤー5から5を引いてきてきっちりバカラになってくれます。

さあ、街にでかけましょう!

*

*

本日は、ソウルの台所。

「鷺梁津水産市場」(ノリャンジン、Noryangjin)

鷺梁津市場は地下1階と2階が食堂、1階全体が市場になっています。

空港からソウルの町行くときに右手に見えますね。

国会議事堂のある汝矣島(ヨイド)の反対側ですからすぐにわかります。

地下鉄につながっているので行きやすいのですが、
今回はWHからTAXIで行きました。17000W(約1200円)で到着です。


大きな魚体のお魚はなんと鰆だそうです。
美味しそうです。

*

*

*

*

*

*

鮟鱇鍋にいたしました。
アン肝もついています。



生牡蠣もいいですね。

*

*

*

*

*

*

赤なまこもいいですね。


市場で購入したものは2階のお店でお料理してくれます。

今回のお店はこちらです。
名前がいいですね。

*

*

*

*

*

*

ホヤも蟹とあわびを買ったところでサービスしてもらいました。

*

*

*

*

*

*

今回はトリ貝のシャブシャブにトライいたしました。

生のお刺身も良いのですが、殺菌を兼ねて、しかも甘みが増すのでこの食べ方がベストですね。

*

*

*

*

*

*

あわびはバター焼きにしていただきます。

*

*

*

*

本日の特選素材は、この蟹です。

日本でいただきますとあがった港で越前蟹や、松葉蟹となり、凄いお値段になりますが、韓国でいただきますと東海産のズワイ蟹となります。
活きているのを蒸していただくのですから、甘みもあって大満足です。

ちなみに量り売りですから、1Kg50000Wのこの蟹はちょうど1Kgでしたので邦貨に直しますと約4000円となります。

*

*

*

*

*

*

鮟鱇鍋もしっかりいただきます。

*

*

*

*

しっかりお腹が一杯になりまして、お土産に
辛子明太子や、烏賊の塩辛などを購入です。

*

*

*

*

大満足して市場にお別れです。



デザートをソウル駅でいただいて
向かった先は・・・。

サウナ(汗蒸幕・チムジルバン)


「シルロアム」

ソウル 中区 中林洞 128-104

TEL:02-364-3944,3945

*

*

*

*

*

*

あかすりにマッサージしていただき、
日本風に言うならば、岩盤浴でお昼寝です。

あかすりは、お稲荷さんの裏側まですっきりです。(笑

24時間営業なのでいつでもOKです。

*

*

*

*

*

*

しっかりリラックスいたしまして赤ちゃんほっぺになりました。

お腹もこなれて晩御飯にに向かいます。


出かけましたのが、東大門の「タッハンマリ通り」

写真は東大門にある焼き魚通りなのですが、その反対側にあります。

*

*

*

*

入りましたお店がココです。

始祖明洞タッカンマリ
「シソミョンドンタッカンマリ」

住所:ソウル市鐘路区鐘路5街280-4番地

 電話:02-2275-3125

 営業時間:9:30-24:00


お店にはいりますと、まだ、何も頼まないのに、
いきなり、洗面器みたいなお鍋に、鶏が丸々一羽入った鍋が運ばれてきます。


はさみでちょきちょきと慣れた手つきで切っていきます。

*

*

*

*

*

*

ねぎに朝鮮人参・棗も入れると美味しいね~。

料金がどうなっているのかわからないまま
おばちゃんがどんどん具を入れていきます。



お餅がもうすぐ浮き上がってきたら食べてください。
ジャガイモもOK~!


おばちゃんは明るいです。

美味しいビールをいただきながら、柔らかい鶏肉をいただきます。

やはり最近お気にいりのマッコリも頼みました。


スープがとても美味しいです。

*

*

*

*

*

*

お腹がいっぱいになりましたが、やはり〆の麺はいただかないといけません。

鶏丸一羽出汁いりの鶏ラーメンの出来上がりです。

すっかり堪能いたしました。



この方が名物オーナーのおばちゃんです。


ほかにも、 元祖のお店や、本家のお店といった看板のお店が並んでいます。
各店が競っているので美味しくて安い専門店街になっています。

タッハンマリとは、「タッ」=鶏、「ハンマリ」=一羽、という意味です。

特製スープの中に鶏が丸ごと一羽分入っていて、ネギやジャガイモなどの野菜と一緒に食べることが出来る料理です。
辛いものがたくさんある韓国料理の中でも
タッハンマリはまったく辛くない料理です。

その代わりにニンニクや唐辛子味噌などの特製ダレが用意されます。

*

*

*

*

*

*

この近辺いは他にも美味しいお店があります。
次はこのホルモンかな・・・。

*

*

*

*

もう本日の朝にはカジノはいたしません。

行きたい気持ちはありますが、
最終日は魔の時間ですからね。

WHの麓にあります。
お粥やさんで朝ごはんをいただきます。





韓国のお粥にはいろいろな種類があります。


豆・木の実系ではチャッチュッ(松の実のお粥)、
ケッチュッ(ゴマ粥)、パッチュッ(小豆粥)、
ノットゥチュッ(緑豆粥)などです。

海鮮系ではチョンボッチュッ(アワビ粥)、
クルチュッ(牡蠣粥)、セウチュッ(エビ粥)などがあります。

そして肉系ではタッチュッ(鶏粥)、ソコギチュッ(牛肉粥)などです。

野菜系ではホバッチュッ(カボチャ粥)、ヤチェチュッ(野菜粥)などです。


これらの基本にチーズ入りとかのニューウェーブもございます。

今回はチーズ入りを試してみました。

思ったよりチーズの量が多く入っており、美味しかったです。

*

*

*

*

*

*

本日のお出かけはTV局です。

韓国のテレビ局は大きく3つあります。
 国営のKBS、半官半民のMBC、
民放のSBSが韓国の地上波三大ネットと言われているそうです。

実はあまり韓国のTVは見ないのですが、
日本で紹介されるドラマは見ます。


「冬のソナタ」のブームの時には
春川まで行ってあの、南怡島まで行き、
雪だるまのベンチに座ってくると言う筋金入りです。(笑


SBSまで行きますが、ここには見学コースはありません。

*

*

*

*

*

*

やっぱり、国営のKBSしか見学コースはないようです。

汝矣島(ヨイド)公園にあります。

*

*

*

*

*

*

やっぱりKBSですよね。
知ったドラマが多いです。



「花より男子」は日本版も韓国版も良かったです。

*

*

*

*

*

*

ハ・ジウォンは美しいですね。

*

*

*

*

*

*

入場料は要りません。(笑

国会議事堂は隣にあります。

*

*

*

*

*

*

どこかで見たアジョシが・・・。(笑

ラジオはライブで放送中です。

*

*

*

*

さあ、帰国の時間が迫ってきました。

ご飯をいただいて帰国です。



明洞でお肉をいただきます。


済州島の黒豚だと言うことです。

5段ばら肉と首のお肉がお勧めだそうです。

黒豚家 (フットンガ)
TEL . 02-3789-8890

住所 ソウル市中区乙支路2街199-39 アールヌーボーセントムB1F
地下鉄2号線乙支路入口駅5,6番出口より徒歩5分
営業時間:11:30~深夜2:00 年中無休



私は、味付け豚カルビがお気に入りです。
黒いのは皮だそうです。

*

*

*

*

*

*

メルジョと呼ばれる塩辛に焼いたお肉をつけて
食べるのが済州島スタイルだそうです。

*

*

*

*

*

*

マッコリ1本サービス~!(笑

*

*

*

*

さあ、帰国です。
WHまでTAXIで戻ります。


しっかり航空券もいただきます。ソウル発券ですのでまた、羽田-ソウル間オープンで残っています。(笑

*

*

*

*

金浦空港にはロッテモールがオープンしています。
地下道を通れば簡単に行き来できます。

ロッテマートで海苔のお土産買って帰国です。

きっとすぐにまた行くことになると思います。
今度は初めからVIPルームで早朝に打ちたいと思います。(笑



*このレポートはリゾカジ.SNSの日記を転載したものです。




ウォーカーヒルカジノ WalkerHill Casino



*

*

*

*

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全8 件)

2012/03/23(Fri) 13:59madamada

いつもながらの食べ尽くしリポート、しかもA級のみならず、B級までも完全網羅・・・
マジャンドンはもちろんですが、ノリャンジンまでテリトリーとは――――――改めて感服しました。
いつも空港からソウルに向かうクルマの中で気になっていたんです、あの水産市場・・・(笑)
ヨイドにも時々行くので、今度足を伸ばしてみます。

昨年最後に行った時、ミョンドンの「黒豚家」も気になっていたんですよね~。なんか新しそうな店だなぁ、と。
いい感じの綺麗なオギョプサルですね~。食指が動かされます。
いつもいつもホント、参考になります。ありがとうございます。

2012/03/23(Fri) 16:33ジョニッパ

しゃんぱん様

最高のグルメレポートありがとうございます。
ソウル行きの宿題がさらに増えてしまいました。
次回の旅がホントに楽しみになりました。

重ねてお礼申しあげます。

2012/03/24(Sat) 08:37しゃんぱん

madamadaさん

ありがとうございます。

鷺梁津水産市場は
普段はなかなか行く時間が取れませんね。

いつもコンプの時間数が気になり
長時間座っていることが多いですからね。《笑

思い切って行くとやはり市場は楽しいです。

2012/03/24(Sat) 08:43しゃんぱん

ジョニッパさん

ありがとうございます。

いつも近場の気に入ったお店ばかりに偏ってしまいますので
新しいお店を開発しにやはり、街に出ないといけません。

いつもいろいろ行きたいと思っているのですが、
どうしても、カジノばかりになりがちです。

今回は時間の縛りがないのでいろいろ歩いてみました。

ワンベット勝って街に出るととても楽しいです。(笑

2012/03/25(Sun) 18:03AD_Kaz

鷺梁津水産市場には行きたくなりました。
ソウルのグルメは懐が深いですよね。
行く度に美味しい物に出会えます。

私も1400wノンネゴなら楽だと思い、
プログラム参加の問合わせしたのですが、3月初めは空きなしで、
4月もカジノイベントがあってもうこれ以上の予約は出来ないと
断られてしまいました。

2012/03/26(Mon) 11:33しゃんぱん

AD_Kazさん


鷺梁津水産市場は人数が多いほうが、
いろいろいただけて楽しいと思います。

ま、今回は二人でこれだけ食べてきましたこども・・・。(笑


え~、そうだったのですか、
私も4月にはもう一度行きたかったのに・・・。

2012/05/12(Sat) 21:50黒鯛

スバラシイの一言ですね! 

こんなレポートが書けたらと ただただ感心するばかりです。

というわけで友人を連れて6人でフィッシュマーケットへ 知ったかぶりをして

ズワイガニ ワタリガニ アワビ 満腹ありがとうございました。

2012/05/30(Wed) 13:34しゃんぱん

黒鯛さん

6人で行かれると

いろいろ食べれて良いですね。


WHも、今では
ノンネゴ2600万ウォンプランに
代わってしまいましたが、
それでもまだまだお得感がありますね。

しかもリバイの5%のベッテイングクーポンとは・・・。
罠にはまってしまいそうです。(笑

コメントありがとうございました。




▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

Caesars Palace

リゾート・ワールド・セントーサ

クラウン

プルマン・リーフカジノ

リスボア

THE STAR  ザ・スター シドニー

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT