Integrated Resort インテグレーテッド リゾート

佐藤亮平の VIVA! IR!!

IR推進法案や各地の誘致の動きから、エンターテイメントとしての魅力まで。
Integrated Resort(統合型リゾート)とは何か?を様々な角度から、専門記者がレポートしていきます。

佐藤亮平 Profile

民間でのIR誘致調査に従事したのち、2011年よりカジノ・IRの取材を開始。専門誌「カジノジャパン」記者、IRの政治・経済情報ポータルサイト「カジノIRジャパン」記者を経て、現在フリー。

#2 IR法案15年の議論② 都議会一年生議員だった柿沢未途衆議院議員 2014/12/05

維新の党の柿沢未途政務調査会長といえば野党再編を仕掛けた国会議員として有名で、IR推進法案をまとめた超党派の国際観光産業振興議員連盟(IR議連)の副会長を務めています。柿沢氏は2001年、都議会議員に当選した最初の議会質問で、当時の石原都知事に対してカジノについて質問をしています。

柿沢氏:「カジノ構想を今後の臨海副都心のまちづくり計画の中核に据えることを提案いたしますが、知事のご所見をお聞かせください。」
石原氏:「世界の先進国の中で、百万以上の人口を持つ都市にカジノが一つもないというのは日本だけなんですね。なぜかパチンコはギャンブルとされず、従来の競馬、競輪だけがギャンブルとされております。」
(2001年9月27日、東京都議会定例会会議録より引用)

「IR推進法案は議論の時間が足りない」という批判もありますが、少なくとも都議会では13年前から議論をしています。2013年12月にIR推進法案が衆議院に提出された際には、柿沢氏は提出者、石原氏に賛成者としてそれぞれ名を連ねました。
(写真)2014年11月、都内の集会で挨拶する柿沢未途氏

#1 IR法案15年の議論① 石原慎太郎都知事のお台場カジノ構想 2014/12/01

今回からこちらのコラムを担当します、佐藤亮平と申します。普段は硬めの記事が多いのですが、こちらではインタラクティブな議論を行えればと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
議論の前段階として、報道でも話題になりつつあるIR推進法案について、これまでの経緯をおさらいしましょう。
1999年に石原慎太郎東京都知事(当時)が「お台場カジノ構想」を提唱したことが、政治レベルでの議論のスタートになります。2002年には都庁45階の展望室でカジノゲーム体験イベントも開催し、マスコミの間でも一気に話題になりました。
石原氏はパチンコの換金システムである「三店方式」をモデルに、既存の法体系の中でのカジノ施設の解禁ができないか検討を進めました。しかし三店方式は法的にグレーゾーン。刑法の賭博罪の規定をクリアするには、やはりカジノも公営ギャンブルなどと同様に独自の法律が必要との認識となり、国会に望みを託すことになります。
(写真)2014年10月16日、IR議連総会で挨拶する細田博之会長

//

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

リゾート・ワールド・マニラ

プルマン・リーフカジノ

リゾート・ワールド・セントーサ

フライデークラブ

リスボア

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT