行ってきます〜ました


カジノ放浪記 

NO. 1642 2013/10/07 (Mon) 19:13
Written by サイゴンサイゴン

返信(3) 表示(21048)

行ってきました。海外カジノではなくて、永田町の国会図書館へ。
目的は、以前からネットの書籍通販で見つけてぜひ読んでみたかった本の閲覧。

“カジノ放浪記” Mrブラックジャックと呼ばれた男
デューク三島 著

同ネット販売で中古価格が7700円とかなり高い上、出版社は既に倒産した自費出版の会社で発注は躊躇してました。 出版年は1996年で191ページの大作。17年も前にBJを題材にしたこんな本を自費出版したプレーヤーがいたとは。
最近読んだ、百田尚樹の小説で、日本で出版されたすべての本はIDコード、ISBN番号が付いているものは、自費出版も含め、一冊は国会図書館の蔵書とし保管され、一般に閲覧が可能だと知る。
さて本の内容は、著者自身の体験をもとにしたと思われる海外カジノと日本(近未来で都内各地の盛り場ではカジノ営業が解禁になっているという設定)でのBJプレーを詳細に描いた私小説。 随所のハンド毎の描写がマニアックに詳細に書かれてます。
小説とは別に最後に
BJ必勝法、  (カード図解つきで、かなりBSを外した打ち方をされてます)
勝つための鉄則、
といった解説までありました。

本まで出されたこの著者の熱意を同じBJプレーヤーとして尊敬します。
ご興味のあるかたはアマゾン若しくは、私と同じく永田町まで。

返信コメントを投稿する



この投稿への返信コメント

Re:カジノ放浪記

2013/10/08(Tue) 13:06

投稿者:ぽんとん

サイゴンサイゴン様

サイゴンさんらしい洒落の効いた渡航先に思わずニヤリ。
確かにこの手の本は手に入れ難い。
そうなると国会図書館はドラえもんのポケットの如く活躍してくれる訳ですね。
国会図書館で博打小説読むなんて、洒落てます(笑)

で、今度お会いした際「Mr.Blackjackの必勝法」教えて下さいね。
多分に「運を如何にコントロールするか」の解説ではないかとは思いますが、
やはり知りたい、教えていただきたい(笑)

ぽんとん

返信コメントを投稿する

Re:Re:カジノ放浪記

2013/10/09(Wed) 18:11

投稿者:サイゴンサイゴン

ぽんとんさん

コメントありがとうございます。
本の中にはリゾカジメンバーであれば、分かっちゃいるけど、の金言が随所に出てきます。
必勝法とか本の内容は著作権とかあると思うので、ここでは書きませんけど
“遊びでなく、勝つつもりなら女性同伴でプレーはするな”とか
“酒を飲んでのプレーはするな“、なんて耳の痛い鉄則も書かれてます。
私が感心するのは、著者がこの本を書いたのが、1996年、ネット以前の時代だということ。リゾカジもwizardもまだない時代です。
その環境での、著者のBJに関する情報量と見識の深さには驚くものがあります。
国会図書館、空いてていいですよ。食事施設も充実してるので私のような暇人は半日過ごせます。

返信コメントを投稿する

Re:Re:Re:カジノ放浪記

2023/05/26(Fri) 14:08

投稿者:bmKI

わたくしカジノ放浪記を出しましたデユーク三島と申しますコメントを拝見して大変有り難く感謝を申し上げます。これからもよろしくお願いします。ぽんとんさん

>コメントありがとうございます。
>本の中にはリゾカジメンバーであれば、分かっちゃいるけど、の金言が随所に出てきます。
>必勝法とか本の内容は著作権とかあると思うので、ここでは書きませんけど
>“遊びでなく、勝つつもりなら女性同伴でプレーはするな”とか
>“酒を飲んでのプレーはするな“、なんて耳の痛い鉄則も書かれてます。
>私が感心するのは、著者がこの本を書いたのが、1996年、ネット以前の時代だということ。リゾカジもwizardもまだない時代です。
>その環境での、著者のBJに関する情報量と見識の深さには驚くものがあります。
>国会図書館、空いてていいですよ。食事施設も充実してるので私のような暇人は半日過ごせます。

返信コメントを投稿する