リゾカジ カジノレポート

GC・シドニー・オークランド(NZ)【オークランド編&オフ会追記】

* ニュージーランド 2012/ 12/ 17 Written by しゃんぱん

コメント( 0)

空港で軽く海苔巻きをいただいて、
オークランド行きのジェットスターに乗り込みます。

時差はまたも2時間あります。

日本とゴールドコースとが1時間、
シドニーでまた1時間戻り、
オークランドは合計4時間戻ることになります。

深夜12時近くに到着です。

でも、日本時間でいうとまだ、8時前です。

ニュージランドは
オーストラリアの隣にあるイメージでしたが、
オーストラリア大陸から、
北西に2,000km離れています。
しかし南極大陸までは、あと2,600kmです。

つまり、オーストラリアの隣というより、
南極大陸とと3角形の位置にあり、まったく離れていたのです。

季節はまた秋にもどった感じです。

毎日ピーカン晴れの豪州に比べますと、

年間100日以上雨が降っている、しっとりとした落ち着いた感じです。

とはいえ夏は涼しく、冬の強烈な寒波もなく1年を通して温暖な気候だそうで住みやすい街だそうです。

お出迎えもばっちりでお車で、
ホテルまで約20分ほどで出到着です。

ホストに出迎えていただき、部屋も用意されています。

すぐにお金のホールドをお願いいたします。

こちらではUSのトラベラーズチェックは
問題なくホールドしてくれました。

タワーのあるところがホテルですからわかりやすいです。

お腹が空きましたのでカジノ飯をいただきます。

ウドンがありますと言うのでお願いいたしました。
海鮮ウドンと言うので怖い感じがいたしましたので
押さえに炒飯とトマトとタマゴのスープもお願いいたします。

見た目以上に美味しかったです。
優しい味でした。

でも若布入れすぎです。(笑

軽く絞って睡眠のはずですが・・・。(笑

またもはじめにしくじってしまい。
水面上に戻すまで4時間もかかってしまいました。(笑

VIPメンバーしか入れないホテルのワンフロアーに
VIPルームが広がっています。

プログラムはNZ$50000からです。

ノンネゴか、トレースかを選べます。

トレースはその名の通り
すべての置いたチップを記入されていきます。(笑

バカラのテーブルはミニマム100からです。


朝ごはんはホテルの1階です。

中々おしゃれなお店でした。
朝はすぐに座れましたが、
後は一日中、
入り口に待っている方々がいる人気のお店でした。

朝方、少し絞って、
お昼にシーフードマーケットに出かけました。



お昼に少し過ぎていましたので、
眺めるだけにして街中でお食事することにいたしました。

NZの美味しいコクのあるビール
スティンラガーです。

フィッシュ$チップスは、
中身の白身がソフトでとても美味しかったです。

お昼にまたもVIPルームで頑張ります。

晩御飯は街で見つけた日本食のお店。

お刺身盛り合わせ。

死後硬直して美味しかったです。

さすが、日本人のお店です。

白ワイン、
シャルドネも一本するすると空いてしまいました。

マグロのたたきと縞アジです。

このお店では前菜だけにして〆にもう一軒。

なんといろいろ迷った挙句、
味噌ラーメンです。(笑

美味しかったです。麺もしゃきしゃきしていました。
生麺を茹でているようです。

海老天うどんも間違いないスープの味でした。

お昼の看板はこんな感じです。


午前中はまたもVIPルームです。

バカラはやはりアジア人が多いのですが、
NZの方ばかりではないようです。


同じ中国系でも、お話をしていますと、
上海から来た方やら、
僕たち夫婦はクアラルンプールから来たんだよ。

何度こんな遠いところまでバカラしに来てんだよと思っちゃいます。
しかも寝ないで・・・。(笑

あ、自分もか・・・。(笑
でも、君たちよりは寝ているはず。

L字を作ると、セイムドライバーとみんな乗ってきます。
「あいや~」

とナチュラル9を絞り上げますと、
そういうときに「あいや~」と言うなとマジに怒られます。(笑

日本人は珍しいそうで、人気者になっちゃいました。

大阪に行ったことがあるとか
横浜に親戚がいるんだけど知っているか?
とか、いろいろ言われますが、
東京だけでも、
NZの二倍以上の人口がいると言うことを
わかっていないとおもいます。(笑

お昼ご飯にはまた1階のお店に行きました。


トムヤムクンスープは本格的なレモングラスのハーブが利いています。


ジャパニーズプレートと言う前菜を頼んでみましたが、
前菜でお腹一杯になりそうです。



ピッツアはとても美味しかったです。

街を散歩いたしますと、日本食のお店が目立ちます。

しっかり根付いているのですね。

オークランドの街は中々おしゃれです。

街の路地を歩いていましたら、
「れんこん」と言うお店を見つけました。

看板の写真を見ていましたら、
きれいなお姉さんが
このお店は美味しいわよと勧めてくれましたので
食べてみることにいたしました。

チキンカツ丼と照り焼ウドンです。
ウドンがこの街では日本食のブームみたいです。

ランチでいただくガテン系では美味しくて満足ですね。

街中の裏路地は青山や代官山みたいです。

オークランドの街見学には
このリンクと言うバスが便利です。

赤いリンクはシーフッドマーケットやフェリー乗り場に行くのに便利です。
しかも0.9$と言う安さ。

緑のリンクは
ぐるっと街を一回り1時間ちょっと一回りいたします。1.9$です。


青いリンクは今回乗りませんでしたけど、これもぐるっと外回りを回っています。


TAXIにも乗りましたが、

ホテル以外では中々探すのが大変です。

このバスのリンクを乗り継ぐと短期滞在者にはとても便利でした。

街はすっかりクリスマス模様です。

歩き行かれたら、
やはりマッサージ屋さんを見つけてお昼寝いたします。

VIPの上の階ははカジノご飯の部屋になっていまして
バーで好きなお酒もいただけます。
もちろんメンバーは無料です。


ステンラガーはどうもキリンが買収したらしく
ここでも日本の会社は頑張っていますね。

梨花に似たきれいなお姉さん。
カジノでプロモーションやっていました。

晩御飯に近くのイタリアンに出かけます。

ピッツアをいただきます。

生ハムの前菜も美味ししかったです。

スパゲッテイは茹ですぎでしたが、
懐かしい味がしました。(笑

隣にデニーズもありました。

さて、精算です。

プログラム内容は、
置いたチップの0.6%がコンプになります。


しかもオークランドの優しいところは
もし、二人で行って一人しかプログラムオープンしていなくても
お友達の分まで合算してくれるのです。

たとえば、
私が500$でお友達が200$だとすると
私に700$と言う風に一手一手紙に書いていってくれるのです。

そしてもし、
タイになってもそれも計算してくれます。
ココがノンネゴチップとは違います。

つまり、もし、500$置いてタイだったとしても、
すでに3$のコンプが付いていると言う訳です。

優しいではありませんか。

負けなければ、航空券代ホテル代、食事代、無料になりますね。(笑

さて私の精算です。

1630$のコンプをいただきました。
そしてホテル代食事代の700$ほどは
初めて来られのお客様ですから、コンプにしておくとのことでした。

優しすぎます。

そして、送りの車の時間までどうしますか?
というお話をしていましたら、
タワーの上に行ってみようと思っていると伝えますと、
搭乗料は私がコンプにしておくからね・・・。とのお言葉。


精算の時だけお会いしたおば様でしたが、なんと優しいお言葉でしょうか。
何十ドルかの分を招待してくれました。


そこで登ってみた景色がこれです。

海岸までしっかり見渡せます。

あのビルに張り付いたサンタさんも見えます。

あの横の路地を登って行ったら、「れんこん」のお店があります。

車でオークランド空港まで送っていただきます。

日本人のカジノホストには出会えませんでしたが、
運転手の方は日本人の方です。

もう10年以上もNZにお住まいだそうです。

釣りは大きな鯛が釣れるそうです。

カジノだけをしに来る日本人に会うのは初めてだそうです。
それも3泊も・・・。(笑

オークランド空港で、
またもやウドンをいただきます。

お寿司と一緒に・・・。
まるで日本みたいです。

枝豆だけ食べてるお姉さん。ある意味 健康食なのでしょう。

昨年ラグビーのワールドカップがNZで開かれて、
NZが優勝しました。

面白いお弁当が日本食屋さんで売っていました。

出発がちょっとデレイでお姉さん眺めて待ってます。(笑


豪州のトイレでよく見かけるボックスです。

ジェットスターの機内にもありました。

これは、注射針を捨てるボックスです。

ドラッグはそんなに多いのでしょうか・・・。

無事ゴールドコーストに戻って来ました。

早速VIPルームに行こうとして秘密の部屋に入りますとなんと・・・。
バカラ先輩にお会いいたしました。

まだいらっしゃたのですね。(笑

再開を祝して乾杯です。

イカフライ、スープ、酢豚に、ヒレ肉、そしてこれも美味しかったシーフードの炒め物。
美味しかったです。

払おうといたしますと、
バカラ先輩が使い切れないほどコンプがあまってるので
ご馳走いたしますとのこと
ありがとうございます。
ゴチになりました。

確かに随分貯まっていると思います。(笑


日本人のホストは12時までいらっしゃらなかったので
プログラムがどういうわけかノンネゴになってしまいました。
この日はあまり長時間しませんでしたが、
サクサクッと調子よく、
全然消化しないのに止めることにいたしました。

しかも精算時には
5万$ノンネゴプログラムで
36$のコンプまでいただきました。(笑

先週残しておいた捕虜を助け出して、
余っているNZの$まで両替してくれました。

ジェットスターの映画はほとんど見てしまったな~と思っていましたら、
なんとガイドブックと違うメニューでした。

そうです。本日から12月でした。

寒い4度の日本に到着です。

機内には半そでTシャツの乗客が一杯。

日本は冬ですよ~!



幹事のカジ朗さんお疲れ様です。
そしてありがとうございました。

リゾカジマスター
ありがとうございました。

GCオフ会でご一緒の皆さん
ありがとうございました。

またご一緒いたしましょう!




*このレポートはリゾカジ.SNSの日記を転載したものです。



このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: