リゾカジ カジノレポート

初打ちLas Vegas!

* ラスベガス 2019/ 01/ 06 Written by 龍次

コメント( 0)

<7A>

今回のLos Angeles行きNH006便の席だ。
7 + A = natural 8だ。

ANAの8Aは、選ばない。
何故ならば、通路側だから。
だから、おれっちが、選ぶのは、
窓側の7Aか8Kとなる。

<Massage>
Las Vegasに着いたら、
その日にmassageを受けることを強くお勧めします。
飛行機の中は、既にtensionが上がっているので、
寝れそうで寝れません。
既にギンギラですから。
夕方に着く便なら、ホテルのmassageでオケですが、
深夜に着く便だとホテルのmassageは、受付が終わっています。
マニラのような24Hのoutside massageは、一般的ではありません。

Las Vegasには、ポンコツmassageもいっぱいあります。
おれっちの感覚で言えば、観覧車の近くとリオの近く。
massageなんて、ほんの10分程度。
Happ〇 endin〇までいくとUSD500は、楽に取られます。

他に行ってはいけないのは、ストリップの小部屋。
おれっちの知る限りLas Vegasには、
ボトムレスのストリップ2軒を初めとして何軒かストリップがある。
ボトムレスではないが、一番デカイと言われたストリップに行った事がある。
ちゃんね~の質は、確かに高い。
で、誘われるままに小部屋へ。
値段は、聞いた。
高い。
総額でUSD800。
何が出来るんだろ~~?
濃厚だよね!

何も変わりません!
ただ、小部屋に行って、おっぱ〇を見ただけ。
バ〇野郎!!
ドたまに来たのでおれっちは、

あっ、あ~っ!
事の結末は、Win & los〇
と言うサイトに書いときました。

<ルームキー>
VENETIANのkeyが、改良されています。
感度が良くなった。

カードを直にくっつけなくても反応する(緑色のサインはOK)。
上着のポケットに入れたままで、タッチしてもOKだ。
携帯電話と一緒の鞄に入れていても、磁気が飛ばない。
これば、素晴らしい。
部屋に入ろうとルームキーをタッチしても、反応がない。
ムカついて、ホテルフロントまで引き返す。
皆さんもhotelで、こんな経験はありませんか?
 
<出現1504 からの1702>
今回も、シャ~シャ~と、やってみたブラックライト(2018年)
1月24日水曜日→angle eye number 1504
1月25日木曜日→angle eye number 1504
1月26日金曜日→angle eye number 1504
1月27日土曜日→angle eye number 1702
1504は、初めて見た。
どんな目が出るのか?
でも、ど平日だ。あまり考えずに、ポンポン打つ。
成績
24日→数ハンドでお仕舞い。今日は、Oちゃんとデートだから。
ちょいプラ。
25日→プラス計上。体調が、最悪。リバース&ゲロピー。
26日→プラス計上累計USD11,000に達する。
休憩後、打ち込む。
はずすはずす、ズボズボ。
浮き分を全部熔かす(;´д`)。
27日→少し戻す。
28日→利確!急遽、ゴルフに行く。
番号の感想
1504→取れそうで取れない大阪のUFOキャッチャーみたいなもんやで!
1702→これが、一番、おれっちに合っている。
 
<あれっ!whats Appに着信あり。>
あまり使わないアプリなので、後ろの方に置いてある。
数字の表示が、入った。
Messageか電話だ。
開くと

知らない番号

でも、

顔写真が、

あの

yoland〇だ!

MONACOで、おれっちから、EUR5,000を借りっぱで、
ドロンした御年52歳の元モデルだ。
ず~と音信不通だったのだか、突然、最近、連絡が着いた。
FBだ。
知り合いかもとして、候補に出してきた。
いや、炙り出してきた!
日本にいながら、MONACOのお尋ね者をしょっぴいてくれた。
時代の進化とは、凄まじい。
因みに、名前は、本名で出していたが、年齢は、
今、26歳になっている。

サバ読みすぎだろが!
見ると、今、Las Vegasに着いたとのこと。

マジ!
おれっちは、今日、チェックアウトして、今、Los Angeles帰国の途。
お互いにoh my god !

ここで、劇的に頭が回転する。
来月にLas Vegasで会おう。
実は、おれっちは、来月もLas Vegasを予定していた。
yoland〇 の予定を合わせてくれ!
yoland〇のLas Vegasは、長い。
前回のWynnは、宿泊2ヶ月だ。
しかし、どのホテルもほぼほぼ※86だ。
(※出入り禁止)
誘惑が、多いらしい。
 
<衝撃的な展開>
Yoland〇の来月のscheduleは、合わなかった。
ちょっと心がときめいたのだが。
もう一度、whats Appを開いてみた。
あれっ!
間違えた、電話掛けちゃった。
相手は、

Jose〇!

Ariaで一緒にplayした、ふ~ふ~squeezeのGUES〇のデルモだ。
Who are u ?
直ぐに反応があった。
実は、jose〇から返信があったのは、これが初めてである。

話は、決まる決まる。トントン拍子だ!

Dinner日にち決定。

Restaurant→jose〇のrequestを聞く。
jose〇のrequestは、なんと

和食!
これ行けんじゃないの?!
おれっちは、頑張るぞー。
今回、Las Vegasで、とんでもないリバース&ゲリピー。
原因は、夜のクスリが合わなかったと判明。
やっぱり、V系に戻します。
よ~し、今度は、万全だ。

日にちは、2月22日
さて、restaurantは、どこでしょう?
Come one !
 
<compの呪縛から解放>
今回も収支プラスです。
大きくはありませんが、また、プラスです。
なので、敗けcompは、付きません。
敗けcompとは、一般的には、openになっていませんが、
敗け金額のある%がcompとして戻ってきます。
成績compの更に上乗せです。
(おれっちも最近知りました。)
今回、※RFBにcompで足りない分として、
USD1,000ちょい払いました。
体調が、悪かったこともありますが、
過去最大のような。
(※room food beverage)

勝っているのに、止められない。
RFB をcompで払いたい。タダにしたい。

めでたく、RFB が、compでタダになりました。
気づいたら、本戦は、ズボズボ。
結局、トータル大敗け。

これをcompの呪縛と言います。
実にこれは、人の心理を突いています。
タダに吸い付いていく。
そして、トータルの収支を忘れる。
この呪縛に掛かっていては、casinoでは、
勝てません。




続く



このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: