リゾカジ カジノレポート

今年のBDは、Las Vegas!

* ラスベガス 2019/ 01/ 10 Written by 龍次

コメント( 2)

<イーグル・ジャンプ>

機内映画は、これを観た。
なかなかいい。
ストーリーの展開は、見えてしまうが、
それはそれでオケ。
コーチの存在が、大きいのだ。
この映画は、ふとそんな事を気付かせてくれる。
コーチと言えば、おれっちのbaccaratのコーチは、
H造園のM木Pである。
正しく何もわからない、おれっちに指導してくれた。
まずは、マナーだった。
そして、鉄板目。
chipは、チキンと重ねてbetしないといけない。
そして、ボックスの真ん中に置く。
「どうせ客のカネだから」
とばかりに、chipをぞんざいに重ねるまたは、
重ねることもしないで、バラバラバラと
適当にbetするちゃんね~張りを最もけしからんとしていた。
どうchipを置いても勝負はかわらない。
そうではないのだ。
見た目も大事なのだ。
Baccaratは、one handに掛けている金額が、
デカイのだから。
「チャラけた奴らにcardは来ない。」
これは、M木Pの口癖だった。
実際、チャラい奴らの反目勝負には、
滅法強かった。
この言葉は、今、おれっちの座右の銘となっている。
Bankerは、playerの後に開けろ。
Bankerは、どっしりと構えていろ。
例えば、all bankerで、2枚引いたところで、
P→ピク+ピク= 0
B→5+7= 2
banker先に絞る。
3side → 時間掛けて8でした。
B→5+7+8=0
Pを開ける。

10!
P:ピク+ピク+10=0
Bは、0のtieにみんな喜ぶ。
おれっちに言わせたらムダ。
3枚目をPから開けていれば、
Bは、敗けなしなので、絞らないだろう。
あの3sideの長い絞りの時間がムダである。

<421ハネ>
これが、M木Pイチオシの鉄板目だ。
PPPP(4)
BB(2)
P(1ハネ)

この8目めの☆B が、鉄板めである。
もちろん、baccaratに鉄板は、ないのだが、
ココイチで当たるとbaccaratは、楽しい。
M木P
今は、どうしているのだろうか?
法人名が、T国データバンクでhitしない。
また会って、baccarat談義をしてみたい。

もう一人、コーチと言ったら時の人、
樋口美穂〇さんだろう。
フィギアスケート銀メダリスト宇〇選手のコーチだ。
ヤバい美しすぎる。
宇〇選手へのベタベタ感が、
おじさん達を嫉妬させる。
萌え~??
今回のオリンピックで、国民栄誉賞を
あげるなら、おれっち的には、
ブッチ切りのダントツで、樋口美穂〇コーチだ!
 
<Jは、本当に来るのか?>
Restaurantの指定は、BELLAGIO YELLOWTAIL。
バリバリの日本食だ。
Patio seatの予約が、難しい。
噴水、夜景が、はんぱなくきれいだ。
LVS hostの回答は、約束は出来ない。早いもの勝ち。
Jは、常連みたいなので、restaurantに友達はいない?
と投げ掛けてみる。
念押しで、BELLAGIO hostに連絡。
tipします。Patio seatを押さえてください。
ただ、2月は、寒いですよとの事。

早めに行った。

Patio seatをゲット。

待つこと1時間。

ギブ。寒い!

Jは、来なかった。
チッ!

電灯みたいな物が、ストーブです。
limoで、PALAZZOに戻るとhostが、迎えてくれた。
既にクスリが、ギンギンに効いているので、
目が、充血していて、顔が明らかに火照っている。
「如何でした。お食事は?」
「空振りでした。」
しょぼん。
あとで、Jの正体が、わかりました。
やはり、バリバリのハスラーでした。
お値段もわかりました。 

<やるしかない。Chocolate攻撃!>
だらだら打ちでふと気付いてみたら、USD25,000も熔けていた。
享年は、56歳なのか?!
落ち着こう。
あと4日ある。
チマチマ打ってもしょうがない。
Hand 数は、少なくていい、
ガツンと打つべし。
One hand USD5,000で打つ。
LVSでは、USD5,000 chipは、chocolateと呼ばれている。
Chocolate攻撃開始だ!
帰るまでに、5hand多く勝ってくれ。
さっき、しこたま笑い者にしやがったのは、中番の知らないsupervisorだ。
馴染みのsupervisorの卓で打つべし。
no betを多用する。
じっくり待つ。
Angel eyeの番号を確認する。

1504
今回は、こればかり来る。
おれっちが、好きなのは、1702。
木曜日と金曜日の午前中だけで、USD25,000熔かしてしまった。
木曜日は、平日cardで優しい目で取れるのはないか?
金曜日の夜から週末cardで難しい目が来るのではないか?
1504は、変わらない。
なぜ?
わからない。
仮説の何かが、間違っている。

cardに平日用と週末用の区別は


ない!
Las Vegasのあるcasinoのsupervisorに確認した。
少なくとも、Las Vegasではない。
との仮説で良いのだろう。
一方「俺用のcardが出てくるから。」
と言う現場を見たこともある。
くわばらくわばら。
つまり、週末でも勝つことも出来ると開き直ったのだ。
シンプルに考えたら、1日one hand USD5,000 →勝つ x 4 ≒ USD20,000戻しで今回は、
仕方なし。
と目標を変えた。
1日one handなら勝てそうな気がする。
とにかく我慢だ。

遅番が、出勤してくるまで待つ。
寒くてプールには、行く気がしない。
寝る。
来た来た遅番のsupervisorだ。
仲が良いのは、アメリカ〉フィリピン〉韓国〉中国〉エチオピア++
な~んだ。
アメリカ人は、休みのようだ。
見事なパツキン、昔は、ブイブイ言わせたのよ~。
と顔にハッキリと書いてある。
では、フィリピンが、見ている卓を選ぶ。
他のplayerがいたので、ずーとno betだ。
PB共に前半にツラが一回ずつあった。
所々行こうとするとPBの総和が、同数であった。
総和が同数の次のhandは、打たない。
そう決めているのだ。
理由は、この状態は、不安定だから。
つまり、次のhandを読みにくい。
Bの総和が、Pの総和より5~10個多い時

ガンガンB打ち。15個差までよく行く。
PBが、逆の場合は、あまり好きじゃない。
素直にPは、打ち辛い。
Bの逆襲の方が、多い気がする。
Bは、前半のツラ以降、3目を越えられない。
終盤、Bの4目めが出たら、Bの5目めにUSD5,000をbetする。
そう決め込んだ。
来い!B4目!

キタ━(゚∀゚)━!
B4目が、来ました。
ここは、冷静に。
総和の確認。B=P+3
オケ!第一条件クリア。
プロの意見を聞こう。
Hi supervisor,
Next hand which do u think player or banker ?

暫く罫線やらなんやら見て返ってきた答えは

Banker !

よっしゃー!
Thx
I trust u .
ガツンとBにUSD5,000bet!
突然、Supervisorは、何やらしゃべり始めた。
おれっちのhearing能力は、現地年齢1歳ぐらいだ。
わからん。
No more bet .
もう後戻り出来ない。
Come on !
Bのタマ頭は、おれっち。
Pは、ハウス。
Pを先に開かせる。
P=5+6=1
5と6は、「ゴ〇付きねえちゃん」とおれっちは呼ぶ。
Bの一枚目は、いつものようにパチンと音を立てて開いて投げる。

K
二枚目は、完全縦絞り。
ピクは、やめろ!
脚付け!
因みにK+Kは、株式会社。
J+Kは、女子高生とよく言われる。
おれっちは、Las Vegasでも同じくそう言う。
What’s mean ?
とたまに聞かれるので、つたない解説をする。
LVSは、絞りのスピードに判定がある。
遅いとポイントの係数が悪くなる。
つまり、compが少なくなる。
この手の無駄話は、どうだろうか?
LVSのplay時間は、実play時間。
ざっくり言えば、座ってから、帰るまで。
No betは、play時間にならない。
Confirmすることは、簡単だが、
聞くとcompの呪縛にまた掛かりそうである。
ケチケチgameをするより、楽しくgameをしたいと
おれっちは、思う。

脚あり。
10は、やめろ!→早い中央にマークなし。
繋がれ→9ではない。
中央来い→8,7ではない。
3列来い→なし
真ん中もなし。
脚が付いて、最低の4だった。
弱い。
「モンキー!」
一同大声で呼び込み。
来たcardは、

「J」!!
ナイス!!
僅か4で勝った。
それもUSD5,000だ。
うれぴ~。
Supervisorも喜んでいる。
ありがとう。
One handでやめるハズが、よく見ると、
次は、B6目狙い。
これは、おれっち的に鉄板目である。
行け!
即決してしまった。
ちょっと冷静にcommission downをした。
BにUSD4,700bet。
Pは、ハウス。
P→7+8=5
Bの一枚目は、

「8」
俄然、盛り上がるB side。
Good face like u u u .
一通りの関係者をよいしょする。
ピクチャーを引くときは、
cardを叩く。
卓の線が引いてある所にcardを斜めにして持っていく。
卓の線にピクチャーの額の線が交差するようにcardの隅を絞る。
ピクチャーの額の線が出たら、開いて投げる。
線ではなく、マークなら、4 sideを信じて、斜め上に絞る。

ピクチャーではなかった。
同sideの頭の悪そうな鼻の高い欧米系は、まだ、
モンキー?モンキー?
とか聞いてくる。
おれっちの答えは、

「4 side!」
再び、俄然、盛り上がるB side。
ツラなので、みんなbetが上がっているのだ。
応援にもチカラが入る。
中華系は、ティンガーと言いながら、肘を卓に打ち付ける。
鼻の高い欧米系も見よう見まねで、肘を打ち付ける。
おれっちは、cardを絞り込む。
早くマーク出ろ!
10来い!!


「代用品!!」
おれっちの雄叫びだ。
見事にclubの10が出た。
We say in Japanese ten is 「代用品」.
全員でグーパンチだ。
ナイス!
だいぶ戻した。

<big puss〇>
今回は、アロヨGCとシエナGCでゴルフをした。
アーノルドパーマー設計の姉妹コースだ。
2つ回るとセット料金になりお得だ。
木曜日と土曜日のラウンドで、合計USD174だった。
頭の悪そうなアメリカ人は、二言目には、
Puss〇とかfuc〇と言う。
前回のゴルフで一緒になったアメリカ人は、
パットの時に「big puss〇!」と度々言うのだ。
おれっちは、初めて聞いた。
皆さんは、このスラングをおわかりだろうか?
Googleで検索しても、hitしない。(2018.1)
今回、シエナGCでは、アメリカ在住の日本人の方と回った。
いい感じに打ち解けて来たので、もやもやしていた
Big puss〇の意味を聞いてみた。
意味は

1mぐらいのパットの時に言うのだ。

カップに近いから、カップの穴が大きく見える。

それをpuss〇に例えて、

「デカイpuss◯にぶちこんでやれ!」
と言う意味だそうだ。
お勉強になった。
これから、ガンガン使おう。
因みにこれは、big puss〇ではない。

あなは、確かにデカイ。
何に使うのか?
ジュニア用?
シニア用?
正解は

このシエナGC では

Foot golf用のあなだ。
小ぶりのサッカーボールを入れて遊ぶそうだ。
どいつもこいつも、あなに異物をぶちこみたくて仕方ないのだ!
しかし、初めて来たおれっちとしては、毎ホールごとにあるこのあなと旗は、
遠くから見るとピンフラッグに見えてうっとうしい。
 
<BJ reserve table>
PALAZZOのBJ reserve tableをチラッと覗いてみた。
何やらplayが、止まっている。
Supervisorが、更に上司の指示を電話で伺っている。
Dealerのup cardは、「5」。
タマ頭は、maxのUSD 20,000を2boxで張っている。
他のツレもUSD1,000以上張っていた。
タマ頭は、何故かケツではなく、真ん中に座っていた。
18と19で待っている。
10以下は、一人もいない。
一人めのちゃんね~→ステイ
二人めのちゃんね~→ステイ
タマ頭→ステイ、ステイ
四人めのちゃんね~→なんと1+7からダブルダウン。
来たcardは、

「T」
ちゃんね~は、喜んでいる。
五人めのにいちゃん→13を考えたあげく、ステイ。
Dealer card open

「1」:5+1=16

「9」:5+1+9=15

飛ぶ!

が、

来たのは、

「6」!
5+1+9+6=21
総取りだ。かっぱぎ。
五人めのにいちゃんは、dealerがバストしたものと思い、
拍手をしていた。
コマをdealerに取られて、初めて敗けに気付く。
ハウス強すぎ。
恐ろしや。
 
<一日一善>
これは、一日で打つのは、one hand USD5,000一回のみ。
そして、勝つ!
その事を意味している。
一日目は、うまく行った。
二日目も出来るのか?

軽いビビりがある。
一打目にUSD5,000が、打てなかった。
だらだら打ちになってしまった。
何としても昨日の浮き分は、残したい。
これが、ビビりの原因だ。
どうにか、マイナスUSD10,000まで、戻した。
あと二日。
戻れ!
戻ってくれ!!
 
<SRF注入を知っているか?>
アメリカ人と二人の卓になった。
つまらない罫線だったので、free gameの連続。
ふと話し掛けられた。
「SRF注入を知っているか?」
日本の技術で今、アメリカで流行っているらしい。
難解な英語でさっぱりわからない。
彼女が、これをするかどうか決めかねているらしい。
腹にペンを射すジェスチャーをするので、
脂肪吸引ダイエットかと思ったら、
もっと凄い。
ざっくり言うと、自分の腹から脂肪を抜いて、
顔面に注入することにより、顔のシワが減り、
張りが出て肌がプルンプルンに若返るというものみたいだ。
へえ~。
日本人とわかったら、すぐに聞いてきたので、
海外では、流行っているみたいですね。
聞かれた時用にご参考まで。

<sin city>
VENETIANサンマルコrestaurantで友達が、birthday partyを開いてくれた。

Restaurantからのプレゼントはこれ。
さすが、アメリカ洒落が効いている。
Sin cityとは、Las Vegasの俗称。
「罪作りな街」と言った感じ。
ここで、生き延びるには、
カネとムードンコと強いcardが、必要だ。
来い強いcard!
 
<享年56歳>
ココイチが、決まらない。
おれっちは、Bのタマ頭。
P→6+8=4
B→3+4=7
日本人は、オリンピック開催中は、
7の事を銅メダルなんて言う。
良くやった。みたいな感じ。
ところが、Las Vegas等では、
よくseven never winと言う。
めくりが、多いと言うことだ。
チラッと嫌な予感がする。
Pの3枚目が出た。

同時に

「止めろ!」

開いたcardは、

「4」
バ〇野郎、あれほどやめろと言ったのに!
めくられて、7対8でP win。
7対8は、「菜っ葉」と言う。
7対9は、「泣く」。
どうでも良い話しだ。
Last hand
またもや、Bのタマ頭。
Pは、ハウス。
先に開けさせる。
「small!」

出たcardは、

ピク+9= Natural 9
死亡
死亡時刻は、26日AM3時50分
誕生日の前日だった。
馴染みのsupervisorのシフトが変わるギリギリまで待って
打った勝負に敗けた。

「全部、いかなくて良かったですね。」
Settlementでhostが、慰めてくれた。
「そうかな~。」
Settlementのchipの画像は、良い子の皆さんには、
刺激的過ぎるので、今回は、カットです。
 
<ここで言う?>
「ゴルフバックは?」
マッカラン空港に着いた時にlimoのdriverが言った。

あっ!
やべー、ゴルフバックを積むのを忘れた。
ホテルのベルデスクに置いてきてしまった。
このdriverは、今回の旅行でもゴルフ場までの送迎をしてくれて
ちょっと顔見知りだった。
ホテルから空港まで、わからんなりにもず~と会話をしていた。
ここじゃなく、もっと、先に言ってよ(;´д`)。
戻ってもう一回くるのか?
諦めるか?
出発時間まで、あと丁度、二時間。
まずは、hostに電話。
次にhostとdriverで相談。
ベルデスクからゴルフバックを出すには、半券がいる。

半券は、持っている。

画像を送ってください。
ベルデスクに交渉します。By host

がしかし、おれっちに外でのwi-fiがない。

あたふたしていると

Driverが、私に貸せ。

Driverが、自分のスマホで半券の画像を撮って、
Hostに送ってくれた。
Good job!

これで、ゴルフバックは、取り出せる。
早く届けるには、

もう1台limoを出す!
このlimoを往復させるより早い。
豪華。

やがて、シャンパン色のlimoが、もう1台来た。

偉い!
その limoにhostも乗っていた!!
ゴルフバックをhostが、担いでUNITED check in counterに
走ってくれた。

3分前
搭乗終了時刻3分前にギリ乗れた!
多謝
Hostが、来てくれた事が大きい。
あそこで、ゴルフバックを担いで走ってくれなかったら、
間にあわなかった気がする。
 
<BDは、ずっぽりANA>
27日は、Los Angeles発0時05分発のANAに乗る。
羽田空港に着くと28日AM5時25分だ。
おれっちのBD27日は、ずっぽりANA男だ。

その旨は、担当のCAもよく心得ていた。
BD card、そして、「なんなりと・・・。」

え~っと!
添い寝でしょ。
それから、手前の大きい方のトイレでmile high clu〇に入会++。
といつもなら、答えがちだが、今は、#Me Tooの時代だ。
カジノ王スティーブウィンは、8億円も払っても、更に辞任。
Wynn hotelは、何から何まで造り直さないといけないのではないか。
莫大過ぎる!#Me Too!!


続く・・・たぶん。



このReportへのコメント(全 2件)

2019/01/12(Sat) 16:09

クロアリ

龍次さん
いつもレポートを楽しく読ませて頂いています。
楽しみ方の規模が違っていつも感心しております。笑
負けてしまったのは残念でしたね。セトル写真カットのくだりは失礼ながら面白かったです。
カジノの高いレートで見る人達は、負けても冗談を言ったり、明るくて本当にいい人が多いですね。いつも勝てればいいんですけど、そういう訳にも行きませんからね。

現在シリコンバレーに駐在しており、大きな家電のショーがあった関係で今週初めてLVに行きました。
今回はマンダレイに宿泊したのですが、近いので今後も定期的に行こうと思います。
BJ専門で、平均ベット$300くらいなので、貰えるものもたかが知れているとは思うのですが、、、

レストラン情報等、かなり参考にさせていただいています。
今後もレポートを期待しております!


2019/01/12(Sat) 18:31

龍次

クロアリ様

今晩は


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: