リゾカジ カジノレポート

最期の聖戦?!

* ラスベガス 2019/ 01/ 28 Written by 龍次

コメント( 0)

2月26日享年56歳で、おれっちは、
Baccarat playerとして死亡した。
心臓が止まっている。
息をしていない。

4月18日に蘇生を願い心臓massageと称して、
Las Vegas入り。

撃沈!
だいたい素人が、心臓massageをしては、いけないのだ!
少なくとも、おれっちが、日本赤十字社水上安全法救助員資格を取った
大学生の頃はそうだった。
なぜ素人が、心臓massageをしてはいけないかと言えば、
チカラ任せに押すので

あばら骨を折ってしまうから。
心臓止まっています、更に、
あばら骨折、胸骨++折っちゃいました。
ますます助かりません!
正しくは、いち早く救急を呼ぶこと。

ところが、時代は、変わった。
あちこちにAEDがある。
いち早く蘇生措置をすべし。
AED、心臓massage++。
素人の心臓massageは、危なくないの?

一か八かを推奨?

1+8= natural 9 ?!
5月2日おれっちは、Los Angeles行きの飛行機に乗っていた。
目的地は、

当然

Las Vegasだ。
4月は、蘇生にしくった。
今度こそ、やっつけてやる。
やらいでかっ!

今回のホテルは、もはや定宿VENETIAN。
今回は、最期の聖戦の位置付けだ。
看取ってもらう、見億り人も連れてきた。
雅だ。

出発前日、自宅の自分の部屋もよく掃除した。
なぜ、年末に大掃除をするのか?
ちゃんと訳がある。

貧乏神は、汚れた所が好きだと信じられているから。
だから、貧乏神が、来ないように大掃除をするのである。
きれいにしておけば貧乏神が来ない。
Baccaratで言えば、8対9、6対7、1対0みたいな
焼ける敗けcardは、来ないでくれ。
そんな気持ちだ。

本当にこれが最期かもしれない。
思い出深いお世話になった歴々のhostの人に出来る限り会おう。
Las Vegasの夜景を忘れないようにもう一度restaurant RIVIAのpatio seatにも行こう。
オーshowも観よう。
グランドキャニオンも行こうかな。


そんなことは、するわけがない!
ちっとも最期にするつもりはないのだ!!
ただ、行きたいだけだ。
会ったのは、担当host以外ひとりだけだ。
最終日の朝食を約束した。
保険を掛けた。

彼は、supervisorだ。
それまでに蘇生していれば、ただの雑談。
もし、バンザイ攻撃を仕掛けるなら彼の意見を聞きたいのだ。
もしもの場合は、挨拶をしておきたい。
Las Vegasでpersonal limitを持てるのは、deposit USD300,000以上。
おれっちには、ご縁のない世界だ。
しかも、最初のdepositでUSD300,000以上入れないとでない。
つまり、初めは、deposit USD200,000入れました
→おかわりでUSD 100,000入れました。
合計でUSD 300,000入れました。
デカく張って戻したいからpersonal limitください。

これは、出来ない。と言うことである。


<Voodoo Zip Line>
これまた、バカすぎる。
リオホテルの新館と本館の屋上をZIPで移動するアトラクション。
新館は、地上53階、本館は、地上20階、しかも、時速は、53kmである。
ダウンタウンの電飾アーケードのZIPの地上35mでも充分高いと思うが、
ここまで行くとさすがLas Vegas。
バカである。
雅は、高さに強い。
Australia gold coastでAustraliaで一番高い建築物Q1を命綱を着けて
外側を登るアトラクションに以前行った。
雅は、見事に両手を離して、命綱一本で、小さな足場の縁に立ち、
インストラクターと同じくイナバウワーのようなのけぞりを決めた。
おれっちを含めて、同行者は、他にひとりも出来なかった。
クルマが米粒ぐらいだ。あまりの高さに足がすくむのだ!マジ)
今回のVoodoo Zip Lineは、雅が見つけてきた。
「楽しそう。行こうよ~!」
「へへへ、いいね。」汗)
Las Vegasは、アメリカだ。
万が一の事故の時でも私は、請求しません。
みたいな同意書にサインさせられるのであろう。
遺言書を自分の部屋のPCに挟んできた。
自筆証書遺言ではあるが、弁護士に内容・書式はアドバイスを受けている。
そこに雅が登場する。
法定相続人ではない。
どうやって?
遺贈だ。
もめるかも。
だから、その弁護士に遺言執行人を受けてもらっている。
保険会社にもconfirm。
生命保険→オケ。
海外旅行傷害保険→オケ。
共にこのZIPで帰らぬ人となっても、保険金支払いの対象であった。

Zip乗場は、屋上のnight clubの奥にあった。
ステージの上で踊るちゃんね~のdanceのレベルは高い。
昔の戦友じゅんちゃんを思い出す。
お見送りか?

<出た1702番!>
久々にangel card 1702番が出た。
5月2日水曜日だ。
放出・平日cardと信じている。
と思った矢先、あーだら、こーだら、dealerが、言い出した。
Supervisorを呼ぶ。更になんちゃらおばさんも出てきた。
このおばさんも最低。
上が、言っているので、出来ません。
何故だ?理由を説明してくれ。
上司が、ダメと言うので、ダメです。

お客様第一主義ゼロ!
今の時代、客が納得出来ない事を丁寧に説明して、
納得させるのが、管理監督者の当然の責務である。
だから高い給料を貰っているのだ。
ダメなものは、ダメだ。
これでは、猿の惑星ジーラ以下である。


<日系に売られた!>
たまたま、同じ卓に日本人playerがいた。
何故、new dealer tieと言うか知っていますか?
知りません。
それは、アドバイスをしているわけでも何でもないんです。
何の根拠もありません。
ただ単に、dealerは、tipが欲しいだけなんです。
何回もnew dealer tieとか、new customer tieと言っていれば、
その内にtieは、出る。
tieは、タネ込み9倍だから、客は、すごく増えた錯覚に陥り、
tipを投げやすいんですよ。
そうですよね。kさん!
そのdealerは、日系である。
あまりにも的を得た説明が、気にくわなかったようだ。
そして、最大限の仕返しがこれである。
何回も書くが、ここVENETIANでは、ブラックライト遊びは、
オケであった。(2017.5)
そう、これは、東大法学部卒財務省なんちゃら事務次官風に言えば、
ブラックライトによる「ひかり遊び」である。
親しいsupervisorが、黙認していた。
なのにこの日系おばばdealerは、腹いせにおれっちを売ったのだ。
「日本生まれ、日本育ちですよ、あの発音は。
だから、僕たちの言っていることは、100%わかっていると思いますよ。」
同じ卓の日本人playerは、冷静に分析した。

shoeの終盤。
all B。
タマ頭は、おれっち。
Pを開けさせる。

2+6= natural 8
一同しょげる。
一枚目をパチンと音を立てて開いて投げる。

「K」
二枚目は、まったりいく。

脚あり。
欲しいのは、9。
今日も完全縦絞り。

「10ではない。」
敢えて、日本語解説付き。


バチンッ!


「9」を卓に叩きつけた。

「どんなもんじゃい!」

訣別の雄叫びだ。
配当が、終わって、
おれっちは、席をたった。
この卓に二度と座る事はない。


<親指を入れないでくれ>
仲のいいsupervisorの卓だった。
7番boxは、雅。6番は、おれっち。
7番は、shoeから、一番遠く、モニターに一番近い。
Dealerとしては、一番遠くまでcardをdealしなければならない。

横着なdealerは、そのためにcardを持つ。
本来これは、ghettoである。
基本は、Las Vegasでは、slideだ。
持つために、このdealerは、cardと卓の間に親指を入れるのである。
当然、親指を入れるとcardが浮く。
つまり、cardの数字面が見えてしまう。
特にpictureとno sideは、直ぐにわかる。

これも、「指入れ禁止」だ。
Supervisorにそのdealerを絞めるようにrequestしてきた。

 
<死亡遊戯>
帰りのNH105便が機体故障。
「ただ今、ボーイング社に問い合わせています。」
Los Angelesから羽田空港行きのNH105便が、
なかなか出発しない。
突然、ペットボトルの水と袋菓子が、配られた。
これは、重いと直ぐにわかった。
Los Angelesのホテルは、満室との情報が、
アナウンスされた。
プチパニックだ。
振替輸送の手続きが始まった。
1.予定日に帰国して、国内で乗継のある人
2.ANAで何がなんでも、予定日に帰国したい人
3.どこのairでもいいので、何がなんでも、
予定日に帰国したい人。
「ねぇ、どうすんの?」雅
即決した。

「Las Vegasに帰る!」
迷いはなかった。
これしかない。
雅にそう言った瞬間におれっちは、思わず涙ぐんだ。
まず、翌日のNH105便で席の確保。
Los Angeles⇔Las Vegasのair購入。
当日なので、バカ高い!
現地に居られるのは、僅か4時間30分。
それでも購入を即決。
hostに連絡。
AM4時過ぎぐらいだったが、電話に出てくれた。
部屋の確保だ。
limoの送迎も付ける。
ホテルは、ほぼほぼ満室であった。
ラッキーな事にひとつだけrequestに合う部屋がひとつだけあった。

丁半揃いました。
よござんすか。
入ります!
やらいでかっ!
 
<18番>
バゲージクレームも出戻りを歓迎しているようだ。
1+8= natural 9

 
<54セント>
マッカラン空港で何気に鞄を置いたtableに
コインが、捨ててあった。
数えると54セントだ。
5+4= natural 9
当然、頂いていく。
お守りだ。

PALAZZOに着いた。
時間はない。
雅には、とにかくベッドで寝てもらった。
搭乗口の椅子に長いこといたので、グロッキーだった。
おれっちは、闘いに行く。
シナリオは、USD10,000→USD20,000→USD20,000。
打つのは、3 handだけ。
もちろん全部勝ち。
One hand目は、勝った。

次のUSD20,000が打てない。
2発目は、敗けている。
シナリオは崩れる。
乱れ打ち。

次の目は、全部、鉄板bankerに見える。
USD5,000~USD15,000あたりで打っている。
一回だけこれで勝てば、このtripで通算プラスの場面があった。
USD8,000 bet

ハズレ
手ゴマUSD70,000

ずるずる。

熔ける

傷口を広げる

「やめっ!」
JKFなのか突然、審判の声が聞こえた気がした。
Chocolate 残り6枚で急に理性が甦った。
ジョンパトリックは、言う。
つまりパンクしたら、次は、辛い。
彼の言う敗けの下限は、すでに一線を越えているが、
パンクよりは、いい。
Singapore MBSでSGD40,000が、打てたのに
今、USD20,000が打てない。
松井政就氏が、書いている通りだと思う。
何回も勝とうとするのではなく、一回勝てば勝利と言う張り方をすべし。
Max betが張れないのならやめた方がいい。
トレーニング不足だ。
今回も敗けだ。
やむ無し。
暫く、充電。
再起を誓いたい。
 


<3流映画・ドラマのような>
あまりにもバカ過ぎて、前回、雅に言えなかった事がある。
それは、Los Angelesのスターアライアンスのラウンジである。
使えるのは、F、C、goldだ。
Fは、別リビングとなるが、シャワーは、共用である。
問題は、そのシャワーだ。
国内のラウンジでシャワーを使う時は、搭乗券を預ける。
つまり、誰だかわかる。
がしかし、ここは、搭乗券を預けない。
誰だかわからない。
そこそこ広い。
鍵掛かります。
カップルで来ました。
何をしたいですか?

Efficient
順番待ち解消を申し出。あっさり通りました。


続く・・・たぶん



このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: