リゾカジ カジノレポート

初ケアンズ①

* オーストラリア 2019/ 03/ 09 Written by stash

コメント( 1)

初めて投稿します。普段はソウルのセブンラックでプレイすることが多いのですが初めてケアンズのプルマンリーフのプログラムに参加しましたのでレポートすることにしました。
ちなみに私は基本的にブラックジャックしかプレイしません。ベーシックストラテジー通り、ベッティングシステムは1-3-2-4です。(ソウルに限って言えば通算で若干プラスの成績だと思います。)

ジェットスター航空で20:10成田発、4:40ケアンズ着の便だったのですが、まさかの13時間ディレイ。。。成田で1泊することになりました。(成田での宿泊費は1万円までジェットスターがもってくれるとのことです。)

1日目 
18:30すぎにケアンズ空港に到着すると、私の名前が書かれたボードを持っていたお姉さんを発見、ホテルまで車で10分ほどで到着しました。到着するとカジノVIPの日本人の方がいらっしゃって、一通り説明を受けます。
まずは部屋にチェックインしてから近所のレストランにシーフードを食べに出かけました。オーストラリアは物価が高いという印象でしたが、値段も味も東京とさほど変わらないかなという感じです。

食事から戻ったら早速カジノに向かいます。AUD5,000のバイインが条件ですので、とりあえず同額を両替します。同日のTTMレートがAUD/JPY=79ぐらいでしたがカジノの両替レートはAUD/JPY=84.8でした。
決していいレートとは言えませんが日本円をホールドできるので勝ってしまえば関係ないと自分に言い聞かせます。(頻繁に通われる方は両替の方法を考えたほうがいいかもしれません。)

こじんまりとしたVIPエリアでプレイ開始です。VIPのBJはミニマムベットがAUD50ですのでAUD50を1ユニットとして普段通り1-3-2-4のベッティングシステムでプレイします。すると座っていきなり4連勝!10ユニット分AUD500を3分で稼ぎました。その後もまあまあな感じで少しずつチップを増やしていったのですが、ディーラーがチェンジしてから流れがガラっと変わり、ずるずるとチップを減らしていきます。

ルールについてですが、ホールカードなし、サレンダー不可、スプリットはどの数字でも1回まで、ソフトハンドのダブルダウン不可です。やはりソウルのブラックジャックは恵まれていますね。
ただコンプとしてベット額の0.4%がバックされるので、本気で勝ちに行くというよりは収支トントンを目標としてコンプでホテル代を安くして観光をメインにするのがいいのかもしれません。
ホテルの宿泊料金がカジノレートになるのが「トータルAUD30,000のベットを達成した日から」という条件だったので長時間打ち続けてしまい、結局その日はAUD3,000のマイナスで終了。。。

長くなりましたので2日目以降はまた投稿します。

>>>リーフカジノの情報はこちら
https://www.resocasi.com/prdetail?id=46



このReportへのコメント(全 1件)

2019/03/11(Mon) 21:25

オレンプ

こんばんは。
森巣先生の影響もあり、オーストラリアのカジノに一度は行ってみたいですね。
続きを楽しみにしております!


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: