リゾカジ カジノレポート

GW 仁川・ニース・モナコ・ベネチア・アヌシー・ソウル(2)

* ヨーロッパ 2019/ 05/ 22 Written by YOU(♂)

コメント( 0)

【ニース・モナコ・ベネチア・アヌシー編】

ソウル経由でニース入り。

投宿先のLe Negrescoから歩いて5分くらいのところに「CASINO」のサインが。
入ってみるもマシンゲームのみ。近所のパチンコ屋みたい。ちょっとだけスロットやって終わり。



Monacoへ移動。
MonacoではHotel Hermitageに宿泊。
ホテルから一番近いのはCasino de Monte-Carlo。
いわゆるGrand Casino。
一般客は入場料を取られるようだが、SBM系列に宿泊していれば無料。
昼間に行ったときには空いていたが、夜はまあまあの入り。
バカラテーブルは一つ。
min €20だった。
pairは何故かBanker, Playerともに€10しかbetできないという不思議なルール?
初日はバカラはクローズで、開けてくれと言ったら€1000min.と言われやめたが、2日目(メーデーの前日)は開いていて、何故かテーブルの半分が韓国人だった。
絞りはなしのヨーロピアンスタイル。

Casino以外のことは→ https://4travel.jp/travelogue/11489545

ベネチアのカジノは「Casino di Venezia」。
空港の近くにもあるらしいが、これはベネチア本島の方。
歴史的な建物らしく、Wagnerのmuseumが併設されているらしい(見ていないからよくわからない)。
テーブルは15時からで、15時にに行ったらバカラテーブルを開けてくれた。
min. €20だったかな。
pairをbetするところがないから聞いてみると「うちはヨーロッパの伝統的なカジノだ。そんなもんない」とアジア人蔑視と言ったら言い過ぎかわからないが、イラっとする回答。
気分悪いと負けますね。

最後にフランスのアヌシーのカジノ。
投宿先のImperial Palaceの中にあった。
金曜日で地元っぽい人たちでいっぱい。バカラは開いておらず、ブラックジャックを。
min. €5。
みんな€5か€10で、ディーラーも含めお喋りしながら和気藹々とやってる。
雰囲気はいいが、地元の若者はBS無視、滅茶苦茶なことやる。私がspritすると「何それ?」とか聞いてきたり、まあ私も国際交流できて楽しかった。
意外と勝てて満足。

https://4travel.jp/travelogue/11490229



このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: