リゾカジ カジノレポート

3度目の公式オフ会、4度目のバカラ、7月のマカオ(後編)

* マカオ 2019/ 07/ 22 Written by マリタイム

コメント( 2)

内港エリアの探検を終え、路線バスで外港エリアへ戻り回力娯楽場のミニマム200香港ドルのテーブルでバカラ再開です。
財布から1000香港ドル札4枚を取り出し、チップをバイインしました。

     掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第1回  200      4    3     ×
第2回  200  ×   4    9     ア ← アベックが賭けた側を示す
第3回  200  ア   9    4     ×
第4回   見       4    9     ア

スタートからいいところなく3連敗しました。しかし、この時あることに気づきました。それは、テーブルの端に座っているアベックで、男がチップを賭け、女がカードを絞るのですが、連続してナチュラルで勝利していました。そこで、次(第4回)は賭けずに見。女が絞った結果は、またナチュラルでした。夕食会の前の水晶宮で連勝していた黄色のTシャツのおばちゃんのことも思い出し、ここは他人のツキに乗ろうと考え、第5回は男がプレイヤーサイドにチップを置くのを確認してから、自分もプレイヤーに賭け、勝利。第6回も同様に400を賭けて連勝しました。\(^O^)/

     掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第5回  200      7    8  ア  〇
第6回  400      0    9  ア  〇

第7回は、アベックはバンカーにベット。しかし、自分は異なる選択をしました。ツラを追うことを優先して掛け金800をプレイヤーサイドに。結果、バンカー5、プレイヤー9となり3連勝となりました。\(^O^)/ 

     掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第7回  800   ア   5     9   〇

「アベックの神通力もそろそろ切れてきたようだな。」彼らを撃破しての勝利に、してやったりのマリタイムです。そして、次は4連勝目指して、計画どおり、プレイヤーに1600を賭けました。アベックは再びバンカーにベットします。配られた2枚のカードの和は、バンカーは1、プレイヤーは4。そして、3枚目のカードが配られました。バンカーは6が出て1 + 6=7になり、プレイヤーには0が出て4 + 0=4。が~ん、逆転負けです。

     掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第8回 1600   ア   7    4   ×

後の勝負は以下のとおりです。

     掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第9回   見        9    1    ア
第10回  200 〇    8    1
第11回  400 ×    3    9

1,010香港ドルのマイナスとなり、賭けを終了。水晶宮での勝負と合わせて2,010香港ドルのマイナスとなり、バンクロールの2割を失ったので、今回の旅での賭けは完了としました。負けましたが、最後に見せ場が来て良かったです。
後から気づきましたが、回力での第7回の終了時点では、800香港ドルほど勝っていました。そこで次の賭金を1600ではなく800に抑えていれば、負けてもトントンで、勝てば800が加算され1600の浮き。そして、改めて次に1600を賭けるという方法もありました。今後同じ状況が発生した時は、選択肢として考慮したいと思います。
まあ、今回はチャンスに計画どおり1600を賭けることを実行できたので、よしとします。

回力娯楽場と海立方娯楽場のバカラテーブルは、出目の表示モニターの上に、白抜きの数字で「最低投注 200」という具合に記載したカラーボードを掲げていて、一目で各テーブルのミニマムベットが分かるようになっています。200のテーブルは緑、300は赤紫、500が青、800がピンク、1000が柿色です。なお、ミニマム100のテーブルは見かけませんでした。

14日(日)。朝食のためトレジャリー・レストランに行きました。
ブュッフェ形式ではなく、チャイニーズ・ブレックファスト98パタカ、アメリカン・ブレックファスト98パタカ、その下にドリンク20数パタカ(だったと思う)と書かれたメニューを女性店員が持ってきました。
ルームキーはテーブルの上に置いていましたが、アメリカン・ブレックファストを注文したら、98パタカの請求書を持ってきました。そこで請求書と女性店員を連れてホテルのフロントへ。「チェックイン時に朝食代は支払い済」と伝えると、フロントの男性が女性店員に説明。女性店員が宿泊客への対応を理解していなかったみたいでした。
食事がテーブルに運ばれてきましたが、パンは無く、飲み物はミルクでした。やっぱり朝食は、パンにコーヒーか紅茶じゃないと・・・。メニューには料理の内容も書かれてあったと思いますが、ちゃんと見ておらず、現物を見てがっかり。飲み物の選択とかって、できなかったのかな~(こういう時に限って写真を撮っていない・・・)。
ベーコンやソーセージを食べて、しばらくするとまた女性店員がやってきて、(アメリカン・ブレックファストを)もう1セット注文できるがどうしますかと尋ねるので、「なぜ?」と思いました。会員価格でリスボアの部屋を予約した際、1人で宿泊する場合でもチェックイン時に不夜天の食事券を2枚くれます。午後にオフ会参加者の方にも伺いましたが、客が1人で泊まろうが2人で泊まろうが、1部屋に対しては朝食を2つ用意するということらしいです。
ですが、請求書の件があったので、また女性がおかしなことを言っているのではと身構えてしまいました。結局、もう1セットは不要と答えましたが、食事の後、端末からプリントアウトした紙に部屋番号とサインを求められました。確かに朝食を食べましたという確認書類(あるいは1セット放棄するという書類?)のように思えましたが、金額欄には46パタカ(あるいは48パタカ)と印字されていて、謎でした。
多分、サインした書類をもとに、レストラン側とホテル側でお金のやりとりをするのでしょう。でも、食事をした人物の特定まで必要なのでしょうか。チェックイン時に客に食券を渡し、客は食事の際に必要な枚数をレストランに渡し、レストランは受け取った枚数分の食事を出す。それが、シンプルで分かりやすいと思いますが。
最初に手違いがあり、食事の内容も好みと違ったので、どうしてもネガティブに考えてしまいます。回力で朝食を食べた経験のある方、コメントいただけると幸いです。

11時を過ぎたのでチェックアウト。
デポジットの1000パタカのカード決済のサイン済み短冊が返却されます。帰国後に気づきましたが、宿泊と食事代のカード決済のお客様控えと領収書はくれませんでした。リスボアは封筒に入れて渡してくれますよね。
そのリスボアへ移動。クロークで「この紋所が目に入らぬか」と会員証を見せ、荷物を差し出すと、若い係員に「ルームナンバー?」と聞かれたので「ノールームナンバー」と答えました。すると彼は隣の先輩係員に確認します。先輩が「いいから預かれ」と回答して「これにて一件落着!」(←いつの間にか、水戸黄門が遠山の金さんに・・・)となりました。

グランドリスボア内のイタリアンレストランのドン・アルフォンソにてオフ会の開始です。

参加者は4-6人に分かれて各テーブルに。まずは、幹事のマークさんがご挨拶。そして、SJMからレックスさん、ジェニーさん、エレンさんの順にご挨拶。ジェニーさんは、昨年12月から日本チームで働き始めたそうです。

そのあとは食事の時間です。
まずは前菜、メインはパスタ、魚、チキンから一品を選択。最後にパイとコーヒーです。
途中、ちゃありぃさんのお誕生日を大きなケーキでお祝いしました。ちゃありぃさん、おめでとうございます。

そして、抽選会。
まずはくじ引きでSJM特製のガチャを回す順番を決めます。私は12番目(くらいだったと思う)で、五等の100パタカのミールクーポンを獲得しました。
最後に集合写真を撮って解散となりました。マークさん、レックスさん、ジェニーさん、エレンさん、お世話になりました。

オフ会終了後は、MGMマカオのグランドプラカ広場へ。
テントショップでカップ入りのカットフルーツを買ってベンチに座って食べるつもりでしたが、MGMパストリーバーの瓶入りキャンディー売り場に変わっていました。残念!

そして、無料バスでMGMコタイを初訪問。
M-LIFEのカードを作り、FUERZA BRUTA WAYRAの20時からの公演のチケットを25%割引で購入し、鑑賞する計画でしたが、ショーの性質上、立ち見なので、暑さと連日の歩きで疲れている自分にはしんどいと感じて、施設内を一通り見て回ったら帰ることにしました。
以前、グランドプラカ広場に置いてあったキリンの親子がこちらに移動していました。実は、このことは日本を出発前にtakanさんのブログを読んで知っていましたが。バンクロールの2割を失っているので、もう博打はしません。(`・ω・´)キリッ

半島側に返ってきて、永勝美食付近で薬局5軒を回って、抗生物質のクラリスを売っていないか尋ねました。
災害備蓄用ですが、日本では医師の処方箋がないと買えません。くるくるさんは、今年1月の滞在中これを飲んで風邪を治したとか。3軒目で売っていましたが、くるくるさんが購入したものと違うので、今回は購入を見送りました。値段は240パタカでした。くるくるさん、レポートありがとうございました。(^O^)

https://www.resocasi.com/res/report/detail?id=1772

そして、リスボアのクロークで荷物を受け取り、ボスサウナに入店。今晩は、ここに泊まります。サウナで泊まるのは初めてです。12-13人が寝ている睡眠区で就寝。いびきと寝言には我慢が必要です。ほかに10人くらいが、リラックスチェアで朝を迎えていました。

15日(月)。5時に起床して、免費の朝食をいただきます。会計を済ませ、新馬路から101Xのバスで澳門口岸へ向かいました。
口岸で香港ドルでバスチケットを買おうとしたら、パタカじゃないと駄目で現金がなかったのでカードで払いました。
出境し、香港へ。空港からエアポートエキスプレスに乗ります。即日来回票という、片道料金で往復乗れる日帰り切符(115香港ドル)を利用しました。
香港駅で下車し、地下鉄で太古駅へ。地上に出て、持参した地図に従って進むと目的地に到着。ここが、満島ひかりが出演したMONDO GROSSOの「ラビリンス」のプロモーションビデオの撮影現場でした。

http://www.omamemo.com/2018/09/16/mondo-grosso/

という訳で、建物の写真を撮ります。(^O^)/


なお、MONDO GROSSOには齋藤飛鳥を起用した「惑星タントラ」もあります。カジノとは何の関係もありませんが・・・(笑)。
https://www.youtube.com/watch?v=PbcGp7SIpKA

目的を果たした後は、地下鉄で上環駅へ移動し、出口Bから外に出て、一つ西の通りへ。牛記両替の場所とレートを確認しました。
http://www.nkcl.com.hk/contact-ch.php


続いて、急庇利街を山の方へ歩き、石段を上がったところにある権記雲吞麺で昼食を取ります。蝦がぶりぶりのワンタンメンと油菜を食べて30香港ドル支払い。安い~(^O^)

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294217-d7592585-Reviews-Kuen_Kee_Won_Ton_Noodle_Sheung_Wan-Hong_Kong.htm


そして、文威東街の安利製麺廠でお土産にスープ付きの鮑麺を買って帰りました。10袋入りパックは68香港ドルでした。)^o^(

https://www.tour.ne.jp/w_review/HKG/shopping/spot/1322707/

最後に、今回のオフ会はプログラム参加者を優先するということで、回力宿泊で申し込みの自分は席が得られない可能性がありましたが、参加できて良かったです。皆さん、またマカオで会いましょう。\(^O^)/



このReportへのコメント(全 2件)

2019/07/25(Thu) 02:38

くるくる

マリタイムさん、

こんばんは〜、くるくるです!(^O^)/

いつもながらの大作ですね!
そしていつもながらの超多忙!(笑)

抗生物質情報については失礼しました。珠海で買ったので、前回レポートで「マカオで買えます」と書きましたが、実はマカオでは未確認でした。

クラリスロマイシンは有名な薬なので複数の製薬会社が作っています。前回レポートで写真をのっけたパッケージは中国(四川省旺林堂)のものです。6錠25元(約400円)。

また、遊びましょう(^O^)/


2019/07/25(Thu) 09:44

マリタイム

くるくるさん、こんにちは。

今回、薬局めぐりをして改めて気づいたのは、薬局の数が多いこと。
みんなカジノで負けて体調崩すのでしょうか。(~_~;)

6錠25元(約400円)は安いですね。人民向け小分け価格ですね。
なお、香港空港のワトソンズにも置いていません。
①益健のあわび、②マッサージ、③クラリスロマイシン、と
やることも貯まってきましたので、また時間ができたら珠海も訪れたいと思います。

また、マカオで会いましょう。\(^O^)/


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: