リゾカジ カジノレポート

DANSAVANH NAM NGUM RESORT ローリングプログラム参加

* アジア 2019/ 11/ 28 Written by 駒形新伍

コメント( 6)

ダンサバンリゾート ビエンチャン ラオスのローリングプログラムに参加しました

初回100,000B(日本円約36万円)買い付けでローリングチップ+1000Bx5枚のベットチケット+リワードVIPカードを受け取る
ベットチケットは2000B以上のチップと一緒にベット可能
(チケット単体でのベット不可)
以後100,000Bローリング毎にホテル一泊サービス+1.4%のコミッション+0.1%コンプ付与
日に100,000Bのローリングで永久宿泊可能
ホストの話では現在四か月延泊中のタイ人がいるとの事
600,000Bのローリングで航空券代5,000B補助(国際線使用時)
国内線使用時は3,000B補助

アクセス
バンコクドンムアン空港からビエンチャンワッタイ国際空港へ 
所要一時間(片道7000円ほど)
空港ロビーにてカジノホストの出迎え
専用車に乗り90分でダンサバンリゾートへ到着
※他にスワナプーム空港からワッタイ国際空港へ直行便もあり
国内線ウドンタニ空港から送迎もあり ドライバーが入出国をサポートしてくれます
片言の英語でも可

ホテル
山奥にあるカジノビレッジ 周りに何もない独立した空間
映画 シャイニングのような世界
大きな湖があり様々なウオータースポーツが楽しめます
中国人客が8割を占めている感じ
部屋は可もなく不可もなく普通
バスタブ無しの部屋に宿泊 温水が出ます 喫煙可
ロビーのコーヒーショップではラオスコーヒーが楽しめます
転作系コーヒーなので波動の良い土地で育ったコーヒーは絶品
マッサージ サウナあり
普通のマッサージ 300B~ 特別なマッサージ(3000B~5000B)
KTVもあり(3000B~5000B 特別マッサージとほぼ同じ内容と聞きました)
中国 ベトナム ラオスのマッサージ嬢がいるそうです
昼にオープンテラスでビアラオを飲んでいると中華のあんちゃんがエスコートガールと手をつないでマッサージルームへしけこむ姿を確認

食事
中華レストラン・西洋料理・タイ料理・ラオス料理・ビュッフェなどあり
※ビュッフェはお勧めできません
ラオスはやっぱりビアラオ!
フランス式醸造できめ細かな泡 
上品で濃厚なビール 日本の恵比寿ビールの感じ
フレンチフライ、ピザ、ビアラオの組み合わせが最強と思う
オープテラスにはバーベキューコーナーもあり夜は串焼きBBQとビアラオ
酒を飲んで踊りまくっている団体客も多くいます ラオミュージック??
締めにワンタンメン お寿司盛り合わせもあります(基本海苔巻き)
湖畔に面した中華レストランでは本格的な中華が堪能できます(中国人客多し)
マーボ豆腐、水餃子がおすすめ ここでももちろんビアラオ

カジノ
ローリングプログラムでは平場プレイ不可
VIPルーム3部屋のみプレイ可
中二階VIP3(エンジェルアイ 目隠しあり)
半地下VIP2(アクリル半透明のシュー 目隠し無し)
二階VIP1(未確認)
テーブル
各部屋に6テーブル
ミニマム
2000B 5000B 8000Bのテーブルが各部屋に二台ずつあり
どの部屋でもシャッフル済のカードを使用しますが目の前で手シャッフルも可能
流れの悪いときはフリーゲーム可(何度でも可)
サイドベット 100B~(タイ ペアベット 保険など)
喫煙可能なのでスモーカーにはありがたい
ロビーのコーヒーショップのコーヒーもオーダー可
時間になると女の子がメニューを持って食事のオーダーに来ます
冷ナプ 熱ナプあり
VIP2,3 を往復してプレイしましたがお勧めは半地下VIP2
目の前でしっかりと手シャッフル+目隠し無しのアクリルシューが良いかなと

戦績
700,000B回転で9800Bのコミッション+航空券代5000B=14800B
プレイ戦利金+56,000B
合計70,800B+初回購入100,000Bのお持ち帰り
プログラム途中の換金、単独でのキャッシャー換金はお勧めしません
換金、プログラム終了は専属ホストまたはフロアホストに依頼するのが得策です

帰国
専用車でウドンタニ空港へ
所要約3時間
ラオス国境、タイ国境にてドライバーの入出国サポートあり
免税店でタバコも買えます ワンカートン180B(650円ぐらい)のTEXAS5を購入
ウドンタニ空港からドンムアンンへ空港へ(所要約一時間)
空港からタクシーでコンドミニアムへ帰宅
三泊四日の旅打ちも無事終了^^

まとめ
山奥の経済特区にあるリゾートカジノ
大きな湖がありウオータースポーツも盛り沢山
中国人客が多い
静かで空気がよく涼しい気候
周囲には何もなく徒歩でどこにも行けない
ホテルの専用車が無いとどこにも行けない
まさにシャイニングの世界
解放感と閉塞感を味わえる不思議な空間
都会のカジノ飽きたら足を運んでみるのもありかなと
また行きたいと思うカジノでした







このReportへのコメント(全 6件)

2019/11/30(Sat) 13:48

りょうくん

駒形さん

情報提供ありがとうございます。
タイいるとポイペトメインになりそうですが、空路活用し行けばあまり苦にならなそうな感じですね。
低いバイインで高CBは魅力的ですね。
ちなみに、BJは選択不可というよりそもそも無い感じですかね?


2019/11/30(Sat) 15:29

駒形新伍

りょうくんさん

BJはローリングプログラムに無いようです。
バカラとルーレットになるようです。
プログラム途中で単身キャッシャーにて少々両替をしたのですが、プログラム終了時の換金の際”BJをしましたか?”と聞かれ、換金まで二時間半VTRチェックされました。
BJはあるにはあるようです。(どこにあるかは未確認です)

ポイペトはボーダーの混雑と暑さにやられますね。
カジノバスから降りた瞬間、熱波で脳が溶けていく感じでしょうか。
スターベガスの300,000Bプログラムですと専用車でバンコクからポイペトまで送迎付きがあるみたいですね。
同志で100,000Bx3人なら専用車が使えそうな感じです。

ラオスの気候とビアラオがお気に入りですので当分はラオス遠征になりそうは感じです。
サワナケートのサバンベガスにも行ってきましたが良かったですよ。
ラオスはフランスの属国期間が長いせいか西洋料理は抜群に美味しいです。
来月はサバンベガスのプログラムに参加予定です。
こちらも100,000B買い付けから参加できるとのことです。
先日タイ人エージェントにコンタクトを取って確認しました。
戻り次第またご報告させていただきます。
いずれ機会がありましたらラオス遠征ご一緒に!!






2019/12/02(Mon) 11:50

ポックデーン

駒形さん

とても詳しいレポートですね。いつもポイペトばかりなのでいつかラオス側にも行ってみたいとおもっていたのですが、サワンベガスの情報はまあまあありますが、ビエンチャンの方はほとんどないので
今回のレポートは大変参考になりました。ありがとうございます。
ビアラオ飲みながらのんびりカジノもいいですね~


2019/12/02(Mon) 12:34

駒形新伍

ポックデーンさん

ラオスに行くとビアラオは鉄板ですね。
朝からいってしまいます。
いつもタマダーとダムを注文してブレンドして頂いています。
ラオス高地の涼しくすがすがしい気候の中で飲むビアラオは格別です!

ゲーム中に巻き方と合力が掛け声をあわせて札を巻く様子が鉄火場のようでゲームが楽しく進行します。
張り手がオイチョを出して胴がカブを出すと”トックロン”と合力が掛け声を出していましたw漫才のようでかなり楽しいです^^
日本人の姿は皆無ですのでかなり目立ってしまいますよ。

カンボジアのマルチビザは申取得できるのでしょうか。
近日中に領事館で申請しようと思います。
しばらくポイペトに遠征していないのでDNAスターベガスの1.8%プログラムに参加を考えています。
ポイペト情報ございましたらよろしくお願いいたします。


2019/12/03(Tue) 17:14

ポックデーン

駒形さん

カンボジアのマルチビザはいつもポイペトのビザ発給所で取ってます。私はいつも2年ビザ取ってますが3年まで取れると思いますよ。逆にバンコクのカンボジア大使館ではシングルしか取れなかったと記憶してます。スターベガスの先にもギャラクシーと言う綺麗なカジノが出来ました。ポイペトも行くたびに変わっていきますね。


2019/12/03(Tue) 21:10

駒形新伍

ポックデーンさん

ビザ情報ありがとうございました。
ボーダーで取得します。
無駄足踏まずにすみました^^

ギャラクシーにも足を運んでみようともいます。
ポイペトは以前に増して賑やかなんですね。
楽しみです!


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: