リゾカジ カジノレポート

年の初め チェスガ オㇷ゚ソョ。

* マカオ 2020/ 01/ 20 Written by むうむう

コメント( 2)

年明けの1月初め、南国のマカオで一週間を過ごしました。
今回も息子を従えての参戦、韓国までなら大丈夫ですが、マカオとなると・・・・。
成田で手続き終え搭乗待ち時、ニコッと笑顔で座ったお姉さんはマカオの人かなあ、
まあ珠海方面かも、、。
あまりマカオ人なんて日本や韓国などでは出会うことはないですから。
美人でちょっと話したくなったので『マカオに帰るんですか?』と聞いてみた。
マカオ人?という質問には頷いたが、ちょっとタイミングが空いたので中国人だと思う。
あれこれ英語できる方で、袋から食べ物出して食べだし、ニュッと変なものを私に差し出した。 
『たべれ、たべれ、凄く美味しい、私のママが芋をこうやって切って干して作ったものダ』 
いやいや摘まみ上げると(顔には出さないが)
私、嫌いな干し芋・・・
彼女が早く口に入れろとジッと見てるではないか。

食べたくない物を強引に口に入れられたみたいだ。

ぐにゃーーっ!
二、三度噛んでたら

ガリッガリリ!!

干し芋齧ってかみ切ろうとした瞬間、私の犬歯が何だか変! 
ああああ———
その歯は苦労してる問題の犬歯、年末に先生の所で処置してもらったばかりの歯で
これでマカオで旨いもの食べまくるんだと晴れ晴れと搭乗待ちの出来事でした。
(縁起が悪い!!)

韓国語でこんな時、『チェスガ オㇷ゚ソョ❕』

マカオ到着、イミグレの所でやはり芋姉さんは澳門居民ではなくVISITERに並び大きな荷物をいくつもPIC UPして消えました。

私たちはMT1バスで亜馬刺前地までマカオパスで3HKD、北京街の人ごみ掻き分け、
利襖酒店でチェックイン、ここでホールドし、裏の御龍娯楽場(ロイヤルドラゴン)でやります。
AM2時頃、ホールドしにRIO2階に行き半分だけHKDに替え、『何日間?』と言うので
取り敢えず4日にしてもらいました。
これでゆっくりタイムオーバー気にしないでやろう。

2日目

早く目覚め、連れは熟睡、朝ごはんの前に裏に初打ちに。

1時間ほどまったく調子悪く、減るわ減るわ、
懐があったかいので2000~3000HKD、賭けて

朝の縁起良い時間なのに3時間足らずで恥ずかしい程無くなちゃい、
流石にこのままやったらいかん、セッション切ろう。。。。。

ギャンブルの怖さ、
虚を突かれる非情さ、
分かっているつもりでも、賭けなきゃ取り戻せない刹那、

暮れの釜山では2日目まで負け負けで最後でトントンに戻して自分に酔い、そんな時、
鹿児島のママにまた偶然会い、私はもうやらないと思っていたけれど再会に嬉しく放してくれないのだからこれが罠かしら・・・・?
一緒にやろうと強引に座らされ奥の部屋で1時間ほど黒カード出るまで付き合い、
ミニマムしか張らなかったが約300万W上乗せ出来た、
最後の最後まで分からない。

さて、それからブランチに人気の聚龍酒家に行き、夕べ機内食以降何も食べてなかったので
パラパラチャーハンのおいしさは格別でした。
夜は高級店ですが、朝の飲茶はお得なんだそうで道路の向かいはホテル・ビバリープラザという
立地の良さ、60回以上マカオに来ていながら知りませんでした。

それからホテルに帰り午後、仕方ないのでやるしかありません。

暫くやっていた時見覚えのあるオバサンディーラーがあの時のテーブルに就いてて、
あのオバサンの時私が降臨し、オバサンがどこから来たとか色々聞いてきて、同席の客に
私の事を聞いたままを伝えてたり・・・

とても嬉しい時間だった初めての時の御龍。
ここでやればきっと挽回できる。


 
しかし、オバサンディーラーは表情一つ変えず。
私はずぶずぶと敗戦処理もむなしく散ってしまいました。
もうヤダ。

次の日か。
朝の散歩に少し海側の方の「新武二」に麺を食べに行き、今の季節だからか牡蠣が山盛の
海鮮麺、麺は米粉でフォーみたいでした。
昔、知らないで入ったボーダー近くのクァンツァ店では衝撃の旨さと安さだった武二、 
こんなもんだったのだろうか、
もう10何年も前だし状況も変わってるし、物価の上昇は倍以上でしょう。

武二のあとは海沿いを歩き、観音様をまじかで眺め、MGMの横のMACでカフェ。
澳門の1月、歩くと汗かく温暖さ、台風も来ないし一番いいかもしれません。
ここまで来ちゃうとMGMに入らない訳には。。。。

半束をHKDに替え、
二人でルーレットで気を紛らわせたく、
6000$出し始めた、MIN50、バカラで慣れた感覚ではずいぶん安い感じがする。
あれ?
こんなに勝てない物だったかしら・・・
3倍の所にスタッグ、20枚ずつ二か所置いてたら外れて外れて、外れる方が難しいと思うほど
当たらないんです。
また6000.
チップの色を変えてもらい、またスタッグ
少しずつ増えてきて沢山の山になったが、さっきの6000分があるし、止めれない。

結局あちらの思うつぼ。
キャッシュチップ3000だけ残して辞めた。

もう嫌だねえ。

帰ろうと歩きだして、バカラの方で物凄い嬌声、
あんなに囲まれてたら張れないだろう、、、、近かづいて覗き込むとL.LでBのL最中らしい。
もう思考力の無くなった私は全部割り込んで置いたんです。





よっぽど私点いてない。
 

負けても負けても期待しちゃう、
もう取り返すのは不可能な程負けた。

しかし、バカラの興奮、面白さは何物にも代えられないもので、
知ってしまった人は御愁傷様だ。
勝ったとしても少し、負けてるときの金額は持参金全部なくなり、いかにマインドコントロールがすべてか思い知らされる。
見えない物に大金賭けちゃう愚かさは希望というものを持ってる人間の弱さなんでしょう。

それからは買い物したり旧市街で過ごし、もう散々な目に遭って、
やる気を削がれ、30万円だけ持って帰ろうと。
全部すって帰る惨めさだけは避けたい自分が可哀そうだし。

帰ってから鹿児島の奥さんがすぐに『どうだった?』と聞いてきたけれど、
彼女はまた釜山で500万負け、秋から3か月で2000万負けたそうだ。
彼女と私では金銭感覚が全然違うのですが勝ったことないっていうからビックリしちゃいます。
福岡に持ってるいくつかの賃貸マンションを売りながら韓国に通って、
そのうち全部売っちゃうのか・・・?

いつも最初は〇〇万円勝ってたんだけど無くなってカードでショッピングして、
ゴールドだから・・・っていうんです。
もう典型的なギャンブル依存症だって言うんです。

資産が無くなるまで辞められない、重症患者はこの際よく現実を見なければなりませんね。 

歯が取れたのがそもそもの暗示だったのかもしれません。 



このReportへのコメント(全 2件)

2020/01/23(Thu) 22:53

輝政

むうむうさん、ご無沙汰しております。タイトル見て、読まずに内容を察してしまいました…。
次回は、財数があることを、お祈りします!
博打は難しいですね。ほどほどに、長くお付き合いしたいものです…。


2020/01/24(Fri) 08:27

むうむう

輝政さん
本当にご無沙汰で目まぐるしく変化してる令和、
ハングンマル 輝政さん社交的ですからね。
将来なにか役に立つといいです、武器ですから。

帰国し数日後から風邪になりまだ治らなくて、最後の〆は
コロナに負けたかしら...........w


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: