リゾカジ カジノレポート

フィリピンの魅力 コロン:ブスアンガ島②

* アジア 2020/ 04/ 03 Written by マーク

コメント( 2)

翌朝は、6時に起床。清々しい・・・
今日はアイランドホッピング。

用意してプールサイド(幅10mくらいですが。笑)レストラン(食堂サイズですが。)
で朝食です。これはとても残念。品数が無くて、味もまあ。。
でも外で食べる食事はよいですね。

そして、7時。来ないのでフロントに聞くと、時々8時頃になる。との事。まあ、フィリピンタイムか。。のんびりコーヒー飲みながら待つ。
そして8時、再度聞くと電話を入れてくれたよう。今向かっていると。OTW(on the way)との事、ここでは遅刻で寝ていても起きたらOTWみたいですね。笑

8時半にやっとこさPICK UP。直接行くかと思いきや、違う宿を経由して港へ。
我々以外にすでに11人。中型のバンカーボートに乗り込みます。乗員は、船長とガイド、そして2人の少年アシスタント。

出港です。一日かけて7か所の島と湖などを回ります。爽快。景色は非常にきれい。海の色が島に近づくと変わります。

途中で大きめの島でランチ。ここのツアーはバフェみたいなのが用意されていて木造の建物の中で頂きます。豚、鳥、魚、野菜、もちろん白飯、魚以外はどれもおいしく頂けました。
ビールは50PHP。

その後、カヤックを借りて断崖絶壁をみながら進めます。でもとにかく暑く30分も出ていられない。でも二人で漕ぐと意外にスピード出るもんですね。

その後、なんとかLAKEへ。ライフジャケット必須。ラグーンが塩っ辛いのはわかりますが、湖も塩辛いです。
このあたりでシュノーケルも飽きてきます。笑

最後の島を出て戻ります、。道中でスナックタイム。蒸しパンみたいなのが配られます。程よい甘さで意外とおいしい。港着が16時半。結構充実したホッピングツアーでした。
1600のコスパ非常にいいです!

船を降りますが、だれもお金を回収に来ません。早くホテル行きのバンに乗れ。と言われます。友人とツアーデスクで支払った方が良いとの事でデスクに向かいます。

名前を言いましたが、予約を確認しようとしません。ツアー名を聞かれるのでコロンアイランドホッピングだと伝えます。OKOK。また出ましたOKOK。笑
1200と言われますが、正直に、ULTIMATEなので1600だと言ってちゃんと支払いました。ますます、払わなくても大丈夫な感じでした。まあ、食事もバフェだったし、人数数えてる感じもなかったし。
でも、念の為ちゃんと手書きのレシートをもらっておきました。

宿にかえってシャワーを浴びて寝転がっていると電話が。。ツアー代金を払ってください。だと。笑
OKOKは全然OKOKじゃない。。デスクで支払った。ということで事なきを得ましたがレシートをちゃんともらっておいて良かった。。

チューチューで再度、町に戻ります。果物屋さん発見、マンゴーシェイクを注文。でかいので180PHP。おいしい。飲みながら散歩。

唯一買うものがあるとするとTシャツだけ。紺の9つの沈没船のデザインのものを購入。PHP220。値切ったけどしっかりした女性が、こればブランドだから。。とバッサリ。
会話なのに。。でもしっかりした生地なので長く着れそう。
ここコロン等周辺には、戦時中の船が沢山沈んでいるらしく、シュノーケルでも見れました。

そして夕食をどうしようか。と。。
GOOGLEで見ると、ん?海の中に1件のレストランが。名前を見ると・・SeaFood と書いてあります。ここよさげなので行ってみましょう!と無理やり友人をつれて、ほぼ明かりがない民家の間を通りながら海側に出ていきます。すると、木でできた危なっかしい橋が海に掛けられていて、奥に明かりが見えます。海の上にレストランを作っちゃってます。

雰囲気はすごいよさげ。お客様はほとんどが欧米人。
いいとこ見つけた!が、満席だったのでしばらく待って入店。ロケーションは最高。
熱望していた蟹があるとの事。700gのでかいのをオーダー100g200PHP。
あとシーフードプレートとラザニャを注文。おなかいっぱいです。
でもラザニャはいまいち。支払いは全部で2500PHP。こちらでは高いものを食いすぎです。

地図で見つけた名店に満足。

デイリーでビールとつまみを買ってホテルへ。飲んですぐ寝ましょう。と再度乾杯。

あ、そうです。電波の件、アンテナが立たない状況。ホテルにWIFIあるもののほとんど動かない。メールのチェックも出来ない状況。町に出てよさげなところを見つけたり、アイランドホッピング中につながったところで電話したり急ぎの仕事の対応はなんとかできましたが。

次の日は朝から雨でした。そんなひどくない感じ。
送迎は前もって頼んでいないと250PHPでは送れないみたい(乗合なので)、プライベートカーを頼むと1500PHPとの事。悩む。チューチューで行けるのか聞くと行けるが、雨では危ないと言われる。しかも車で30分のところ1時間、値段聞くと1000との返答、値切って800。時間すこしあったので行ってもらうことに。

1時間か!!と私たちが言ったせいか、この運ちゃんメチャメチャ飛ばします。ちょっとヒヤッとしましたが、40分ちょっとで空港に着きました。

空港について、中に入ると人の山。ここは、セブパシとスカイジェットとフィリピンエアが就航してます。なので重なるとこんな感じになるのかと。でも様子が変。
友人がカウンタに聞きに行ってくれると、悪天候で全便欠航との事。うわ。大変だわ。

とりあえず。次の日の便への振り替えに並びます。待つこと2時間。やっと次の日の11:30の便を押さえてもらって、取れないと言われた09;30の便のウェイティングリストに載せてもらいました。あ、乗り継ぎ先からの仁川に飛ぶ飛行機に乗れない。。。。最悪や。。。

空港は比較的電波がつながります。これが唯一不幸中の幸い。
町へ戻る最後のシャトルがでるぞ。という脅かしをちょっと待ってくれと抑えながら、時刻検索、マニラ仁川のセブパシを押さえます。であとは町にもどってから。と車に乗り込みます。

時計を見ると、18時前。もともと乗るはずのアシアナに電話しないとキャンセルも出来ない。あわてて電話を掛けます。アシアナ親切。返金額の計算まではしてくれなかったけど、処理はスムーズ。一安心。

かと思いきや、今夜の宿がない。。慌ててスマホ見るけど道中全然ネットつながらず。

どこのホテルや?と聞かれますが、無いので答えられません。とりあえず町の中心でおろしてもらいます。港の周辺にこましなホテルがあったので何か所か直接フロントをまわりますが、どこも満室。ネット見ながら探しますが、すごい遅い。

普通のホテルは空き0。BBみたいなところか、ドミトリーしかない。さて困った。
友人はバックパッカー経験者なので平気そうですが、私は気にならない方ではありますが、さすがにこの年でドミトリーはダメ。

なんとか少し離れたBB?ペンション?を予約出来て(の割には一部屋3700PHP結構する。)宿に移動。海の上に増築増築で伸びて行ってるBBです。ビックなダディが出てきて、部屋に案内してもらう。AGODAで予約入れて15分くらいしかたってないのに、しかも何も書かされてないのに。。。笑 もちろんパソコンで予約の確認もしていない。

BBってこんなもんなんか。。でAGODAで予約したとあとから言うと。AGODA OKOK!
うわ、また出た。OKOK。大丈夫かいな。。

私のベットはなんと幅が70cm長さが180cm。私は背がでかいほうだし、ほぼ寝返りが打てない状態の幅。欠航にならなかったら絶対に経験しない宿。笑

そしてまたご飯食べに町に戻ります。戻る際に明日の送迎を頼みます。09:30のフライトなので、07:30に。というと、1500PHPとの事。値段は相場です。この際やむをえませんからとりあえず足を確保。

でも30分空港までかかるし、まだスタンバイなのでもう少し早くにしようと、07:00に訂正。07:00でも07:30でもOKOKとの返事。またや。笑
名前も聞かすに部屋に入れてくれたのだし、こちらも信用しよう。。。

で、おいしかった初日のグリルへ。もう20時くらいだったでしょうか。
ラプラプに似た魚を持ってきてくれたので、それらを2匹。スチームとグリル。また、青菜の炒めと、、、、、デザートのプリンまで入れて、大満足。全部で1000PHPちょっと。
エビとか蟹を頼まなければ、非常に安い。

BBはアメニティとか一切ないので友人が、使い捨てのシャンプーやせっけんなどを買うことを教えてくれる。あ、あとトイレの紙も。笑

シャワーを済まして就寝。それでもTV、エアコンがあったので贅沢な方なんだと思います。
意外とすぐ寝て朝まで起きず。6:30に朝ご飯。食堂は、海に向かって端っこにあり、半分オーバーハングしたところ。ワンプレートで持ってきてくれましたが、昨日のホテルのよりおいしい。さわやかな天気に戻った中での朝食、大満足。しかもたばこ吸えるし。

ダディがいたので07:00OK?と聞くと、いつでも良いとの事。

時間になったので声を掛けると、ついてこい。との事で外へ。もしかしてダディ運転?
ああ、だから何時でもOKってことだったんや。と納得。

快調に飛ばしてもらって2H前に空港到着、どうやら飛びそう。
ウェイティングが取れたようで09:30の搭乗券をもらい待合室へ。今日は空いてます。
私たちの乗る飛行機は向こうの空港を08:00に出てこちらに09:10に到着し09:30に折り返します。

08:00になりました。あらゆるサイトを駆使してみますがまだ向こうを出発していない。。やば。フィリピンエアのサイトを見てもNOT YET の文字。

09:00になっても変化なし。PRのサイト見ると、09:40DELAYの文字。到着が10:40として出発が11:00か。。
結局、向こうを出たのが、10:00、こちら到着11:00出発11:20。
空港到着から、4時間以上。疲れた。。多少のディレイは覚悟してますが。。。

帰りはなかなか苦労しました。ただ色々な経験が活かされた場面が多かったので思い返せばとても良い思い出になりました。

コロンへ行くときの教訓

 ・本島に戻るときは、必ず帰国前日戻りの便
  今回は仁川に行く予定だったので、仁川朝着が、夜着で済みましたが。日本帰国日だと
  目も当てられなかったです。
 ・仕事や、まめな連絡が必要な時は困る
  通信状況が良くないので、電話はまだましですがメールやWEBが大変
 ・本島→離島 はジェット
  ブスアンガには3社就航してますが、セブパシとフィリピンエアはボンバル(プロペラ)で、全滅でしたが小型のジェットのスカイジェットは動いてました。ジェットは強いなあという印象

総括:コロンへは、一日余分な日程と通信の必要が少ない時で、マニラからのスカイジェットで行く。のが良いと思いました。笑

そういった大変な事がありましたが、行く価値はありました。

海、景色がほんときれい。島内の移動手段が豊富で金額がほぼ統一されぼったくりが少ない事、安全である事、食事がおいしい事、ホテル以外は物価は安い。

まだまだ行きたいところはあります。シアルガオ島、ブリアス島、最北端のバタネス州の島々。。。メジャーなところだとプエルトガレラは行けていない。。

いつかエルニドの夕焼けを超える奇跡の一枚を撮りたいですね。



このReportへのコメント(全 2件)

2020/04/06(Mon) 08:29

shine

素晴らしいレポートですね。
フィリピンがカジノ以外にも、沢山見所があるのが伝わります。
私は、最近のお気に入りはフィリピンですので、多くの人がこの国を好きになってくれたらいいなと思います。
早くフィリピン行きたいな〜。


2020/04/08(Wed) 00:00

マーク

shineさん

 コメントありがとうございます。

ダイビングも趣味なので、フィリピンは行きたいと思うところがまだまだ沢山あります。

今、行けないとなると余計に昔の写真とか引っ張り出して眺めてます。
早くおさまってほしいです。。。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: