リゾカジ カジノレポート

地球の裏側から(その3)コロンビア編

* その他のエリア 2020/ 05/ 08 Written by はすやま

コメント( 3)

はすやまです。

その3として、コロンビアのボコタのカジノを報告します。その1、その2とあまり変わらない単調な報告ですが、どうぞお付き合いください。

コロンビアはサッカーW杯で日本代表が2大会連続で戦った、縁のある国(勝手に思っているだけですが。。。)で、中南米では有名な美女産出国である3C 国(コロンビア、コスタリカ、チリ)にカテゴライズされているということもあり、訪問するチャンスをうかがっていたのですが、ようやく昨年の12月に行くことができました。

本当は首都のボコタだけではなく、海側のメデジンなどにも足を運びたかったのですが、時間の成約もあり、ボコタのみになりました。ボゴタは標高が2,600メートル超と高地にあるため、息苦しさを感じるかなと思っていましたが、全く問題がありませんでした。

今回は滞在したホテルに近い、Millionairesというカジノで遊んできました。規模的にはマニラのOkadaの50分の1以下といった感じです(比較対象が適切ではないかもしれませんが、お許しを)。テーブルはルーレット、BJ、Pokerが数台程度しかなく、マシーンも300台くらいしかないのですが、ひと言でいうと、明るく開放的なカジノでした。

何が開放的かと申しますと、①スタッフの明るさ、②流れている音楽、③プレイヤーの性格、この3点になります。①はとにかくフレンドリーで、ディーラーもピットボスも、ドリンクを運ぶ美女軍団(上述の3Cは間違ってなかったです!)も皆、びっくりするくらい陽気でした。男性から女性への、日本であれば一発退場級の濃厚接触もザラです。。。②も、いわゆるサルサ系の音楽が続き、アップテンポなので、ものすごくベットを煽ってきます。③はテーブルでもマシーンでも、とにかく話しかけてきますので、自分の世界に入りたい人には全くもってオススメできません。ただ、陽気に楽しみたいのであれば、酒を奢り、奢られ、独特の世界を楽しむことができるかもしれません。小規模カジノですので、目だったハイローラーも見かけませんでした。コロンビア人が、一攫千金というよりもレジャーのひとつとして楽しむ場所という位置づけのように感じました。

さて、カジノ以外のお楽しみである「食」ですが、驚いたのは日本食レストランのクオリティの高さです。日本人の方が経営しているボゴタでも超有名店に足を運んだのですが、なかなか出会えないレベルの一品に感動しました。もちろん、個人差がありますが、財布には決してフレンドリーではないものの、南米で日本食のレベルが一番高いといわれているサンパウロの上を越えていて、カジノで最後の最後に挽回したあとにいったせいもあるのか、更にテンションが上がりまくりでした。

あと忘れてはならないのがコーヒーです。コロンビアが誇る最上級豆であるエメラルドマウンテンを本場で飲んだときに、日本の缶コーヒーのどれだけ上を行くのか楽しみにしていたのですが、ひとくち目でKOされました(このアロマ感は、コーヒー好きの方にはたまらないと思います。)缶コーヒーと比較すること自体が間違っていました。それぐらいの価値ありです。しかし、希少豆なので、こちらも財布にはフレンドリーではないですが。。。キューバには敵わないものの、葉巻の産地でもあるコロンビアの葉巻を嗜みながら、コーヒーを楽しんだときは、嗜好品って素晴らしすぎる!!!と何度も思った次第です。

ボコタの結論もウルグアイ同様、カジノ+飲食、という最強セットがベストだな、と思いました。

次回はその4として、チリの有名リゾートであるビーニャデルマールをレポートします。

長文失礼しました。



このReportへのコメント(全 3件)

2020/05/09(Sat) 11:31

ムテキング

はじめまし、ムテキングと申します。
たびたびのレポートありがとうございます、楽しく読ませて頂いております。南米には興味があるのですが飛行機代が高いと感じ、カジノに行こうとは思った事や、そもそもそんなにカジノが有るとも思っていなかったので全く渡航を考えた事はありませんでした。だけど、はすやまさんのレポートで美女や旨い肉、コーヒーの味などを感じさせてもらい、とても興味が出てきました。やはり海外に行くのですからカジノ以外にも他国でしか味わえない楽しみも味わいたいですよね。
ただ、これからスペイン語を学ぶのも難しいので躊躇してしまうのも事実であります。
はすやまさんは、とても多くの海外に行かれていますが、他国の方とはどの様にコミュニケーションを取られていますか?最近はスマホのアプリなどもありますが、少し味気ないので私は今までに韓国、フィリピン、マカオと言葉の通じ易い国にしか行った事がありません。参考に教えて頂けると嬉しいです。


2020/05/09(Sat) 23:05

はすやま

ムテキングさん

コメント、ありがとうございます。大変うれしいものですね、反応をいただけると。

仰るとおり、私もカジノ+アルファ、を求めるタイプなので、訪問する国では必ず思い出に残るものを探します。といっても、小生は観光にはあまり興味がなく、食と酒が大好きなので、どうしてもこの方向に走りがちです。アジアでしたら、韓国は釜山の蟹、マカオはリスボアのパン屋にあるチャーシュー肉まん(これ、いつも思い出すくらい絶品です)、マニラはOkadaにある韓国料理が好みです。

さて、つまらない小生の好きな食べ物の話はこれくらいにしまして、お問い合わせの件ですが、小生は日常会話程度のスペイン語と英語ができるのでコミュニケーションにはさほど苦労しないというのが現状なのですが、そんな回答を期待されていないですよね。。。

これまでのカジノ人生のなかで、なぜかわからないのですが、とにかく話しかけられることが多いです。たぶん、隙がありまくりのボーっとした顔をしてプレーしているから、かもしれません。中南米ではスペイン語が少し話せることを相手が知ると、もう、飛沫飛びまくり状態で話しかけて人も多いです。もしかすると、これはラテンの国民性かもしれませんね。ラテンのカジノはとにかくフレンドリーだと思います。マニラも似たような感じがしますが、その何倍も上をいっています。そのため、アジアのカジノのようなピーンと張り詰めた雰囲気を好む人には向いていないかもしれません。真剣にプレーしているときに邪魔するな、ということを何度も中南米のカジノでは経験しますし、これを乗り越えなければ中南米カジノでの勝利はない、と勝手に思っています。

ただ、なかには英語を話せる人もいます(勝手な推測ですが、中南米でもパナマはほとんどの人が英語ができるのではないでしょうか)ので、そこは相手次第なのかな、とも思います。あまり険しい顔をせず、常にリラックスした顔つきをされていれば、ほぼ必ず!?という確率で何語かで、話しかけてきますので、ムテキングさんが拒まなければ、自ずとコミュニケーションが始まってくるのではないでしょうか。現地人とコミュニケーションをとられたいのであれば、中南米ではこの方法(ゆるーい顔をする)をオススメします。また、とくに、クラップスは本当に盛り上がりますね。ゲームの性格上なのかもしれませんが。

お役に全然立っていないと思いますが、どうかご容赦ください。

日本から遠いのは本当に遠いです、中南米。寝ても寝てもたどり着きません。。。特に、南米大陸の下側にある国々は。10時間以上のフライトを2回経験しないといけないので、エコノミーですと体がカチコチになります。それでも、アジアにはないカジノの雰囲気を感じることができ、訪問される価値はあると思います。ちなみに、有名なイグアスの滝がある街にも大きくはないですがテーブルゲームができるカジノがありますし、昼は滝に打たれて心身リフレッシュ、夜はカジノで楽しいひと時を過ごす、ということも可能です。ぜひ、チャンスがあれば訪問されては如何でしょうか。

ムテキングさんの今後のカジノでのご武運をお祈りします!


2020/05/10(Sun) 20:49

ムテキング

はすやまさん、コメントどうもありがとうございます。追加でオススメのグルメまで教えて頂き、こちらも参考にさせて頂きます。
 私は外国に行く時、現地の こんにちは、さようなら、ありがとう、お願いします、はい、いいえ、好き、嫌い〜は喋られる様にし、あとは飛行機の待ち時間に少しだけ単語を勉強するくらいで、多くは飛行機に乗っている間に忘れてしまうのですが(T_T)
 自分が若い時、英語さえ喋れれば世界中どこでも何とかなるって思っていましたが実際はそんな事ないですものね。 
 自分の顔つきに関しては客観的に見た事が無いのですが、勝っている時はニコニコ、ディーラーが可愛い子だとデレデレ、バカラで8の時に9で負けた時やBJで自分が20の時に負けた時は恐らく泣きそうな顔をしていると思います(´Д` ) 人見知りではありますが、カジノの勝負中であっても人と話すのは嫌いではないので現地の方たちとコミュニケーションを取って盛り上がりたいなぁと思っていますので、これからは顔つきにも気を配ってみようと思います。
 コロナが収束すればまた世界中どこにでも遊びに行ける日が戻ってくると思うので、カジノ旅再開後に現地の旨いグルメや美女と仲良くなる時の為に少しづつでも勉強しておこうと思います。
 私からも、はすやまさんのカジノのご武運と美味しいお酒&グルメに巡り合える事を祈念いたします。 それでは アモーレ! 


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: