リゾカジ カジノレポート

望郷の澳門 エピソード1/ファントム・チップ

* マカオ 2020/ 10/ 26 Written by かぶ

コメント( 4)

先月『望郷の澳門』というレポートを投稿しました。
実はその前にも何回か連続で訪澳していたのですが、その中でも比較的面白そうで最新の一つを選んだ次第。
しかしその後、「これ、これ以前のも前日潭として書けるんじゃ?」と思いついてしまいまして……(ちょっとした仕掛け込みで)。
というわけで、内容は薄めですが、調子に乗って何編か投稿してみたいと思います。
どうか最後までお付き合いくださいませ。m(_ _)m

なお、リゾ画像少なめなので、メイン画像のパンダは今回とは関係ないお蔵出しでございます(2017年11月撮影)。
以下に関連画像。

2019年は1月、3月のマカオをほぼチャラで過ごし、「今年は調子いいんじゃないの?」などと浮かれて始まりました。
(私にとって負けないことが最上なのです。とほほ)
しかしGWで普通に負け、6月には脳汁だだ漏れのとんでもない大敗。
更に取り返そうとした8月お盆のシンガポールでも普通に負け、かなり追い詰められた状態になっていました。
そんな中で迎えた夏休み最後のマカオ旅行でありました……。ビクビクが止まらないぜ!

2019/8/30(金)

いつものように朝の羽田を出発しヨメと香港へ。今回は往復ともアップグレードのビジネス。
ちなみに行きの飛行機で例の中国製SF超大作『流転の地球』を観ました。
なんだかんだ言われていますがどこの国でも自分の国を主役で作るでしょう。普通に面白く見られましたよ。

(注)ここからしばらくはほぼルーチンなので解説を端折っています。細かい解説は無印の『望郷の澳門』をご覧ください。

13時20分頃着陸し、e道~エレベータを経由してB4系統のバスに乗ります。
なお、この時はまだオクトパスカードで$6でした。
$65のバスチケットを購入し、14時30分発・15時14分着(44分間でちょっと長め)。
無料のシャトルバスでフェリーターミナルへ行き、1A系統のバスでリオホテルへ。
16時20分頃入室してまったりした後18時頃出発します。
総統酒店近くの『環球兌換店』で$1000をMOP1029に両替。

18時半頃MGMへ。15万円をHOLDします。$10606になりました。

すぐにウィンへ。
$4500をバイインし3CP($5000のつもりが1枚$500札だったため中途半端な額に。直すのも面倒くさかったのでそのまま)。
なんといきなり$4200のプラス(計+$4200)。
バカラも+$1300で計+$5500(この頃のバカラは少額ベットでした。サイドベットも少なめ)。
あれ?何かの罠?

19時過ぎにスターワールドへ。
スロットはダメですね。$1000失って計+$4500。

長居せずにお隣のル・アークへ。
Min$500のバカラでセコく$200プラス(計+$4700)。

そろそろ腹も減ったので、20時過ぎにいつもの『ドンガロ』。
スーペルボック(赤・黒)で乾杯後、トリッパ、エビカレー、バカリャウフリッターを注文。
白ワイン(jar)も飲んで$467.5。MOP500札を置いていきました。

セブンイレブンでジュースやらアイスやらを買い込んで帰りました。

2019/8/31(土)

9時過ぎに起床してヨメが隣の『宮崎麺包西餅』で買ってきたパンを食います。
ダラダラした後12時ちょっと前に出発して3系統のバスでフェリーターミナルへ。
ここに来ておけばコタイへのバスは選びたい放題。COD行きのバスにしました。

12時半頃CODへ。
3CPで$1700プラス(計+$6400)。
バカラでも$600プラス(計+$7000)。
どーしたんだ、いったい(笑)。

13時頃勝った勢いで上階の『鼎泰豊』へ入ります。
青島ビール、細切り野菜の炒め物、小籠包、豚肉海老玉子炒飯。
こういうところ(ホテル飯)ではチップ無しのキッチリ支払いでMOP323。
なお、ヨメが美味しかったからと細切り野菜の炒め物を頼んだのですが、ここではなくスタジオシティの『上海魅影』で食べたものでした(以前『ハウス・オブ・マジック』というマジックショーをやっていて、食事がセットになったチケットだったのですね)。

このときはまだ開業前でしたが、LRTの駅を経由してエスカレータで道路を渡れるようになっていました。
スカイキャブに乗って14時ちょっと前にウィンパレスへ。
前回も書きましたがここの3CPは相性がいい。$3800プラスです(計+$10800)。
バカラでも$600プラスで計+$11400。

15時頃MGMコタイへ。
バカラは$600プラス(計+$12000)。
ここまでスロット以外なんと全勝です!
そして、早々にネタバレしてしまいますが……。


……ここが最高到達点でした!
ここからは幻影(phantom)のチップを追い求める旅になります……。

15時半過ぎヒマラヤへ。
ここの高額スロットエリアが結構好きなんですが…調子悪すぎです。$1000失って計+$11000。
大小もダメで$1000マイナス(計+$10000)。

16時過ぎプラザ(フォーシーズンズ)へ。
ここは昔は高額卓ばっかりの金持ちの巣窟という感じでなかなか足を踏み入れ難かったのですが、バカラのMinも$1000からあって、随分相対的に庶民的になりました。他が上がりすぎです(苦笑)。
Min$1000のバカラで$600プラス(計+$10600)。

16時半頃パリジャンへ。
ここは相性が悪いです。わかっちゃいるけどやめられない。
Min$200にも関わらず3CPで$3000マイナス(計+$7600)。

17時頃スタジオシティへ。
Min$500の3CPで$300-$500のベット。$700プラスで計+$8300。
更にCSPでも$1700プラスで計+$10000。
Min$1000のバカラでも$600プラス(計+$10600)。
よし、ほぼ戻した!

18時過ぎコタイコネクションのバスに乗ります。
18時半頃ギャラクシーへ。
調子こいて3CP。あれれ?な$2300のマイナス(計+$8300)。
Min$100のクラップスがあったのでちょっと投げたら$1500のマイナス(計+$6800)。
バカラで$800取り戻したものの、ちょっとヤバ気な雰囲気(計+$7600)。

ならばと19時過ぎブロードウェイへ。
実はひと頃ここが一番勝っているハウスだったりしたのですが……(現在はサンズが1位です)。
いつもは結構当たる大小も$500マイナスで終了(計+$7100)。
バカラも$1700マイナスとなって、まだ浮いている内に撤退です(計+$5400)。

例によって大通りを渡って地堡街へ。
官也街方面への路地を歩いて行きます(この辺、雰囲気ありますよね。特に夜)。
20時半頃『ポルトガリア』に入ります。何度か行ったことがあるのですが、初めて上階に通されました。
ここはポルトガルのサグレスビールの直営で海外1号店。
だもんでまずはサグレスで乾杯。
いつもはシグネチャー・ディッシュであるポルトガリアステーキを食べるのですが、そろそろ違うものをということでポルトガルソーセージ(ハーフ)を。
これが大正解で、席の横で火をつけて炙ってくれるというパフォーマンス付き。
その後お隣の中国人一家の方々も注文していましたとさ(しかもフルサイズ)。
あとはバカリャウグラタン、アサリと豚肉炒め。
ボトルの赤ワイン(VALLADO)も頼んで$829.4。
MOP830という微妙な支払い(笑)。いや、ちょっとお高かったもんで……。

22時過ぎに22系統のバスで帰ります。
22時半頃半島に戻り、『環球兌換店』で$2000を追加の両替(MOP2058)。
例によってセブンイレブンでジュースを買い込みホテルに戻りました。

2019/9/1(日)

10時頃起床して11時頃出発します。
今日はヨメが見つけた『真点心』という点心屋に行ってみました。
(新口岸地区です。前回書いた『新武二』のそば)
昼なのでコーヒー。点心はエビ餃子、大根餅、チャーシューまん、ちまき、腸粉。
$171でしたがここはヨメが払ってくれました。

12時過ぎに32系統のバスでいつもの『新恵康超級市場』へ買い物に。
今回は白ワイン1本と赤ワインをフル2本・ハーフ2本買いました(制限オーバーですが……巻末参照)。
のど飴のゴールデンも4個買ってMOP595.8。
(風邪のひき始めや花粉症対策に最適なのでいつも買いだめしているのですが、昨今の事情により買い置きが尽きてしまっています。悲しい……)
13時頃23系統のバスでいったん荷物を置きに戻ります。14時過ぎに再出発。

14時半頃イースタン(グランドラパ)へ。
ここはMinが低くていいですね。
Min200のバカラで$300浮かせてサクッと退場(計+$5700)。

15時頃サンズへ。
3CPで$500プラス(計+$6200)。
バカラでも$1500プラスとします(計+$7700)。
おっと、今日も調子がいいか?

15時半過ぎ滅多に行かないバビロンへ寄ってみます。
Min$100の大小を1回やったんですが外れてマイナス$200(計+$7500)。

久しぶりにフィッシャーマンズワーフを歩いてみます。相変わらず閑散としていますね。
16時過ぎレジェンドパレスへ。
CSPで$1300のプラス(計+$8800)。
バカラは1勝1敗で$100マイナス(計+$8700)。

ここでヨメは足裏マッサージへ行ったため、一人で16時半頃海立方から回力へ。
Min200のバカラで軽く$200マイナス(計+$8500)。
この辺りから仕舞いに入っています。もう大勝負する気もなくなり、ダラダラと小銭を失っていきます……。

17時過ぎ1A系統のバスでホテルに戻ります。ヨメも戻ってきたので18時過ぎに再出発。
とりあえず地下のリオへ行ってクーポンでタダのジュースをもらいました。ルーチンですね。

18時半ころ裏手のロイヤルドラゴンへ。
新しくて綺麗だしMinも低いで割と好きなハウスではあるのですが、勝率は低いです。
Min$200のバカラで$500負けたところで撤退(計+$8000)。

19時頃ウィンへ。
軽く大小で$500失います(計+$7500)。
最後に3CPで締めたかったのですが、満席だったかでCSPに座ります。
$1400マイナスでした(計+$6100)。

これ以上やるとマイ転しそうなので、19時半頃MGMへ行きさっさとHOLDを戻しました。はい、終了!

さて、ほんのちょっとだけ香港ドルが浮いています。
こんな機会は滅多にない(笑)ので、日本円に替えようと思い立ちます。
ヨメが以前両替したことがあると言うので、20時頃フォーチュナ脇の『瑞昌』で日本円あるかと聞いてみました。
あるとのことで$1487を2万円に替えました。
この程度ならいつもは香港ドルのままだったんですが(どうせ次また両替するんだし)、これからは少しでも替えてみようかな、などと思いました。

20時過ぎ、これまたいつもの『新口岸葡国餐』へ。もう何回訪れたのでしょう?下手な近所の店より多く行っているのではないでしょうか。
マカオビールで乾杯し、レタスバカリャウ炒め、ポークチョップ、ボロネーゼを注文。
0.5lの赤ワインを追加した後、締めのデザートにヨメはプリン、私はオレンジロールを食べました。
$506だったのでMOP510支払い。

21時過ぎ最後にリオへ寄ってみます。
ここのMin$100の大小が結構好きなので最後にちょっとだけ。
……$200負けました(苦笑)(計+$5900)。
これで本当に締めです。おとなしく部屋に戻りましょう!
(最終収支は香港ドル・マカオパタカ・オクトパスカード・マカオパスを合わせて$1500ほどのプラスでした。そしてもちろんプラス2万円!)

2019/9/2(月)

9時過ぎに起床してヨメが隣の『宮崎麺包西餅』で買ってきたパンを食います。
(おっと、一昨日と同じだ)
11時半頃部屋を出てチェックアウト。3系統のバスでフェリーターミナルへ。
12時ちょっと前に無料のシャトルバスで港珠澳大橋の澳門口岸へ向かいます。
バスチケットを購入(マカオパスMOP65)しバスに乗ります。
12時28分発・13時15分着でした。47分ですね。ちょっと時間がかかったようです。

以降の行程は前回の無印『望郷の澳門』とほとんど同じなのでざっくり省略。

帰りの映画はジョニデの『ザ・プロフェッサー(The Professor)』だったのですが、公開は伸びに伸びてなんと1年後(2020年8月)だったのが感慨深いですね。
ちなみに日本語タイトルは元々の原題(Richard Says Goodbye)に寄せた『グッバイ、リチャード!』となっています。この方が絶対にいい!

なお、今回はヨメと合わせてワイン7本分だったので関税申告しました。
ワイン1本(750ml)分だと「100円」でございます。
これで「お国のために納税しとるんじゃ~!」と大威張りできるのなら安いもんではないでしょうか。
(ちなみに1lのウィスキーだと150円になります)

さて、今回なんと一度もマイナス領域がないというクソつまらないレポートでホント申し訳ありません。
しかも(お気づきでしょうが)3CPにもCSPにも大役が一つも出てこない!
バカラにも大張りもサイドベットの大当たりもなかったのですよ。決まり手の一つも書いてないのはそういうことでして……。
だもんであまり印象に残ることがなく、淡々とした勝負内容になってしまいました。
盛り上がったのはソーセージ焼いて炎が上がったときくらいですかね(笑)。

それでは11月下旬公開予定の「望郷の澳門 エピソード2/九の攻撃」でお会いしましょう。
これにめげずにまたお付き合いくださいませ。m(_ _)m



このReportへのコメント(全 4件)

2020/11/04(Wed) 07:38

マスクカッパ

かぶ さん
マカオでの『カジノホッピング』は大変参考になります。何点か質間させて下さい。

⚪スリーカード・ポーカー
①ミニマムは300ドルが多いのでしょうか❔
②プログレッシブ・ジャックポットは有るのでしょうか❔

⚪テキサスホールデム・ボーナスポーカー
①マカオには設置カジノは有りますか❔

以上、宜しくお願い致します。


2020/11/04(Wed) 09:11

かぶ

マスクカッパさん、コメントありがとうございます。

3CPはMin$300が多いですね。
Min$200も併設されているのはサンズ系です。
Min$500が併設されているのはCOD系ですね。
ウィンはMin$300と$500を時間帯によって変えているようです。
その他、ウィンパレス、MGM系、ギャラクシーは基本Min$300です(ギャラクシーは結構変わることが多いですが)。
SJM系、ギャラクシー以外のギャラクシー系には設置がありません(スターワールドにはたまに設置されることがありますが)。
JPはありません。CSP(とスロット)であるだけです。

THBPはマカオ全てのカジノで設置されておりません。
なお、THPはあると思います(自分はやらないのでどこにあるかの情報は掴んでいませんが)。

2020年1月現在の情報なのでその後変化があるかもしれません。悪しからず。


2020/11/05(Thu) 20:22

マカオの帝王

かぶさん、こんばんは!

マカオの帝王です。

当方のお気に入りの『新口岸葡国餐』へ何回も行かれたとのこと。
(懐かしい写真を目にして、つい筆を取りました)
昔気質の習性で、どうもコタイ地区のキンピカエリアは今一つ落ち着きません。(こんな、昔は海だった埋め立て地でノンビリできるか!)
新旧リスボアのバカラで勝利(+5から10万HK&)した後に、その一部をマカオパタカに両替し、この店で大ジョッキのマカオビール+チーズ臭いスパゲティボロネーゼを注文し、喉の渇きと胃袋を一気に満たし、マカオパタカで支払ったあと、足裏マッサージで仮眠を取るのが、かつての当方のルーティンでした。

コロナが収まったら、また行きたいと思っています。


2020/11/06(Fri) 00:58

かぶ

おお!まさかあのマカオの帝王さんからコメントを頂けるとは!
しかもベット額が1~2桁少ないこんなヘタレレポートに!(爆)
ところでMOP錬金術はマカオの帝王さんのレポートで覚えた技でして、もう最高に役に立ってます(笑)。

実は『新口岸葡国餐』は2007年に初めてマカオに行った時、最初に入った店なのでした。
大雨なのであまり遠くに行きたくなく、自分が『地球の歩き方』の地図を見て、「このレストランでいんじゃない?」と言ったのがきっかけです。
特に紹介記事があるわけでもなく、店名が書かれているだけだったのですが……。
今となってはかなりいい勘してたなと思います。

そうですね、自分もコタイで飯(特に夕食)を食うことはほとんどないです。
半島側かせいぜいタイパ村ですね。
しかしマカオの(アルデンテでない)スパゲティはなんであんなに旨いのでしょう?
ボロネーゼなんて郷愁の塊のような味がします。

渡航が解禁されたらどこかで共闘できたら嬉しいです。
コメントありがとうございました。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: