リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*アジア

勝負は下駄を履くまで分からない【ポイペット】

Written by へたれ一人打ち

投稿日:2012/10/10

コメント(0 件)

*

Casiono Report

10月6日~7日 ポイペット遠征 (すいません 凄く長い投稿になってしまいました)

タイ国内は、現在雨季で所々洪水になり 交通規制で通れなくなる所もある。
去年はバンコック周辺が大規模な洪水に遭い 大騒ぎをしましたが 小さい洪水は毎年あります。
私の会社の従業員も、家の周りが洪水で船(水が無い所まで船で行く)で出勤する人も少なくない。
昨年の洪水は、はっきり言って人災で ダムの貯水量の調整をしていなく 貯水量が100%を超えたので放水し
大規模な洪水となりました。  平野が多く、高低差が無いので中々水が引かないのも特徴です。

ポイペトにつながる33号線も、少し前に川が氾濫し 洪水に成っているとの情報が入って来た。
行きたい時に行けない状態になると、予定をしていなくても 何故か行きたくなってしまう。

今度行く時は一緒に共闘しましょうと お誘いを下さったBKKの住人Oさんには申し訳なかったが
急にゴルフの予定が無くなり 行く事に決定した。

(Oさんは、このリゾカジの投稿を見て頂き、連絡を頂いたBKK駐在のギャンブラーで
  カジノで生計を立てていると 男のロマンを実践されている)


日曜日にやる事が無く(私が住んでいる所は田舎の工業団地)、当日の朝にポイペットに行く事を
決心し、仕事を終えてシャワーを浴び、準備をして出陣。


駐在ミニ情報

偉そうと思われるかもしれませんが、土曜の朝 運転手に明日のゴルフは何処?と聞かれ 明日は無いと
言ったところ、少しがっかりしていたので 今回は運転手にポイペットまで行ってもらった。
タイでは残業1.5倍、休日は2倍の割増賃金に成るので 運転手の日曜仕事は不可欠。
そこで、SA KEOの道の洪水は大丈夫か聞いたところ、最近通ったばかりで その時は大丈夫との返事。
ゴルフではなく アランヤプラテートに行きたいが 大丈夫か尋ねたところ 合点承知!との返答。
(SA KEOとはボーダーがあるアランヤプラテートの町がある県名です)

私が住んでいる所は元々何もなかった所に作られた工業団地で、タイ人スタッフに聞くと 昔 この場所は
泥棒の逃げ場所に使っていた土地との事で、一部を除き 少し離れると治安は良くない。
運転手がいる事は 特別な事ではないのです。 (私ごときが運転手・・・ 自分でも分かっています)
カンボジアから私がいる所につながっている道路も、麻薬ルートとも言われてる状態です。
(麻薬調査、カンボジアからの密入国者の検問が、行く途中 数カ所あります)

今までは、仕事関係以外の遊びは自分で運転していましたが、今回は様々な理由で お願いした。
 (心の中では、寝不足で しかも負けた時など帰りの運転は 非常につらいといつも思っていたので
    甘えてしまった事も事実です)

夕方7時ごろポイペットに到着
面倒くさいので、カンボジア側のビザ及び入国審査はカジノにお願いした。
 (最初は心配だったが、パスポートを 知らないカンボジア人に託す事が 普通になってしまった。
   慣れから来る事故やトラブルが無い様に 心を引き締めねば…といつも思い お願いしている…)
ビザは、Eビザがあり パスポートのページを減らさずに済むのですが、私はVISAのクレジットカードを
持っていなかったのでEビザの申請が出来ず 毎回ページを減らしていた。 (Master or VISA)
やっとVISAカードを作成したが 今回の遠征は急であった為 まだ申請していなく またしても
貴重な1ページを失った。  早めに確保せねばページが無くなってしまう・・・・ 増補ももう出来ない・・・・)


今回は、当日の朝一に 知り合いのホリデイパレスで働く ローリングのおねーちゃんに電話をし、部屋を
確保してもらった。 ここ数回、宿なしが続いていたので助かる。 

このおねーちゃんとの深い関係は全く無いです・・・
いつも眠たそうに 脂ぎってカジノをしているのを見て かわいそうな奴だな~ と思ったのか 次回来る時は
ここに電話をしてくれれば 部屋をキープしてくれると 名刺を貰っただけです。

早速カウンターで25,000 BHT(約 \63,000)を N・Nチップと交換し 部屋のカードキーを入手。

この日は いつもより比較的客が少ない。
しかし、開いているテーブルは人が多く 立っている人もいる。 (閉まっているテーブルが多い)
私は絞りたいので 新規にテーブルを探すが ディーラーが待機しているのは N・Nチップを使用できない
テーブルばかりで いつも以上にぐるぐる回る。
ここのテーブルルームはあまり広くなく 真中からほぼ全域見渡せるのだが 歩いて物色する。

丁度カードが無くなり、客も他のテーブルへと移動し 誰も居なくなったバカラのテーブルに着席。

シャッフルが終わり第一打席 バンカーBet 空振り三振  第二打席 バンカーBet 空振り三振
第三 プレイヤー  第四・・・  なんと 6打席 6三振スタート こんなの初めてであり 今回の遠征が
前途多難である事が 約束された様なものである。

今回 2束半の軍資金(もちろんタイバーツです)  だいたい日本円 1束の1/4が タイの一束
私は、カードで追い金をする事を 禁じ手としたので 現金は多めに持っていきます。
自分の価値観で大金と思っていますので そこは突っ込まないで下さい。(通貨の最高紙幣は1,000 BHT)

今回バカラでの掛け金を初手を1,500 勝利したら2,000 → 3,000 → 2,500 → 2,500 と決めていた。
いきなり6連敗で 9,000を失う。  ディーラーがにやけているのも気に食わない。
(たぶん苦笑いと思いますが、私にはその様に映った。。。 被害妄想です)

7回目でやっと勝利し、そこから一進一退が続く。
負け分を 一気に取り返そうと頭をよぎるが、そこは来たばかりで長丁場に成るので 冷静に判断し
決めたルールを守っていた。

客がテーブルより溢れていた事も有り、直ぐに数名のタイ人が乱入してきた。
タイ人による高額Betで絞りの権利も奪われてしまう・・・
最初は様子見で 少ないBetだったのが 徐々に私より上をいく

このポイペットは、逆張りをする人が少ないので 初めにBetした人に相乗りする事が多い。
その初めにBetする テーブルリーダー的な役割も 徐々に奪われる・・・

面白くない!  逆張りをする人が居ない訳ではないのですが、なんか一種のマナー的な雰囲気で
争いごとを避ける タイ人気質がこのポイペットでも見受けられます。
(カジノは食うか、食われるかの鉄火場なのですが そこは何と言うかのんびり・・・)

私は、名前通りへたれなので、雰囲気的に逆張りは出来ません。
なので、真っ先にBetしたいのですが、羅線を気にしない人には後れを取ります。
自分と意見が合えばルールを守り、違えば少ないBetにしてしまうのです。
よって Betルールの崩壊です。
数回意見が違うローBetを繰り返すと反動で 意見が合った時に 高額Betをしてしまうことも しばしば。


私は、たとえ逆張りをされても 何とも思わない・・・・・・・が!
表情には出しませんが、心の中では闘争心に火が付いています。
絞りも 通常より あっさり引く様にしています。 
タイ人は、二度と使用出来ないくらい ぐちゃぐちゃに折りながら絞り切りますが、私は曲がった所を
真っ直ぐに戻してディーラーに返す様にしています。 (折り目はつけません)
逆張りの時は、特に 曲げずに絞ります。 あっけない勝利を味わいたいのが… はたから見ると痛々しい
逆張りで負けが続くと 笑いながら怒っている人みたいになります。 (竹中直人さんみたいに。。)

今回の遠征は、逆張りをする人もいましたが、比較的勝ちが多かったので 頭に血が上り 赤い顔をして
表情は笑っている 顔をしなくて済みました。


話は戻り、昇降状態が続いているのですが 面白くないので 少しマイナスの状態で席を立つ。
バイイン 25,000+30,000 = 55,000 スタート  バカラ -15,000  チップ残 40,000  19:00~21:30

今年の前半に勝ちまくっていたルーレットでの勝負です。
後半は、今迄の勝利がうその様に負けています。  山場も有りません。

今回は負けていた時の状態を払しょくできたか 様子見の一勝負です。
大当たり 8%  中当たり 18%  小当たり 50%  全外れ 24% 位で推移します。
大当たり +30,000~40,000  中当たり +3,000  小当たり -4,000  全外れ -7,000~-10,000

黒いキャッシュチップが行ったり来たりします。  (黒チップ=10,000)

結局40,000BHTのチップは全て飲まれましたが 感触としては ここ数回の状況よりかなり好転しています。
大当たりもあったので、かなり調子は戻りつつあります。

ここは追い銭をせず、テーブルルームを後にします。
    ルーレット -40,000  チップ残 0  TTL -55,000   21:30~23:00


テーブルルームを出ると 待ち構えているのはスロットです。

夜の11時か。  んんん~ 寝るには未だ早い! 私の病気であるスロット依存症 の再発です。
今年から収支を付けているのを見ると、1勝 8敗です。 勝率11.1%
しかも たった一回のその勝利額は ルーレットでの勝負一回に等しい額です。
今年のトータル収支は プラスで推移していますが、スロットのみを見ると 今回の軍資金近く負けています。

やったら行けない事は 分かっているのですが、孤独なギャンブラーにこの病気を止める人はいません。
何も躊躇せず、席に座りカードを差し込み お金を投入しています。  マニュアル通りの行動です。
スロットは、誰にも気兼ねせず行えるギャンブルなので 気が楽です。

そのスロットをしている間に 様子見は終了したので明日の勝負の策を練ります。

大きく負けないバカラにするか それとも最近の悪い流れを払しょくさせるべく ルーレットにするか? う~む?
それとも最近覚えた 3カードポーカーorカリビアン 、B・Jも面白そう ううううう~む!

考えている間、お金が吸い込まれていきます。
メインの財布(いつも持ち歩いている財布)に 紙幣が無くなった時 我に返る。
たしか2万近く入っていて、入国審査等の費用を支払ったので 1万8千を 僅か40分位で溶かす。
スロットで-18,000なので TTL -73,000 になり、残り20万を切った。
その時点で、スターベガス 10万BHT のミニVIPは 頭から削除。

やはり 明日の夕方7時迄(運転手に7時頃帰ると言っていた)に、ルーレットをすると 途中で文無しになる
可能性大なので ここは冷静にバカラにし、何が何でもルールに基づき勝負する事に決定。

時計を見ると 未だ日は変わっていない。  眠くもない = テーブルルームへ再突入

5万を縛りの無い キャッシュチップと交換
N・Nチップは1.5%の キャッシュバックがあるが テーブルも限られるので、もしN・Nチップが使用できる
テーブルにつけば そこでおねいちゃんに 頼めば良いだけである。

客が少し減ってきていたので 直ぐに新規にバカラテーブルをオープン出来た。 0:00

またしても連敗スタート
偏りが少なく 難しい羅線が続く
結局 一進一退で 状況はどちらにも転びそうだが はっきりしなく コミッション分削られていく。

やはり乱入も有り(やかましく参戦するので乱入と書きます)、たまに絞りの権利を奪われる。
中国系タイ人でが多く、見た目は金持ち風に見えないのだが 指輪は大きいのを幾つもはめていて
2万、3万BHTと 高額ベットをする。 太刀打ちできない・・・

そんなこんなで 場を乱されると だんだん飽きてくる。
しかも周りの人が ウイスキーを飲んでいるので いつもは飲まないのだが ウイスキーソーダを注文。
残りのチップが 3万になった所で またしてもルーレットに移動。  ウイスキーは既に6杯飲んでいる。
結局ルーレットも 同じ展開で幕を閉じる。

バカラ -20,000  ルーレット -30,000  G・TTL -123,000 0:00~03:30 かなりやばい・・・

ここは、部屋のキープもあるので部屋に戻る事にした。  
シャワーを浴び 携帯のアラームを10:00にセットして就寝。  04:00



7日
朝 8時に目が覚める。  昨日の悪い流れ、軍資金も残り半分なので 寝直しをして時間稼ぎを
したかったのだが、寝直しは出来ない。
そんな弱気な自分に渇を入れる為 熱いシャワーを浴び ポジティブ思考に変身!

よ~し 残金が無くなったって今年は まだプラスでぃ!  命までは取られね~んだ!
行く所まで 行ってやる! と 意気軒昂でテーブル ルームに直行。
途中のスロットも 目に入りません。

5万をバイインし、バカラ卓へ
昨日電話で 部屋をキープしてくれた ローリング嬢に遭遇。
昨日はどうだった? の問いかけに まあまあと返答。  かなり負けていたが未だ終わっていない!
オープン戦が終わっただけで、勝負はこれからなのだから

私は ゴルフ等でも悪い事は口にしない様にしています。
”このホールはいつも右に曲げてOBなんだよな~” と 口に出してしまうと いつもその通りに成る。
なので、言霊を信じ 思っていても口に出さない事にした。
その通りになった時の ”やっぱりな~ 言った通り” の 一言が 虚しすぎる

そのおねいちゃんに 5万のキャッシュチップを渡し ローリングして貰う。
ここは、1.5%のキャッシュバックなので 5万のN・Nチップと750B のキャッシュチップになる。
その内、150Bのチップをチップとして渡す。 (なんか変な言い方・・・)

勝負開始。
第1打席、バンカー ナチュラル8 今日は調子が良いと思いきや プレイヤーもあっさり8を引く。
しかし、昨日は負けだったけど今日は 負けていない!
昨日とは 雲泥の差!  今日は ” なんくるないさ!” と ポジティブに琉球便まで登場!!

粘る、粘る 沈む、沈む、浮く、浮く、粘る・・・・・・・沈む・・・

約4時間が経過し 残っているチップは、48,000 
悪い虫が・・・覗き始めた・・・  一人だったら良いのだが、乱入で気を乱さない様にするには
まだまだ私には 修行が出来ていません。
絞りが無い時は、絞っている人のカードを見る事も無く 周りを見回します。

直ぐ後ろのB・Jのテーブル(唯一のテーブル)に ディーラーは居るけど誰も座っていません。

ディーラーと 目が合い ” こっちにおいで " と 天の声が聞こえたので バカラ終了
バカラ -2,000   G・TTL -125,000    9:00~12:00




B・Jのテーブルに座り 勝負開始
Min 100  Max 2,000 ディーラーアップカードAはサレンダーなし。 プレイヤーAの再スプリットなし。

このリゾカジの投稿をみて、B・J は 遠い存在と思っていたが 身近に思える様に成っていた。
特に私は カジノにおけるルールを全くと言って 知らないし、一人の為 聞ける人もいない
従い、ルールを覚えるには実践しかない
幸い、このディーラーのおばちゃんは 親切丁寧に教えてくれた。

恥ずかしい話、サレンダーもどの様な仕草をするのかこの時まで知らなく 言葉で言ったが ディーラーより
指を左右に動かすと教えて貰った。  今まで知らないので サレンダーをした事が無かった。

リゾカジのページを開く度に トレーニングをしB・Sも見ていたので それを実践すべく 今回はサレンダーも
する事にしたのが 進歩につながった。

テーブルには1~6迄あり、その内4~6を使用

これもリゾカジの投稿で見た物を真似て 賭け金を ④ 500  ⑤ 1,000  ⑥ 1,500 とbetする。

ここまでは、何とかなったが結果がついてこない。
特に⑥の勝率が良くない。
ディーラーより またアドバイスがあり ⑥は負けが多いので ④と⑤だけにしたら? との助言を素直に聞き
2か所での勝負に変更。
功を奏したのか、勝率が上がる。
一時は20,000まで減っていたのが 原点復帰
今まであまりなかったディーラーのバーストも増えてきた。

そろそろ良いかなと思い 3か所に戻したが 悪い状況へと戻る事は無かった。

途中 ④が4と7 ⑤がTとT ⑥がAとA ディーラーのアップカードが4と言う場面があった。
④は当然 ダブルし来た札は 7 ⑤はステイ ⑥はスプリットをし 1か所は8で もう1カ所はAだった。
そのAを再スプリットを申し込んだのだが、Aは駄目と言われ それも勉強になった。(ここのルールの勉強)

結局ディーラーが18までもって行き、1勝 1敗 2引き分けの結果になり、賭け金の差で 少し
負けてしまう。 
原点で行ったり来たりしていたが、ポイペットで落ち着いてギャンブルを出来る筈がなく、ここにも乱入者現る。

①と②番ボックスにて乱入者が勝負開始。 どちらもMAXの2,000 BHTをbet
私も素人だが、このおっさんにB・Sを期待するのが間違いで、ディーラーのアップカードがTで 自分が12でも
ステイする。  7や8でも悩む なんで? イライラしない方がおかしい状況の出来あがり。(バカラじゃね~)

更にディーラーのアップがTで、私が14や16でもカードを引き バーストすると 直接待見ていないが 何か
言っている。  特に私がHITし、その後 ディーラーの目が良くなると 小さく チッ っと舌打ちも聞こえる。

イライラがフルマックス状態になる。
我を忘れ、いつの間にか 私も3ボックスでのフルベットになっていた。

この様な状態で 勝てるわけがありません。 徐々に削られて行きます。

唯一 度々交代するディーラーは、皆揃って ディーラーの目をバーストさせるべく めくる度にピクチャーと
言う リップサービスもあり そこのところは 和めた。

時計を見ると、残り約4時間
このままでは、負けを決定している様なものだ
嫌な思いをしてまで ここにいる理由は無い!
最後はやっぱり ルーレットだ!!

B・J -23,000   G・TTL -148,000   12:00~14:00

ルーレットのテーブルは4台あり、その内 Nin 50 の1台だけ稼働し客は1名 見物者1名。
バカラ同様、ディーラーが 暇そうにしている もう一台のMin 50の台をオープンしようとしたが、現在一人で
ルーレットをしている 太ったオカマに呼ばれ 同じテーブルで勝負する事にした。

このオカマ、顔はそんなに化粧をしていなくて もろ男なのだが いつも真っ赤なマニキュアをしている。
服装は、少し女性っぽい程度で 一見は分からない。 レースのストールを巻いているが・・・ 
太っているから胸が大きいのか、シリコンなのかは分かりません。 (そんな情報いらない? すみません)

月に1回程 このポイペットに来るが、このオカマちゃんは いつも居る。
見物している男は このオカマちゃんとペアなのか チップを管理している様子。  


早速 いつものオレンジのチップに交換し ルーレットスタート  手持ち25,000 のチップと 現金 反束 + 数万
オレンジのチップの時に 大きく勝った事があり、その後も調子いいので だいたいオレンジにしている。


いつもの様に 3点に大きく賭ける事は変えずに 今回よりディーラー対策をする事にした。
この3点は、兎に角賭け続け ほぼMax Betに近くし、1/2にも賭ける。

ここのルーレットは ヨーロピアンスタイルで0は一個のみ
私の選んでいる 3点は 0に対して盤面の右寄りに 集まっている。
私はその3点の両隣にも 必ず賭けるので 盤面の右側にばかりになるので 下手なディーラーでも 大体左側に
落とす事は出来るのではないかと 思い 逆にも薄く張り 数か所は 厚く張る事にした。

賭け金に対しての配当率は落ちるが、リスクを減らす事も重要。
負ける時は、本当に短時間で終わってしまうので、保険は必要と判断。
残金を考えると、1時間も掛からないで終了もあり得る。


それでも 中当たり、小当たり、全外れ、の繰り返しで徐々になくなり、大当たり1回のみで 約1時間で終了。
1回のプレイ 約5分前後なので 約12回

残り3時間・・・
ええい ここで止められるか!  カジノ用の財布に残っている5万の束を チップに換えて これが最後の勝負!

早速 窓口までチップを交換しに行く。
その現金を交換している様子を いつも私が来ると微笑み返しをしてくる ウエイトレスが もうやめたら! と
心配そうに 忠告してくる。

ここのカジノは ローリング嬢には 交換したチップでチップを渡す事が出来るが、ウエイトレスにチップを渡しては
行けないとの事。  しかし いつも食事を聞いて来たり 飲み物は直ぐに交換してくれるので ティッシュに包み
100B 程だが 天から見ている人には ばれない様に チップを渡す。
いつも蝦チャーハンを頼む。  こちらでは 約50B前後の料理なのだが 100Bのチップを渡す。

何故か?これも自分が信じている オカルトなのだが、勝利の女神だからです。 (愛嬌の良い 若いウエイトレス)
(勝利の女神は いつもいる訳ではないので、他のウエイトレスにも たまに渡し 女神様を増やす事にしている)


目で 心配そうにこちらを見ていたので 大丈夫! と 目で答える。

最後の5万BHTを 握りしめ ルーレット台に戻る。
この時は、オカマちゃん以外に 2名参戦している。

オカマちゃんの賭け方は、約1/3にチップを8枚前後 賭ける
他2名は ローラー作戦で 2枚位を 倍率も様々に賭けて行く。

私はスタイルを変えず、賭ける場所は約2/5で 最低3枚 最高 25枚(これは3カ所) に賭け 1/2にも賭ける。


最後の攻防
初手 中当たり 少し増える
次手 中当たり 少し増える  中々良いぞ!  しかし どちらも大当たりの隣り・・・

3手目で 全外れを食らう。。
4手目  中当たり
5手目 小当たり
6手目  小当たり
7手目  全外れ   ここで1万チップ殉職 新たに1万をカラーチップに交換
8手目  大当たり  やっと来た! 1万チップ3枚とカラーチップの山をゲット

しかし大当たりで気が緩み、次は全外れ(いつもより賭け額を増やしてしまった)・・・ やばい

冷静になり再開

中 → 中 → 中 → 小 → 中 → 大当たり  調子戻って来た!
この大当たりで 1万チップ は9枚となった。  せめて10万は持って帰りたい。

そうこう思っている内に 次も同じ数字がヒットし 大当たりの連荘! 一気に所持チップは 12万に

まだ2時間くらい残っている。  さてどうするか?
この流れを 止めるわけにはいかない!

小 - 中 - 中 - 全外れ - 中 - 大当たり  チップは14万に

ここから 1/3作戦開始!  大 25~36  ・ 中 13~24 ・ 小 1~12 
決め打ちして 各々最低 チップ7枚前後で集中ゾーンに賭ける!

この賭け方が 見事に当たる。 確立 2/3
しかも 出目を見ると 赤が8連荘していたので その中でも赤を厚めに betしたのが 良く当たる。
(何と結局赤は 13連荘した。  バカラだったら凄い事に成っていたと思う・・・)

ルーレットで支払われるキャッシュチップは、100、500、2,000、10,000 ですが、私の場合2,000か10,000。
1万のチップが来た時は、ポケットにしまう。 (出していると直ぐに使ってしまうので 抑制する)

大当たりの時は、ディーラーが計算(暗算)するのだが、早い時で 3分 遅い時は、トイレに行って帰ってきても
終わらない。  兎に角 周りにスタッフは沢山いるのだが、計算はディーラーにさせる。
ディーラーが ○○枚と そのスタッフに進言しても、そのスタッフも懸命に難しい顔をして暗算している。
偉そうな 人のみ電卓をはじいている。  
自分への配当なので、イライラしないが 他人への配当であったら早くしろ! と なる事は間違いない。
面白い事に、見物客全員 暗算を始める・・・・   なんだこの光景?
多分ここでソロバン塾を開いたら 儲かりそうだ!

一番時間のかかった配当
1点掛け 25枚  2点掛け 12枚  3点掛け 5枚  4点掛け 13枚   チップを貰うまで 約8分

1/3作戦が好調に続き、更に大当たりが来てポケットが 膨らんできた!
計算している間に誰にも悟られない様 右手をポケットに入れ 1枚ずつチップを数える。  19枚ある。
この配当でも 4枚は1万のチップが来るだろう。  従い23万だ! 上出来!!

残り1時間 原点まであと少し (財布の残金を数えていないが約2万くらい)
ゲーム機のルーレットでも少し遊んだので、 TTL 約マイナス1万

行くしかないでしょ。  ここで止められる人がいるとは思えない!

やっと配当を頂き 再開
計算通り、1万チップ4枚に カラーチップ及び500チップ で配当。
25枚数えるのが面倒なので、決めた3点には 500チップ2枚+カラーチップ5枚 の Max 1,250を賭ける。

大 ・ 中 ・ 小 の決め打ちローラー作戦続行
500チップも ローラー作戦に加わり 失った仲間を救出に成功を収め、更に前回失った仲間も少しだけ
救出できた!  
今回は、運転手と夕方7時に約束したので タイムリミットとなり、最終 +19,000BHTとの 結果となった。

ルーレット +167,000  G・TTL +19,000
今回の遠征に使用したのが約 4,000BHT なので、純利益15,000
疲れたが、最後の攻防でルーレットの勘も戻って来た事が収穫で 気分は最高。
運転手もいるので、帰りは寝て帰れるのも最高。

ホリデイパレスを後にするも、外は雨
ここはカンボジア、舗装されているのだが下はドロドロでぐちゃぐちゃ
サンダル履きなので、靴下に水が浸みてくる。 白い靴下が真黒に、かかとからも泥が跳ねる。
水たまりが多いので(道路がデコボコ)、ここに来る時は サンダルより高い下駄の方がよさそうだ!
泥も跳ねないしここに適している。  
最悪バカラなどで 下駄を飛ばし 表 裏(banker、player)の占いも出来るし・・・・

車に乗り込み5分で眠りにつき、起きたら家の前 最高です!! (約1時間半爆睡)


ここまで読んで頂き 有り難うございます。 (すいません、今回は写真なしです)

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

クラウン

プルマン・リーフカジノ

Caesars Palace

リゾート・ワールド・セントーサ

リスボア

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

THE STAR  ザ・スター シドニー

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT