リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*マカオ

旧正月のマカオは人だらけ Part3

Written by ル・デュモン

投稿日:2014/02/12

コメント(0 件)

*

Casiono Report

さて3日目です。

明日のお昼過ぎにはチェックアウトです。実質ラスト1日。。

ここから戻せるか奈落の底へ行くのか。。。

カジノ旅行では珍しく、しっかりの4時間の睡眠を経て、さぁどうしようかな??と、考えてました。

もちろん今日も本拠地の釜山のように静かな空間の訳がありません。
今回のメンタルを崩し続けてくれる大声の大陸語対策です。
決まりました!『アヒル小屋戦法』

そうです。自分が今から行くのはアヒル小屋の中にあるカジノ!うるさいのは仕方ありません(笑)

7:00にゲームスタート。結果論でアヒルさん達に何を言われようと『しまいに焼いて食うぞ』位に心の中で思ってのプレーです。

お、そうするとなかなか良い流れです。連勝はないものの4時間のプレーで+10000HK$です。(トータル-33000HK$)

よ~しこの流れで頑張っていきましょう。

さてランチも今日はグルメにグラリスの『ドン・アルフォンソ』イタリアに本店を持つイタリアンの名店です。

ランチはプリフィックスで前菜・スープ・パスタ・メイン・デザートを全て選んでも500HK$、まさにBJの最低ベットです(笑)

ここは3階にあり窓もないので景色は楽しめませんが雰囲気は良いです(^o^)

マネージャーはイタリアから来ていますが、マカオ在住なのに接客には一切大陸語を話しません。全て英語(笑)欧米人のプライドを感じました。

連れはイタリアに住んで居たことがあるのでイタリア語で話すとマネージャー大喜びです。自分もお会計時には『イル コント ぺルファボーレ』なんて言ってみます(笑)

プティフールはサイドワゴンからチョコレートやクッキーを取り放題でしたよ。

コストパフォーマンスの高い上質なイタリアンでした。

ワインはランチでしたのでグラス×2と大好きな造り手メオ・カミュゼのヴォーヌロマネ1ercru02(ボトル)を頂いて満足です。

さてランチ後のセッションに突入。またまたヒマラヤカジノです、旧正月のピークも終わったのか意外に静かです。

さて今回のテーマは思い切ったベットアップです。ただ500~ということもあり手が縮こまり、行けて4000までです。。根性ないなぁ~

ただ流れはよく3勝2負程度でチップは増えて行きます。

ディーラーは愛想のあるかた無い方色々です。
お一人だけ日本語でディーリングしてくれるおばちゃんがいてました。和みます~

う~ん上下が激しいセッションでした。
徐々に削らているのをダブルやスプリットで戻していくという綱渡りのようなBJです。
しかし何とか最後は勝ちきれました(^o^)
プラス15000HK$(トータルマイナス18000HK$で夕食前のセッション終了です。

やっぱり気合いのベットアップが必要だと感じました。

あと一息だ~

さて最後のディナーはやはり中華だろうと徒歩で向かったのはフォーシーズンズの中華です。
ワインと中華を意識しているのかテーブルには最初からワイングラスがセットされております。

メニューを見るもやはりフカヒレは無し(涙)再度チャレンジ!
『フカヒレ無いの~』『はい、当店は環境保護に配慮して取り扱っておりません』

が~ん。。

では今日はアワビだ!とアワビと魚の浮袋の煮込みにチャレンジです。
香港でよくみる魚の浮袋ですが、実は初めての体験でした。
何とも言えない不思議な食感と風味。まぁ美味しかったです。世界にはまだまだ自分が踏み入れていない世界があると感じました。

さすがにこれだけは続くと胃も疲れてワインも料理もあまり進みません。

料理4品とワイン1本で最後の晩餐は終了です。

さて、最後の勝負です。

最後のカジノに向かう前にパシフィッカカジノに向かいます。軽く遊ぼうとライブバカラに座るもあって言う間にマイナス8000HK$(涙)
やっぱり本職にしなきゃとBJもこちらも一瞬でマイナス9000HK$。。

うわぁお昼あんなに頑張ったのに~この時点でトータルマイナス350000HK$。今は23時、挽回の可能性はどんどん低くなって行きます(@_@)

仕方なく本拠地ヒマラヤカジノにお座りです。

現在は約半束程度の負けです。とりあえず後、半束分を用意してこの遠征で1束の負けまでは容認の気持ちでスタート!

う~ん、ずるずるずるずる。。勝敗は1勝1負程度ですがベットアップ時に削られます。

気がつけば手元には10000HK$。。

正直敗戦を覚悟した時でした。

そしてそのゲーム、自分のハンドは『17』ディーラーのフェイスアップは『10』う~ん厳しい。。

サードの方のハンドは『12』まさかのステイ(@_@)

ディーラー『10』から『6』そして『10』!

うお~ナイスステイ(^O^)

そこから一気に流れが変わりました。この遠征初めての『天国シュータイム』

どうせ無くなる予定だったチップですから思い切ったベットアップを仕掛けます。

30分弱でしょうか。。天国シューも終わりました。手元をカウントすると70000HK$!

やりました原点復帰です(^O^)

そそくさとカラーアップしてエリートルームに人質奪回に向かいます。

そして到着。。

久しぶりの静かな空間。。ちょっとだけ・・・なんと1勝9敗(涙)

やっぱりバカラは怖い(x_x;)

財布に手が伸びるもここは我慢できました。偉い偉い(笑)

マイナス10000HK$

う~ん悔しさより自分のバカさ加減にあきれます。

そしてヒマラヤに戻って朝までプレーも5000戻して終了(疲)

勝負は明日(今日?)の最後の数時間になりました。

Part4に続く。。長くてすみません。次が最終

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

クラウン

Caesars Palace

リゾート・ワールド・セントーサ

リスボア

THE STAR  ザ・スター シドニー

プルマン・リーフカジノ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT