リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*ヨーロッパ

全てが美術館:MONACO へgo!

Written by 龍次

投稿日:2015/12/30

コメント(0 件)

*

Casiono Report

<パリ同時テロ>
ヤバイ!これは、ヤバイ!
タイミングが、悪すぎる。
パリ同時テロが、11月13日。
おれっちのパリ経由のMONACO入りが、11月20日。
一週間も、経っていない。
17日に勤務先から、フランス出張自粛の命令が出る。
まずい。
行き先の変更も考えたが、3日後では、どこもとんでもない高い料金しかない。
しかも、途中のベルリン行きは、airもhotel もキャンセルの場合は、返戻ゼロ。
これも、痛い。
結局、人事部には、「パリは、トランジットだけです。外に出ませんし、観光もしません。」
と都合のよい言い訳をして、ゴリ押し。
「好きにしろ」みたいな了解を得る。
更に上司には、※SBM東京の見解を伝える。
(※MONACOのhotel & casino運営会社。半官半民。)
曰く「MONACOは、世界で一番安全な都市です。」
これが、どれ程の重しになったかわからないが、
とにかく、let'go してしまったのだ。

虫の知らせではないが、ザギンのクラブの売り掛けも、
2軒済ませてきた。
今回は、MONACOだ。
略礼服も入れた。蝶ネクタイも入れた。

身は、綺麗にした。
やらいでか!!

depositは、¢30k 。

*

*

MONACOでは、¢25kから、プログラムスタート。
今回の条件は、前だしcomp.として、フェアーモント ・モンテカルロ ・ホテルが、
3泊無料。
HERMITAGEも前だしcompの対象になるそうだ。
後は、成績compで、FB+massage まで。
SBM の説明は、チグハグだらけ。
compで、roomは、処理出来ない。
現地に行ってからそう言われる。
LVS,Wynn,MGM,CZR,CROWN,STAR,MPEL,Genting++。
今まで、compが、roomに充てられない事はない。
こんな事は、SBMが、初めてだ。
airfare も、なし。


条件としては、他のcasinoに比べて悪い。
SBM東京もあっさりしている。
「MONACOは、勝負に来るところではありません。
雰囲気を楽しみに来てください。」
free handなし、更にsqueezeもなし。
つまり、俗に言う全くの平場のmini baccarat。
プライベート ルームで、卓を開ければ、squeeze出来るとの事。

minは、安くはないし、maxもsingapore MBS程、高い訳でもない。
limitは、卓ではなく、personalである。
①min ¢100~max¢3,000
②min¢200~max¢6,000
③min¢500~max¢15,000
④min¢1,000~max¢30,000
これは、shoeごとに変わる。
一回でもそのクラスのmin betより、下を打つと
maxは、ひとつ下のクラスに下がってしまう。
例えば、¢200→¢200→¢100→次のhand からは、max¢6,000ではなく、¢3,000となる。

MONACOが、良いのは客層だろう。
ここMONACOの客の8割りと言えば、
イタリア人だ。
asia系が多いcasinoとは、雰囲気が、まるで違う。
敗ける奴もはんぱない。
casinoの外に停まっているクルマは、ロールスロイスだの、ベントレーだの、フェラーリなんぞである。

*

*

イタリアの大富豪は、その財産の全部をこのcasinoで、
熔かしたそうだ。
その代償として与えられたのが、一生涯のオテル・ド・パリでのRFB。
更に息子が、オテル・ド・パリのコンシェルジュに採用されたとの事。

<ANA パリ行きNH215便>
がらがらでは、ない。
7割りぐらいでしょうか。
人の言うことを聞かない輩は、他にもいるということらしい。
まあ、外務省から渡航禁止が出ている訳ではないし。苦笑)

<パリ・シャルル・ド・ゴール空港>
超厳重警戒かと思いきや、目立つほど、警官はいない。
「私は、何回もフランスに来ている」と言う機内で席が、
近かった人に言わせると、空港より、市内が凄い警官らしい。
あれっ!
税関がない。
その人曰く、「テロで忙しいから、省略!」。
ホンマかいな。
アバウト過ぎるフランス。
お陰で、ニースへの乗り継ぎは、楽々セーフ。
空港ターミナル間を繋ぐ無人モノレール。
フランスも人種は、雑多だ。
時節柄、みんなテロリストに見える。

<もうダメかも?!>
乗り継ぎのニース行きが、とんでもないディレイトだ。
ニースの悪天候らしい。
18:30発の予定が、21:00に変更。
ごめんねmeal voucherが出た。
¢16。
食べる事が出来るのは、ホットドックぐらい。
ホットドック2つにコーラを注文。これが、フランス初の晩御飯だ。
食べた。
見た目通りだ。
まずい。
フランス人は、いつもこんなにまずいものを平気で食べているのだろうか?

あれっ?!
18:30発の便に21:00変更の表示が無くなった。

*

*

ん?!
もう、今日は、飛ばないって事?
じゃ、パリ市内泊。
ヤバイよ、それ、テロ中だし。
ホテルの手配も面倒だ。
そして、MONACOのホテルに連絡も必要。
しかも、空港内free wifiがない。
アメリカは、空港に必ずあるのに!

でも、諦めて移動する人もいない。
21:15頃、突然、放送があった。
ゲートを変えて、出発するらしい。
約3時間遅れで、ニース行きは、出発した。
危なかった。
何やら、波乱の幕開けの予感。

<LE CASINO MONTE CARLO>
どうにかMONACOに到着。
最初の4泊は、フェアモント・モンテカルロ。
3泊は、前だしcompで、タダだ。
聞くと嬉しい事に朝食付きだ。
いいじゃん、SBM。

*

*朝食受付

追加の1泊は、¢379。
朝食は、+¢38。
結構、朝食が高い。
この朝食は、バイキングなので、他のレストランで
単品で食べる事にした。

check inをすませるとそそくさにLE CASINO MONTE CARLOに突撃!
ところが、あれこれとうるさい。
まず、手荷物。
確かに持ち込み不可のcasinoはあるが、
おれっちの鞄には結構大事なbaccarat グッズが入っている。
my 罫線台、昔付き合っていたおねえちゃんの写真3枚、
目薬、リップクリーム、メンソレータム++。
それを鞄から出して、更に、パスポート、財布を持つと
手だけでは持てない!
「だから、ムリだといっただろ!」
多少イラつきそう言う。
そしたら、OK!
これにて、手荷物持ち込み禁止突破。

入場料¢10。
結構、高いな~。
player cardを作る。
場所は、casino内のS.F.E.と言う所。
この場所が、わかりずらい。
baccarat cornerの右奥。
入り口から数えると5つ目の部屋の右奥となる。

天井が、とにかく高い。

*

*

*

*

15m、20mぐらいありそうだ。
天井のステンドグラスもきれいだ。
1889と年号が描かれている。
壁画にも重厚感を感じる。
casino内、全てが美術館といった感じだ。
台の構成は、ルーレット11台、BJ9台、baccarat 6台、
よくわからないtable game 3台。

player card は、通称black card と呼ばれる。

*

*

これを作ると入場料が、明日、以降タダになる。
更に、今日払った入場料も返してくれるとの事。
いいじゃん、black card。

shoeは、Beeだった。
日本製angel eyeではなくて、少し残念。
cardは、初めて見たFournier(フルニエ)社製、made in Spainと
スペードのエースに書いてある。
chipは、ビスケットとツルツルすべる俗に言うおせんべいchipだ。
おれっちは、このおせんべいchipは、好きではない。
ツルツルすべるから高く積めない、バシッ・ドンと音をたててbig betが打てない。

squeezeが、ないのでgameは、早い。
初日は、70hand打ったのに、play時間は、28分と言われてしまった。
マジかよ?!
one hand 平均24秒決まりとなる。
これでは、compのpointは、貯まらない。
同じturn overを打つのなら、他のcasinoで打った方が、
断然、得となる。
ざっくり言えば、Las Vegasの4割り程度しかcompは、付かない。
compに厳しいplayer、compにうるさいplayerは、ここMONACOは、避けた方がいいだろう。

*

*

<restaurant LE TRAIN BLUE>
casino内restaurant
MONACOの伝統を感じるF1 classic carの模型。
見事に店内と似合っている。
がしかし、フィレステーキは、旨くはない。

*

*

*

*

<どうして同じ数字なんだよ!>
成績、compの把握が、まるでポンコツである。
その日の成績、compは、翌日の7:00にならないとplayer cardに
記録されない。
つまり、それまで、compも増えない事になる。
尚且つ、average bet,time of game,comp point(ここでは、creditという)
を聞いても、まともな答えが返ってこない。
見てもらいたい。

*

*

右が、11月22日PM4:00に聞いた数字。
左が、11月23日PM3:30に聞いた数字。
何とaverage bet,time of gameに全く前日と同じものを書いてきた。
playしてんだから、time of gameが、全然、増えていないなんてあり得ないだろが!
と突っ込むと上から数字を直した。

で、ちょっとあーだ、こーだ言ったら、
退場扱い。
何だこれ!ムカつく!
おれっちは、何も悪い事は、していない。
ただ、権利として、数字を確認しただけだ。
たかがそれに、対応出来ないシステム&ポンコツmanagerが、悪いに決まっている。

言ってしまえば、ここは、雰囲気を楽しむ所である。
天井のステンドグラス、壁画、建物外観・・・。
gameの条件は、ハッキリ言って悪い。
シャカリキにgameをする所ではない。
そして、天井なんて、大きなbetが、ハズレた時に見るぐらいしかない。

イラッときた時は、注意した方がいい。
大概、敗けが込む。

<ドイツへ中抜け>
MONACOに4泊して、ベルリンに2泊。
戻って、オテルド・パリにホテルを変えて2泊。

*

*

<last 2hand>
ここMONACOでcompに期待するのは、間違いだろう。
となると、本戦勝負となる。
compを期待しないなら、handは、少なくていい。
最終日は、この出で立ちで、オテルド・パリから出撃。

*

*

2handしか、打たないと決めていた。

今、敗けは、¢10,900。
2handで、取り戻すには、¢4,000勝ち→¢8,000勝ち:
合計¢12,000勝ち。
総合計+¢1,100を狙う。
しくじれば、▼¢14,900。
約194万円だ。

いつものようにPのツラを待つ。

PPPP
B
P
BB
PP
B
P
BBB
PPPP

Pの足が4目で揃った。
客は、3人。
皆、手が止まる。
おれっちの経験では、足が揃うと多くのplayerは、
少額のbetで、切りに行くか、フリーハンドである。
しかし、ここMONACOは、フリーハンドが出来ない。
誰かが、betしないとgameは、止まったままになる。

おれっちは、足が揃うと切りに行かずに伸ばす派である。
このPは、伸びる!

しばらくの間の後にPに¢4,000bet!
betが、入るとサクサクcardが出てくる。
タメが、ない。
ドキドキする間もなく、結果がでてしまう。

結果は、P5:B2。
危ない決まり手だった。

¢4,000の勝ちに気を良くしていると、
ツラは、進んでいた。
BBB
PPPPPPP
7目まで進んでいる。
出遅れ感もある。
俗に言う「飛び込み自殺」もある局面だ。

「行け!行っちゃえ!」
Pの8目に期待して、Pに¢8,000bet。
今度は、3人ともにP張りだ。
cardは、サクッと出るが、厳しい展開。
P:2+1=3
B:3+8=1

ここMONACOは、色々考える前にcardが、出てしまう。
Pの3枚目は、10。
あちゃー!

でも、まだ、2つ勝っている。
picture 来い!

出た!
Bの3枚目は、1 だった。
やった!
Pは、3で勝った。
2hand で、¢12,000勝った。
累計でも、プラスだ。
うれしー!!

少々はしゃぐとたしなめられてしまった。
ここMONACOは、勝っても敗けても、皆、おとなしくplayするのである。


以上

ps.
MONACOの罫線。
こんなに長いツラが、よく出るのかも?!

*

*

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

Caesars Palace

プルマン・リーフカジノ

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

THE STAR  ザ・スター シドニー

リゾート・ワールド・セントーサ

クラウン

リスボア

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT