リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*ラスベガス

ローローラーのベガス 2011年最初で最後の旅打ち(その5)

Written by TAHARN

投稿日:2011/02/04

コメント(0 件)

*

Casiono Report

べガス4日目、カジノ三昧はひと休み。レンタカーを借りて、郊外にドライブに出かけます。今回利用したのは「Enterprise Rent-A-Car」。金曜から月曜までの「Weekend Special」を利用すると、一日わずか$9.99~。平日でも小型車なら$24.99と格安。べガスはバスやタクシ-が高いので、人数が集まればレンタカーが断然お得です。道は広く、道路標識も整備されているので、初めて米国で運転する人でも問題ないでしょう。

フリーウェイを50分あまり東へ。全米一の規模を誇るフーヴァーダムに到着。1930年代、世界恐慌後に一大公共事業として建設されたダムです。日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカ人は皆学校で習うらしく、思い入れの強い場所のようです。週末ということもあってか、観光客が押し寄せています。近くで見るダムはとにかくデカイ!フーヴァーダム一つで日本の全ダムの貯水量を上回るとのこと。想像以上のスケールでした。ダム内部を見学できるツアーもありますが、N氏S氏はさっさとカジノに戻りたい様子。骨の髄までバクチ打ちです。現地滞在3分でべガスへ。「Boulder Highway」を通り、街道沿いのカジノを覗きながら戻ります。

ダム近くの「Hacienda」は、巨大ホテルを備えたローカルカジノ。客は100%地元民。年配のプレーヤーが多く、のんびりした雰囲気が漂います。BJのミニマムベットは$3から。ハウスルールも悪くありません。同席したお爺さんは元軍人で、近所の退役者コミュニティーから週3~4日遊びに来ている、とのこと。「べガスのストリップはうるさくて嫌いだ。地元のカジノが一番だよ」と話してくれました。退職してカジノ三昧の毎日、理想とする老後です。羨ましいなあ…

まだ午後の早い時間。客の少ないクラップスではテーブルを半分に仕切り、ミニサイズでご開帳(「フーヴァーダムクラップス」と名付けました)。普段は「サイコロが届かないから…」とシューターを渋る妻も、「これなら大丈夫かも」とやる気。地元客に交じって楽しく投げ、プラスで終了。

べガス近郊にこういったローカルカジノは30軒以上あります。どこも空いていて、ディーラーは皆フレンドリー。ハウスルールはストリップよりもプレーヤーに有利。ミニマムベットも低い。レンタカーでローカルカジノ巡り、おすすめです。


ダウンタウンに戻り、夕食。「California」のカフェへ。ここはハワイの日系人客が多いカジノで、日本風ハワイ料理を出します。我々は「サイミン(ハワイ風ソーキソバ?)」と「ベントー(牛テリヤキとスパムフライをご飯に載せたもの)」、連日の肉料理が辛くなっているN氏S氏は「スシ(太巻きと稲荷セット)」と「フライドサイミン(ヤキソバ)」を注文。安っぽいスシの持ち帰りパックを「うまいうまい!」と食べる二人。日本では見向きもしないものが旨い、と思えてしまうべガスって…

腹ごしらえ後夜の勝負。我々が宿泊する「Gold Spike」に、夜だけオープンする「Sexy BJ」なる台があります。ブラとホットパンツの、露出度の高い格好のおねーちゃんがディーラー。巨乳がよく見えるよう、踏み台に乗ってディールします。S氏が興味駸々。いつも奥さんが一緒で、お色気関係はご法度の恐妻家ですが、今回は初めての一人旅。「こんなんできるのは今回だけですから!」いそいそとテーブルにつきます。セクシー系には前日痛い目にあっているので気が進みませんでしたが、私とN氏もお付き合いで座りゲームスタート。

おねーちゃん、ディールは未熟ですがノリがよく、自分がバストすると客と一緒に「イエーイ!」と喜んでくれます。N氏と私は全くいいところなく、早々に退散しましたが、S氏は良い流れ。おねーちゃんとハイタッチしたりしてゴキゲン。早くカジノを移りたい我々を尻目に1時間以上も打ち続けます。
「イヤー楽しかったわ~!」こんなに嬉しそうなS氏の顔を見たのは初めてです。よかったね。

もう一勝負、「El Cortez」へ。クラップス、自分で投げるのはどうも調子がよくないので、上手そうな人に乗ることにしました。我々の経験では、ノリの良いオバチャンにロングシューターが多い。テーブルにはちょうどにぎやかなオバ3人組が。よし、オバチャン頼むよ!

オバちゃん一人目は2ポイントゲットといいスタート。二人目のオバチャンが神がかりでした。一発ポイントゲットを皮切りに、全く7を出さずに連勝街道ばく進。カムもバンバン取ります。オバちゃんが投げるたびに大歓声。チップはみるみる増えてラックに入り切れないほどに。一人で30分は投げ続けたでしょうか。セブンアウト時には周囲から祝福の拍手が。自分で投げて勝つよりも、コバンザメの勝利の方が嬉しいものです。「俺も人を見る目があるなあ…」。大マイナスが続き「もう帰りたい」と弱音を吐いていた妻も復活。幸せな気分でカジノを後にしました。

4日目収支 +$888 トータル +$379

*

*サイミン

*

*ベントー

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! リゾカジsnsって何? 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

プルマン・リーフカジノ

クラウン

THE STAR  ザ・スター シドニー

ジュピターズホテル&カジノゴールドコースト

リゾート・ワールド・セントーサ

Caesars Palace

リスボア

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT