リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*マカオ

二度目のオフ会、二度目のバカラ、初めての水晶宮

Written by マリタイム

投稿日:2017/12/05

コメント(14 件)

*

Casiono Report

皆さん、こんにちは。マリタイムです。
2017年11月25日のマカオ・グランドリスボアオフ会に参加しましたので投稿します。

「この飛行機は、あと何分で着陸しますか?」
11月24日(金)、関空発香港行きの香港エキスプレス航空の機内で、現地時間16時35分を過ぎた頃、通路を通りかかったCAに尋ねました。
「20分ほどで着陸します。」

CAの答えは、予約済みの香港空港17時00分発マカオ行きのターボ・ジェットに乗れないことを示すものでした。オフ会に先立つ今夜の中宝さんディナーは、モナリザに19時25分に集合して、予約手配したタクシーに皆で乗って店へ行くことになっています。一方、同時刻までに私が現れない場合は、待つことなく出発してくださいとも伝えてあります。着陸後は時計をにらみながらの行動になることを覚悟し、まずはトイレで用を足し、席に戻る際に、本来は不要の入国カードをもらい、記入をしました。

着陸は17時13分。タラップを降り、バスでターミナルへと向かいます。ターミナル内のターボ・ジェットのカウンターには、同35分に到着しました。予約内容を印刷した紙を示し、飛行機の到着遅れで乗れなかったことを伝えますが、料金の払い戻しは不可、次の便(22時発)への振替も不可(たとえ可であったとしても、ディナーには間に合わないため利用しない)と言われてしまいます。女性スタッフから上環の信徳中心の地図を渡され、予約便の支払い済料金を上環-マカオ便の料金に充てることができる(あるいはできる可能性がある)ので、現地の窓口で再度、紙を示すように言われました。

幸い入国審査はすぐに通過。同55分発のエアポートエキスプレスに乗ることができました。香港駅到着後、国際金融中心を抜け空中歩道を歩いて、団体客でごったがえす信徳中心のターボ・ジェットの切符売り場へ到着しました。が、窓口上部の電光掲示板に表示されている販売可能な最も早い便は21時00分や21時30分発になっていました。

「話にならない。」そう感じ、すぐに、以前に一度利用したことのあるスカイシャトル(ヘリコプター)の切符売り場へ行き、19時00分発(実際には機体の到着遅れで05分発になると係員から説明がありました)の切符を購入します。カード決済の用紙にサインする際に金額が4,300香港ドルになっているのを見て、前(2011年2月は3,100香港ドル)より値上がりしていることに気づきました。団体客で混雑する出国審査を何とか18時55分に通過し、無料のドリンクとお菓子を備えたスカイシャトル待合室に入ります。グラスに入った上品そうなゼリーを平らげ、さらに少しでも元を取ろうと、冷蔵庫から350ミリリットルの缶入りスプライトとシュウェップスを取り出し、ズボンの左右のポケットに入れます(笑)。また、紙パックのりんごジュースはジャケットの内ポケットへ入れ、さらにリッツに似たお菓子3袋をポシェットに放り込みました。

しばらくして旅客定員12人のヘリは10人の客を乗せて、予定より遅れて19時15分に離陸しました。香港島の海岸線に連なる明かりの曲線が綺麗です。ズボンのポケットに入れた缶ジュースの冷気が足に伝わり、ヒンヤリとします(笑)。聞いたところでは、このヘリは、たまに落ちるそうですが、今回は(実は前回も)待合室からジュースとお菓子を持ってきているので、遭難しても3日くらいは生き延びることができると思いました(爆)。

外港のヘリポート着陸後、荷物を受け取り、入国審査を終えたのが19時35分。ディナーへの参加が少し遅れますが、リスボアに寄って荷物を預けていこうと思い、地下道を通って無料バス乗り場へ行きます。しかし、以前と様子が変わっており、バスも停車しておらず、待っている人も少なかったため、タクシー乗り場へ移動します。店の名前と住所を拡大印刷した紙をドライバーに見せ、直接お店に行くことにしました。降車する際に料金メーターの表示が52パタカのところ、ドライバーに60パタカと言われました。細かいお金も持っていたと思いますが、薄暗い車内でちょうどのお金を用意するのも面倒だったので、手元に用意していた60香港ドルを手渡し、おつりも要求せず、タクシーを降りました。

「贏到粥」澳門河邊新街278號豐順新邨第三座地下M,K舖

入店時刻は20時04分、おかげ様で4分の遅刻で済みました。グラスにはまだ飲み物は入っておらず、乾杯に間に合いました。ご挨拶を兼ねて、皆さんに到着までの経緯を話しました。19人全員が出席し、2テーブルに分かれてのディナーとなりました。私の右隣りの席がリゾカジマスター、その隣はJun524979さんでしたが、待てども待てども2人が注文したコーラは出てきません。そこで「実はスカイシャトルの待合室からスプライトとシュウェップスを持ってきたので、それを飲みますか?」と言って、二人のグラスにスプライトを注ぎました。なお、コーラは最後まで出てくることはなく、おかわりにシュウェップスも投入。そして、スプライトの空き缶は退店時までずっとテーブルの上(Jun524979さんの席の前)に置いたままでした(笑)。

料理は、冬瓜をくりぬいた鍋とステンレスの鍋の二つをコンロにかけ、エビや貝、野菜などの具を入れて、ゆでて食べます。最後は、冬瓜鍋はおかゆ状態になり、ステンレスの鍋はうどんが投入されました。また、鍋とは別に出てきたワサビ鳥(鶏肉のワサビ和え)もおいしかったです。ステンレスの鍋の残り汁は絶品で、これを飲んだので今年の冬はインフルエンザには罹らないと思います。中宝さん、ヤーロさん、お世話くださり、ありがとうございました。ディナーの申し込み時に費用がどれくらいになるか誰も尋ねませんでしたが、会計は一人330パタカ。なお、集金時に誰かがおつりを取り忘れたのか、店への支払い後もお金が残っため、ヤーロさん預かりとなりました。

*

*貝と海老

*

*冬瓜鍋

リスボアへは路線バスに乗って戻ることになりました。くるくるさんとは店で別れ、バス停まで移動すべく、皆で歩道をポンテ16方面へ歩いていきます。途中、おそらく観光客で利用する人は少ないであろうと思われる陸橋を上がり、そして降り、18人がだらだらと進んでいきます(笑)。バス停に到着すると、すぐにバスがやってきました。中国語のできる方が「18人分の料金をまとめて払います」と運転手に告げて、ヤーロさんがさきほどの預かり金から人数分の料金を支払いました。どこへ行っても中国人観光客の数の多さに圧倒されることの多い昨今、ひさびさに日本人観光客の存在感を示せて感慨深いものがありました(笑)。

バスの中では、1人が「コーラがタダで飲めるところがある!」と言い出し、リスボアにまだ着いていないのに4人がバスを降りていきました。また、別の2人は、リスボア前のバス停に到着したにもかかわらず、バスを降りようとしません。2人を乗せたバスは、そのまま東の方へ走っていきました。

「はい、じゃあ、水晶宮に行きます。」と言って、ヤーロさんが降車した人を先導します。私は、リスボアホテルにチェックインするために、フロントに向かいました。自室に入り、椅子に座り、スカイシャトルの控室から持ってきたリッツに似たお菓子3袋を食べ、しばし休憩。用意も整ったので、いよいよカジノに行くことにしました。

エレベーターでロビー階に降り、モナリザに入場し、エスカレーターを上がります。すると、何とバカラのテーブルはなく、手前は空きスペース、奥の方は机といすを並べた飲食スペースとなっていました。
「モナリザが無い・・・。」
なぜこんなことになっているのか理解できず、入場した時とは別のエスカレーターで向こう側へ降りていくと、そこは水晶宮でした。
「モナリザと水晶宮は繋がっているんだ。」
昨年12月には、気づきませんでした。場内を回りましたが、日本人団体の姿は見当たりません。ようやく中央部のバカラテーブルにGジャンにマスク姿のディナー参加者を見つけました。声をかけると、
「皆さん、もう部屋に引き上げられたと思いますよ。僕は、打たずにはいられないので、こうして打ち続けているのです。」とのこと。しばらく、横に座って見学しました。そして、時計をにらみながらのマカオ入りとなったことや、モナリザでプレイできないことを考慮して、今日はバカラをするのを控え、新口岸の足行楽へ向かいました。45分のボディーマッサージを選択しましたが、はずれの人に当たってしまい、痛いだけで時間が過ぎました(苦笑)。帰りに、日曜の昼食に利用しようと思っているポルトガル料理のカルロスの場所(足行楽とは大きな空き地を挟んで向かい合っている)を確認して自室に戻りました。

25日(土)は起床後、再度、新口岸の足行楽へ向かい、45分のフットマッサージを受け、次にカフェ・エ・ナタへと向かいます。が、人手不足で水曜日は休みで、月、火、木、金は朝8時30分開店し16時30分閉店、土、日は10時開店し18時閉店になると書かれていました。通算10度目のマカオ訪問で初めてカフェ・エ・ナタへ来たのに残念です。おいしそうだったので近くのElysee Bakeryに立ち寄り、チョコレートパン、クロワッサン、リンゴパイを買って帰り、自室でコーヒーを入れ、朝食としました。

*

*カフェ・エ・ナタの告知

*

*Elysee Bakery

いよいよ、今オフ会の行事であるGレーシングシミュレーターを体験するため、11時に水晶宮に集合しました。マイクロバスでポンテ16へ移動し、シミュレーターの台数の関係で3組に分かれて、まずは練習体験です。前、右、左の三面のモニター映像はCGですが、本物のマカオグランブリのコースになっており、壁や車同士でぶつかると運転席に衝撃が走る仕様になっています。画面を見ながら、①アクセル、②ブレーキ、③ギアの切り替えを行うのですが、(1)見る、(2)判断する、(3)操作する、という作業をスムーズに継続するのはなかなか難しかったです。私は、「次は右~、しばらく直線でギアアップしてください」といった具合にkurutoさんに声でナビゲートしてもらいました。名前の公表は控えますが、「よしっ!大分、慣れてきた!」と期待させるようなことを言っておいて、本番ではスタートと同時に逆走し、うしろで観ていた人たちを爆笑の渦に陥れた方もいました(笑)。結果は、1位、りょうくんさん(唯一の5分台)、2位、はるっぴさん、3位、meiさん、となり、以上の方が商品獲得となりました。皆さん、おめでとうございます。

そのあと、建物17階のホテルのスイートルームとクラブルーム、13階のデラックスルームを見学しました。バスアメニティーは、スイートルームはエルメス、デラックスルームはロクシタンでした。

*

*Gレーシングシミュレーター体験1

*

*Gレーシングシミュレーター体験2

*

*Gレーシングシミュレーター体験3

そして再度バスに乗り込み、グランドリスボアへ。
13時からSJM主催の食事会となりました。SJMを代表してアレックス氏が挨拶をし、乾杯、参加者の自己紹介と続きます。
私は
①昨年のクリスマスオフ会に続く2度目のオフ会参加であることや
②昨年のオフ会での自己紹介で「今回、初めてバカラをやりましたが、まだ勝ちがない(5連敗)です。SJMの皆さん、勝たせてくれないと、最初で最後のモナリザになってしまいます。」みたいなことを発言して、あとでエレンさんに「マリタイムさん、そんなこと言わないでください」と怒られた(笑)ことや、
③その後、立ち直って、1万香港ドルのプログラムを570香港ドルのマイナスの収支で終え、帰国後、レポートを書いたら1万円のギフト券が当たって収支がプラスに転じたこと(詳細はレポート「初めてのオフ会、初めてのバカラ、初めてのモナリザ」を参照ください)、などを話しました。
なお、今回の食事会では、エレンさんは私の右隣りの席でした(笑)。


昨年の食事会の料理は中華でしたが、今回は洋食で、前回よりもおいしかったです。
ザ・キッチンのお料理だそうで、「これならお金を払って食べてもよい」という人もいました。乾杯のお酒も良いものが出されていたようです。ステージに用意されたケーキには今月が誕生日のウォンバットさんが入刀し、皆でお祝いをしました。
ビンゴゲームでは、私はテーブルで2番以内、全体でも5番以内の完成となり、我々の第3テーブルが一番早く6人が完成となり、各人300パタカのミールクーポンを頂きました。
人道人間さんが「ミールクーポンがあるんだから、SJMのレストランに行けばいいじゃない。リスボアタワー3階のポルトガル料理の店Guinchoのバナナパンは食べといた方がいいよ」というので、明日の昼食はカルロスを止めGuinchoに行くことにしました。
そこでマイクを握り、参加者を募ると最終的に自分を含めて6人が参加することになりました。言ってみるものですね。
最後に記念撮影をして食事会は終了。グランドリスボア特製のバックも参加者全員にプレゼントされました。

*

*会場案内

*

*ケーキ入刀

*

*ザ・キッチンのお料理

*

*記念撮影

*

*グランドリスボア特製のバック

さあ、水晶宮でバカラです。
プレミアムゾーン(だったかな?)という名前のカウンターに行き、会員証と16万円を提示し「1万香港ドルのノンネゴチップ、日本円ホールド」と告げると書類の作成に入り、男性係員に連れられキャシャーへ。
一般客に交じり列に並んで、しばらくして空いた真ん中の窓口で手続き開始と思いきや、この手続きは左端の窓口でなければできないらしく、そちらが空くのを待ちます。
昨年は、エリートワールドワイドへの入会と、1万香港ドルのノンネゴチップの発行手続きをすべてエレンさんがやってくれて、自分はモナリザ1階の椅子に座って待つだけだったのに・・・。
やっと窓口が空き、男性係員と窓口の女性係員が何度もやり取りして、提示されたレシートを見ると、日本円10万円を香港ドルに換え、ノンネゴチップに充当するようになっていました。
そこで、ボールペンで日本円16万円を1万香港ドルのノンネゴチップに、余りは香港ドルに換え、日本円はホールドと記入して返しました。すると理解してくれたようで、1万香港ドルのノンネゴチップと713香港ドルを受け取ることができました。
円高なので15万円でも大丈夫だったかもしれません。


時刻は16時、ミニマム500のテーブルで勝負開始です。内容は以下のとおり。

(第1Q)
      掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第1回   500  ×   5    6  
           ↑
           バンカーに賭けて負けたことを示します。

第2回   500      7    2   ×
第3回   500  〇   7    6
第4回   500  〇   1    0
第5回   500  ×   8    9
第6回   500      2    7   〇
第7回   500      5    1   ×
           休              ← 賭けずに様子見。
第8回   500  〇   9    0    
第9回   500  〇   9    3     
第10回  500  〇   8    3     
第11回  500  〇   8    1
第12回  500  〇   6    5
第13回  500  △   3    3
第14回  500  ×   4    6

16時30分になり、部屋へ戻りました。8勝5敗1分け。
ノンネゴチップ2,500香港ドルを使用し、キャッシュチップ3,825香港ドルを獲得しました。なお、キャッシュチップは受け取り次第、巾着に入れ使用することはありません。

部屋でチップを数えた後、まだ行ったことのないビックボスサウナに出掛けました。冷水、暖水、熱水の三つの浴槽とサウナがあり、熱水の浴槽で温まった後、ショルダーマッサージを受けます。
これが、ものすごく気持ち良くて、残っていたGレーシングシミュレーターの酔いも緩和されました。テレビで、サッカーのアジアチャンピオンズリーグ決勝第2戦(祝!浦和レッズ優勝)を見ながら、頭と足もマッサージしてもらい、最後に免費のチャーハン(青菜炒め付き)を食べ、入場料899パタカ + マッサージ208パタカ × 3 = 1,523パタカ を支払いました。
入場料が高いので、入場料が免除されないメニューのみを利用される方は、ご注意ください。日本語のできるベトナム人マネージャーもいて、頼めば領収証も出してくれます。


「よし、自分も頑張るぞ!」と思いながら水晶宮に戻り、21時40分に第2Q開始です。

(第2Q)
      掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第15回  500      1    2   〇
第16回  500      7    6   ×
第17回  500  ×   0    9     
           休   0    9
第18回  500      9    2   ×
第19回  500  ×   0    3
           休   7    7
           休   7    1
第20回  500  〇   6    5
第21回  500  ×   6    8


21時55分終了。2勝5敗。ノンネゴチップ2,500香港ドルを使用し、キャッシュチップ975香港ドルを獲得しました。
調子が悪いので、途中3回も様子見をしました。でも、通算では、若干のマイナスに留まっています。

26日(日)です。
6時45分に不夜天に行き、まだ中に入れてくれなかったので、水晶宮でバカラを見学していたら、ミニマム100や200のテーブルを発見しました。オフ会参加者と同じテーブルで賭けなくてもよいのであれば、こっちのテーブルでやればよいと気づきました。朝食後、モナリザ側からエスカレーターを下り、左奥のキャシャーの前のミニマム100のテーブルで8時10分に第3Qを開始しました。

(第3Q)
      掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第22回  200  〇    8    6
第23回  200  〇    7    0
第24回  400  〇    6    3
第25回  200  ×     7    8
            休    6    9
第26回  200       5    7   〇
第27回  200       0    5   〇
第28回  400       4    8   〇
第29回  200        3    1   ×
            休    5    6
            休    5    1
第30回  200        1    8   〇

ここで終了カードが出て、テーブルが閉鎖に。好調だったので残念です。
連勝すれば次は倍賭けするというルールで、第24回と第28回は400を賭けて、どちらも勝利しました。倍賭けと言っても、前日は一度に500を賭けていたのですから気は楽です。
また、通常は、勝った側が次も勝つという前提で賭けますが、第30回については、直前のゲームで逆転負けを喫して気落ちした大陸人のおじさんとは逆の側に賭け、見事勝利しました。おじさん、ごめんね(笑)。となりのミニマム200の台に移ってプレー再開です。

      掛け金 勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第31回  200  ×     0    2
第32回  200        4    2    ×
第33回  200  〇      9    8
第34回  200  ×     5    6
第35回  200  ×     9    7
           休      4    5
第36回  200        1    1    △
第37回  200        7    9    〇
第38回  200        5    9    〇
第39回  400        8    6    ×
第40回  200  ×     1    9   

8時52分終了。10勝8敗1分。
ノンネゴチップ1,800香港ドルを使用し、キャッシュチップ2,350香港ドルを獲得しました。
この後は、室内プールで泳ぎ、部屋に戻り、シャワーを浴びます。
11時30分過ぎにチェックアウトし、荷物を預け、12時に水晶宮に集合。りょうくんさん、マンタカさん、meiさん、ウォンバットさん、さいたまさん、私の6人でGuinchoへ向かいます。
皆、ランチの3品コースを注文しましたが、パンやデザートもあるので2品コースでも充分だったと思います。
料理もバナナパンも別のパンもおいしかった。あと、ウェイトレスが可愛いい。ただ、デザートを食べ終え、会計を済ませたら14時30分になっていました。食事は手短にして、すぐにカジノに戻りたい人には向いていません。5人の方々、お付き合いいただきありがとうございました。

http://4travel.jp/overseas/area/asia/macau/macau/restaurant/10414995/

*

*バナナパン

*

*お料理

*

*デザート

水晶宮に戻り、14時48分から第4Qを開始しました。

(第4Q)
     掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第41回  200  ×   3    8
第42回  200      1    9   〇
第43回  200      7    8   〇
第44回  400      8    9   〇
第45回  200      0    8   〇
第46回  400      9    5   ×
          休    8    2
第47回  200  ×   0    9
第48回  200      7    0   ×
          休      9    8
第49回  200  〇   7    2
第50回  200  ×   4    9   

15時25分終了。5勝5敗。ノンネゴチップ1,200香港ドルを使用し、キャッシュチップ1,190香港ドルを獲得しました。
第46回で400にベットアップして初めて負けました。第45回からディーラーも変わったので、流れが変わったと感じ、賭けを切り上げました。

リスボアホテルから外港行きの無料バスに乗ります。秋晴れのさわやかな天気で、窓から入る風が心地よかったです。
外港フェリーターミナルから今晩泊まるレジェンドパレスホテルへは歩いていきました。リスボアホテル等へ向かう無料バス乗り場は、フェリーターミナルから海立方カジノへ通じる陸橋(「空調行人天橋」というそうです。)の下に移転していました。

ホテルにチェックインして自室(223号室)に入ってびっくり!
エントランス2畳、パウダールーム3畳、キッチン4畳半、ダイニング8畳、リビング10畳、ベッドルーム10畳、クローゼット(バスルームへの通路を含む)5畳、バスルーム(洗面、シャワーブース、トイレを含む)7畳。部屋の数と広さに圧倒されます。
おまけに専用の庭まで付いています。エクスペディアで予約して、スーペリアダブルまたはツインルーム、キングベッド1台、禁煙、16,620円(税・サービス料込)という条件だったのですが。ドアの内側に貼ってある避難経路図を見ると、2階の客室のうち220号室から223号室までの4室がこのタイプで、ほかの部屋はエントランス、リビング、ベッドルーム、バスルームのみの構成で庭なしのようでした。
初めての客だから、広い部屋を当ててくれたのでしょうか。なお、ミニバーは有料、バスアメニティーは、ロクシタンです。
部屋の中や庭をチェックした後、テーブルの上に巾着の中のチップを全部出して数え、通算でノンネゴチップ8,000香港ドルを使用し、キャッシュチップ8,340香港ドルを獲得したことを確認しました。獲得したチップをそのまま巾着に入れていたので、枚数が多くてかさばり、巾着をジャケットのポケットから出し入れするのに苦労しましたが、最後の勝負をするため、再度、水晶宮へ向いました。

*

*寝室

*

*寝室からリビング、ダイニング、キッチンを臨む

*

*

グランドリスボアで無料バスを降りて、連絡橋でリスボア側へ移動していると、誰かに「マリタイムさん」と呼び止められました。ようふぁんさんです。
お互いの博打の状況を報告し、残り時間での健闘を誓い合いました。17時48分、キャシャーの前のミニマム100のテーブルで第5Qを開始しました。


(第5Q)
掛け金  勝敗 バンカー プレイヤー 勝敗
第51回  200      9    5   ×
第52回  200  〇   6    5   
第53回  200  〇   6    1
第54回  200  〇   3    0
第55回  200  ×   4    9
           休   9    0
第56回  200  △   7    7
第57回  200  ×   3    8
           休   9    1
第58回  200  〇   8    3   
第59回  200  ×   5    8   
第60回  200      2    6   〇
第61回  200      6    7   〇
第62回  200      4    8   〇
第63回  200      6    7   〇
第64回  200      7    9   〇
第65回  200      8    3   ×

終盤ということもあり、無理はせず、連勝後でもベットアップはしませんでした。
一度にやると時間がかかり、次のゲームの開始が遅くなるので、各ゲーム終了後に、50香港ドルチップ10枚、100香港ドルチップ10枚という具合に、保有しているキャッシュチップを500香港ドルや1000香港ドルのチップにカラーアップしていきます。
私の右側には、中国人の60歳くらいのおばちゃん軍団7人ぐらいが陣取っていたのですが、巾着からチップが次々と出てくるので、「こいつ、いったいどれだけのチップを持っているんだ?」という視線を投げかけられ、やがて1人が口を開きました。

おばちゃん「お前、どこから来たんだ?」
マリタイム「ジャパン」
おばちゃん「ジャパンのどこだ?」
マリタイム「オーサカ」
おばちゃん「オーサカ、オーサカ、ホニャララ。」

私にすれば1万香港ドルプログラムのノンネゴチップがキャッシュチップに変わっただけなのですが、そんなことを知らないミニマム100テーブルのおばちゃんにとっては、すごい数のチップを獲得していると見えたようでした(笑)。
ここでディーラーが交代したので、トイレ休憩。テーブルに戻り、いよいよ最後の1,000香港ドルのノンネゴチップを両替し、勝負を再開しました。

第66回  200  ×   8    9
第67回  200      8    7   ×
           休   3    9   
第68回  200      8    8   △
第69回  200      8    0   ×
           休   8    0
第70回  200  ×   1    5
第71回  200      8    1   ×

18時59分終了。9勝10敗2分。ノンネゴチップ2,000香港ドルを使用し、キャッシュチップ1,760香港ドルを獲得しました。
通算では、34勝33敗4分。ノンネゴチップ10,000香港ドルを使用し、キャッシュチップ10,100香港ドルを獲得しました。
第5Qは途中5連勝などもあり、頭の中はアメリカンフットボールの試合でセーフティーリードを得たチームがランプレーで時間を消費しながら攻撃をしているというイメージでしたが、実際は100香港ドルしか浮いておらず、最後に5連敗を喫してしまいました。
翌日、香港空港でお土産にふかひれスープ105香港ドル×2個を買ったのですが、最後のノンネゴチップ1,000香港ドルで一つでも勝っていたら、ふかひれスープがあと2個買えたのにと思いました。
第66回から第69回にかけて引き分けを挟んで3連敗をしたので、次は様子見をしたら、バンカーが連勝と裏目に出ています。まあ、駄目な時はこんなものですが。
あと、第54回や第62回で倍掛けしていたら、もう200香港ドル勝てていました(←こういうのを「タラレバ」といいます。)。
カラーアップをしながら、このテーブルで賭けを終える体制に入っていたため、隣のテーブルに移動するという発想が出て来ませんでした。3連敗、4連敗というアカンやつが来ているのだから、これまでの予定や準備を捨てて、最後の1回又は2回の賭けは隣のテーブルに移るべきでした。
そうしても結果は同じであったかもしれませんが、その場合でも、やるべきことをやって駄目だったのだから仕方がないと思うことができます。今度、似たような場面に遭遇した時は、このことを思い出したいと思います。

チップを換金後、プログラム終了手続きに入り、10,713香港ドルをを渡して16万円を返してもらいました。キャッシュバックの80香港ドルも受領。足行楽で体をほぐし、MGM、ウィンで日本料理の店を探しましたが、どちらも寿司の値段が4桁のパタカであったので、リスボアに戻り、江戸日本料理で鉄火巻、新香巻、胡瓜巻を食べました。会計323パタカ。
そして、マンダリンオリエンタルホテルのヴィダ リカ バーでグッド アンド ラッキーというカクテルをいただきました。会計86パタカ。
時刻は23時45分になっていたので、MGMからタクシーに乗り、部屋へ帰りました。会計23パタカでちょうどを支払いました。

27日(月)は朝5時30分に目が覚めたので、まだ暗い中、海立方カジノ、回力カジノ、カーサレアルカジノを散策。
月曜日の早朝にもかかわらず、大勢の人がいることに驚きました。
カーサレアルホテルのフロントに、2階のパナレストランの朝食バイキングを120パタカから80パタカに値下げと掲げられていましたが、7時の開店前であったため、海立方カジノの食堂に行き、好きな麺1種とトッピング3種を選択する30パタカの温かいそうめんを、米粉、骨付き豚肉、しめじ、青海苔の選択でいただきました。庶民的な味でさっぱりしていておいしかったです。
帰りに覗いたレジェンドパレスカジノのバカラは、ミニマム300と500が中心で、ミニマム100の人力のルーレット(シングルゼロ)もありました。

部屋に戻り、シャワーを浴び、休憩後、チェックアウトして、港へ向かいます。
出国手続きの後、出発時刻と行先、ゲートを示す電光掲示板のところへ行きますが、出船時刻は5分刻みのはずですが、39分とか46分とか半端な時間が表示されています。
昨年は、ゲートの表示も間違えていて(実際は乗船ゲートを変更していたのに、変更前のゲートを表示したままであった)、クリスマスで混雑する通路を大きな荷物を抱えた客が何人も萩本欣一のコントのように右から左へ、左から右へと駆けていく光景を目にしました。相変わらずのようです。
帰りは、ターボジェット、エアポートエキスプレス、香港エキスプレス航空便を乗り継いで、遅れることなく帰国しました。なお、乗り遅れた香港空港-マカオの予約便の料金をマカオ-上環便の料金に充てることは不可でした。

ここで、SJMについて意見を述べます。
リゾカジ内のモナリザの広告には「ローリングチップ10000HKDの購入からOK!」と書かれていますが、数行下には「宿泊は別でも20,000HKDから気軽にプレーができます。」と書かれています。
これについては、昨年、ケン氏にメールで10000HKDが正しいことの確認を取った上で、クリスマスオフ会へ参加申し込みをしましたが、今もそのままになっています。
また、期間限定宿泊プログラムの適用期間が「注1:宿泊期間:2017年3月31日まで」のまま更新されていないことは、今回、他の参加者も口にされてました。
「日本語が話せるスタッフが常時待機!」については、実際は「常時」ではありません。
最近話題になったホテルルームの代行予約サービスの会員価格が税・サービス料込なのか別なのかも明示した方がよいと思います(実際は表示されている会員価格のみで宿泊できます)。
今回、モナリザに行ったらテーブルがありませんでした。
たかが1万香港ドルデポジットの私が言うのも何ですが、VIP待遇どころか、その逆です。
モナリザを閉鎖したなら、その旨をすぐに広告の冒頭に記載すべきしょう。オフ会の開催でリゾカジメンバーが来るのが分かっていながら、そういうことの必要性を感じない。というか前述のとおり、この広告自体が半ば出しっ放しなのです。
そういうテキトーさと、オフ会にザ・キッチンの料理を出す気前の良さとが同居しているのがSJMの現状です。
そういう理解で付き合えば、ストレスも少ないと思いますが、リゾカジ事務局もしっかりコンサルトしてほしいと思います。(広告については、2017年12月3日現在の内容を記載)

今回、個人的には、予約した船に乗れない、モナリザがないといった事態に見舞われても、きちんと対応できたこと、そして「大負けしない」と次の段階の「負けない」をクリアできて良かったです。噂の外港フェリーターミナルの3階は次回に散策したいと思います。持ち帰ったお金で、今年はパナソニックの炊飯器を買おうと思っています。

最後にオフ会をお世話いただいたリゾカジマスターさん、ヤーロさん、アレックスさん、ケンさん、エレンさん、もう一人の女性の方(昨年も今年もテーブルで我々と一緒に食事をされてました)にお礼申し上げます。
記憶力は良いのですが、顔と名前が一致するのは遅く、参加者の皆さんには何度もお名前を確認しました。この点については、今回、そして今後ともご容赦ください。
それから、中宝さん、次も食事会の開催をよろしくお願いします。皆さん、またオフ会で、お会いしましょう。

*

*鉄火巻、新香巻、胡瓜巻

*

*グッド アンド ラッキー

*

*レジェンドパレスホテル

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全14 件)

2017/12/06(Wed) 12:27くるくる

マリタイムさん、

こんにちは。

アレ?、私も贏到粥から路線バスで皆さんとご一緒にリスボアまで帰りましたよ。

長文力作のレポート、旅の思い出を振り返ることができて楽しかったです。

私も週末にはレポートUPの予定です。(^O^)/

2017/12/06(Wed) 12:28中宝

待ってました。

すごいですね、ちゃんと勝って帰られたのですね。素晴らしいです。
100hkドルの勝ちは立派な勝ちですから!

お寿司ですが、「金富寿司」さんというところを、グランドエンペラーの日本食の店長さんに
推薦されています。布鲁塞爾街63號にあります。(店の位置は確認済み)
12:00〜15:00、18:30〜22:30が営業時間です。
そんなに高くなくて、ちゃんとしたお寿司がいただけるところらしいです。
実はまだ私は行ってないのですが、次回行ってみるつもりです。

最初のヘリコプターから始まって、
波乱万丈の旅、本当におつかれさまでした。
また遊びましょう。

2017/12/06(Wed) 12:55マリタイム

こんにちは。

申し訳ありません、くるくるさんも路線バスに乗ってましたか。
次は、カジノテーブルでもご一緒できたらと思います。

くるくるさんレポート、楽しみにしてます。。(^O^)/

2017/12/06(Wed) 13:15マリタイム

こんにちは。

中宝さん、前回に引き続き、たいへんお世話になりました。
バカラは、先行逃げ切りで2-0で勝つつもりが、9回裏に1点返されて、
何とか後続を断ったという感じです。(汗)

「金富寿司」、次回、使わせていただきます。
今後とも、現地情報の紹介よろしくお願いします。

2017/12/06(Wed) 13:46マンタカ

マリタイムさん

その節はありがとうございます。
昼食では、本店星付きレストランにてご一緒出来たこと、大変良かったです。

カシノではご一緒しませんでしたが、勝てて次回も来られるようですね!

今回総じて勝利した方多かったように感じ、あらためて共闘は攻守が冷静に判断出来て素晴らしいとも思いました。

次回は8月お盆も行きます。来年オフ会も参加した際はよろしくお願いします(^ ^/

2017/12/06(Wed) 20:32りょうくん

マリタイムさん

オフ会勝利おめでとうございます。
小生は中盤半千切りもやむなしの所にいき、終盤自ら作ったP13ツラで水面行きましたが、欲が出て結局若干マイナスにて終了しました。
レーシングゲームは3組目だったことと、meiさんにナビいただいたのでまぐれで優勝しちゃったようなものです。

2017/12/06(Wed) 20:59マリタイム

マンタカさん、こんにちは。

オフ会、そして昼食会ではお世話になりました。
Guinchoは、あんなに時間がかかると思わず、申し訳ありませんでした。
でも、ミール・クーポンのおかげで、よい経験ができました。

パカラは勝つには勝ちましたが、辛勝ですので。
次にお会いした時も、よろしくお願いします。

2017/12/06(Wed) 21:14マリタイム

りょうくんさん、こんにちは。

オフ会、そして昼食会ではお世話になりました。
P13ツラですか。
いつも、勝った方が次も勝つという前提で賭けているので、
いつか僕も、そういうのを経験してみたいですね。

僕は、レーシングはマイペースで走っていたら、追突されてスピンしておりました。(笑)
次にお会いした時も、よろしくお願いします。

2017/12/06(Wed) 22:41Jun524979

マリタイムさん

スプライトとシュウェップスをご馳走になったJun です。その節はありがとうございました。

マリタイムさん、見事、勝利での帰還おめでとうございます(^_^)私も何とか勝って帰ることができました。

あのスプライトは、待合室で、必死に入手されたスプライトだったんですね。コーラが来なかったので助かりました。

初めての参加でしたが食事会、オフ会ともに本当に楽しくて、またご一緒する時を楽しみにしております(^_^)
Jun524979

2017/12/06(Wed) 23:01マリタイム

Jun524979さん、こんにちは。

数年に一度の、香港から空輸したスプライトがお役に立って何よりです。
次の食事会はコーラ持参でお願いします(笑)。

お互い、勝てて良かったですね。
経験したことはありませんが、大勝するより僅差の勝利の方が、
次も緊張感をもって臨むので、良いのではと思います。

またお会いした時も、よろしくお願いします。

2017/12/08(Fri) 10:12ヤーロ

マリタイムさん

レポートありがとうございます。
投稿お待ちしておりましたが、これほどの力作とは・・・
幹事としてマリタイムさんにレポート作成をお願いしたことは間違いなかったと思います。
これからもよろしくお願いします。

今回のオフ会楽しかったですね。
中宝さんグルメツアーに始まり、レーシングシュミレーション、パーティもいつになく豪勢でした。
また、皆さんの成績もかなり良かったようで、ほんと良かったです。

私の今回の驚きは、何と言っても食事会に参加するために香港からヘリで駆け付けたマリタイムさんの行動力です。元々、この食事会はマリタイムさんが掲示板でリクエストされてから始まった企画だったとはいえ、天晴でした。私も躊躇なく、そのような行動ができたらなあと思いました。

食事会は正直、ドタキャンの方もいるだろうなと思っていたのですが、19名全員が参加という結果にも驚かされました。この企画はシリーズ化しそうですね。
→中宝さん、これからもお願いします。

レーシングシュミーレーションも盛り上がりましたね!!
私もですが、みなさん夢中になっていましたね。
これも続編あり?
りょうくん、唯一の5分台、素敵です。

レポートからは本当にマリタイムさんが楽しまれたことが分かるので本当に嬉しいです。

一方、集合場所に指定していたモナリザルームが閉鎖されていたり、日本語を話せるスタッフがいないためにご迷惑をおかけしたことは、お詫び申します。
また、グランドリスボアでのオフ会と言いながら、日本円でのデポジットができないということもありました。今は、できるようになったようです。
今回の気付いたところは、幹事からもリスボアスタッフに伝えております。

あと、何人かの方から「次のオフ会は?」と聞かれました。
現状、次のオフ会予定を検討しておりますので、決まり次第告知させていただきます。

今回、多くのご参加者様、ありがとうございました。
次回以降も楽しいオフ会にするように頑張ります!!

ヤーロ

2017/12/08(Fri) 14:15マリタイム

ヤーロさん、こんにちは。
前回、そして今回と色々お世話になりました。

調べてみたら、香港エキスプレス航空は、香港からの便が12時50分に着いて、折り返し、
13時25分に関空を発つようになってて、もともと定時出発は無理ですね。
でも、20分遅れて出発したんだから同じ時間遅れて到着すればよいのに、
香港到着は一時間以上遅れるし・・・(苦笑)。

次回は、多少、高くてもマカオ直行便とか、前泊とか考えたいと思います。
というか、4300香港ドル払うのに比べたら、何やっても安い・・・(苦笑その2)。

リゾカジマスターが、オフ会参加者は、あまり負けないと言ってましたが、
今回もそうだったみたいですね。
私も他の人のレポートを読んでいろいろ勉強させていただきます。

あと、編集の方、横になっていた写真を縦に直していただいてありがとうございました。

現地でも言いましたが、グランドリスボアパレスが完成したら、
施設見学会を兼ねて、オフ会をやってもらえたらと思っています。

また、マカオでお会いしましょう。





2017/12/15(Fri) 10:41カトキチ

マリタイムさん、二度目のオフ会での鮮やかな勝利、おめでとうございます(^-^)

前回のリスボアオフ会でご一緒させていだだいた、カトキチです。

堅実なプレーを、常に冷静に自己分析しながらされていた様子、また、オフ会行事を楽しまれた様子が文章から溢れ、非常に楽しく拝見しました。

上環からのヘリは、何度か利用したことがありますが、私の場合、ともすれば
「ヘリ代の分取り返すぞー!」
と、バカラ卓で熱くなってしまうことも多々あります。
(こういう場合の戦績は、ご想像と通り芳しくないことが多いです)

マリタイムさんは、そのようなこともなく、カジノもリゾも楽しまれていて、さすがと思いました。

今回は、予定が合わずオフ会参加できませんでしたが、また、いつかオフ会で、お会いできるのを、楽しみにしております。(^-^)

2017/12/15(Fri) 13:56マリタイム

カトキチさん、こんにちは。

前回のリスボアオフ会では、お世話になりました。
カトキチさんとご一緒したモナリザのバカラテーブルがなくなってしまい、残念です。

私が考えていたのは、
中宝さんディナーに参加できない → バカラで勝てない → 今回は何をやってもダメだ
という悪循環に陥らないようにすることです。

もともと、「カジノをいわしたる」みたいな考えは全く持ってなくて、
逆に「いかに負けないか、精神的に崩されないか」を常に考えていて、
そのための修行にカジノへ行っています。(笑)

カジノはお金の取り合いをするところですので、
肉体的、精神的によい状態で入りたいと。
そのためには、ヘリを使うことも構わないと。
ヘリは4300香港ドルの定額ですが、
カジノの負けは、それを上回る可能性もある訳ですから。

マカオも10回目になり、少しずつ楽しめるようになってきました。
また、お会いできる日を楽しみにしています。
コメント、ありがとうございました。(^O^)/




▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

プルマン・リーフカジノ

リゾート・ワールド・セントーサ

フライデークラブ

リスボア

メガラックカジノ in 済州KALホテル

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

FlashGame

リゾカジ SNS

PROJECT NEXT