リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*シンガポール

RWS 情報

Written by GORO

投稿日:2018/03/30

コメント(0 件)

*

Casiono Report

3/20~25までシンガポール・ゴルフ&カジノに行ってきました。

1.カジノ

宿泊は20,000SGDをデポジットしてRWSのホテルマイケルにカジノレートで格安で泊まりました。
マキシマムズクラブは4男前に比べると人が多く、平場のような雰囲気でビックリ。
客が多いせいか、ビールは8SGDを取るようになっていました。たかが8ですが、その位サービスすれば、と思いますよね…。ルーム内のレストランは無料ですがマズくて食べる気にならず…。

小生はBJ専門ですが、禁煙フロアでは2卓のみしか設置されておらず、アジア系のカジノはバカラ中心になったことを改めて実感。当然、ハウスエッジが少ないので、ローリングプログラムは適用されません。
RWSのコンプは以前に比べてシャビーになったとの噂がありましたが、まさにその通りで、平均ベット50~200SGDで20時間以上プレーしましたが、部屋のコンプにはポイントが足らない、とのことで1泊分のコンプもありませんでした。
まあ、小生はコンプ狙いでカジノに行くわけではないので、止む無しと納得。
BJはカタツムリのシャッフリングマシン。好きではありませんが、これも止む無し。
ルールはノーホールカードのオーストラリアタイプ。ソフト17スタンド、いつでもダブル可、スプリットは4枚まで、Aのリスプリット不可、サレンダー(除くA)あり、です。
しかし、OBOかと思ったらOBBOなので10への対処に注意が必要です。


2.戦績

今回は初日△1,500程度からスタートしたものの、2日目に▲3,000、3日目に▲3,000と絶不調に陥りました。

考えてみると、2日目の最悪のゲームから怒涛の負けが始まりました。
それは、ディーラーのアップカード5に対し当方はA。その後Aが来てスプリット。これは勝ちとウフフ!
しかし、何とA、更にAと引き、AAとAAになり、唖然、茫然。
それでも、ディーラーは5だからBUSTに期待したものの、6、10と返され21・・・。
これが負けパターンのスタートとなりました。

最終日、4時間くらいしか時間がない中で、良いパターンで▲4,500を▲3,000程度まで取り返したところに、ベトナム人の若いネーチャン3人が30,000SGDをテーブルに放り投げ乱入。彼女たちはベット金額が1,650SGDとかでデカく半端な額なので、勝負ごとにディーラーの計算に時間がかかりプレーの進行は遅いことこの上なし・・・。
時間がないのでイライラして、テーブルを移ったら流れが止まり、結局▲3,500で終了となってしまいました。
まあ、この程度の負けで済んで良かった、というのが率直な感想です。
それにしても、あの高額ベットのベトナムの若いネーチャンは何者だったのか…?


3.ゴルフ

シンガポールのセントーサ、ジョホール(マレーシア)のホライゾンヒル、バタム島(インドネシア)のサウスリンクスで3ラウンドして来ました。

セントーサは良いコースですが、キャディなしのセルフで初めての小生はハザードの位置が分からず苦戦しました。
ホライゾンヒルも良いコースですが、クルマなので入出国の手続きに時間がかかりました。
サウスリンクスは比較的簡単なコースで、シンガポールからフェリーで1時間少々で行くことが出来ます。入出国もあまり時間を取られません。

詳細がお知りになりたい方は、ご質問ください。

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! 初心者のためのカジノ

メガラックカジノ in 済州KALホテル

プルマン・リーフカジノ

フライデークラブ

リスボア

リゾート・ワールド・セントーサ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

PROJECT NEXT