リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*アジア

マニラ2018年4月(OKADA、NewWorld)

Written by ちろりん長兄

投稿日:2018/04/26

コメント(0 件)

*

Casiono Report

こんにちは、ちろりん長兄です。
4月のど平日にマニラに初めて行ったのでレポートします。
こちら施設レポート編です。旅行記は別途書こうと思います。

■旅の概要
・日程:2018年4月 火曜-木曜のど平日3日間
・行先:マニラ@フィリピン
・宿泊:AG New World Manila Bay Hotel(旧ハイアット)
・為替:1ペソ=2.1円弱 ※なかなか円高でした。

■AG New World Manila Bay Hotel(旧ハイアット)
・立地はマテオ地区のど真ん中なので徒歩で大抵のところにいけて便利です。
 ・両替のEDZENや、某LA喫茶までも徒歩数分なので便利でした。
 ・セブンイレブンが100メートルおき位にあります。
 ・付近の治安はアジアの繁華街の一般並みと感じました。
  アジア特有の、狭い歩道いっぱいの人や悪臭、物乞いはいますが、男性なら大体大丈夫でしょう。
・近くに何でもある反面、道が狭くて一通も多いので渋滞がえげつなく、タクシー移動には不向きです。
・ホテル自体や部屋はさすがに綺麗で日本人スタッフもいてよいです。
・シャワーのお湯出力◎、アメニティ◎、エアコン◎(弱がちゃんと弱)
・現地で仲良くなった人の出入り時など、セキュリティがちゃんと仕事をしていました。
・プール:未使用ですがビルに囲まれて思いっきり日陰になっていました(笑)
・食事:食べていません。

■Casino Philipino
・↑のホテル併設のカジノで、かつてはマニラ最大規模だったようです。
・フロアは2階、3階が平場で5階がVIP。
・平場でちょろちょろBJをプレイしただけですが、ど平日でもありお客さんの入りはホドホドでした。
・バカラの卓は10卓くらい立っていました。
・BJは1卓でMIN300ペソ。どの時間でも開いていました。
・ディーラーの腕はまぁまぁですが、一人めちゃくちゃ遅い男がいてイライラしました。
・カジノカードを作ろうとしてスタッフに聞いたら無いと言われました。
 ホントか?と思ったのですがスロットをしているお客もカードを挿している形跡が無かったので
 あきらめました。VIPフロアにはあるのでしょうが。
・ルーレットは00がなかったです。
・時間によっては生バンドもいて、食事とお酒を楽しむ人は結構いました。カジノより盛り上がっていた気が…

■Okada Manila (ホテル)
・アルゼの岡田社長の名前を冠したIRで、まだ拡張工事中のようです。
・立地は空港のすぐ西側で、すぐ隣にソレアが見えます。
・カジノ入り口がど派手なピンクで、桜を模した装飾などもありインスタ映え抜群です。
 いたるところでいろんな人が写真を撮っていました。
・噴水ショー?がアピールされていましたが、おっさん2人で見る気にならず見ていません。
・宿泊していないので部屋はわかりませんが。工事の遅れで部屋数が少なく満室の日も多いとの事です。
・1800ペソくらいのビュッフェがかなりイケていて、種類が多くて楽しいしどれも美味しかったです。
 (ただし、「オカダスペシャルティー」は甘過ぎて飲めたものではありませんでした)

■Okada Manila (カジノ)
●平場
・ワンフロアでだだっ広いカジノを見渡せて、天井も高くてかなりいい感じでした。
・が、ど平日な事もありお客さんが少なく、広さが逆に寂しさを倍増させていました。
・真ん中のハイリミットエリアにもほとんど人もおらず、寂しさはさらに倍です。
・アルゼだしスロットに力が入っているかと思ったのですが、品揃えはまぁ普通です。
・高さのある椅子で後ろから音が出るタイプのスロットが好きなのですが、
 ブリトニースピアースとゲームオブスローンが3台ずつあるだけでした。
・ただ、あまり他所で見たことの無い、アルゼ製の台moon wolf?があって結構楽しかったです。
・バカラのミニマムは多分500ペソ。BJは500ペソ、ルーレットは100ペソ。
・BJはあまり人気が無く、時間によっては0卓でした。
・意外にもクラップスはいつ行っても卓が立っていました。MIN500ペソだったと思います。

●ポーカールーム
・平場にあるというポーカールームはおそらく全く卓が立っていないのでは?
・VIPルーム横のLT Pokerというところにもありました。
・なかなか広いですがこちらも22時で2卓しか立っていませんでした。
・ホールデムは1卓で200/500。メンツはセミプロが多い感じでフィッシュは早々に退散しました。

●VIPルーム
・OKADAクラブという名前で平場の外にあり、正面入り口に向かって右サイドにあります。
・なかなか広くてちょっとしたカジノの平場くらいあります。
・ど平日なので、こちらも寂しい感じです。
・全般的にディーラーはフレンドリーで会話も楽しめました。日本語を喋るディーラーはいませんでした。
・バカラはペソのほかに香港ドルも使えます。MINはペソで5000,10000,25000で、コミッションテーブルもあります。
 5000ペソは大体閉まっています。
・25000以外はフリーゲーム無しです。
・BJはMIN2000-MAX40000ペソが1台だけで、大体閉まっているので、プレイするときは空けてもらうことになります。
・食事評価。ミニバーガー:マックよりはうまい。点心:うまい!お勧め。えびチャーハン:イマイチ。キムチチャーハン:普通。
・エアコンが強くて長時間いると長袖シャツでもちょっと寒かったです。ジャスミンティーを頼むとポットで出てくるのでそれで暖を取っていました。

それでは

*

*OKADA CASINO前

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! 初心者のためのカジノ

メガラックカジノ in 済州KALホテル

プルマン・リーフカジノ

リスボア

フライデークラブ

リゾート・ワールド・セントーサ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

PROJECT NEXT