リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*ラスベガス

どうせ死ぬなら、腹〇死!

Written by 龍次

投稿日:2018/05/01

コメント(0 件)

*

Casiono Report

最近、成績が悪いです。
MACAUで7連敗。
「もう来ないぞ!!」
と毒舌こいて、さよならしてきました。

おれっちは、どこで死ぬの?
「最期は、natural 9を絞って卓で死にたい。」
これは、鳥取県のIさんが、よく言う言葉だ。
本気でそう思っている。
皆、相当いかれポンチだ。

どうせ死ぬなら腹〇死!

最期は、MONACOかLas Vegasだろう。
8月に予定をそれぞれ組んだ。
まずは、Las Vegas。
相性がいい。
つまり、通算でプラスだ。
 
アップグレード
搭乗口でボーディングパスを出し、
それをANAの地上乗務員が、機械に掛けると

「ブーッ!」
Errorになります。
ちらっと、Sydneyでのトランジット失敗を思い出す。
搭乗口を間違えて、乗るはずの飛行機は、もう、行っちゃった
と言う記憶です。
「少々お待ちください。」
あれこれ確認している。

ありがとうございます。
Cにアップグレードになりました!
Luckyな予感です。

*

*

ビニー/信じる男

機内映画は、これを観た。
話は、ボクシングだ。
何故かLas Vegasに行く時には、ボクシングの映画を観ることが多い。
内容は、どれも似ている。
でもOKだ。
Tensionがあがる。


Spa ロッカーナンバー

無事にLas Vegas到着。
まずは、massageだ。
ロッカーナンバーは

81番
8+1= natural 9 を連想させて、いい感じ。

*

*

VENETIAN 36204室

部屋は、今回、VENETIANの36204室。
Penthouseだ。
ホテルのsignが、すぐ隣だ。


*

*

*

*

PAIZAもある。
シャデリアも他のフロアと違う。

*

*

 UNKNOWN

おれっちは、2007年1月にメルボルンのクラウンcasinoで、
初めてangel eyeに会った。
それ以来、毎年、どこかでお目に掛かっている。
今回、PALAZZOでディスプレイにcardを示すべき所に
cardの画像ではなく「UNKNOWN」と言う文字が出た。
P左から10、7、UNKNOWN
B左から UNKNOWN、10
ここの表示は、
P→7
B→0
Pが、勝ったように見える。
がしかし、ディスプレイのメイントレンドは、last handが、
赤丸である。
つまり、B win。
実際は、どうだったか。
P→7+7=4
B→7+10=7
Pに3枚目がでて、「10」。
→7+7+10=4
B winである。
UNKNOWNは、たまたま、2枚とも7であった。
皆さんは、見たことがありますか?
おれっちは、初めて見たので、画像を撮ろうとしましたが、
NGでした。

 
先にバンコミを払ってくれ

Las Vegasでは、one handごとにバンコミを払わなくてもいい。
shoeの最後にまとめて払ってもOKだ。
ところが、VENETIANのsalon(VIP、但しpublic)で、同じ卓の隣のインド人が、
※鉄火勝負となった。しかも、何故か、ハウス目のBに$3,000 bet。
ここで、cardが出ない。
(※≒all in)
Dealer:まず、バンコミを払ってくれ。
betの$3,000から、バンコミを引いていいか?
インド人:まだ、負けたと決まった訳じゃない。嫌だ。
長引く。
Supervisorも登場。
おれっちは、考えた。
次のhandは、※純目が出る。
(※メイントレンドで見て素直な方⇔ハウス目)
つまり、インド人は、負けるのだ。
Dealerもsupervisorもそれを知っている。

こっそりと反目のPに$1,000 bet。
どうしても、$3,000 betを崩したくないインド人は、
漸く、シブシブ、バンコミをcashで払った。
cardが出た。
P:おれっち→ピク+ピク
B:インド人→ピク+3
Pに3枚目が出た。
脚あり。

がしかし、最低の「4」だった。
Bにcard
脚はあるようだ。
まだ、投げない。
恐いのは、7,8,9,10
鉄火勝負、絞りも真剣だ。
時間が、掛かる。
Two sideにしたい。
その後は、早かった。
マークが、クラブだからだろう。
出てきたのは、

クラブの「10」。
インド人の鉄火勝負は、僅か「4」に負けてしまった。
Dealerとsupervisorは、このhand で、
インド人が、負けるとわかっていたのだろうか?

友人のsupervisorに聞いてみた。
「わからないですよ。
ただ、負けた後にcashがなくて、バンコミを払えないと
こっちも面倒なので、鉄火勝負の時は、先にバンコミをもらいますね。」
ふ~ん、そうか。
でも、お陰で$1,000儲かった。LMAO
 

ABSINTHE

今回、観たshowである。
部類としては、サーカスとなる。
ただし、18禁だ。
連日、完売とラスベガス大全に紹介されていた。
ABSINTHEとは、アブサンと発音する。
度数の高いリキュールで、中毒性があり、
禁断の酒とされているのが語源だとか。
おれっちは、Las Vegas在住の日本人女性の友人ジェシカと
一緒に観に行った。
象は、出てこない。
エロジョークが、45%ぐらい。
言っている意味は、わからなくても、
適当に一緒に笑っていればいい。
ジモティーのジェシカに聞いてみた。
おれっち:何と言っているの?
ジェシカ:チ○コの話し!
どうせ観に行くなら、最前列をお勧めする。
あれこれ、ステージに引っ張り揚げられる。
ジェシカも選ばれた。
ジェシカは、ステージ中央の椅子に座る。
二人の男性の観客が、ボディータッチありのダンスでジェシカに
アピールをする。
そして、ジェシカが、どちらが、うまかったかを判定すると言うものだ。
このshowは、通好みなのか、観客は、ほぼほぼnon Asiaだ。
ステージに揚げられた客は、二人ともダンスがうまい。
特に腰の振り方が、うまい。

いよいよ、判定。

3・2・1

判定は?
ジェシカは、どちらの肩を叩くか?!

ジェシカは、何と二人の男性の股間を同時にぎゅっ!
と鷲掴み!!
場内大爆笑だった。
帰りのlimoを探していたら、showを観た観客から、
ジェシカが、声を掛けられた。
「good job ! 」
hahaha、やっぱり、Las Vegasは、面白い!

*

*

1604から1702へ

今回、どうしてもやりたい事があった。
それは

ブラックライトをangel eye cardに当てる事。
顔見知りのsupervisorが必要だ。
supervisorが、知り合いでないと文句を言われたりする。
卓では、電気製品使用禁止。
このruleに引っ掛けてくると言うのが因縁だ。
でも、ブラックライトの何がいけないのかの理由は、答えられない。
ただ単にルールだから。
果たして何人のplayerが、そんな説明で納得するのだろうか?
何故かの説明が、全く出来ない。
以前も書いたが、angel eye cardには、いくつかタイプがある。
それは、cardの数字面にブラックライトを当てるとわかる。
 ① ピカピカとおびただしい量の情報が反応するcard
 ② 全く何も反応しないcard
 ③ 上2つの中間のcard
Las Vegas VENETIAN・PALAZZOのcardはどうか?

③だった。
4桁の数字と正方形と長方形の意味不明の四角形が浮き出てくる。
辛うじてわかるのは、この数字だ。
 ① VENETIANとPALAZZOは、同じ数字のcardを使う。
 ② ある日数字が、1604から1702に変わった。
皆さんは、この数字の意味は何だと思いますか?
おれっちの推理はこうだ。
問題は、②だ。
それは、月曜日の昼ぐらい。
VENETIANは、1604だったが、
PALAZZOは、1702になった。
PALAZZOの方が、gameは、回っている。

つまり、angel eye cardは、週末と平日で番号が変わるのだ。
週末用は、回収モード。
平日用は、放出モード。
おれっちの成績は、こうだ。
1604→マイナス$20,000からプラス$13,000
いきなり金曜の夜にマイナス$20,000まで走った。
土曜日、チョップチョップ(ピンポンorテンコ)の12目が、
出て一気に取り戻す。
でも、良かったのは、そのチョップチョップのshoeだけ。
結局、浮き分は、全て熔かす。
1702→マイナス$20,000をまた、見てしまう。
ここで、頭の中を整理して、仮説を作る。
あとは、その仮説を信じて打つ!

1702は、平日cardだろう。
だから、放出モード。

素直な目が出る。
今回のlast shoeは、凄い団地(または、だんご→PB共にメイントレンドで下に落ちて、くっつく)。
Bに$5,000 bet。
Las Vegasでの都市伝説を先日big playerに教えてもらった。
Public(個室以外)で、勝ちたいなら、one betは、
$5,000以下でないと勝てない。
自分なりに自分のplayを思い出す。
前回のB 10連勝は、betが、全て$5,000。
一方、以前one hand $20,000は、負けている・・・。
この都市伝説は、合っているのかも知れない。
タマ頭になった。
Pは、ハウス。
先に反対サイドのPを開けさせる。
2+4=6
微妙な数字。
おれっちは、いつものように、1枚を開いて投げ返す。
パチンと音を立てて。
Spade K
もう1枚は、まったりsqueeze。
今回も完全縦一本絞り。

「Number(≒脚あり)」
途中解説付きだ。

Not ten

次に、マークが、縦にすぐ続いたら、9だ。

Cardを押し込む。


出た!
ダイヤの9だ。
マークが、とがっている。
バチンッ!
と音を立ててcardを卓に開いた。
「wooOOOW!」
他のBにbetした中華系player
そこにhostが丁度、来た。
「nice ですね。今、いくらありますか?」
chipを数えたら、丁度、startと同じ$80,000まで戻していた。
少し考えた。
もう、settlementまで、あまり時間がない。
大人の対応をした。
settlementだ。

*

*deposit

*

*settlement

1604から1702の仮説をしっかりと確かめたい。
MONACOは、angel eye cardではない。

急遽、MONACOは、キャンセルだ。
Las Vegasに変更した!
やらいでかっ!


続く

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全0 件)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! 初心者のためのカジノ

マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

リスボア

プルマン・リーフカジノ

メガラックカジノ in 済州KALホテル

フライデークラブ

リゾート・ワールド・セントーサ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

PROJECT NEXT