リゾカジ カジノレポート

前の投稿リストに戻る次の投稿

*シンガポール

星の港でひょっこりはん

Written by かぶ

投稿日:2018/07/28

コメント(10 件)

*

Casiono Report

前回のレポート「星の港は気高く輝く」はもう既に7年前。
その間もマカオ行ったり韓国行ったりシンガポール行ったり、新しいところではオーストラリア行ったりしていました。
しかし「面白いイベントがあった」「勝った(せめて負けなかった)」という条件を満たすものがほとんど無いのです……。
ちなみに大体は後の条件に引っかかっているという(爆)。
イベントだけなら例えばこんな感じ。
韓国で朝、始発で余裕で間に合うと思ってたら電車がなかなか来ない。
見ていたのは反対側車線の時刻表だったので、結局ギリギリになりソウル駅を全速で走った。
(ちなみにこれは「魂(ソウル)の疾走」とかいうタイトルをつけようと思ってました)
あるいはメルボルンだともらったクーポンでスロットやったら画面一面同じ絵柄で埋め尽くされ$200ゲットした。
いや、ヨメがね。
書こうかと思ってもどうしても負け戦は筆が乗らん!
……てなわけで今回久しぶりに条件を満たしました。
毎度長文ですが最後までお付き合いくださいませ。

2018/7/13(金)
近年恒例になった海の日辺りのシンガポール。
ヨメの仕事もあり夕方便で向かいます。
去年ギリギリ到達したJALのプレミア会員のおかげでファーストクラスカウンターでチェックイン。
ファストレーン、自動化ゲートと、旅慣れた感じだけは醸し出しつつファーストクラスラウンジへ。
でもまあ貧乏人としてはカレー食えれば幸せなので、あまり関係ないかも。行きはとりあえず和食。
23時50分に無事着陸しました。

0時過ぎに入国。親指の指紋を取られます。
以前使ったことがある市内ホテルへのシャトルバス乗り場があるはず。女性職員らしき人に聞いてみます。
地下にある、とのことで向かうと……ありました。前と違い、自動発券機となっていました。
ひょっとしたらターミナルも違うのかもしれません。
私達の泊るペニンシュラエクセルシオールはもう無い、とのことなのでヨメがフェアモントを選択。
……あれ?目の前にもホテル無かったっけ?
いつも名前を忘れてしまう「グランドパーク・シティホール」でした。しかもその方が早く出発する。
しかし時既に遅し。変更もキャンセルも効かないとのことでそのまま待ちます。
予定の0時53分には来ず、ちょっと不安になりながら待っていたら1時過ぎにバスが来ました。
すぐに出発しますが、市内のあちこちをグルグルと回り、フェアモントの前に着いたのは結局1時50分頃。
ペニンシュラエクセルシオールまで歩いて、チェックインしたのはもう2時でした。
さすがに疲れたのでシャワーも浴びずに爆睡です。

*

*右から穴子・平目・太巻でした。

*

*4台並んでいるのが自動発券機(クレカ可)。柱の向こうにカウンターもあります。ちなみに一人$9です。大人数ならタクシーの方がいいかも。

2018/7/14(土)
それでも9時半頃起床し、シャワー。ヨメがコンビニで買ってきたサンドイッチを食ってから11時頃出発します。
今日は土曜。「アーケード」も午前中で閉まってしまうのでその前に両替しなくては。
1駅なので歩いてもいいのですが、昨夜見かけたシティホール駅の新しい出入口を試したいのでそちらへ。
道を挟んだ反対側から入れるため、ほんのちょっと地下が長い、即ち涼めるということですね。
南北線でラッフルズプレイスへ。
超有名施設「アーケード」をウロウロ。最初の店で0.01215と言われましたが……探してみるもんです。
0.012155の店を見つけました。ちょっと脇道に入ったところで、新店なのかな?「FIAT MONEY CHANGER」。
20万円が$2431になりました。最後の「5」が効いて、$1得しました(るん)。
ヨメも3万円両替。

まだ腹も減ってないので、南北線でマリーナベイを経由し、サークル線でベイフロントへ。
12時ちょっと前にマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)に到着。
私たちは喫煙者ではないので、1Fの喫煙フロアから2Fの禁煙フロアに上がろうとします。
ところがいつもの近くのエスカレーターが工事中でクローズ。
奥のエスカレーターで上がります。どうやらフロアの半分(1/3くらいかな?)を改装している様子。

さて、近頃考えていることですが、どこかで勝負しないと結局はダラダラと負けるだけ。
それならまずは最初にドンと賭けるのもありではないか(そんなのみんな考えてるって?)。
よし、得意種目のテキサスホールデムボーナスポーカー(THBP)でファーストベースに座ろう。
いきなり$100賭けてスタートダッシュだ!
……と心に決めてきたのですが、MIN$25の台しかなく、しかも全てファーストが埋まっている……。
しょうがなく真ん中に座り$500をバイイン。普通にMINの$25で始めます。
ボーナスは77(3倍)が2回くるものの取り立てて増えるわけでもなく、$200負けたところであきらめ。
結構リバーでストレートになったりしたんだけどなー。

次にスリーカードポーカー(3CP)。
マカオ辺りだと全員の清算が終わるまでは賭けると怒られるんですが、シンガポールでは特にそういうこともなく。
郷に入りては、ってヤツで私もさっさとベットしていたんですが……。
ある時、ディーラーがチップボックスから$25チップを拾い上げる。
しまおうとしたのでよく見ると自分のペアプラスのチップが無い!『おいおい』
さてそれからが大変。まずピットボスを呼び、次にフロアマネージャーを呼び、カメラチェックするから待て、と。
でもね、長らく待ってる最中に気付いたんですよ。
大抵はブタなんだから、とりあえずゲーム進めて役出来てたらチェックすりゃいいんじゃね?って。
恐らく回りのおっちゃん達もそんなことを中国語で言ってたと思うんですが取り合ってくれなくてひたすら待ちました。
数分後『OK』とのことで手札を見たら……案の定ブタでした(笑)。
なお、その後は清算が終わってカードが回収されるまでベットを始めませんでした。膾を吹いてますね。
結局$25チップ3枚だけになった時点で終了。

クラップスでもしようと思ったのですが、2Fは先に書いた工事のため台がありません。
1Fに降ります。入りしなに見たときは2台中1台は$10だったのが両方とも$25になっています。ありゃりゃ。
しょうがなく賑わっている方の台で$500をバイイン。
2人目くらいの時に若干プラスになるも、自分がシューターでちょい減らし、その後のコールドでほぼ溶かしました。
なんと$5チップ3枚しか残りません。スタートダッシュが聞いてあきれますね。

しょーがない、ヨメを探してもう出るかと、弱気にウロウロ……している間にも罫線をチラチラ見たりして(笑)。
そう、ここはバカラコーナー。
最初はゴチョゴチョしているものの途中からニコニコで続いている罫線を発見したので座ります。
MIN$150なので$200をバイイン。バカラは短い勝負しかしません。
プレイヤー2目だったのでバンカーに$200。
最初の2枚はP5対B3。やばい。でも祈りが効いたのかP絵札でした。
配られたカードを縦に絞ると……ツノが見えました。最悪はないけど最高もないパターン。
それでもグリグリ絞って点を付けて勝利……でも6半の$100。えーん。
この辺で横ツラになるかと思ったのでプレイヤーに$150行ってみたんですが普通に負け。
もうニコニコで決まりでしょう、とP$150。ドキドキしながらも勝ち。
当然もういっちょP$150。割と余裕で勝ち。
当たり前のようにB$200。
でもなんか気になって、サイドベットのMINを聞きます。$10。
なんとなく両ペアとフォーチュン6に賭けてみます。
するとなんと……6半で勝ち!
本線は$100ですが、フォーチュン6で20倍の$200をゲットしました。ツいてるんだかツいてないんだか。
次も当然B$200。勝ち。ただし全サイドベットは余分でした。
まだPでいけそうだったんですが、サイドベットのために$100チップを崩すのも嫌だったのでここまで。
キリのいいところ($1000)まで、とか思うと大抵失敗するという経験則もありますしね。
$905まで戻せて良しとしましょう。

ヨメいないな~と思いつつ1Fの誰もいないMIN$50のTHBPに座ります。
ここで余ってる$5をジャックポット(JP)で使って1回だけ勝負してみようかなと。
遅ればせながらのスタートダッシュ狙い(ホントに遅い)。
『Aか絵札来い……!』と祈って下から覗くと……「5」でした。やっぱりそうは問屋が卸さないか。
でもまあまだペアがあるしな、と横にずらしていくと……ひょっこりはん!
なんと「5」です。やったね!こんなこともあるんだね!
すかさず$100をベット。フロップでは何も起こらず$50をベット。
ターンも何も起こらず。さすがにハイカードばっかりで怖くなったので最後はチェック。
結局親はナッシングで済んでなんとか勝ちを拾いました。
ボーナスが3倍の$150、本線も$150となりました。
お気づきでしょうか?なんとこれで原点復帰、プラマイゼロ!
いや、喜んでる場合じゃないんですが、それでも嬉しいものは嬉しいです。

ヨメいないな~てなわけで2Fを見に行きます。
もういつ終わってもいい(笑)ので、素直にメール出します。2Fに来るとのこと。
ふらふら~と奥の大小コーナーへ。
大小は前回の数字が何かしら残っているものが好きです。見えている出目の全てがそうなら最高。
そのような台を偶然(?)見つけてしまったので勝負。前回は「235」。
その前も「3」含みの小で大または小が数回続くパターンだったので「3」「小」に$50ずつ。
結果は……「145」の小。「3」は外れて「小」が当たったのでチャラ。
う~ん、そろそろ小が切れそうなので大……となると「5」残りか?
というわけで「5」「大」に$50ずつ。
結果は……来ました!「255」の大!
ダブルなので$150ゲットです。
これで浮いたのでヨメと合流してさっさと引き上げます。

ダウンタウン線で16時ちょっと前にチャイナタウンへ。
とりあえず超絶腹が減ってるので脇目もふらずチャイナタウンコンプレックスへ向かいます。
マックスウェルまですらもちません(笑)。
ホッケンミー($5)とキャロットケーキ(黒)($3)。ヨメはたまり醤油海鮮焼きそばらしきもの($4?)。
ここはビールを売ってる店がほとんどない(今回は見つけられず)のが難点ですね。

その後、中国雑貨を見に屋台街から近くの「裕華国貨」というスーパーへ。
ヨメがポケットティッシュカバーをずーっと探しているんですが、どこにもない(台湾にもなかった)。
近いものはあるんですが……。『もう誰も使わないのかなあ』とちょっと寂しげ。
17時半頃、最近できた「ファーイーストスクエア」を見にいってみます。
「福徳祠」というところにミニ博物館があり、過去のチャイナタウンのジオラマが飾ってあります。

*

*手前左がホッケンミー、右がキャロットケーキ(黒)です。

*

*ファーイーストスクエアにはゲートが3つあります。これはWater Gate。

*

*ジオラマ。なかなか精巧です。

ラッフルズプレイスまで歩き、疲れたので1駅MRTに乗ってシティホールへ。
先ほど飲みそびれたのでコンビニでビールなどを買って、18時半頃着替えのため一旦部屋に戻ります。
何しろTシャツが汗で濡れちゃって……。前回ブギスで4枚$10のTシャツを買って凌いだ経験がここで生きてます。
でもまあとりあえずビールを飲み干した後、案の定一寝入り。2時間ほどしてムクムクと起き出し21時に再出発します。
クラークキー辺りで一杯やろうということで、それならMRTではなくバスでしょ、と147系統のバスに乗ります。
わずか2駅乗った後、ボートキー側に降ります。
考えてみたらこの近くに以前行って気に入った店があるなあ、ヨメもまた行きたいと言ってるし。
ということで21時半頃タイスキの店「TOM YUM KUNGFU」へ。最後にGENERATIONがつけばもっと良いのに(笑)。
2~3人前の「レギュラー」で具材多めの方のセットを頼みます。$50弱。
bakeかboilか聞かれますが、どっちにしろ焼くんだし意味あるのかなあ?とか思った次第(写真参照)。
スープも2種の付けダレも辛く、シンハービール(タイ料理屋なのでタイガービールではありませぬ)が進みます。
大瓶3本いっちゃいました。
さて、当初の目的通りクラークキーでワインでも飲もうか?と向かってみたら、なんと超絶満員!
いつも混んではいますが今日は物凄いことになってます。
良く見たらTVではサッカーW杯の3位決定戦、ベルギーvsイングランドの生中継やってます。
しかも土曜日、そりゃ混むわなということですごすごと引き上げ。
帰りもバスでいい!とのことで12e系統のバスで帰ります。
0時頃戻ってシャワー浴びて寝ました。

2018/7/15(日)
9時過ぎに起床して10時半頃出発します。
昨日と同じルートでラッフルズプレイスへ。
「ラオ・パ・サ」でブランチ。最近食べてなかったのでラクサにしました。
ヨメはカレー食いたい!とのことでチキンカレーセット。
朝から暑い辛いで汗かきますね(笑)。

*

*タイスキは結構具材が盛りだくさん。〆のラーメンまであります。

*

*真ん中で焼いて、外側のスープ(トムヤム)につけて食べます。辛い!

*

*カレーの量がすごいことに。辛さは控えめです。チキンラクサの方が辛かった。

11時半前に歩いてテロック・アヤー駅まで行きダウンタウン線でチャイナタウンへ。
東北線に乗り換えてハーバーフロント。ビボシティに入ります。
最近は$4を浮かすために(爆)ボードウォークを歩くことが多いのですが、今回はちょっとお疲れのためパス。
セントーサエクスプレスに乗ってウォーターフロント駅へ。

この前週に大阪でUSJに行ったのでUSSはどんなものがあるかちょっと観察してみます。
(ヨメがJALのプレミアナイトに当たったんですよ)
全然違うんだなあ、と感心しつつ12時頃リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)に入場。

とりあえず$500をバイイン。
やっぱりまずはTHBP。結構調子が良く$925に。
ボーナスはKK(10倍)と33(3倍)をゲットしました。

メンバーズカードが期限切れということで交換してもらいましたが、前回も交換してるんだよなー。
なんででしょうね?

次に座った3CPも調子が良く、一時は$1300くらいまで行ったものの、最後に連続負けを喰らい$50勝ちで終了。

さて、バカラだ。ここのMINは$200。
横ツラを発見したので座ります。前回Pだったので迷わずB$200。
Pは忘れましたがロースコアで、Bは……「6」。
やばい。もうほとんど結果が見えている。
案の定Pは絵札で、またもや6半。
横ツラならPなんですが、ちょっと嫌な予感がしたので別卓へ移動。
こちらも横ツラの前回P。当然B$200。ついでにバンカーペア$25。
最初の2枚が「絵札+絵札」。やばい。飛び込んじまったか?
しかしペア取れば無問題……と思うでしょ?でもね……男性っぽい額と女性っぽい額がもう見えてたの……。
さて、Pは覚えていませんが、3枚目は縦足からの横フォーサイド。勝つか負けるかの二択。
力を込めての息吹きアンド『チョイ!』。
……はい、抜けました。良かった良かった。
これで今回のバカラは終了としましたが、なんと7勝1敗の好成績。でも6半3回!
ホントにツいてるんだかツいてないんだかでした。

ヨメと合流して通りすがりの大小(MIN$25)で軽く$50勝ち。$1300になりました。

喫煙コーナーを覗きに行きましたが……うーん、やっぱり煙い。
もうクラップスも置いてないし、こっちはもういいかな。

まだやっていなかったスロット(5c)も回してみます。あまり見せ場もなく$50を失いました。
なんかシンガポールのスロットはフリーゲームが来ない感があります。

MBSでは見かけなかった(?)カリビアンスタッドポーカー(CSP)もちょっとやりたくなりました。
ラストベースに座ります。
MIN$25がなくて$50なので二の足を踏んでたんですが、ちょっと勝っちゃってるんで……(笑)。
そんな調子に乗ってるヤツを神様は見逃すはずもなく、キレイに負け。
せめて$1000チップだけはキープということで、$225負けの$1075で終了。
でも途中で見せ場はあったんですよ。
「10」「10」……よしよし……「K」……うん、まあまあ……「K」……え?
緊張感の中最後のカードを横にずらすと……ひょっこりはん!
「K」でした!
見ていたヨメとハイタッチ。しかーし!そうは問屋が卸さない。
親ナッシングでJPの$200のみ。なんだよー!!!
その後ファーストベースのおばちゃんもフルハウスを出しました。
こちらは勝負してもらい7倍の$700をゲットしてました。悔しー!!!

14時半過ぎにウォーターフロント駅からセントーサ駅に戻ります。
実は今回初めてウォーターフロント駅から乗車しました。いつもは行列が物凄いことになっているので避けてたのです。
大抵はビーチ駅まで歩いてから乗るか、上に書いたボードウォークなのでした。
しかし特に当駅でもセントーサ駅でもカードチェックがないため、行きを歩けば帰りはタダなんじゃないか……。
というゲスな考えが浮かんできたのでアリマシタ。参考にするかどうかは読者諸兄次第……。

さて、いよいよ今回の観光のメインに向かいます。
過去の観光で郊外型なら、タイガービール工場とかナイトサファリとかボタニックガーデンとかは既に行きました。
中国庭園もホランドビレッジもタングリンビレッジもハウパーヴィラも行きました。
そろそろ観光ネタも尽きてきたところに嬉しいお知らせが。
ハーバーフロント駅を出て東北線でリトルインディアへ。
そこでダウンタウン線に乗り換え15時半頃キング・アルバート・パーク駅へ。
そう、ダウンタウン線の延伸により行きやすくなったのです。

それが「マレー鉄道鉄橋跡」。
2011年にシンガポール市内のマレー鉄道が廃線となりましたが、線路が撤去された跡がトレイルとして残りました。
一部線路や駅の遺跡が残っています。鉄橋の上では新婚カップルの撮影会などが行われていました。
走っているシーンを撮ろうとしたらしかったのですが、花嫁さんの方が派手にすっころんでました。
あんな石ころだらけのところをキレイな靴で走ったらそうなるわな……。なんとか無事そうだったので良かったですが。
旧ブキ・ティマ駅も見学し、じゃあトレイルを進んで別の線路跡に行こうとしました。しかし……。

*

*鉄橋を下から見るとこんな感じ。

*

*線路が残ってます。

*

*旧ブキ・ティマ駅。駅名標も残ってます。

すぐにトレイルは工事中のために歩けなくなりました。
左右どちらの車道に行っても歩けるようですが……右を選択。
しかしいつまで歩いてもトレイルに復帰しない。
他にも歩いている人はいるのであながち間違いとも決められないが……。
ハイキングコースらしき道と交わるも、まさかこれじゃないよねえ、と通り過ぎる……。
(どうやらその通りで、本来のトレイルは最初の分岐を左に行くべきだったようです)
前を歩いていた若者が左の施設方向に曲がっていきます。後を追って向こうを見たら車が走っている。
『幹線道路に抜けられるんじゃ?』もう廃線跡はあきらめて帰る気満々です。
しかし、学校っぽい施設。でもちょっと違うなあ?なにやら公共の建物の敷地内のよう。
車も建物群のロータリーを走っていただけでした。
「Temasek Club」という、後で調べたところどうやらカントリークラブのようでした。
『こんなところに来た日本人は初めてじゃなかろうか』などと話し合ったりして。
『来た道歩いて戻るの嫌だなあ』と泣き言も漏れる中、ヨメがシャトルバスの時刻表を発見。うーん、できる。
警備員らしき人に『私たちは旅行者ですが、このシャトルバスに乗れますか?』と聞いてみました。
『大丈夫!』とサムアップ。あー良かった。
16時半にクーラーの効いたシャトルバスに乗り込み、来た道をキング・アルバート・パーク駅に戻りました。
当初はビューティーワールド駅まで行こうとしていたのですが、もーいーや、とのことで帰ります。
しかし、MRTで帰るのも芸がないのでバスで帰ることに。
シティホール行きのバスは1系統だけか……と思ったらヨメが『スーパーム?ctってなんだろ?』とか言い出します。
『えーと……シュープリームじゃないの?至高のとかいう意味の……あ!最高裁判所か!ctはコートだ!』
『それならそれでも行けるよ!』ということで何系統か選択肢が増えました。
結局その内の一つ、961系統のバスに17時頃乗ります。
なぜこんな行動を取っているかというと……。
以前ナイトサファリの帰りにアン・モ・キオから夜のバスに乗ったことがありました。
それが郊外の金持ち住宅やらのそばを通ってなかなかステキだったのですよ。
それから結構、乗れるときにはバスにも乗ろう、としている次第。
しかしながら今回は普通の市街地を走るのでいまいちつまらなかったです(苦笑)。
乗車中に気づいたことが。『今日両替しないと空港でやるしかない』
急遽ピープルズパークコンプレックスで降ります。
いつもの両替商(入口に近いところ)で両替しました。
実は隣の方がレートが良かったので行こうとしたら電卓を渡されたので隣のレート0.012195を入力したところOK。
しまった、0.01219にしとけば良かった。
でもまあ$1219.5で10万円になりました。差損はわずか$4。
後100,000円分は念のため軍資金として残しときました。

もうついでだから飯食っちゃおう、と、クラークキーまで歩き18時過ぎ「JUMBO」へ。
予約しといて辺りをふらふら。20分後には入店できました。
カニと炒飯だけでも良かったんですが、せっかくなので$118の2人前セットを頼んでみます。
タイガービールもジャグでいっちゃいます(4杯取れました)。
セットの内容はローストチキンサラダ、青菜のにんにく炒め、炒飯、エビ、チリクラブ、タピオカムース、マンゴープリン。これ結構良くない?
お会計は$181.75。$200出して札だけもらったら$17ありました。どうやら$1コインもあったようです。

*

*回りの黄色いのはなんでしょう?今のところ我が家ではピーナッツではないか、という結論になっています。でもちょっと甘いんだよね。

*

*後ろに見える炒飯にチリクラブのソースをかけて食うのが鉄板です。

*

*デザート2種。美味し!

汗でべちょべちょになったので20時半頃歩いてホテルまで戻り着替えて再出発。
今度はシティホールから東西線のブギス経由で行ってみます。ダウンタウン線に乗り換えてベイフロントへ。
21時ちょっと前にMBSへ。

最後はやっぱりTHBPでしょ、ということで真ん中らへんに座って$500をバイイン。
66(3倍)を2回ゲットしたりしましたが、全体的には調子が悪く、おかわりの$500をバイイン。

ここでいくつかエピソードを。

66ゲットした2回目ですが、ファーストベースの兄ちゃんがこのタイミングだけ$5乗っけてきたんですよ。
ツいてる兄ちゃんだなーと思ってたらその後、アンスーテッドのAQ(5倍)をゲットしてました。
フロップがAKQだったので当然全ベットだったんですが……ターンがKで親もKを持っていたためまさかの負け。
ボーナスが$25ではなく$30賭けていたためトータルでは$25の勝ちだったものの、なかなかな悲劇でした。
後一つ。ちょろっとラストベースに座った兄ちゃんがなんと初手でAA(30倍)!
これが私のやりたいことでした……。スタートダッシュウラヤマシス……。

閑話休題。

チップが足りなくなりさらにおかわり$300。
なんだかんだでチップを$275残し、JPも残り1回分となりました。時間的にもそろそろ最後。
さて……。
『アンテに$50賭けちゃうと本線は最高で$250。ボーナスは$25……それじゃつまらないしもうおかわりも嫌だ。
$25だと最低の勝ちは$50、ボーナスにそれ以上賭けるとトリガミの可能性がある』
などと考えたのかどうか(多分後付けの理屈です)、アンテ$25・ボーナス$50で最後の勝負に挑みます。
『Aか絵札来い……!』と祈って下から覗くと……ハートのA!
『キター!』
ドキドキしながらまず2枚目のマークを確認。……クラブです。
『スーテッドAK(25倍)、AQ/AJ(20倍)はないがAA(30倍)の可能性がある。
AK(15倍)だって悪くないし、この際AQ/AJ(5倍)だって文句は言わない(多分言うけど)』
などと考えたのかどうか(多分後付けの理屈です)、じっくりと横にずらして行きます。
『できれば尖らないかな……』
チラリ。
あれ?この黒いのは?
一気にずらすと……
……クラブのAがひょっこりはん!
『ヤター!!!』
……まあバラすわけにもいかないので、お澄まし顔でベットします。
何も起こらず全ベット。
これで親もAAなら凄まじかったんですが(1000倍)、さすがに何も起こらず。
本線$100、ボーナス$1500をゲット!
『$50か?』とAA兄ちゃんが聞いてきます。そう、この1回だけ$50賭けてたんですよ、と超ドヤ顔。
ひとしきり場が沸いた後カラーチェンジ。スタコラ退散で、結局$575の勝ちで終えました。
ちなみにA+絵札は結局1回も来ませんでした。

今回のシンガポール、最終的には$1250の勝ちとなりました。うう、幸せ。

22時半頃、ダウンタウン線で大急ぎでチャイナタウンに向かいますが、さすがに両替商のあるビルは閉まってました。
ちょうどやってきた12e系統のバス。もう知っている番号なので飛び乗れてラッキーでした。
23時頃部屋に戻って、翌日は早いのでシャワー浴びてから寝ます。

2018/7/16(月)

5時15分に起床してチェックアウト。
6時2分シティホール発の東西線の始発で帰ります。タナ・メラで乗り換えて7時前にチャンギ空港へ。
JALカウンターでチェックイン後出国。いつの間にか自動化されてました。
入国時に取られた指紋がこんなとこで役に立つとは。

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)で両替します。
0.01238だったので$1857が15万円にかわります。5万円の儲け(+$300弱)が出ました。
しかし$22.5の差損はちょっとでかいか?
とは言っても昨日あれ以上両替していたらAAもなかったわけで、うーん、痛しかゆし。
ヨメも2万円戻した上に免税店でロクシタンの香水をゲットしてご満悦。ちょうど勝ち分くらいだったらしい。
dnataラウンジで軽食をとり8時前に乗機。
さて、お気づきでしょうか?シンガポールにいる間、ビールしか飲んでいないことを。
いつもの『リバーサイドでおしゃれにワイン』というのが一度もできなかったのです!
もう機内食は牛肉一択。シャンパン、白ワイン、赤ワイン……気が付けばチーズやチョコも頼んで7杯飲んだくれました。
16時に着陸して無事帰途につきました。

ここまで読んでくださった貴方に感謝。m(_ _)m

▲ページTOPへ戻る

このレポートへのコメント(全10 件)

2018/07/29(Sun) 05:37satina


かぶさん、

シンガポールのレポートありがとうございます。

今年3月のリゾカジオフ会でテーブルデビューしましたsatinaと申します。
オフ会に先駆けて練習したく、掲示板にオンラインカジノを教えて、と書き込み、
唯一、かぶさんがお答えくださいました。

以来、ほぼ毎日練習しています。
が、肝心のカジノではなかなかうまくいかず、難しいものですね。
(教えていただいたサイトでもなかなかうまくいきません。)
テーブルマナーもよろしくないので、勝敗に加えて落ち込むこともあり、悩みどころです。

シンガポールでもテーブルに付いてみましたが、MBSでBJで負けて、RWSでは座る勇気すら出ませんでした。MBSの改装は6月までと伺いましたが、未だに終わっていないのですね。
カジノと街歩きのレポート楽しいです。私もボードウォーク大好きです。

今後とも、楽しいレポートお願いします。
また、オンラインの、特にスロット教えていただければ幸甚です。


2018/07/29(Sun) 09:59わっぴー

こんにちは。
勝利おめでとうございます!

シンガポール国内の両替ですが、こちらのサイトをお使いください。

https://cashchanger.co/singapore/jpy-to-sgd?val=1&valtype=have
↑設定をJPYからSGDに変えてあります

国内ほぼ全ての両替商が毎日その日のレートをリアルタイムで更新してますので、歩き回ったり画面を見ることなくその日一番いい場所へ直接向かう事が出来ますよ。(営業時間も出てます)
レポートにもある通り、Arcadeの中ではFIATがJPYに関してはレートが良い日が多いようです。SGDからJPYも常にレンガ1個くらいは準備があるようです。

2018/07/29(Sun) 11:36かぶ

satinaさん、コメントありがとうございます。

MBSの改装、去年の秋にはまだでしたので、今年の冬~春に始まったってことですね。
うーん、チト長いか?(笑)

テーブルマナーは普通はそれほど悪くないと思いますが、たまに変な卓に当たるとへこみますよね。
そういうときはさっさと立つのが吉かと。韓国だとそれができないから大変かな。

スロットのオンラインゲームがあると日がな一日ぼーっと回してそうで怖い(笑)。
他のゲームならアクションの練習やルールの確認、コマの上げ下げの練習といった意味がありそうですが、スロットに意味を見つけるのは大変そうな(笑)。

次に行くときはまたボードウォークをチンタラ歩きます。
satinaさんもシンガポールに行ったら一杯観光してください(もうしてたら余計なお世話ですが)。
私はどちらかというと主戦場がマカオなので、そちらでもよろしく!

2018/07/29(Sun) 11:47かぶ

わっぴーさん、コメントありがとうございます。
それにしても勝ち戦は筆が乗ります(笑)。

いいサイトのご紹介ありがとうございます!
事前確認してから行けるのはいいですね。活用させていただきます。
ジャックポットブチ当てたらFIATのレンガをかっさらいに行きますよ(笑)。

2018/07/29(Sun) 12:42わっぴー

かぶさん

そういえばJUMBOの海老料理ですが、あれはシリアルプラウンという料理でその名の通りシリアルと一緒に炒める為甘い味になります。こちらの海老料理の定番ですね。

MBSの改装は友人のディーラー曰く1階のタクシー乗り場付近の入り口はあと2~3週間で終わり、1階のルビールームに繋がる階段付近は遅くともF1までには完了するようです。

またシンガポールの勝利レポート楽しみにしております!

2018/07/29(Sun) 13:05かぶ

>そういえばJUMBOの海老料理ですが、あれはシリアルプラウンという料理でその名の通りシリアルと一緒に炒める為甘い味になります。こちらの海老料理の定番ですね。

おお!そうだったのですか!
「シリアルプラウン」で検索すると確かに一杯出てきました。
(メルベンシーフードの支店などという興味深い記事も出てきたりして)
ご教授感謝です。

2018/07/29(Sun) 13:05ナッキー

かぶさん

takan会ではおっちゃんですが、リゾカジではナッキーです…

楽しく、且つ読み応えのあるレポート、さすがです。シンガポールには行ったことありませんが、近いうちに行ってみたいと思いました。

今度、クラップスにチャレンジしたいので、来年のGWにマカオで是非ご教授願います。

2018/07/29(Sun) 14:23かぶ

ナッキーさん、コメントありがとうございます。

シンガポールもいいですよー。ただ酒飲みにはツラい……。
ワイン1杯で1200円以上しますから。
まあナッキーさんあたりだとボトルでいっちゃいそうだけど(笑)。

GWの前に会っちゃいそうな予感もしますが(笑)、そのときは是非よろしく!
一緒にサイコロ投げましょう。そんで7を出しましょう(爆)。

2018/07/30(Mon) 07:35satina


かぶさん、

返信ありがとうございます。

テーブルマナーが悪いのは、私めなのでございます。
早い話が、”無知”なのです。教わったことも忘れるし。
他人様のマナーは、そもそも感じないので、その点は無知が役に立っているのかもしれません。

確かに、練習にはスロットは無意味ですね。教えていただいたサイトでバカラとBJ練習します。

お盆にマカオに参りますのでご一緒になったら、ナッキーさんのようにクラップスお教えくださいね。



2018/07/30(Mon) 22:45かぶ

>テーブルマナーが悪いのは、私めなのでございます。
>早い話が、”無知”なのです。教わったことも忘れるし。

すいません、テーブルマナーって結局は「他人に迷惑かけないこと」につきるわけで、
その中の優先順位が「積極的な迷惑」「消極的な迷惑」の順になるかと思います。
要するに人に絡んでくるのが最悪(その中でも主観>客観てのはありますが)で、それに比べれば他のは笑える程度だということではないかなあと。
まあ、自分もそう思うことが決してないわけではないですよ。『やらかした!』ってこともあります。
なので、『お互い精進しましょう』くらいしか言えません(笑)。

>お盆にマカオに参りますのでご一緒になったら、ナッキーさんのようにクラップスお教えくださいね。

クラップスはですね、なんかハゲた小太りの親父が盛り上がってたら、『これどういうルールなんだろう』とか日本語でぼそっと呟いてみてください。
興が乗ってたら怒涛の解説をいたしますよ。たまに適当英語で香港人のフリをしたりしますが。
ちなみにどちらも実話です。他のゲームでもやってます。
ベネチアンで若い兄ちゃんたちにBJのAny Pairの説明を適当英語でしたときは異様に面白かった……。
(グランビューではちゃんと日本語で説明しました)

▲ページTOPへ戻る

※投稿するにはメンバー登録が必要です。コメントの投稿

Email PASS

本文

前の投稿リストに戻る次の投稿

リゾカジの歩き方! 初心者のためのカジノ

リゾート・ワールド・セントーサ

リスボア

メガラックカジノ in 済州KALホテル

プルマン・リーフカジノ

フライデークラブ

AJPC

リゾカジスマホはじめました

RSSフィード

PROJECT NEXT