世界のカジノニュース

ラスベガスサンズのアデルソン会長、がん治療中

2019/ 03/ 07

ラスベガス・サンズのアデルソン会長が非ホジキンリンパ腫の治療薬による副作用のため、昨年12月から出勤していないことが報道された。マカオのサンズ・チャイナのライセンス取得に関し、同社の元コンサルタントとの間で争われている裁判で先週、アデルソン会長の弁護士が、同氏が現在闘病中で、証言に立つことが困難な状況であると申告したという。アデルソン会長は今年1月23日に開催された投資家向けのカンファレンスコールも欠席した。同社の広報担当は、アデルソン会長は現在、治療による副作用のため出張や通常勤務が難しい状態にはあるものの、CEOの職務は果たせており、治療が完了して副作用の影響が収まり次第、通常業務への復帰を予定していると発表した。 By Resocasi.com