世界のカジノニュース

MGM、イギリスのLadbrokesに買収提案

2021/ 01/ 06

CNNによると、イギリスのゲーミング企業Ladbrokesのオーナーであるエンテイン氏が1月4日、MGMリゾーツから111億ドルの買収提案を受けたことを公表、「12月31日の終値+22%のプレミアム」に相当するこの提示額がLadbrokesを 「著しく過小評価している」と述べた。MGM側の代表者はCNNの取材に応じなかった。この発表後、エンテイン側の株価は26%以上上昇、MGMが提示した1株当たりの価格を上回った。エンテインはEurobet、Ladbrokes、Sportingbetなどのブランドを所有している。MGMとエンテインはこれまでも米国の十数州でスポーツ賭博とオンラインゲームを展開するBetMGMの共同オーナーとして協力しあってきた。

アメリカでは2018年に、最高裁がネバダ州以外でのオンライン・スポーツ賭博の合法化を認める判決を下して以来、スポーツ賭博市場は成長を続けている。米国ゲーミング協会は、2020年のNFLシーズンには、アメリカの成人の13%に当たる3500万人近くが賭けを行うと予想しており、新型コロナのパンデミックによってその傾向は加速している。シーザーズエンターテインメントも2020年9月に、イギリスのブックメーカー「ウィリアム・ヒル」を29億ポンド(40億ドル)で買収すると発表した。またパディーパワー、ベットフェア、ポーカースターズを所有するフラッターエンターテイメントも最近、米国のスポーツゲームプラットフォームFanDuelへの出資を増やすなど、オンライン・スポーツ賭博市場への投資が活発となっている。By Resocasi.com