世界のカジノニュース

【新型コロナ情報】シンガポールの状況

2020/ 03/ 27

<カジノの現状>
シンガポール、バーや映画館の営業停止、コロナ拡大予防強化
ショッピングモールやカジノ、博物館などは1人当たり16平方メートルの空間を確保し、混雑するセールやイベントを開かないことを営業の条件とする。
(3月25日 日経新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57194480V20C20A3EAF000/


マリナベイサンズ、RWSとも現在のところ営業は継続中の模様。
消毒や検温、顧客と顧客の間隔を開ける(ソーシャルディスタンシング)などを実施。
MBSのナイトクラブMarqueeは3月13日~4月30日まで休業中(政府の「250人以上のイベントは延期もしくはキャンセル要請」を受けたもの)。
また光と水のショー「スペクトラ」も2月8日から休止中。


<入国制限>
【更新】・全ての短期滞在者は入国・経由不可(2020年3月23日23:59~)
・3月20日23:59以降,全旅行者(市民・永住者・長期滞在ビザ所持者・短期滞在者)は14日間の自宅待機/外出禁止措置。期間中の滞在場所(自宅/ホテル予約の証明)の提示が必要。
※トランジットエリアを離れずに乗り継ぎをする旅行者には適用されない。
・中国本土・フランス・ドイツ・イラン・イタリア・韓国・スペインからの短期滞在者は入国及びトランジットが出来ない。
http://www.clair.org.sg/j/information/coronavirus2020/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57081000S0A320C2FF8000/


<関連記事>
シンガポール政府、3月24日以降すべての短期旅行者(主にギャンブラーや労働者)の入国を禁止へ 
営業を続けてきたIRにとっては、主要顧客である外国人が入国できなくなったことを意味するため、影響は大きくなる。
https://www.casino.org/news/marina-bay-sands-deals-with-another-hurdle-as-singapore-limits-travel/