世界のカジノニュース

2017年の韓国外国人専用カジノ業績、中国による対THAAD制裁措置の影響で低迷

2018/ 04/ 02

ちょうど1年前、北朝鮮の核ミサイルに対抗するためアメリカのミサイル迎撃システムTHAADを配備した韓国に対し、中国が制裁措置として韓国への団体旅行販売を禁止した。韓国の外国人向けカジノの昨年の業績にはその影響が現れている。
パラダイスグループの2017年の連結業績は前年比3.9%減の6,680億ウォン(6億2,300万ドル)、324億ウォンの純損益となった。主な原因は中国人旅行客の減少で、2017年のVIP客に占める中国人の割合は前年の45%から35%へと縮小している。また国営のGrand Korea Leisure Co.でも、売上高が8.6%減の5,130億ウォン、純利益は29.6%減の805億ウォンとなった。
昨年11月に中国政府は団体旅行の販売を解禁したものの、インセンティブ旅行やクルーズなどは以前として制限されたままとなっており、こうした規制が解除されない限り今年も韓国の外国人向けカジノは苦戦を強いられそうだ。By Resocasi.com