世界のカジノニュース

マカオ10月のゲーミング売上高、1桁台の伸びに留まる

2018/ 11/ 05

マカオの10月の総ゲーミング売上高は前年同期比2.6%増のUS$33億8,000万(MOP273億)と、9月の2.8%に続き連続で一桁台の伸びにとどまった。 9月は台風の影響が大きかったとみられるが、本来ピークシーズンであるはずの10月も低い伸び率にとどまったのは、中国経済の減速と米中貿易摩擦の影響によると考えられる。年初からの10カ月の累計売上高は前年同期比14.3%のMOP2,513億8,000。前月時点での累計比15.9%と比べ、ダウンしており、ゲーミング売上の伸びが停滞していることがわかる。内容的には、マス部門は堅調だが、VIP部門が不安定な不動産市場や株式市場の変動による影響を受け苦戦しているという。 これまで、マカオのゲーミング市場は景気後退前の水準を目指し順調に回復を遂げてきたが、ピークだった2014年2月のMOP380億に比べると、現在はまだ7割程度の水準にとどまっている。 by Resocai.com