世界のカジノニュース

マカオのカジノで、武装集団の襲撃を想定した訓練実施

2019/ 03/ 26

3月23日、ベネチアンマカオで警察、税関など公的機関8部門が参加する大規模な危機管理訓練が行われた。ゲーミングインスペクション&コーディネーション局の発表によると、訓練は銃や爆発物で武装した6人の犯人グループがカジノを襲撃、客を人質に逃走を図るという事件を想定して行われ、期待通りの成果が得られたという。マカオでこうした大規模な訓練が行われたのは、フィリピンでのカジノ銃撃事件を受けてギャラクシー・マカオで2018年6月に実施された訓練に次いで2回目。今後も年1回のペースで実施されるという。By Resocasi.com