世界のカジノニュース

【新型コロナ情報】マカオの状況

2020/ 03/ 26

<カジノの現状>
3月20日付Forbesの記事によると、以前は1日当たり10万5,000人に上った旅行者数が、1週間に50,000人まで激減。
多くが香港からの入境者だがフェリーが運休になったため、珠海からの高速道路だけが唯一の交通手段となっている。
カジノは(2月5日~20日の)15日間の休業措置の後再開はしたが、顧客同氏の間隔を開けるために稼働しているテーブルは半分のみで、立ち見や集まることは禁じられている。通常は7人掛けのバカラテーブルも4人が上限となっている。
Forbes 3月20日


<入国制限>
・14日以内に中国、香港、台湾、マカオ以外の地域に滞在したことのある全ての入国者に対して指定場所で14日間の医学観察(2020年3月17日~)

・中国、香港、台湾の居民及び外国人雇用者以外のすべての非マカオ居民の入国を禁止(2020年3月18日00:00~)

マカオ新聞
https://www.macaushimbun.com/news?id=30920


<関連記事>
マカオ政府、2020年のゲーミング売上予想を半減へ
http://www.ggrasia.com/macau-govt-halves-casino-ggr-forecast-for-2020/

2月のマカオ旅行者数、前年同月比96%減、ゲーミング売上同87.5%減、15日間の全カジノ休業含む新型コロナの影響で
http://www.ggrasia.com/pandemic-blamed-as-macau-visitor-tally-plunges-96pct-in-feb/