世界のカジノニュース

マカオ、9月GGRは前年比90%減も、わずかに回復の兆し

2020/ 10/ 06

マカオの9月の総ゲーミング収益(GGR)は前年同月比89.99%減の約292億円だった。ブルームバーグの予想86%減には届かなかったものの、8月のGGR176億円に比べると66%増と大幅に改善しており、新型コロナの影響が出始めた3月以降では初めて前年比の減少幅が90%を下回った。業界のアナリストは、10月1日から始まっている「国慶節」の大型連休には間に合わなかったものの、今後さらに多くのIVSビザが承認され旅行者が増加すると予測する。IVSビザ認証増加の次は、旅行や消費についての信頼レベルの回復、香港からマカオへの交通機関の再開、中国本土各地と広東省・香港・マカオの航空便の増便などが市場回復への鍵になるとみられる。By Resocasi.com