世界のカジノニュース

ベトナムの大型ゲーミングリゾート、年内に第1期オープンへ

2019/ 01/ 07

マカオの大手ジャンケットオペレーター、サンシティグループが出資するベトナムの大型カジノリゾート「ホイアナ・ゲーミングリゾート」は、2019 年中の第1期オープンを計画している。同グループ幹部によると第1期にはホテル・コンドミニアムの2つのタワーが含まれており、うちコンドミニアム270室は完成前にサンシティの顧客やマカオのジャンケット関係者など主にゲーミング関係者をターゲットに売り出される予定だという。ベトナム中部の海沿いの街ホイアンで建設が進むこの「ホイアナ・ゲーミングリゾート」は、その34%の株を保有するサンシティグループの他、ベトナムの不動産企業Vina Capital Group、香港の Chow Tai Fookの子会社による合弁企業 Hoi An South Development Ltd.によって運営される。サンシティの幹部によると、当初の第1期開発投資予定額は6.5億ドルだったが、建設する施設や部屋数の増加によって約9億ドルに増えたという。第1期オープンに含まれる施設としては、コンドミニアム270室の他、3つのホテル計800室、ゴルフコースなど。カジノ関連はChow Tai Fook Enterprisesの1部門が担当する。また第2期では、ヴィラ、ホテル、店舗、複数のエンターテイメント施設が追加される予定だという。 By Resocasi.com