世界のカジノニュース

フィリピンの2018年カジノ市場、前年比22.9%増の35億8,000万USドル

2019/ 02/ 21

PAGCORの発表によると、2018年のフィリピンのゲーミング売上は前年比22.9%増の35億8,000万ドル(1,875億4,000万PHP)に達した。このうち、1,516億5,000万PHPが民営カジノによるもので、その大半をマニラ・エンターテイメントシティのシティオブドリームズ、ソレアリゾート、リゾーツワールド、オカダマニラの4つの大型カジノリゾートが占める。PAGCORのデータによると、このうちジャンケット部門の売上は前年比24.4%増の519億4,000万PHPで、GGRの27.7%にのぼる。ジャンケットによる売上の大半、429億1,000万PHPは民営カジノによるもの。フィリピンにほ民営カジノのほか、PAGCOR傘下の公営カジノがあり「Casino Filipino」が6か所、「サテライト」と呼ばれるカジノが33か所存在する。 by Resocasi.com